Download List

Project Description

PIC18F45K20等のワンチップマイコンと、AKC6955等のI2C操作出来るラジオで、デジタル液晶表示とテンキー周波数入力等を備えた多機能ラジオを作っていく。 see also: https://sites.google.com/site/artanejp/home/electronics/radio-with-pic (日本語で書いています)

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2013-08-23 06:28
openi2cradio 1.0beta2 (1 files Hide)

Release Notes

Open I2C Radio v1.0 beta2

Relaxed heat wave, re-start beta release (^_^;
If you can read Japanese , see Relnote.ja.txt.

* Major changes
- Add build support Microchip's XC8 compiler as same as
SDCC v.3.3.0 or later.
- Add UP-DOWN feature on memoried frequencyes as channnel of TV.
Press "B" key on main screen(not menu).
- Adjust idle_*() functions.
- Many, many of bugfixes ;)
- See 00_gitlog.txt to know more changes.

* To try this
See README.

* To build
See README.

* Remains ( for v1.0)
- More, more, and more bugfixes ;-)
* After release of v1.0, I will plan below:
- To improve RF-Preamps.
- Add external EEPROM, to extend user memory settings
(i.e. frequencies).

Aug 23, 2013 K.Ohta <whatisthis.sowhat _at_ gmail.com>

Open I2C Radio v1.0 beta2

涼しくなったので、ベータリリースを再開です。

【主な改善点】
・XC8コンパイラでもSDCCコンパイラv3.3.0以降でも、ビルドすれば同じように動作するようにした。
・テレビのチャンネルのような感じの周波数メモリ機能のアップダウン機能がつきました。
 メイン画面でBキーです。
・idle_*()関数のタイミングの改善。
・例によって相当なバグフィクス
・その他細々としたことは、 00_gitlog.txtをお読み下さい。
 http://sourceforge.jp/projects/openi2cradio/scm/git/OpenI2CRadio/

【試すには】
Readme.ja.txtをお読み下さい。

【ソースコードからビルドするには】
これも Readme.ja.txt をお読み下さい。MPLAB X IDEとコンパイラがあれば大丈夫なはずです

【残作業等(目安)】
・バグ潰し;-)
※v1.0リリース後に、アンプの改善と外部記録用のEEPROMを追加する予定です
(メモリ周波数の数が少なすぎる上にアップデートで設定が壊れるので)

Aug 23, 2013 K.Ohta <whatisthis.sowhat _at_ gmail.com>

Changelog

*v1.0beta2

・ソフトウェアの更新
- UI関連の改善
- キーイン感覚の統一化
- SDCC v3.3.0以降だけではなく、Microchip社のXC8でもビルド出来るようにした
- その他諸々のバグ取りと機能改善

Aug 23, 2013 K.Ohta <whatisthis.sowhat _at_ gmail.com>