Ticket #25104

ラップトップ設定で NVDA+Delete が効かない

Open Date: 2011-05-08 14:49 Last Update: 2011-05-14 21:15

Reporter:
Owner:
(None)
Type:
Status:
Closed
Component:
(None)
MileStone:
(None)
Priority:
5 - Medium
Severity:
5 - Medium
Resolution:
None
File:
None

Details

「現在のナビゲーターオブジェクトのサイズと位置を通知」は、デスクトップ設定で、NVDA+テンキーDelete、ラップトップ設定で、NVDA+Delete で動作するはずですが

  • デスクトップ設定で、NVDA+テンキーDelete ⇒ OK
  • デスクトップ設定で、NVDA+Delete ⇒ OK
  • ラップトップ設定で、NVDA+テンキーDelete ⇒ OK
  • ラップトップ設定で、NVDA+Delete ⇒ NG (delete として働く)


  • 確認環境は、NVDA 2011.1.1j Windows XP(32bit) / Vista(32bit)
  • 本家 NVDA 2011.1.1 でも同じ動作をしました。
  • NVDA 2010.2j では、正常に動作しました。

Ticket History (3/5 Histories)

2011-05-08 14:49 Updated by: masakjm
  • New Ticket "ラップトップ設定で NVDA+Delete が効かない" created
2011-05-08 15:35 Updated by: nishimoto
Comment

本家版 2010.2 と 2011.1.1 で laptop レイアウトにおいて NVDA キーとして Insert を使い、Windows XP SP3 (32bit) 日本語環境で確認しました。

2010.2 では Insert+Delete で「ナビゲーターオブジェクトの現在のサイズと位置」(Report navigator object dimensions) が機能しましたが、 御指摘の通り 2011.1.1 では機能しませんでした。

本家のチケットシステムなどで同じ現象が報告されているかどうか調べてみます。

2011-05-08 17:10 Updated by: nishimoto
Comment

XPのスタートメニューからの操作でいえば「プログラム」「NVDA」「ユーザー設定ディレクトリーを開く」にあたる場所に、 下記の内容を gestures.ini というファイル名のテキストファイルとして置くことで、 手元の環境では回避できました。

[globalCommands.GlobalCommands]
navigatorObject_currentDimensions = kb:NVDA+delete

@jcsteh さんによると上記はデフォルトレイアウトなので本来は必要ないが、ラップトップ設定の typo かも、とのこと。

http://twitter.com/#!/jcsteh/status/67138113004257281

2011-05-08 18:27 Updated by: masakjm
Comment

提案された方法で、今回の不具合が回避できることを確認しました。素早い対応、ありがとうございました。

2011-05-14 21:15 Updated by: nishimoto
  • Status Update from Open to Closed
  • Ticket Close date is changed to 2011-05-14 21:15
Comment

本家チケット #1498 でも報告しましたが、本家 nvda/main 4226 で修正されました。 本家ではスナップショットおよび 2011.2 系で反映されると思われます。 日本語版では 2011.1 系の改訂版で反映させる予定です。

Attachment File List

No attachments

Edit

Please login to add comment to this ticket » Login