Download List

Project Description

Projectの概要 JSPカスタムタグをベースとした、Webアプリケーションフレームワークです。 SQLの知識さえあれば、データのCRUD操作をメインとした業務システムが 簡単に構築することができます。 このフレームワークは、村田機械株式会社の基幹システムを構築するために 開発され、全ての基幹システムは、これを利用して構築し、稼動しています。 (基本機能) ・ユーザー管理         ・認証・アクセス制御 ・多言語対応          ・Excel入出力機能 ・ガントチャート表示、編集機能 ・定型帳票作成、発行機能 ・定型メール送信機能      ・データベース定義管理機能 ・バッチ処理機能 各種詳細情報及びドキュメントについては、openGion@Websiteを参照して下さい。 Java を含む標章は、米国 Sun Microsystems, Inc.の商標であり、同社のJava ブランドの技術を使用した製品を指します。 Excel は、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。 コンテンツ中に記載された社名および製品名は、すべて各社の商標または登録商標です。

Released at 2015-06-05 15:28
opengion 5.8.8.0

Name Size Hash Date Download count
RELEASE-NOTES_5.8.8.0.txt 3.56 KB 2015-06-05 15:29 4
openGion_core_5.8.8.0.zip 17.42 MB 2015-06-05 15:30 4
openGion_dev_5.8.8.0.zip 62.25 MB 2015-06-05 15:32 3
openGion_verup_5.8.8.0.zip 10.01 MB 2015-06-05 15:29 5

Release Notes

5.8.8.0 (2015/06/05) HTML5対応 6.2.4.2対応の適用 HTML5(IE11 ネイティブモード)で、textarea の文字が自動で折り返さなくなった。 td タグの white-space: nowrap; 属性が継承されてしまうようです。 default.css で、textarea { white-space: pre; } を設定しておきます。 src\script\common\default.css URLチェック時の暗号化鍵 URLチェック時はソース内部に書かれた暗号化鍵を利用していますが、セキュリティ的には問題があるため、 外部から指定できるように変更します。 受け側のフィルターではシステムリソースの「URL_CHECK_CRYPT」でキーを指定します。 リンク作成時はLinkタグでurlCheckCryptを指定します。 キーが指定されていない場合は、今まで通りのキーを利用します。 必要十分程度の高速化を図るため、addURLCheckKeyにHybsCryptographyを渡す実装としています。 fukurou.security.HybsCryptography#HybsCryptography( final String cryptKey ) hayabusa.filter.URLCheckFilter#HybsCryptography fukurou.util.XHTMLTag#addURLCheckKey( final String href, final String key, final String userid, final long time ) fukurou.util.XHTMLTag#addURLCheckKey( final String href, final String key, final String userid, final long time, final HybsCryptography crypt ) fukurou.util.XHTMLTag#embedURLCheckKey( final String tag, final String key, final String userid, final long time ) fukurou.util.XHTMLTag#embedURLCheckKey( final String tag, final String key, final String userid, final long time, final HybsCryptography crypt ) hayabusa.taglib.LinkTag#release2() hayabusa.taglib.LinkTag#setUrlCheckCrypt( final String crypt ) hayabusa.taglib.LinkTag#doEndTag() hayabusa.html.ViewLink_LINK#clear() hayabusa.html.ViewLink_LINK#setDBTableModel( final DBTableModel tbl ) hayabusa.html.ViewLink_LINK#getMarkerString( final int row,final int clm,final String value ) hybs-taglib.tld エラーメッセージリソース化 ユーザに表示されるエンジン内部のエラーメッセージの一部をリソース化し、多言語対応可にします。 今回はまず、特定のタグのみ対応を行います。 hayabusa.taglib.FileUploadTag#doEndTag() hayabusa.taglib.ViewFormTag#doStartTag() ラベルリソース(**) ERR0043,ERR0044

5.8.7.2 (2015/05/29) inputの幅調整変更 IE10よりテキスト入力にクリアボタンが自動で出力されるようになりました。 これに対して入力欄の大きさがそのままで、今まで見えていた文字が見えなくなるため Sizeを1文字分だけ広げます。8文字を超える場合のみ適用します。MAX値の制御は以前のままです。 ※ギリギリでレイアウトを作成している場合は崩れる可能性があるので注意してください hayabusa.db.DBColumn#getFieldSize( final int maxlength,final int colums_maxsize )

5.8.7.1 (2015/05/22) 属性のクリアが抜けていた 6.2.4.0対応の適用 hayabusa.taglib.InputTag#release2() の未定義エラー対策 未定義のエラーを抑制します。6.2.4.0対応の適用 gf\jsp\common\jquery\blockUI.js の未定義エラー対策 ポップアップ等で検索中表示のスクリプトのエラーが発生するため対応。6.2.4.0対応の適用 hayabusa.taglib.HeadTag#UNBLOCKUI_READY カラムが削除された場合のEdit対応 5.8.2.0 (2014/12/05)でV6に合わせる形に修正したEdit関連ですが、 一部修正漏れでエラーが表示されなくなっていたため対応します。 hayabusa.taglib.ViewFormTag#makeEditTable( final DBEditConfig config ) AUTH対応 POP BEFORE SMTPの認証については以前から対応していましたが、SMTP AUTHに対応します。 但し、現行利用しているjavaMailではMD5に対応していないため限定的な対応となります。 認証方法として「SMTP_AUTH」を指定してください。 fukurou.mail.MailTX#public MailTX( final String host , final String charset, final String smtpPort ,final String authType, final String authPort, final String authUser, final String authPass)

Changelog

No Changelogs