Download List

Project Description

NVDA Japanese Team releases Japanese version of the NVDA open-source screen reader for Windows.

Released at 2011-12-23 10:58
nvdajp_official 2011.3j

Name Size Hash Date Download count
nvda_2011.3j_installer.exe 24.18 MB 2011-12-23 11:48 1800
nvda_2011.3j_portable.exe 22.74 MB 2011-12-23 11:48 352

Release Notes

nvdajp 2011.3j is developed in Japan based on NVDA.

Its enhancement includes Japanese TTS, IME support and braille support.

Administrator privilege is required to install or uninstall the software.

Default speech engine is JTalk, an open-source Japanese TTS, based on Open JTalk.

Functions of reporting Japanese input method has limitations as follows:

(1) IME support does not work properly with Wordpad, Microsoft Word, and Internet Explorer.

(2) With Internet Explorer and some applications, after writing some Japanese characters within a textbox,
pressing Escape key without finishing composition may cause collision of escaping edit mode with canceling Japanese composition.

(3) With 32bit applications, key-echo of Japanese input is delayed, because the report is performed at the key-up events.

IME support function can be disabled using Keyboard setting.

DirectBM is experimental braille driver which supports KGS Japanese braille displays.

2011.3j はオープンソースのWindows用スクリーンリーダーである NVDA 2011.3 を日本のユーザーのために改良したものです。

インストーラー版でインストールおよびアンインストールを行うためには管理者権限が必要です。
また、インストーラーを実行すると最初に表示されるダイアログで「許可」 ALT-A を押さないとインストールに進めない場合があります。

日本語IMEの読み上げに関しては以下の不具合があります。
日本語入力に関する修正は次期バージョンで行う予定です。
申し訳ありませんがご了承ください。

(1)
以下のアプリケーションで日本語入力の読み上げが正しく動作しません。
(その他のアプリケーションにおける動作を保証するものではありません)

- ワードパッド
- Microsoft Word
- Windows Vista/7 32ビット版における Internet Explorer 9
- Internet Explorer についてはその他の環境でも日本語入力の不具合が報告されています

(2)
Internet Explorer などでテキスト入力を日本語で行い、
確定せずに Esc キーを押したときに、
入力文字のキャンセルとエディットモードの解除のキー操作が衝突するため、
意図しない挙動になることがあります。

(3)
32ビットアプリケーションにおける日本語入力中のキーエコーが
「キーを離したとき」に読み上げられています。

Changelog

Source code is available at launchpad.net:

https://code.launchpad.net/~nishimotz/nvdajp/releases_2011.3

https://code.launchpad.net/~nishimotz/nvdajp/MiscellaneousDependencies (revno 62, JTalk dictionary is revno 68)

2011.2j からの変更は、本家 2011.3 における更新に加えて、日本語化に関する以下の内容です。

- 日本語IMEの読み上げに関する安定性を改善しました。
- キーボード設定にて、日本語IMEのサポートを無効化できるようになりました。
- キーボード設定にて、半角・全角キーが押されたときにビープ音で通知できるようになりました。
- ヘルプ機能の表示を「関連付けされたブラウザ」ではなく「独自のウィンドウ」で行います。見出しジャンプが可能です。
- 音声エンジン JTalk において m001 の音質を改善しました。これまでの m001 は lite という名前で残しました。
- 音声エンジン JTalk において、声の高さと抑揚の変更が可能になりました。
- 音声エンジン JTalk のテキスト解析を改良しました。
- 実験的な日本語点字ドライバ DirectBM のサポートを再開しました。
- USBキーボードで一部のアプリケーションを使う場合にエラー音がなり続ける不具合への対応を行いました。

ソースコードは以下で公開されています:

https://code.launchpad.net/~nishimotz/nvdajp/releases_2011.3

https://code.launchpad.net/~nishimotz/nvdajp/MiscellaneousDependencies (revno 62, JTalk dictionary is revno 68)