[nvdajp-team 1191] Re: 開発スナップショットjpdev130125b

Back to archive index

MISONO mison****@my*****
2013年 1月 25日 (金) 17:18:16 JST


 MISONOです。

>BMFEP の使い方を勉強すればいいのでしょうが、
>BM46のブルートゥースの設定さえちゃんとできない私です。。

BM側の点字が目視である程度読めないと大変かもしれませんね。

>本家の実装では、まず点字ディスプレイのドットキー入力が
>NVDA のジェスチャーとして扱われるようになりました。
>liblouis 用の逆変換に対応したテーブルを使って、
>back translate メソッドを使って文字コードに変換し、
>最終的には Windows API で文字を Windows に送っているようです。
>ざっとソースを眺めただけですが。。

興味深いですね。
土日でそのテーブルにBMの入力が振り向けるか検討してみます。

>ドットから日本語カナの逆変換ができる liblouis のテーブルは、
>日本語点訳と比べれば容易に実装できそうですが、
>カナだけ入力できる状態は実用的ではないので、
>IME に相当するものを NVDA 日本語版に追加する必要がありそうです。
>Microsoft IME の API を呼び出す、といった作り方もできそうですが、

ようはキーマッピングをどうするかということで対応できます。
前のメールスレッド
ブレールメモ、select キーについて
でいくつかありますので合わせて私の方で作業します。

>候補選択のユーザーインタフェースも実装しなくてはいけませんね。。
>そういう理解でよいでしょうか?

ピンディスプレイの候補選択の現状を把握していませんので後ほどみてみます。




nvdajp-team メーリングリストの案内
Back to archive index