Ticket #34893

タブレットタッチ操作

Open Date: 2015-02-10 08:21 Last Update: 2015-02-10 08:21

Reporter:
Owner:
(None)
Type:
Status:
Open
Component:
(None)
MileStone:
(None)
Priority:
5 - Medium
Severity:
5 - Medium
Resolution:
None

Details

チケット#33095に関連して、NVDAミートアップ東京のアンカンファレンス2でタブレットグループだった者です。

タブレットグループでは、二本指二回タップでNVDAメニューを呼び出した後、メニュー項目の移動で苦労しているうちにアンカンファレンスが終了してしまいました。 チケット#34881に、Focus HighLightとenhancedTouchGestureのアドオンのご紹介がありましたので、追加してみました。

アドオンを追加するのは初めてでした。追加手順も一緒にご説明したいと思います。

アドオンのダウンロードは、上記チケット#34881のURLからWebページを表示して行いました。 Focus HighrightはWebページの安定板ダウンロードリンク、enhancedTouchGestureは0.4リンクを押すと、「ファイルを保存しますか?」メッセージが表示されるので、フォルダに保存を選びました。

ファイルは(PCの設定によりますが)ダウンロードフォルダに保存されました。

NVDAメニューを呼び出し(NVDA+N)て、ツール→アドオンの管理へ進みます。 タブキーを押して行って「インストール」でエンターを押すと、パソコンの中のファイルやフォルダを参照する画面になります。 ダウンロードされたアドオンファイルを探してエンターを押すと、「アドオンをインストールしますか」とメッセージが出ます。 はいを押すとアドオンがインストールされます。 アドオンを有効にするにはNVDAを再起動します。再起動しますか?と聞かれるので、再起動します。

このようにして、Focus HighlightとenhancedTouchGestureアドオンを追加しました。

結論としては、enhancedTouchGestureが入っていなくても、NVDAメニュー内を操作出来ました。 (両方のアドオンを入れてからタッチ操作出来るのを確認しましたが、enhancedTouchGestureを削除した後でも同じ操作が出来ました) 以下、NVDAメニュー内のタッチ操作の詳細です。

Focus Highlightでナビゲーション位置(赤い四角形)とブラウズ位置(緑色の四角形)を確認しながらタッチ操作しました。 結果、二本指二回タップでNVDAメニューを呼び出すと、NVDAメニューが出て来て、全体が赤い四角形に囲まれた状態になり、NVDAメニューと読まれ、一本指一回右フリックで一番上の「設定」が緑色のぎざぎざの四角形で囲まれて「設定」と読まれ(赤い四角形はNVDAメニュー全体を囲んだまま)、もう一度一本指右フリックをすると一つ下の項目「ツール」が緑色のぎざぎざの四角形で囲まれて「ツール」と読み上げられました。 ツールのところで一本指二回タップすると、ツールの中身の項目が開きました。 中身の項目の表は、NVDAメニューの表の左隣に出ました。 この状態ではまだNVDAメニューの中にいて、ここから、一本指一回左フリックをすると「設定」と読まれ、もう一度一本指一回フリックをすると「NVDAメニュー」と読まれ、もう一度一本指一回左フリックをすると「未定義」と読まれ(緑のぎざぎざの四角形は「ツール」一覧全体を囲んでいます)、さらに一本指左フリックをすると、ツールの中身の項目の一番下に緑色のぎざぎざの四角形が出て、読み上げられます(点字ビューワー)。 一本指左フリックを続けると、順に項目が読み上げられて行きます(アドオンの管理もここにあります) 一本指一回右フリックをしていくと、上記と逆の動作で戻って行きます。

アンカンファレンスでも一本指と二本指での上下左右のフリックを試したのですが・・・、一本指右フリックを二回続けることを忘れていたようです。

NVDAメニューの上三項目、「設定」「ツール」「ヘルプ」までは上記動作で行きます。

もう一度一本指右フリックをすると、NVDAメニュー全体が緑色のぎざぎざの四角形で囲まれ、「未定義」と読まれます。続けて一本指右フリックしても、次の項目が読まれず、NVDAメニューの枠の外に出てしまいます。 未定義と読まれたら一本指左フリックをすると、NVDAメニューの下の項目から「終了」「寄付」「設定情報の保存」「設定のリセット」「保存された設定の復元」「設定プロファイル」と進みます。 もう一度一本指左フリックで次は「ヘルプ」です。 キーボードでは、下を押して行けば「設定」「ツール」「ヘルプ」「設定プロファイル」と移動するので、少し混乱しやすい動作かもしれませんが、上記のようにして全部の項目にアクセス出来ることがわかりました。

Attachment File List

No attachments

Ticket History (1/1 Histories)

2015-02-10 08:21 Updated by: minanono
  • New Ticket "タブレットタッチ操作" created

Edit

Please login to add comment to this ticket » Login