Download List

Sponsored link

Project Description

Projectの概要

JSPカスタムタグをベースとした、Webアプリケーションフレームワークです。
SQLの知識さえあれば、データのCRUD操作をメインとした業務システムが 簡単に構築することができます。

このフレームワークは、村田機械株式会社の基幹システムを構築するために 開発され、全ての基幹システムは、これを利用して構築し、稼動しています。

(基本機能)
・ユーザー管理         ・認証・アクセス制御
・多言語対応          ・Excel入出力機能
・ガントチャート表示、編集機能 ・定型帳票作成、発行機能
・定型メール送信機能      ・データベース定義管理機能
・バッチ処理機能

各種詳細情報及びドキュメントについては、openGion@Websiteを参照して下さい。


Java を含む標章は、米国 Sun Microsystems, Inc.の商標であり、同社のJava ブランドの技術を使用した製品を指します。
Excel は、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
コンテンツ中に記載された社名および製品名は、すべて各社の商標または登録商標です。

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2018-05-02 16:29
opengion 5.9.32.0 (4 files Hide)

Release Notes

5.9.32.0 (2018/05/02) リッチテキスト入力 ヘルプやお知らせ等でリッチテキストを入力したい場面があるため、エディタを追加しておきます。 利用する場合にはheadタグでuseRichText=trueを指定してください。 plugin.column#Editor_TEXTRICH plugin.column#Renderer_TEXTRICH hayabusa.taglib.HeadTag#release2() hayabusa.taglib.HeadTag#doEndTag() hayabusa.taglib.HeadTag#setUseRichText( final String flag ) jsp/common/option/jquery.cleditor.css jsp/common/option/jquery.cleditor.custom.js jsp/common/option/jquery.cleditor.js jsp/common/option/images/* hybs-taglib.tld VIEW_USE_HILIGHT_RADIO_CLICK 6.2.2.0 (2015/03/27)取り込み。hilightRowの引数を追加して、行選択時にイベント発行可否を指定可能とする。 hayabusa.taglib.ViewFormTag#setUseHilightRadioClick( final String useClick ) hayabusa.taglib.ViewFormTag#release2() hayabusa.taglib.ViewFormTag#doEndTag() common/resultScript.js#hilightRow( evt, isCheckOnly, isRadioClick ) hybs-taglib.tld カレンダースクリプト修正 カレンダーに対して英字を送信すると固まる不具合があったので修正します。 common/calendar_3month.js#initCalendar(cntMonth) 左右分割スクロール修正 splitView利用時にEdit機能を使うと表示が想定通りにならない場合がある不具合を修正します。 hayabusa.db.DBEditConfig#getViewClms( final String orgClms ) シーケンス取得方法変更 nextvalで取得していた帳票シーケンスを、標準的な書き方に変更しておきます。(5.9.31.1未対応分) 伝送処理等で一部残っていますが、特殊用途なので置いておきます。 hayabusa.report.GE50Access#makeYkno() AWSプラグイン修正 EC2からS3へのアクセスはキーではなくIAMを利用した方が良いため、キーが登録されていない場合は IAMを利用するように変更します。 plugin.cloud.StorageAPI_aws.java#StorageAPI_aws(String container, HttpSession hsession) GEのMAIL03修正 画面で(+)による結合が行われていたので標準SQLを利用するように修正します。 ge/jsp/MAIL03 メールデーモンの送信件数制御 利用サービスによっては時間辺りの送信件数が制限されている場合があるため、デーモン1回辺りのメール送信件数を 制限する制御を入れておきます。 MAIL_DAEMON_LIMITが0以下の場合は無制限、それ以外の場合は1回辺りに指定分だけ送信とします。 標準は無制限です。 hayabusa.common.SystemData#MAIL_DAEMON_LIMIT hayabusa.mail.MailManager_DB#selGE30

5.9.31.1 (2018/04/13) エンジン内部のシーケンス取得 エンジン内部でシーケンスの値を取得する際にfukurouを利用していない箇所があるため一部修正します。 今回の対応箇所以外でも帳票等で利用していますが、一旦メール部分のみの修正としておきます。 fukurou.db.DBFunctionName#getSequence( final String seqName, final Transaction tran, final String DBID ) fukurou.db.DBFunctionName#getSequence( final String seqName, final Transaction tran ) hayabusa.mail.MailModuleUtil#getYkno()

Changelog

No Changelogs