Ticket #36636

NVDACon JP 2016.2 (夏のNVDAミートアップ)の報告

Open Date: 2016-09-13 10:26 Last Update: 2016-09-13 12:12

Reporter:
Owner:
(None)
Type:
Status:
Open
Component:
(None)
MileStone:
(None)
Priority:
5 - Medium
Severity:
5 - Medium
Resolution:
None

Details

NVDACon JP 2016.2 (夏のNVDAミートアップ)の報告です。

今回は「オープンストリートマップの点字ブロックの扱い」をテーマにしたディスカッションを行いました。

このセッションの参加者は5名で、うち3名がオープンストリートマップのコミュニティーに参加者、1名が点字ブロックの利用者、1名がスクリーンリーダユーザーのプログラミングのコミュニティ作りを目指している方です。

国内には、歩道及び路側帯に大きく分けて2種類の点字ブロック(線状の誘導ブロック、点状の警告ブロック)が敷設されています。

オープンストリートマップの現状としては、歩道上の点字ブロックの有無を NodeあるいはWayに「tactile_paving=yes/no」というタグ付けをすることで表すことになっています。

しかし、これでは路側帯にある点字ブロックや、注意すべきポイントを示す警告ブロックを表現できません。

こうした情報を整備することにより、スクリーンリーダなどで点字ブロックを中心にした経路情報を検索できればという思いがあります。

今回のディスカッションにより、 NVDA日本語版のコミュニティーとオープンストリートマップのコミュニティーをつなぐことが出来たことは大きな収穫でした。

これからは双方のコミュニティーが交流を重ねることでガイドラインがより良くなればと思っています。

参考リンク

視覚障害者向けのOSMガイドライン http://wiki.openstreetmap.org/wiki/JA:視覚障碍者のためのOSM
視覚障害者歩行支援とPython(NVDAユーザ会広島) http://www.slideshare.net/MasatakaShinke/python-55396652

Attachment File List

No attachments

Ticket History (2/2 Histories)

2016-09-13 10:27 Updated by: mshinke
  • New Ticket "NVDACon JP 2016.2 (夏のNVDAミートアップ)の報告" created
2016-09-13 12:12 Updated by: mshinke
  • Details Updated

Edit

Please login to add comment to this ticket » Login