• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

nyartoolkit-and: Commit

NyARToolkit for Android v2.x, 3.x mainline.

master: NyARToolkit core.
android-1.6: for Android 1.6. obsolete version.
android-2.2: for Android 2.2. current version.


Commit MetaInfo

Revision60e7b5a28220c111ed3a05c49010901fb5e203a7 (tree)
Time2011-04-05 18:46:01
Authornyatla <nyatla@7cac...>
CommiterAtsuo Igarashi

Log Message

git-svn-id: http://svn.sourceforge.jp/svnroot/nyartoolkit/NyARToolkit/trunk@811 7cac0a50-4618-4814-88d0-24b83990f816

Change Summary

Incremental Difference

--- a/utils/j2se/src/jp/nyatla/nyartoolkit/utils/j2se/LabelingBufferdImage.java
+++ b/utils/j2se/src/jp/nyatla/nyartoolkit/utils/j2se/LabelingBufferdImage.java
@@ -44,9 +44,10 @@ import jp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.artoolkit.NyARLabelingImage;
4444 import jp.nyatla.nyartoolkit.core.labeling.artoolkit.NyARLabelingLabel;
4545
4646 /**
47- * bitmapとして利用可能なラベリングイメージです。
48- *
49- *
47+ * このクラスは、デバック用途のクラスです。
48+ * NyARToolkit形式の画像を、BufferedImage形式へ変換してコピーします。
49+ * NyARBufferedImageRasterをか、NyARRasterImageIOを使用してください。
50+ * @deprecated
5051 */
5152 public class LabelingBufferdImage extends BufferedImage
5253 {
--- a/utils/j2se/src/jp/nyatla/nyartoolkit/utils/j2se/NyARBufferedImageRaster.java
+++ b/utils/j2se/src/jp/nyatla/nyartoolkit/utils/j2se/NyARBufferedImageRaster.java
@@ -12,14 +12,17 @@ import jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARBufferType;
1212 import jp.nyatla.nyartoolkit.core.types.NyARIntSize;
1313
1414 /**
15- * バッファにBufferedImageを使用するNyARRgbRasterです。
16- * ラップするbufferedImageの種類によっては、パフォーマンスが低下する事があるので注意してください。
17- * @author nyatla
18- *
15+ * このクラスは、BufferedImageをピクセルバッファに持つNyARToolKit互換のラスタクラスです。
16+ * BufferedImageインスタンスをラップしています。
17+ * 通常のJavaプログラムと相互運用する場合に便利です。
18+ * BufferedImageの形式はコンストラクタで指定できます。
1919 */
2020 public class NyARBufferedImageRaster extends NyARRgbRaster
2121 {
2222 private BufferedImage _buffered_image;
23+ /**
24+ * この関数は、NyARRgbRasterに、NyARBufferedImageRasterの機能を追加します。
25+ */
2326 protected boolean initInstance(NyARIntSize i_size,int i_raster_type,boolean i_is_alloc)
2427 {
2528 if(super.initInstance(i_size, i_raster_type, i_is_alloc)){
@@ -39,15 +42,24 @@ public class NyARBufferedImageRaster extends NyARRgbRaster
3942 }
4043
4144 /**
42- * NyARBufferTypeと互換性のある形式のBufferedImageを作成します。
45+ * コンストラクタです。
46+ * BufferedImage形式のバッファを持つラスタオブジェクトを作成します。
47+ * BufferedImageのピクセル形式には特色があります。i_raster_typeの説明を参考にして下さい。
4348 * @param i_width
49+ * ラスタの幅を指定します。
4450 * @param i_height
51+ * ラスタの高さを指定します。
4552 * @param i_raster_type
46- * バッファタイプを指定します。使用できるラスタタイプは、次の種類です。
47- * NyARBufferType.BYTE1D_R8G8B8_24,NyARBufferType.BYTE1D_B8G8R8_24,NyARBufferType.INT1D_X8R8G8B8_32,NyARBufferType.OBJECT_Java_BufferedImage
48- * NyARBufferType.OBJECT_Java_BufferedImageは低速低速です。パフォーマンスが必要なシステムでは他のバッファタイプを指定してください。
53+ * BufferedImageのバッファタイプを指定します。使用できるラスタタイプは次の種類です。
54+ * <ul>
55+ * <li>NyARBufferType.BYTE1D_R8G8B8_24(推奨)</li>
56+ * <li>NyARBufferType.BYTE1D_B8G8R8_24(推奨)</li>
57+ * <li>NyARBufferType.INT1D_X8R8G8B8_32</li>
58+ * <li>NyARBufferType.OBJECT_Java_BufferedImage</li>
59+ * </ul>
60+ * NyARBufferType.OBJECT_Java_BufferedImageは低速です。パフォーマンスが必要なシステムでは他のバッファタイプを指定してください。
4961 * NyARToolKitの入力・出力に使用する場合は、関数に最適なバッファタイプを使用するとパフォーマンスが向上します。詳細は関数のドキュメントを参照してください。
50- * (NyARBufferType.OBJECT_Java_BufferedImageは全ての関数で低速であり、他の直値タイプは概ね高速に動作します。)
62+ * (NyARBufferType.OBJECT_Java_BufferedImageは全ての関数で低速であり、他のタイプは概ね高速に動作します。)
5163 * @throws NyARException
5264 */
5365 public NyARBufferedImageRaster(int i_width,int i_height,int i_raster_type) throws NyARException
@@ -120,7 +132,7 @@ public class NyARBufferedImageRaster extends NyARRgbRaster
120132 return;
121133 }
122134 /**
123- * 既にあるbufferedImageをラップしてラスタをつくります。BufferedImageの内容により、ラスタタイプは自動的に決定します。
135+ * この関数は、既にあるBufferedImageをラップしてラスタをつくります。BufferedImageの内容により、ラスタタイプは自動的に決定します。
124136 * @param i_bfi
125137 * ラップするbufferedImageを設定します。インスタンスが参照するのは、このインスタンスのデフォルトバンクのイメージです。
126138 * NyARToolKitと互換性が低いBufferedImageを指定すると、パフォーマンスが劣化することがあります。注意してください。
@@ -155,16 +167,18 @@ public class NyARBufferedImageRaster extends NyARRgbRaster
155167 return;
156168 }
157169 /**
158- * BufferedImageを返します。
170+ * この関数は、ラップしているBufferedImageを返します。
159171 * @return
172+ * ラップしているBufferedImageの実体
160173 */
161174 public final BufferedImage getBufferedImage()
162175 {
163176 return this._buffered_image;
164177 }
165178 /**
166- * BufferedImageのGraphicsを返します。
179+ * この関数は、BufferedImageのGraphicsを返します。
167180 * @return
181+ * ラップしているBufferedImageのGraphicsオブジェクト
168182 */
169183 public final Graphics getGraphics()
170184 {
@@ -172,7 +186,7 @@ public class NyARBufferedImageRaster extends NyARRgbRaster
172186 }
173187
174188 /**
175- * BufferedImageを分析して、WriterbleRasterと互換性のあるNyARBufferTypeを調べます。
189+ * この関数は、BufferedImageを分析して、WriterbleRasterと互換性のあるNyARBufferTypeを調べます。
176190 * @param im
177191 * @return
178192 */
@@ -229,9 +243,8 @@ public class NyARBufferedImageRaster extends NyARRgbRaster
229243
230244
231245 /**
232- * BufferedImage用の低速PixelReader
233- * @author nyatla
234- *
246+ * このクラスは、BufferedImage用の低速なPixelReaderです。
247+ * BufferedImageの形式に依存しない代わりに、ピクセルへのアクセス速度が極端に低速です。
235248 */
236249 final class NyARRgbPixelReader_OBJECT_Java_BufferedImage implements INyARRgbPixelReader
237250 {
--- a/utils/jogl/src.rpf/jp/nyatla/nyartoolkit/rpf/reality/nyartk/gl/NyARRealityGl.java
+++ b/utils/jogl/src.rpf/jp/nyatla/nyartoolkit/rpf/reality/nyartk/gl/NyARRealityGl.java
@@ -55,21 +55,19 @@ public class NyARRealityGl extends NyARReality
5555 /**
5656 * この関数は、透視投影行列と視錐体パラメータを元に、インスタンスを作成します。
5757 * 初期状態のインスタンスを生成します。
58- * この関数は、i_prjmatにnullを指定することで、樽型歪み矯正を行わないインスタンスを生成できます。
58+ * この関数は、樽型歪み矯正を行わないインスタンスを生成できます。
5959 * @param i_prjmat
6060 * ARToolKit形式の射影変換パラメータを指定します。
61- * @param i_screen
61+ * @param i_screen_size
6262 * スクリーン(入力画像)のサイズを指定します。
6363 * @param i_near
64- * {@link #NyARReality(NyARParam i_param,double i_near,double i_far,int i_max_known_target,int i_max_unknown_target)}を参照
64+ * {@link NyARReality#NyARReality(NyARParam i_param,double i_near,double i_far,int i_max_known_target,int i_max_unknown_target)}を参照
6565 * @param i_far
66- * {@link #NyARReality(NyARParam i_param,double i_near,double i_far,int i_max_known_target,int i_max_unknown_target)}を参照
67- * @param i_dist_factor
68- * 樽型歪み矯正オブジェクトを指定します。歪み矯正が不要な時は、nullを指定します。
66+ * {@link NyARReality#NyARReality(NyARParam i_param,double i_near,double i_far,int i_max_known_target,int i_max_unknown_target)}を参照
6967 * @param i_max_known_target
70- * {@link #NyARReality(NyARParam i_param,double i_near,double i_far,int i_max_known_target,int i_max_unknown_target)}を参照
68+ * {@link NyARReality#NyARReality(NyARParam i_param,double i_near,double i_far,int i_max_known_target,int i_max_unknown_target)}を参照
7169 * @param i_max_unknown_target
72- * {@link #NyARReality(NyARParam i_param,double i_near,double i_far,int i_max_known_target,int i_max_unknown_target)}を参照
70+ * {@link NyARReality#NyARReality(NyARParam i_param,double i_near,double i_far,int i_max_known_target,int i_max_unknown_target)}を参照
7371 * @throws NyARException
7472 */
7573 public NyARRealityGl(NyARPerspectiveProjectionMatrix i_prjmat,NyARIntSize i_screen_size,double i_near,double i_far,int i_max_known_target,int i_max_unknown_target) throws NyARException
--- a/utils/jogl/src/jp/nyatla/nyartoolkit/jogl/utils/NyARGLDrawUtil.java
+++ b/utils/jogl/src/jp/nyatla/nyartoolkit/jogl/utils/NyARGLDrawUtil.java
@@ -203,7 +203,7 @@ public class NyARGLDrawUtil
203203 * この関数は、スクリーン座標系をOpenGLにロードします。
204204 * スクリーンに二次元系の情報をそのまま書きこむときに使います。
205205 * この関数は、PROJECTIONとMODELVIEWスタックをそれぞれ1づつpushします。
206- * スクリーン座標系を使用し終わったら、{@link endScreenCoordinateSystem}を必ず呼び出してください。
206+ * スクリーン座標系を使用し終わったら、{@link #endScreenCoordinateSystem}を必ず呼び出してください。
207207 * @param i_gl
208208 * OpenGLのインスタンス
209209 * @param i_width
Show on old repository browser