Download List

Project Description

NVDA Japanese Team releases Japanese version of the NVDA open-source screen reader for Windows.

Released at 2010-10-30 09:01
nvdajp_official 2010.2j

Name Size Hash Date Download count
nvda_2010.2j_installer.exe 21.95 MB 2010-10-30 09:06 1089
nvda_2010.2j_potable.exe 21.35 MB 2010-10-30 09:06 369

Release Notes

NVDA2010.2日本語版Readme

  • 最終更新日:2010/10/29
  • 更新者:NVDA日本語化プロジェクト

リリース内容

  • readme.txt:本説明ファイル
  • nvda_2010.2j_installer.exe:NVDA 日本語版インストールファイル
  • nvda_2010.2j_portable.exe:インストールが不要なポータブル版自己解凍ファイル

日本語版における変更点

NVDA日本語版には、日本語環境でご利用いただくために、以下の設定が行われております。

  • 日本語を読むことができる音声エンジンjtalk for nvdajpを同梱しています。これにより、NVDA日本語版のデフォルトの音声エンジンはjtalk for nvdajpに設定されています。
  • マウス移動時に、ビープ音でマウス位置を通知する機能がoffに設定されています。NVDAメニューの「設定」→「マウス設定」から、「マウス移動時ビープ音で通知」のチェックボックスをonにすることで利用できます。
  • マウス位置のオブジェクト名を通知する機能がoffに設定されています。NVDAメニューの「設定」→「マウス設定」から、「マウス位置のオブジェクト名を通知」のチェックボックスをonにすることで利用できます。
  • インストーラーのメッセージが日本語に翻訳されています。
  • ノート型のコンピュータでの利用を想定し、NVDAキーを無変換キーに設定できます。
  • 日本語を読み上げられる音声エンジンとの組み合わせでNVDAを使用した場合、キー入力された文字列及びカーソル移動時の文字列が読み上げられなかったため、NVDAメニューの「設定」→「音声設定」から、「サポートされている場合、スペル読み機能を有効にする」チェックボックスの初期値を無効に変更しています。
  • 日本語入力中の漢字の変換候補を詳細読みさせることができます。
  • NVDAメニューの「ヘルプ」→「Webサイト」から開かれるページを、SourceforgeのNVDA日本語化プロジェクトのページに変更しています。
  • NVDAメニューの「ヘルプ」→「貢献者」では、NVDA日本語版への貢献者の情報が表示されます。

ドキュメントの翻訳について

  • key commands.txtを翻訳しました。NVDAの動作中に、「NVDAメニュー」→「ヘルプ」→「キーコマンドクイックリファレンス」からご参照ください。
  • user guide.htmlを翻訳しました。NVDAの動作中に、「NVDAメニュー」→「ヘルプ」→「ユーザーガイド」からご参照ください。

読み上げ内容を画面表示する設定

NVDAの読み上げ内容を画面上で確認する方法は、以下のとおりです。この設定により、音声で画面上の内容を読み上げさせながら、画面上で読み上げ内容を確認できるようになります。

  • NVDAメニューの「ツール」→「スピーチビュアー」を選択します。

※ 現在、このスピーチビュアーの設定情報は保存することができません。この機能を使用する際は、毎回設定を行ってください。

ポータブル版パッケージについて

本家のNVDAプロジェクトでは、インストールして使用するNVDAのほかに、インストールが不要なポータブル版を配布しています。 jtalk for nvdajpを利用する場合は、解凍したポータブル版を使って、どこでもNVDAをインストールなしで起動できるという利点があります。 たとえば、USBメモリに解凍しておけば、そのメモリを装着したコンピュータ上で、USBメモリのドライブ名\nvda.exeを実行するだけで、NVDAを使ってコンピュータが操作できるようになります。

ログオン画面でNVDAを使用する方法

※現状のNVDA日本語版では、Windows XP環境でこの機能をご使用いただくことができません。この機能を使用した場合、NVDAが起動できなくなる場合がございますので、ご注意ください。もしNVDAが起動できなくなった場合は、NVDAを完全に削除してから再度インストールしてご利用ください。

  1. 最新のNVDA日本語版インストールパッケージをダウンロードしてインストールします(ポータブル版ではこの機能は動作しません)。
  2. NVDAを起動します。
  3. NVDA+CTRL+Gを押して、一般設定ダイアログを開きます(NVDAメニューからも開くことができます)。
  4. ダイアログの中の、「ログオン画面でNVDAを使用する」というチェックボックスにチェックしてください。
  5. 同じダイアログ内の「現在保存されているNVDA設定をログオン画面用にコピーする」ボタンを押し、現在の出力先や音声設定等の情報をログオン画面でも使用できるようにコピーします。
  6. OKボタンを押してダイアログを閉じます。
  7. NVDA+CTRL+Cを押して、設定内容を保存します。

※ 上記の読み上げ設定は、管理者権限のあるユーザーで行ってください。

漢字の変換候補の読み上げ

NVDA日本語版では制限はあるものの、漢字の変換候補の読み上げができるようになりました。以下の点をご了承いただき、ご使用ください。

  • 漢字変換をスペースキーで行ったときだけ、変換候補が読み上げられます。
    • 「変換キー」や「上下カーソルキー」で移動した場合は、詳細読みは行われません。
  • 変換中の項目を読み飛ばしてしまう可能性があります。
  • 変換候補を2個読んでしまう等、1個目の変換項目の読み方に問題が発生する可能性があります。
  • SAPI4の音声エンジンを使用した場合、読み上げに遅延が発生する可能性があります。
  • 64ビット版Windowsではこの機能を使用することができません。

音声エンジンjtalk for nvdajpについて

同梱されているjtalk for nvdajpは、まだ開発中の音声エンジンです。そのため、利用者の方からのフィードバックをお待ちしております。ご使用いただき、お気づきの点がございましたら、nvdajp-jtalk-dicへのフィードバックでお知らせください。 以下の点をご了承いただき、ご利用ください。

  • 音声の音量が一定ではありません。読み上げる文字列によっては、大きな音量で再生される場合があります。
  • 音声での読み始めがワンテンポ遅れます。
  • 現在のところ、ほとんどの英単語を単語として読むことができません。
  • 音程、音量などの調整ができません。

参考Webサイト

免責事項

このNVDA日本語版パッケージは、まだ開発途中のものであり、予期できない問題を含んでいる可能性もありますので、ご自身の責任でご利用ください。 NVDAは、NVDA Projectが開発元であり、このパッケージは、日本語環境でNVDAをご利用いただく目的で作成した物であることをご了承ください。

Changelog

No Changelogs