[nvdajp-team 1080] Re: NVDA日本語チームSkype会議 2013年1月7日 報告

梅木好彦 kh-ta****@flute*****
2013年 1月 8日 (火) 21:56:07 JST


梅木です。みなさまこんばんわ。
Skype会議のご報告、有難うございます。

>(1)点訳エンジンの開発方針
>日本の情報処理点字はメールアドレスとWebサイトのURL以外で使うべきでない。
>ユーザーによる点訳モードの切替を実装できるか?
>日本の点字利用者にほとんど使われていない英語2級点字をサポートする必要があるのか?
>日本点字表記法(175ページ)の算数記号は数学の書籍に限られる。説明なしに理解は困難。

私は将来的には
アルティアやCatwalkのように、点訳モードの切り替えが
出来るようにするのが、良いと思います。
Catwalkなどは、作者さんがすごいのだと思いますが、
ほとんど1年ぐらいで点字出力を完成させたように
記憶しています。
(間違っていたらごめんなさい。)
その中で点訳モードの切り替えも
できるようにされていました。

>(2)1バイト記号の点訳に関する仕様検討
>文字コード(16進)21から29までを具体的に検討してみた。
>以下、右端はNVDAにおけるコード表記案(1月7日の議論の結果)
>
>21	!	日本点字	235
>22	"	日本SR点字(?)	56-356(?)
>23	#	日本SR点字	56-146
>24	$	日本SR点字	56-1456
>25	%	日本SR点字	56-1234
>26	&	日本SR点字	56-12346
>27	'	日本SR点字	3
>28	(	日本点字	2356
>29	)	日本点字	2356
>
>「日本SR点字」は日本のスクリーンリーダーが独自に作っている仕様の一部である。

# % & については、日本点字一覧表にあるので、
SR点字というより、日本点字と位置付けてよいと思いますが。

>書籍点訳の規則から逸脱した規則を使うことはやむをえないのではないか?
>
>書籍点訳用のために作られた日本点字や情報処理点字に正しく準拠すると、
>たとえばドル記号は 6-236-1456-6-356 のように点字体系切り替えを前後で行う必要があり、
>実用的ではない。

私もそう思います。
ただ、凡例をきちんと作って
利用者が簡単に読めるようにすることと、
一文字詳細読みの点字表示実装をしていただき、
盲ろう者でも、その記号の読みを
簡単に知ることが出来るようにしてほしいと思います。
具体的には
たとえば、今デスクトップ配列のキーボードコマンドの場合、
テンキーの2を押しますと、
一文字詳細読みが出来ますね。
このときにそれが点字ででると、便利だと思うのです。
カーソルを動かすたびに詳細読みが出るのは
実用的でないので。

>(3)「点訳のてびき」に基づく点訳エンジン仕様の具体化
>「NVDA点字表示の誤り」というファイル名で行っていただいてるDropbox共同作業について。
>事例を増やすのであれば、点訳のてびき(第3版)の規則番号と対応付けて、
>規則全体のうち、どの範囲がカバーできているかを確認できるとよい?

このてんについては、了解しました。
試しに作ってみます。

>(4)開発活動のバランスについて
>点訳エンジンの開発の詳細にこだわりすぎているのではないか?
>文字入力の実装を改善する作業のほうを優先すべきではないか?

すみませんが、この点については
私はある程度の点訳エンジンの実装を
出来るだけ進めてほしいと思っている一人です。
(あまり細かいことはあとまわしでよいですが)

というのは、
現在日本にあるスクリーンリーダーは、
Catwalkを除いては価格が高く、
点字出力が必須の盲ろう者が頼りとしていた
XPリーダーや、フォーカストークブレイルが
開発が頭打ちとなって、
選択に困っている状態だからです。
スクリーンリーダーを福祉の補助でいただいても、
二つ目はすぐにはいただけません。
無料で使えるNVDAは、救いの神のような存在です。
ですが、点字出力がきちんとできていなければ
絵に描いた餅ということになります。
どうかよろしくお願いいたします。

>他の日本語点訳エンジンのプロジェクトと協力できないか?

ほんとにそう思います。
日本のスクリーンリーダー協議会みたいなものがあって、
記号の実装の問題など協議できると良いのですが、
それぞれ営利がからんでいるので
難しいところですね。
それでも、どんな会社でも団体でも
集まって協議する場があるのが普通ですから
将来には、そういうことも出来てほしいですね。
せめて、無料の点訳エンジン「いぶきてん」を開発した
岐阜大学(だったと思いますが)の池田研究室など
なにか、参考になることをきくことはできないでしょうか?

>日本語チームの仕事を減らしていく工夫が必要。
>妥協の目安として「読めればよい」?どの程度なのか?
>
>(5)KGSディスプレイドライバについて
>NVDA 日本語版は DirectBM.dll だけを同梱している。
>日本のスクリーンリーダーの多くは KBDC.exe も同梱しているので、
>BMユーティリティをインストールしていなくても点字ディスプレイを使える。

それで、思い出したのですが、
いまの最新のスナップショットが
点字表示の送り、戻しが出来ない状況は
以前のDirectBMでの表示に似ている気がします。

>(6)どのレベルの人をNVDA日本語版のユーザーとして想定するか
>日本の現状ではNVDAはセカンド・スクリーンリーダー?

いえ、私はNVDAの音声機能だけをとると
すでに日本のほかのスクリーンリーダーより優れているとさえ
思っています。
みんながまだNVDAを良く知らないから
セカンドになっているだけで。
使いやすくするためには
いろんな使い方の実例集が必要ではないかと
思います。
いろいろずうずうしく勝手に書きましたが
よろしくお願いいたします。




nvdajp-team メーリングリストの案内