Download List

Project Description

Javaで実装された分散キーバリューストア(KVS)です

Githubへ移行しました。 https://github.com/kobedigitallabo/okuyama

今後の更新はGithub上にて行います。 こちらにある過去リリース分はそのまま維持します。

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2010-11-06 00:13
okuyama 0.8.3 (1 files Hide)

Release Notes

[New - 新ストレージモードを追加、package構成変更、TagからKeyを取得する際に存在しないkeyか返さないOption引数を追加、Tag登録時のロックアルゴリズムを見直し、不具合対応]
[[リリース Ver 0.8.3 - (2010/11/5)]]
■ストレージモードに完全ディスクモードを追加
このモードを使用することで、少ないメモリのサーバでもディスクの上限までデータを管理することができる。
DataNode.propertiesに新たにパラメータが追加された

DataNode.propertiesファイル内
---------------------------------------
KeyManagerJob1.dataMemory=false
KeyManagerJob1.keyMemory=false
KeyManagerJob1.keyStoreDirs=./keymapfile/THdata1/,./keymapfile/THdata2/
----------------------------------------

※上記の状態で完全ディスクモードになる
keyStoreDirsは保存するディレクトリになる。場所指定はカンマ区切りで定義する。
指定ディレクトリをそれぞれ別々のディスクにするとレスポンスが向上する。


■パッケージ構造は大幅に変更
前回まで使用していたパッケージ名は既にURLが別の方が取得済みでしたので、変更。
従来のパッケージ構造から
okuyama.imdst
okuyama.base
に変更
申し訳ありませんが、この変更によりImdstKeyValueClientのimport文の変更が必要になります。
以下となります
import okuyama.imdst.client.ImdstKeyValueClient


■TagからKeyを取得する際にすでに削除されたKey値を返さないOption引数を追加
ImdstKeyValueClientのgetTagKeysメソッドの第2引数にfalseを指定する

使用例)
imdstKeyValueClient.getTagKeys("Tag", false);

※PHPクライアントも同様です。


■Tag登録時のロックアルゴリズムを見直し
Tag登録時のロックアルゴリズムを見直したことにより複数クライアントからの同時Tag登録のレスポンスを向上

■不具合対応
いくつかのバグを修正

Changelog

No Changelogs