[pal-cvs 2394] [126] added Japanese Configuration Guide.

svnno****@sourc***** svnno****@sourc*****
2007年 5月 13日 (日) 08:22:25 JST


Revision: 126
          http://svn.sourceforge.jp/cgi-bin/viewcvs.cgi?root=pal&view=rev&rev=126
Author:   shinsuke
Date:     2007-05-13 08:22:25 +0900 (Sun, 13 May 2007)

Log Message:
-----------
added Japanese Configuration Guide.

Added Paths:
-----------
    pal-portal/trunk/docs/ja/
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/project.properties
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/project.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/src/
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/src/resources/
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/src/resources/site.jsl
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/documentation.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/download.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/faq.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/features.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started-binary.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started-installer.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started-source.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-ajax-api.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-app-servers.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-components.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-database.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-decorators.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-dir-structure.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-j2-development.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-jpt.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-l10n.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-layouts.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-menus-declarative-psml.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-pipeline.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-portal-assembly.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-portal-design.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-portlet-bridges.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-profiler.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-properties.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-psml.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-security-declarative-psml.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-security.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-simple-portlet.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-site.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-sso.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-user-attributes.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/images/
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/images/create-patch.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/images/j2-overview.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/images/jetspeedservlet-c.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/index.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/how-to-help.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/breadcrumbs.jpg
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/collapsed.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/definingUserAttributes.jpg
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/expanded.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/external.png
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/folder-open.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/h3.jpg
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/h5.jpg
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/hide_original.png
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/layouts/
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/layouts/layouts-overview.png
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/newwindow.png
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/pal-logo.png
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/pal_banner.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/pdf.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/portlets/
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/portlets/gems.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/sflogo.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/sflogo.png
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/derby.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/directory.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/lucene.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/ojb.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/pluto.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/springframework.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/bluesunrise.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/convergys.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/groundwork.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/iwise.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/jahia.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/rosa.jpg
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/ugs.gif
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/usingUserAttributes.jpg
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/index.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/j1-users.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/j2-maven-plugin.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/navigation.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/portlets-community.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/quality-testing.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/release-notes.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/source-code.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/style/
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/style/maven-j2.css
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/style/project.css
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/supporting-projects.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/what-is-jetspeed-2.xml
    pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/who-uses-j2.xml


-------------- next part --------------
Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/project.properties
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/project.properties	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/project.properties	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,29 @@
+# Repo
+maven.repo.remote = http://jetplume.sourceforge.jp/maven/, http://www.bluesunrise.com/maven/, http://www.ibiblio.org/maven/, http://dist.codehaus.org/, http://cvs.apache.org/repository
+
+#
+# DATE Preferences
+#
+# The place of the date on the pages : choices are 'bottom', 'left', 'right', 'navigation-top', 'navigation-bottom'
+maven.xdoc.date = left
+#maven.xdoc.date.format = yyyy/MM/dd HH:mm z
+maven.xdoc.date.format = yyyy/MM/dd HH:mm
+# The date locale
+maven.xdoc.date.locale = ja
+
+#
+# Doc Setting
+#
+maven.xdoc.version=${pom.currentVersion}
+maven.xdoc.includeProjectDocumentation = no
+maven.docs.outputencoding = EUC-JP
+maven.javadoc.source = 1.4
+maven.xdoc.jsl=file:${maven.src.dir}/resources/site.jsl
+
+# Multiproject settings
+maven.multiproject.includes=*/project.xml
+maven.multiproject.excludes=project.xml
+# following are default values but needed here because our allSite goal doesn't know them from the plugin
+maven.multiproject.aggregateDir=multiproject/
+maven.multiproject.ignoreFailures=true
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/project.properties
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/project.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/project.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/project.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,36 @@
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<project>
+  <name>PALポータル 設定ガイド</name>
+  <groupId>jp.sf.pal.pal-portal.docs.ja</groupId>
+  <artifactId>configuration-guide</artifactId>
+  <currentVersion>0.1-SNAPSHOT</currentVersion>
+  <organization>
+    <name>Portal Application Laboratorycom</name>
+    <url>http://sourceforge.jp/projects/pal/</url>
+    <logo>/images/pal-logo.png</logo>
+  </organization>
+  <inceptionYear>2005</inceptionYear>
+  <package/>
+  <logo>/images/sflogo.gif</logo>
+  <description/>
+  <siteAddress>shell.sourceforge.jp</siteAddress>
+  <siteDirectory>/home/groups/p/pa/pal/htdocs/pal-portal/docs/ja/configuration-guide/</siteDirectory>
+  <reports>
+    <report>maven-license-plugin</report>
+  </reports>
+</project>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/project.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/src/resources/site.jsl
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/src/resources/site.jsl	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/src/resources/site.jsl	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,513 @@
+<?xml version="1.0"?>
+
+<!--
+ * ========================================================================
+ * 
+ * Copyright 2004 The Apache Software Foundation.
+ *
+ * Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+ * you may not use this file except in compliance with the License.
+ * You may obtain a copy of the License at
+ * 
+ *   http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+ * 
+ * Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+ * distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+ * WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+ * See the License for the specific language governing permissions and
+ * limitations under the License.
+ * 
+ * ========================================================================
+-->
+<!-- stylesheet to be used -->
+<jsl:stylesheet select="$doc"
+  xmlns:define="jelly:define"
+  xmlns:j="jelly:core"
+  xmlns:jsl="jelly:jsl"
+  xmlns:log="jelly:log"
+  xmlns:util="jelly:util"
+  xmlns:x="jelly:xml"
+  xmlns:doc="doc"
+  xmlns:maven="jelly:maven"
+  xmlns="dummy"
+  trim="true">
+  <jsl:template match="document" trim="true">
+    <j:useBean var="navbean" class="org.apache.maven.NavBean"/>
+	<j:set var="location" value="${outFile.substring(destdir.length())}"/>
+	<util:replace var="location" oldChar="\" newChar="/" value="${location}"/>
+    <!-- Stores location for publish date / version -->
+    <j:set var="date">${maven.xdoc.date}</j:set>
+	<j:setProperties object="${navbean}" document="${doc}" location="${location}"/>
+	
+    <x:doctype name="html" publicId="-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" systemId="http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd"/>
+    <html>
+      <head>
+        <j:set var="docTitle"><x:expr select="./properties/title"/></j:set>
+        <x:if select="$nav/title">
+          <title><x:expr select="$nav/title"/> - ${docTitle}</title>
+        </x:if>
+        <x:if select="not($nav/title)">
+          <title>${pom.name} - ${docTitle}</title>
+        </x:if>
+        
+        <j:set var="themeUrl" value="${maven.xdoc.theme.url}"/>
+        <util:file var="projectCssFile" name="${maven.docs.src}/style/project.css"/>
+        
+        <style type="text/css" media="all"><![CDATA[
+          @import url("${relativePath}/style/maven-base.css");
+          ]]>
+			    <j:if test="${!empty(themeUrl)}"><![CDATA[
+				    @import url("${maven.xdoc.theme.url}");
+			    ]]></j:if>
+			    <j:if test="${empty(themeUrl)}"><![CDATA[
+				    @import url("${relativePath}/style/maven-${maven.xdoc.theme}.css");
+			    ]]></j:if>
+			    <j:if test="${projectCssFile.exists()}"><![CDATA[
+				    @import url("${relativePath}/style/project.css");
+			    ]]></j:if>
+        </style>
+        
+        <link rel="stylesheet" type="text/css" href="${relativePath}/style/print.css" media="print"/>
+        <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=${outputencoding}"/>
+        <x:forEach var="author" select="./properties/author">
+          <meta name="author" content="${author.text}"/>
+          <meta name="email" content="${author.attribute('email').value}"/>
+        </x:forEach>
+        
+        <jsl:applyTemplates select="$doc/document/head/*"/>
+        
+      </head>
+
+      <x:element name="body"><j:whitespace trim="true">
+        <x:attribute name="class">composite</x:attribute>
+        <x:forEach var="attr" select="$doc/document/body/@*">
+          <x:attribute name="${attr.name}">${attr.value}</x:attribute>
+        </x:forEach>
+        </j:whitespace>
+
+        <div id="banner">
+              <!-- organization logo -->
+                <j:set var="logo" value="${pom.organization.logo}"/>
+                <j:if test="${!empty(logo)}">
+                  <!-- set url to org or project url -->
+                  <j:set var="url" value="${pom.organization.url}"/>
+                  <j:if test="${!empty(url)}">
+                    <j:set var="home" value="${pom.organization.url}"/>
+                  </j:if>
+                  <j:if test="${empty(url)}">
+                    <j:set var="home" value="${pom.url}"/>
+                  </j:if>
+                  <!-- set image to relative or complete -->
+                  <j:set var="image" value="${pom.organization.logo}"/>
+                  <j:if test="${!image.startsWith('http://') and !image.startsWith('https://')}">
+                    <j:set var="image" value="${relativePath}${image}"/>
+                  </j:if>
+                  <a href="${home}" id="organizationLogo">
+                    <img src="${image}" alt="${pom.organization.name}" />
+                  </a>
+                </j:if>
+
+              <!-- project logo and link -->
+                  <j:set var="logo" value="${pom.logo}"/>
+                  <j:if test="${logo != null and logo != ''}">
+                    <!-- set image to relative or complete -->
+                    <j:set var="image" value="${pom.logo}"/>
+                    <j:if test="${!image.startsWith('http://') and !image.startsWith('https://')}">
+                      <j:set var="image" value="${relativePath}${image}"/>
+                    </j:if>
+
+                    <a href="${pom.url}" id="projectLogo">
+                      <img src="${image}" alt="${pom.name}"/>
+                    </a>
+                  </j:if>
+                  <j:if test="${logo == null or logo == ''}">
+                      <a href="${pom.url}" id="projectLogo">
+                        <span>${pom.name}</span>
+                      </a>
+                  </j:if>
+                <div class="clear"><hr /></div>
+        </div>
+
+        <div id="breadcrumbs">
+              <j:if test="${date == 'left'}">
+                <maven:property var="version" name="maven.xdoc.version" defaultValue="${pom.currentVersion}"/>
+                <div class="xleft">
+                	Last published: ${build.date}
+                  <j:if test="${!empty(version)}">| Doc for ${version}</j:if>
+                </div>
+              </j:if>
+                <div class="xright">
+                  <j:if test="${date == 'right'}">
+                    Last published: ${build.date}
+                    <x:if select="$nav/body/links">|</x:if>
+                  </j:if>
+                  <!-- render links -->
+                  <x:if select="$nav/body/links">
+                    <jsl:applyTemplates select="$nav/body/links"/>
+                  </x:if>
+                </div>
+                <div class="clear"><hr /></div>
+        </div>
+        
+        <!-- left column start -->
+        <div id="leftColumn">
+          <div id="navcolumn">
+            <j:if test="${date == 'navigation-top'}">
+              <div id="lastPublished">Last published: ${build.date}</div>
+            </j:if>
+            <x:if select="$nav">
+              <jsl:applyTemplates select="$nav/body/menu[not(@type) | @type='header'] | $nav/body/search"/>
+            </x:if>
+            <jsl:applyTemplates select="$projectNav/body/menu"/>
+            <!-- allows user to put menu items after standard reports -->
+            <x:if select="$nav">
+              <jsl:applyTemplates select="$nav/body/menu[@type='footer']"/>
+            </x:if>
+            <!-- Standard Maven Navigation -->
+            <j:set var="fileName">${file}</j:set>
+            <j:set var="poweredbyimage">${maven.xdoc.poweredby.image}</j:set>
+            <j:set var="poweredbytitle">${maven.xdoc.poweredby.title}</j:set>
+            <j:set var="poweredbyurl" value="${maven.xdoc.poweredby.url}" />
+            <j:if test="${!empty(poweredbyimage)}">
+              <a id="poweredBy" href="${poweredbyurl}" title="${poweredbytitle}">
+                <img alt="${maven.xdoc.poweredby.title}" src="${relativePath}/images/logos/${poweredbyimage}" />
+              </a>
+            </j:if>
+            <div style="width:100%;text-align:center;padding:0px 0px 10px 0px">
+              <a href="http://www.java.net/" title="java.net">
+                <img alt="java.net" src="/images/javanet_button_90.gif"/>
+              </a>
+            </div>
+            <j:if test="${date == 'navigation-bottom'}">
+              <div id="lastPublished">Last published: ${build.date}</div>
+            </j:if>
+          </div>
+       </div>
+       <!-- left column end -->
+              
+       <!-- body start -->
+       <div id="bodyColumn">
+         <div class="contentBox">
+           <!-- FIXME really shouldn't use $doc, but jelly loses it's context again -->
+           <jsl:applyTemplates select="$doc/document/body/section"/>
+           <jsl:applyTemplates select="$doc/document/body/release" />
+           <jsl:applyTemplates select="$doc/document/body/goals" />
+         </div>
+       </div>
+       <div class="clear"><hr /></div>
+       <!-- body end -->
+        
+              
+       <!-- footer start -->    
+       <div id="footer">  
+          <jsl:applyTemplates select="$nav/body/footer"/>
+          <div class="xright">
+            <j:if test="${!empty(pom.organization.name)}">
+              <j:if test="${!empty(pom.inceptionYear)}">
+                <j:if test="${pom.inceptionYear == mavenCurrentYear}">
+                  &#169; ${mavenCurrentYear}, ${pom.organization.name}
+                </j:if>
+                <j:if test="${pom.inceptionYear != mavenCurrentYear}">
+                  &#169; ${pom.inceptionYear}-${mavenCurrentYear}, ${pom.organization.name}
+                </j:if>
+              </j:if>
+              <j:if test="${empty(pom.inceptionYear)}">
+                &#169; ${mavenCurrentYear}, ${pom.organization.name}
+              </j:if>
+            </j:if>
+            <j:if test="${date == 'bottom'}">
+              - Last published: ${build.date}
+            </j:if>
+          </div>
+          <div class="clear"><hr /></div>
+        </div>
+        <!-- footer end --> 
+              
+<script src="http://www.google-analytics.com/urchin.js" type="text/javascript"></script>
+<script type="text/javascript">
+_uacct = "UA-1799703-1";
+urchinTracker();
+</script>
+      </x:element>
+    </html>
+  </jsl:template>
+
+  <!-- process the properties of the doc -->
+  <jsl:template match="properties" trim="true">
+    <!-- stick head block here later -->
+  </jsl:template>
+
+  <!-- Process a menu for the navigation bar -->
+  <jsl:template match="menu" trim="true">
+    <j:set var="_menuName"><x:expr select="@name"/></j:set>
+    <j:set var="_menuName"><doc:escapeNameToken value="${_menuName}"/></j:set>
+    <j:choose>
+      <j:when test="${!empty(_menuName)}">
+        <div id="menu${_menuName}">
+          <h5><x:expr select="@name"/></h5>
+          <ul><jsl:applyTemplates select="item"/></ul>
+        </div>
+      </j:when>
+      <j:otherwise>
+        <div>
+          <ul><jsl:applyTemplates select="item"/></ul>
+        </div>
+      </j:otherwise>
+    </j:choose>
+    
+  </jsl:template>
+
+  <jsl:template match="item" trim="true">
+    <x:set var="item" select="."/>
+    <x:set var="_name" select="string(@name)"/>
+    <x:set var="_link" select="string(@href)"/>
+    <x:set var="_img" select="string(@img)"/>
+    <x:set var="_target" select="string(@target)"/>
+    <x:set var="_childCount" select="count(./item)"/>
+    <j:set var="_isCollapsed" value="${navbean.isCollapsed(item.get(0))}"/>
+    <j:set var="_state" value="none"/>
+    <j:if test="${_childCount.intValue() gt 0}">
+      <j:if test="${!_isCollapsed}"><j:set var="_state" value="expanded"/></j:if>
+      <j:if test="${_isCollapsed}"><j:set var="_state" value="collapsed"/></j:if>
+    </j:if>
+    <li class="${_state}">
+      <j:if test="${navbean.isSelected(item.get(0))}">
+        <strong><doc:itemLink name="${_name}" link="${_link}" img="${_img}" state="${_state}" target="${_target}"/></strong>
+      </j:if>
+      <j:if test="${!navbean.isSelected(item.get(0))}">
+        <doc:itemLink name="${_name}" link="${_link}" img="${_img}" state="${_state}" target="${_target}"/>
+      </j:if>
+      <j:if test="${_state == 'expanded'}">
+        <ul>
+          <jsl:applyTemplates select="item"/>
+        </ul>
+      </j:if>
+    </li>
+  </jsl:template>
+
+  <!-- Process the breadcrumb navbar -->
+  <jsl:template match="links" trim="true">
+    <j:set var="linkCount" value="1"/>
+    <x:forEach var="link" select="item">
+      <j:set var="_img"><x:expr select="@img"/></j:set>
+      <j:set var="_name"><x:expr select="@name"/></j:set>
+      <j:set var="_link"><x:expr select="@href"/></j:set>
+      <j:set var="_target"><x:expr select="@target"/></j:set>
+      <j:whitespace trim="false">
+        <j:if test="${linkCount != 1}">
+          <j:if test="${!(maven.xdoc.crumb.separator == '')}">
+            <span class="separator">${maven.xdoc.crumb.separator}</span>
+          </j:if>
+        </j:if>
+        <doc:itemLink name="${_name}" link="${_link}" img="${_img}" target="${_target}"/>
+      </j:whitespace>
+      <j:set var="linkCount" value="${1+linkCount}"/>
+    </x:forEach>
+  </jsl:template>
+
+  <!-- Google site search -->
+  <jsl:template match="search" trim="true">
+    <!-- Search code: http://www.google.com/searchcode.html -->
+    <!-- Google logos: http://www.google.com/stickers.html -->
+    <!-- Terms: http://www.google.com./services/terms_free.html -->
+    <div id="search">
+      <h5>Search ${pom.name}</h5>
+      <form method="get" action="http://www.google.com/search">
+        <a class="navlink" href="http://www.google.com">
+          <img src="http://www.google.com/logos/Logo_25wht.gif" width="75" height="32" alt="Google" />
+        </a>
+        <j:set var="siteURL" value="${pom.url}"/>
+        <!-- google fails on urls that end with / -->
+        <j:if test="${siteURL.endsWith('/')}">
+          <j:set var="URLLength" value="${siteURL.length() - 1}"/>
+          <j:set var="siteURL" value="${siteURL.substring(0, URLLength.intValue())}"/>
+        </j:if>
+        <input type="text" id="q" size="15" name="q" maxlength="255" value=""/>
+        <input type="submit" id="btnG" value="Go" name="btnG"/>
+        <input type="hidden" name="domains" value="${siteURL}"/>
+        <input type="hidden" id="search" name="sitesearch" value="${siteURL}"/>
+      </form>
+    </div>
+  </jsl:template>
+
+  <!-- process a documentation section -->
+  <jsl:template match="section" trim="true">
+    <div class="section">
+      <j:set var="_sectionName"><x:expr select="@name"/></j:set>
+      <!-- named anchors can't contain whitespaces -->
+      <j:set var="_anchorName"><doc:escapeNameToken value="${_sectionName}"/></j:set>
+      <j:if test="${!empty(_sectionName)}">
+          <a name="${_anchorName}"/><h2>${_sectionName}</h2>
+      </j:if>
+      <jsl:applyTemplates select="*"/>
+    </div>
+  </jsl:template>
+
+  <jsl:template match="subsection" trim="true">
+    <div class="subsection">
+      <j:set var="_sectionName"><x:expr select="@name"/></j:set>
+      <!-- named anchors can't contain whitespaces -->
+      <j:set var="_anchorName"><doc:escapeNameToken value="${_sectionName}"/></j:set>
+      <j:if test="${!empty(_sectionName)}">
+          <a name="${_anchorName}"/><h3>${_sectionName}</h3>
+      </j:if>
+      <jsl:applyTemplates select="*"/>
+    </div>
+  </jsl:template>
+
+  <jsl:template match="source" trim="false">
+    <div class="source"><pre><jsl:applyTemplates /></pre></div>
+  </jsl:template>
+  
+  <!-- preserve whitespace in the following elements -->
+  <jsl:template match="pre | script | style" trim="true">
+    <x:set var="nodename" select="name()"/>
+    <x:element name="${nodename}">
+      <x:forEach var="attr" select="@*">
+        <x:attribute name="${attr.name}">${attr.value}</x:attribute>
+      </x:forEach>
+      <j:whitespace trim="false"><jsl:applyTemplates /></j:whitespace>
+    </x:element>
+  </jsl:template>
+  
+  <!-- xhtml fixup: add missing alt attribute for images -->
+  <jsl:template match="img" trim="true">
+    <x:element name="img">
+      <x:forEach var="attr" select="@*">
+        <x:attribute name="${attr.name}">${attr.value}</x:attribute>
+      </x:forEach>
+      <x:set var="noalt" select="count(./@alt) = 0" />
+      <j:if test="${noalt}" >
+        <x:attribute name="alt"></x:attribute>
+      </j:if>
+    </x:element>
+  </jsl:template>
+
+  <jsl:template match="footer" trim="true">
+    <div class="xleft">
+      <jsl:applyTemplates select="*"/>
+    </div>
+  </jsl:template>
+
+  <jsl:template match="table" trim="true">
+    <j:set var="rowcount" value="0"/>
+    <table class="bodyTable">
+      <jsl:applyTemplates select="*"/>
+    </table>
+  </jsl:template>
+
+  <jsl:template match="tr" trim="true">
+    <j:choose>
+      <j:when test="${rowMode == 'a'}">
+        <j:set var="rowMode" value="b"/>
+      </j:when>
+      <j:otherwise>
+        <j:set var="rowMode" value="a"/>
+      </j:otherwise>
+    </j:choose>
+    <x:element name="tr"><j:whitespace trim="true">
+      <x:attribute name="class">${rowMode}</x:attribute>
+      <x:forEach var="attr" select="@*">
+        <x:attribute name="${attr.name}">${attr.value}</x:attribute>
+      </x:forEach>
+      <jsl:applyTemplates select="*"/>
+</j:whitespace></x:element>
+  </jsl:template>
+
+      <!--************************-->
+      <!-- goals documentation    -->
+      <!--************************-->
+      <jsl:template match="goals" trim="true">
+        <!-- reset row alternation -->
+        <j:set var="rowMode" value="" />
+        <div class="h3">
+          <a name="Goals"/><h3>Goals</h3>
+          <table class="bodyTable">
+            <thead>
+              <tr><th>Goal</th><th>Description</th></tr>
+            </thead>
+            <tbody>
+              <jsl:applyTemplates select="goal"/>
+            </tbody>
+          </table>
+        </div>
+      </jsl:template>
+      
+      <!-- a goal -->
+      <jsl:template match="goal" trim="true">
+        <j:choose>
+          <j:when test="${rowMode == 'a'}">
+            <j:set var="rowMode" value="b"/>
+          </j:when>
+          <j:otherwise>
+            <j:set var="rowMode" value="a"/>
+          </j:otherwise>
+        </j:choose>
+        
+        <x:element name="tr"><j:whitespace trim="true">
+          <x:attribute name="class">${rowMode}</x:attribute>
+          <j:set var="_goalName"><x:expr select="./name" /></j:set>
+          <td style="width:20%"><a name="${_goalName}"/>${_goalName}</td>
+          <td ><jsl:applyTemplates select="description" /></td>
+</j:whitespace></x:element>
+      </jsl:template>   
+      
+      <jsl:template match="description">
+        <jsl:applyTemplates trim="false"/>
+      </jsl:template>
+
+  <!-- remove the space at the end of parsed "a" anchors and fix local hrefs -->
+  <jsl:template match="a" trim="true">
+    <x:element name="a" trim="true">
+      <x:forEach var="attr" select="@*">
+        <j:choose>
+          <j:when test="${attr.name == 'href'}">
+            <j:set var="href" value="${attr.value}" />
+            <j:choose>                 
+              <j:when test="${href.startsWith('#')}">
+              	<x:attribute name="href">
+              	  <doc:escapeNameToken value="${href}"/>
+              	</x:attribute>
+              </j:when>
+              <j:when test="${href.startsWith('http://')}">
+                <x:attribute name="href">${href}</x:attribute>
+              	<x:attribute name="class">externalLink</x:attribute>
+              	<x:attribute name="title">External Link</x:attribute>
+              </j:when>                  
+              <j:otherwise>
+                <x:attribute name="href">${href}</x:attribute>
+              </j:otherwise>
+            </j:choose>
+          </j:when>
+          <j:when test="${attr.name == 'target'}">
+            <j:set var="target">${attr.value}</j:set>
+            <j:if test="${!empty(target) and target.equals('_blank')}">
+              <x:attribute name="class">newWindow</x:attribute>
+              <x:attribute name="title">New Window</x:attribute>
+            </j:if>              
+            <x:attribute name="target">${target}</x:attribute>
+          </j:when>
+          <j:when test="${attr.name == 'name'}">
+            <x:attribute name="name">
+              <doc:escapeNameToken value="${attr.value}"/>
+            </x:attribute>
+          </j:when>
+          <j:otherwise>
+            <x:attribute name="${attr.name}">${attr.value}</x:attribute>
+          </j:otherwise>
+        </j:choose>
+      </x:forEach>
+      <jsl:applyTemplates/>
+    </x:element>
+  </jsl:template>
+   
+  <!-- copy any other elements through -->
+  <jsl:template match="*" trim="false"><jsl:copy trim="false"><jsl:applyTemplates trim="false"/></jsl:copy></jsl:template>
+   
+  <!-- element values don't pass through as text -->
+  <jsl:template match="@*"/>
+
+  <!-- CDATA and text nodes pass-thru -->
+  <jsl:template match="text()"><x:expr select="."/></jsl:template>
+
+</jsl:stylesheet>

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/documentation.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/documentation.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/documentation.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,94 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+    Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+    
+    Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+    you may not use this file except in compliance with the License.
+    You may obtain a copy of the License at
+    
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+    
+    Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+    distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+    WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+    See the License for the specific language governing permissions and
+    limitations under the License.
+-->
+<document>
+    <properties>
+        <title>PALポータル の文書作成</title>
+        <subtitle>文書作成のガイドライン</subtitle>
+        <authors>
+            <person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+            <person name="Ate Douma" email="ate****@apach*****" />
+        </authors>
+        <translators>
+            <person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+        </translators>
+    </properties>
+    <body>
+        <section name="文書作成のプロセスの概略">
+			<p>
+			文書の作成は、PALポータル の導入を可能な限りスムーズにするために重要です。PALポータル の文書作成のプロセスについては、
+			<a href="http://wiki.apache.org/portals/PALポータル/DocumenationProcessWebsite">PALポータル の Wiki</a> を参照してください。
+			文書のパッチを提出するか、Wiki に書き込んでください。
+			</p>
+        </section>
+        <section name=" サイトの全文書の生成">
+		<p>
+		PALポータル の全文書を生成するには、以下のような maven コマンドを実行します。
+		</p>
+        <source>
+          <![CDATA[
+maven allSite]]>
+		</source>
+		<p>
+		注: このゴールの実行に時間がかかる間に、PALポータル のビルドが問題なく行われるか確認してください。
+		</p>
+		<p>
+		このゴールの実行のスピードアップのために、インターネット接続なしで (リンクのチェックにとても長い時間がかかる可能性があります) 、そして maven.mode.online=false として (もしくは、コマンドラインで -o オプションを使うか)、このゴールを実行することをおすすめします。
+		</p>
+        </section>
+        <section name=" PDF 文書の生成">
+            <subsection name=" Maven PDF プラグインのインストール">
+				<p>もし、Maven 1.0 以上を使っている場合、プラグインを自動的にインストールするには、以下のようなコマンドを一行で入力してください。
+				</p>
+                <source>
+                    <![CDATA[
+maven plugin:download -DgroupId=maven -DartifactId=maven-pdf-plugin
+	  -Dversion=2.3]]>
+				</source>
+				<p>
+					一度、プラグインは xalan.jar を ${MAVEN_HOME}/lib/endorsed にインストールします。PALポータル のビルドの際、Xalan は依存性に従ってダウンロードされます。PALポータル の使用するバージョンの Xalan は <code>${REPO_HOME}/xalan/jars</code> からコピー可能です。
+				</p>
+				<p>
+					PDF プラグインの更に詳細な情報は、<a href="http://maven.apache.org/reference/plugins/pdf/">Maven PDF プラグインのサイト</a>を参照してください。
+				</p>
+            </subsection>
+            <subsection name=" PDF 文書の生成">
+				<p>特定のコンポーネントの PDF 文書を作成するには、コンポーネントのルートディレクトリに移動し、コマンドを実行します。
+				</p>
+                <source>
+                    <![CDATA[
+maven pdf]]>
+                </source>
+            </subsection>
+        </section>
+        <section name=" ウェブサイトの更新">
+		<p>
+			新しいバージョンのサイト文書を生成したら、以下のようにオンラインで文書を持ってくることができます。
+		</p>
+          <ul>
+            <li>${JETSPEED_2_HOME}/target/docs のコンテンツを (tar.g)zip 化します</li>  
+            <li>得られたアーカイブを people.apache.org にアップロードします</li>  
+            <li>アーカイブを /www/portals.apache.org/jetspeed-2 に展開します</li>
+          </ul>
+		  <p>
+			  更に詳細な情報は <a href="http://www.apache.org/dev/committers.html#web">Committers' FAQ</a> にあります。
+		  </p>
+		  <p>
+			  注: 前述のリンクはサイト自身が svn の管理下にあると仮定する情報を指し示しています。PALポータル においては、(まだ) そうではありません。
+		  </p>
+        </section>
+    </body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/documentation.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/download.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/download.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/download.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,73 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title>PALポータル のダウンロード方法</title>
+		<subtitle>PALポータル のダウンロード方法に関する資料</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+		<translators>
+			<person name="松田 政明 as TigerCat" email="m.mat****@appli*****" />
+		</translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name=" PALポータル 配布物のダウンロード">
+			<p>
+				PALポータル は皆さんの利便性を図って複数の形式で配布されます。
+				そして
+				<a href="license.html">
+					Apache 使用許諾 第 2.0 版
+				</a>
+				に基づいて配布されます。
+			</p>
+			<subsection name=" PALポータル インストーラ配布物">
+			<table>
+				<tr>
+					<th>配布物</th>
+					<th>ミラー</th>
+				</tr>
+				<tr>
+					<td>PALポータル (組み込まれた Derby データベースを同梱)</td>
+					<td><a href="http://www.apache.org/dyn/closer.cgi/portals/jetspeed-2/binaries/PALポータル.0-derby-install.jar">PALポータル.0-derby-install.jar</a></td>
+				</tr>
+				<tr>
+					<td>PALポータル (各自が事前にインストールしたデータベースを利用)</td>
+					<td><a href="http://www.apache.org/dyn/closer.cgi/portals/jetspeed-2/binaries/PALポータル.0-MultiDb-install.jar">PALポータル.0-MultiDb-install.jar</a></td>
+				</tr>
+			</table>
+			</subsection>
+			<subsection name=" システム要求">
+				<p>
+				PALポータル に対するシステム要求の一覧は <a href="getting-started.html#Requirements">こちら</a> で見ることができます。
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" インストール手順">
+				<p>
+				PALポータル は、ソースもしくはバイナリ配布物からインストールできます。以下のガイドを参照してください:
+					<ul>
+						<li><a href="getting-started-installer.html">PALポータル のインストーラを使った導入</a></li>
+						<li><a href="getting-started-source.html">PALポータル のソースをビルドしての導入</a></li>
+						<li><a href="getting-started-binary.html">PALポータル の Maven プラグインでビルドしての導入</a></li>
+					</ul>
+				</p>
+			</subsection>
+		</section>
+
+	</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/download.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/faq.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/faq.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/faq.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,33 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title>よくある質問</title>
+		<subtitle>PALポータル の FAQ</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+    <translators>
+      <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****" />
+    </translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name="FAQ">
+		</section>
+	</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/faq.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/features.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/features.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/features.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,135 @@
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title>特徴</title>
+		<subtitle>特徴</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+			<person name="Marky Goldstein" email="ready****@rosa*****" />
+			<person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****" />
+		</authors>
+		<translators>
+			<person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****" />
+		</translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name="特徴">
+<p>
+			Apache Portals PALポータル チームは PALポータル オープンソース企業ポータルの正式リリースを
+            発表できることを喜ばしく思います。この正式リリースは、ポートレット仕様 1.0 (JSR-168) に
+            完全準拠しています。PALポータル は TCK (テスト互換キット) に合格し、
+            Java ポートレット標準に認定されています。
+			</p>
+			<subsection name="標準化">
+			<ul>
+			<li>Java ポートレット API 標準 1.0 (JSR 168) に完全準拠</li>
+			<li>JSR-168 TCK 互換テストスイートに合格</li>
+			<li>JAAS 標準ベースの J2EE セキュリティ、JAAS DB ポータルセキュリティポリシー</li>
+			<li>ユーザ認証に LDAP サポート</li>
+			</ul>
+			</subsection>
+			<subsection name="基盤コンポーネントアーキテクチャ">
+			<ul>
+			<li>Springベースのコンポーネントと拡張可能なアーキテクチャ</li>
+			<li>設定可能なパイプラインリクエストプロセッサ</li>
+			<li>ポートレットアプリケーションの自動配備</li>
+			<li>PALポータル コンポーネント Java API</li>
+			<li>PALポータル AJAX XML API</li>
+			<li>PSML: 拡張されたポートレットサイトマークアップ言語
+    		<ul><li>データベースの永続性</li>
+    			<li>コンテンツ管理設備</li>
+    			<li>セキュリティ制限</li></ul>
+    		</li>
+    		</ul>
+    		</subsection>
+			<subsection name="ポータル基幹機能">
+			<ul>
+			<li>宣言的セキュリティ制限およびJAAS データベースセキュリティポリシー</li>
+			<li>実行時ポートレットAPI標準ロールベースのセキュリティ</li>
+			<li>ポータルコンテンツ管理およびナビゲーション: ページ、メニュー、フォルダ、リンク</li>
+			<li>マルチスレッド集約エンジン</li>
+			<li>PSML フォルダ CMS ナビゲーション、メニュー、リンク</li>
+			<li>PALポータル SSO (シングルサインオン)</li>
+			<li>ページおよびリソース配置に関するルールベースのプロファイラ</li>
+			<li>Derby、MySQL、MS SQL、Postgres、Oracle、DB2、Hypersonicを含む一般的なデータベースの統合</li>
+			<li>クライアント別機能エンジン(html、xhtml、wml、vml)</li>
+			<li>国際化: 12言語の地域化されたポータルリソース</li>
+			<li>統計ログエンジン</li>
+			<li>ポートレットレジストリ</li>
+			<li>Luceneを用いたポートレットリソースの全文検索</li>
+			<li>ユーザ登録</li>
+			<li>パスワードの再発行</li>
+			<li>豊富なログインとパスワードの構成管理</li>
+			</ul>
+			</subsection>
+			<subsection name="管理ポートレット">
+			<ul>
+			<li>ユーザ、ロール、パスワード、およびプロファイル管理</li>
+			<li>JSR 168 の汎用的なユーザ属性のエディタ:
+			<ul><li>JSR 168 プリファレンスエディタ</li>
+				<li>サイトマネージャ</li>
+				<li>SSO マネージャ</li>
+				<li>ポートレットアプリケーションおよびライフサイクルの管理</li>
+				<li>プロファイラ管理</li>
+				<li>統計レポート</li></ul>
+			</li>
+			</ul>
+			</subsection>
+			<subsection name="ウェブフレームワークのサポートおよびサンプルポートレット">
+            <ul>
+            <li>ウェブフレームワークへのブリッジ: JSF、Struts、PHP、Perl、Velocity</li>
+            <li>サンプルポートレット:
+            <ul><li>RSS, IFrame, カレンダXSLT, ブックマーク, データベースブラウザ</li>
+                <li>表示タグ、Spring MVCの統合</li></ul>
+            </li>
+            </ul>
+			</subsection>
+			<subsection name="カスタマイズ機能">
+			<ul>
+			<li>管理サイトマネージャ</li>
+			<li>ページカスタマイザ</li>
+			</ul>
+			</subsection>
+			<subsection name="ポータルデザイン機能">
+			<ul>
+			<li>PALポータルポートレットおよびページスキン(デコレータ)コンポーネントの配備</li>
+			<li>設定可能なCSSページレイアウト</li>
+			<li>スキンとレイアウトコンポーネントでの使いやすいVelocityマクロ言語</li>
+			</ul>
+			</subsection>
+			<subsection name="配備ツール">
+            <ul>
+            <li>自動化されたMavenビルド</li>
+            <li>カスタムポータル開発のためのPALポータル Maven プラグイン</li>
+            <li>ポートレットアプリケーションとポータルリソースの自動配備</li>
+            <li>配備ツール</li>
+            <li>自動配備機能を統合したプラグインのゴール</li>
+            </ul>
+			</subsection>
+			<subsection name="サポートしているアプリケーションサーバ">
+			<ul>
+			<li>Tomcat 5.0.x</li>
+			<li>Tomcat 5.5.x</li>
+			<li>Websphere 5.1, 6.0</li>
+			<li>JBoss</li>
+			</ul>
+			</subsection>
+		</section>
+	</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/features.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started-binary.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started-binary.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started-binary.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,623 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title>
+			バイナリリリースを使った PALポータル の始め方
+		</title>
+		<subtitle>あなた自身のポータルを作成するための方法</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****" />
+			<person name="Ate Douma" email="ate****@apach*****" />
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+			<person name="Ron Wheeler"
+				email="rwhee****@artif*****" />
+		</authors>
+        <translators>
+            <person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+        </translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name="1. 基本的な情報">
+			<subsection name="基本となる前提">
+				<ul>
+					<li>
+						特別に定めのない限り、全ての maven のビルドコマンドは (PALポータル をビルドするときは) PALポータル ディレクトリで実行されるか、作成しようとしているカスタムのポータル作成用ディレクトリで実行されます。
+					</li>
+					<li>
+						*nix 環境であっても、Windows 環境であっても、例えば c:/windows や /home のように、ディレクトリのセパレータとしては "/" を使用しなければいけません。
+					</li>
+				</ul>
+			</subsection>
+			<subsection name=" Maven">
+				<p>
+					この文書では、Maven の仕様については述べません。もし今まで Maven を使ったことがないのでしたら、以下の
+					<a
+						href="http://maven.apache.org/what-is-maven.html">
+						"What is Maven"
+					</a>
+					という文書を読む必要があるでしょう。そうすれば、Maven がソフトウェア開発のプロジェクトにおいて果たす役割の概略が分かるでしょう。
+                    もし、プロジェクトに一人以上関与しているなら、<a href="http://maven.apache.org">Maven</a> でより詳細を確認すると良いでしょう。Maven は、一般に直面するプロジェクト管理の多くの問題を簡素化および標準化します。
+				</p>
+				<p>
+					ここで、あなたが知っておくべき重要な maven の基本的な専門用語を、以下に少しだけ挙げておきます。
+				</p>
+				<p>
+					あなたは文書内で、<i>maven リポジトリ</i> について触れるのを目にすることがあるでしょう。maven をインストールすると、.maven/ ディレクトリが ${USER_HOME} ディレクトリに作成されます。<br />
+                    .maven/ 以下に <i>repository</i> というディレクトリがあるはずです。ここにはビルドを実行するときに maven がダウンロードした jar ファイルが保存されます。ここはあなたのビルドでできた jar ファイルや war ファイルも置かれることがあります。jar ファイルは ${groupId}/${projectId}/jars/${projectId}-{$version}.jar の形式で置かれます。ポータル war ファイルは ${groupId}/${projectId}/wars/${projectId}.war の形式となります。${groupId}、${projectId}、${version} の各変数についてはこの文書の後の方で触れます。jar ファイルと war ファイルは、あなたのプロジェクトの <i>/target</i> ディレクトリにも作成されます。
+
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" 変数">
+				<p>
+					変数は、${ <i>some_variable</i> } として表されます。変数名は、大文字小文字の区別があります。変数は、maven プロジェクトのいくつかの場所で定義されます。
+					<a
+						href="http://maven.apache.org/reference/user-guide.html##Maven_Setup">
+						Maven Setup
+					</a>
+					のオンラインユーザガイドによると、Maven プロジェクト内のプロパティファイルの以下のような順番で認識されます。
+				</p>
+				<ul>
+					<li>${project.home}/project.properties - プロジェクト内の共通のプロパティ</li>
+					<li>${project.home}/build.properties - カレントリリースについての記述を行うプロパティファイル</li>
+					<li>${user.home}/build.properties - ユーザ特有の設定を行うプロパティファイル</li>
+				</ul>
+				<p>
+					これらのファイルの使い方は、ソースからの開発プロジェクトでの使用法とは全く違います。ここでのプロジェクトは、あなた自身のポータルというよりは PALポータル プロジェクトであるからです。このような場合、ユーザ特有の build.properties ファイルは、特に PALポータル のパラメータを上書きしたい場合に使われます。
+				</p>
+				<p>
+					Maven は、これらのプロパティファイルを順に処理します。前に定義されたプロパティは、後に定義された新しい定義によって上書きされます。そして最後に定義されたプロパティが採用されます。この順でいくと、${user.home}/build.properties が、このプロパティファイルのリストで最後に処理されます。
+				</p>
+				<p>
+					Maven が処理するこのプロパティファイルのリストを、"standard properties files  set" と呼びます。
+				</p>
+				<p>
+					加えて、システムプロパティは、この "standard properties files set" の後に処理されます。なので、-Dproperty=value を使ってコマンドラインで指定されたプロパティは、それ以前に定義されたどのプロパティをも上書きします。
+				</p>
+				<p>
+					例えば、${org.apache.jetspeed.server.home} は以下のどれかを参照します。
+					<ul>
+						<li>standard properties set で指定されたプロパティ。</li>
+						<li>maven のコマンドラインで指定されたプロパティ。</li>
+						<li>ビルドプロセス内のどこかで定義された変数。</li>
+						<li>PALポータル のどこか他のビルドファイル内で定義された変数。</li>
+					</ul>
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" インストール時に依存する場所">
+				<p>
+					この文書では、以下のような場所を使用します。
+				</p>
+				<ul>
+					<li>
+						<b>${USER_HOME}</b>
+						: ユーザのホームディレクトリです。Windows では、一般的に c:\Documents and Settings\${userName}\ になります。ここで ${userName} は、Windows にログインするときのログイン名です。
+					</li>
+					<li>
+						<b>${CATALINA_HOME}</b>
+						: この変数は Tomcat がインストールされた場所を示します。例えば<i>c:/tomcat</i>のようになります。
+					</li>
+				</ul>
+				<p>
+					これらの変数は、PALポータル の設定には使いません。しかし、文書をより簡潔にかつ明解にするために、これらの表記を使います。
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" Subversion (SVN)">
+				<p>
+					<a href="http://subversion.tigris.org">
+						Subversion (SVN)
+					</a>
+					は、PALポータル のソースファイルを管理するために使われます。SVN は CVS にとても似ています。Windows システムでコマンドラインを使用しないユーザは、
+					<a href="http://tortoisesvn.tigris.org">
+						TortoiseSVN
+					</a>
+					を使ってみると良いでしょう。このツールは、Windows Explorer にプラグインされます。Eclipse IDE を使っているユーザは、
+					<a href="http://subclipse.tigris.org">Subclipse</a>
+					プラグインが SVN アクセスに使用できます。
+				</p>
+			</subsection>
+
+		</section>
+
+		<section name=' 2. PALポータル のビルドプロセスの概略'>
+			<p>
+				バイナリディストリビューションを利用した、カスタムポータルの開発プロジェクトをセットアップするのは、極めて簡単なプロセスで済みます。最後に、簡単にビルドできて、簡単にカスタムポータルに配備できる、ファイル群とディレクトリ構造が得られるでしょう。
+			</p>
+			<p>
+				もし、IDE として Eclipse を使って、PALポータル のポータルアプリケーションをセットアップしたいのなら、その背景を理解するために、このページを引き続き読んでください。一方、Eclipse を使った PALポータル のポータル開発の実際の手順については、以下の文章を参照してください。
+				<a href="Portal-Development-with-Eclipse.html">
+					Building a PALポータル Enterprise Portal with Eclipse
+				</a>
+			</p>
+			<p>
+				カスタムポータルの作成は、PALポータル が提供する maven プラグインを使って、非常に簡単に行えます。その手順は以下のようになります。
+			</p>
+			<ul>
+				<li>PALポータル プラグインをダウンロードし、インストールします</li>
+				<li>PALポータル のバイナリディストリビューションをダウンロードし、生成するためにプラグインを使用します</li>
+				<li>データベースとローカルの環境に合うように、プロパティファイルをカスタマイズします</li>
+				<li>アプリケーションサーバを準備します</li>
+				<li>ポータルをビルドします</li>
+				<li>(もし必要なら) データベースサーバを起動します</li>
+				<li>データベースを初期化します</li>
+				<li>データベースを使って、デフォルトのポータルを配備します</li>
+				<li>デフォルトのポータルをテストします</li>
+				<li>デフォルトのポータルをカスタマイズし、カスタムポータルで使いたいロゴやポータル名を含めます</li>
+				<li>カスタムポータルを生成し、配備し、テストします</li>
+			</ul>
+			<p>
+				PALポータル の Maven プラグインは、設定可能な殆んどの値にデフォルト値が定義されています。しかし、全ての値に定義されているわけではありません。ポータルをカスタマイズするときは、異なる値でこれらを上書きします。
+			</p>
+		</section>
+		<section name=" 3. インストールの手順">
+			<subsection name=" 3.1 PALポータル プラグインのダウンロード">
+				<subsection
+					name="3.1.1 リモートの Maven リポジトリを見付けるための設定">
+					<p>
+					まずは、PALポータル の Maven プラグインをダウンロードするのに必要な情報を、Maven に与えるために、${user.home}build.properties ファイルを設定します。あなたのポータルをビルドするベースとなるディレクトリを、Maven が特定できるように、また同様に Maven のリモートリポジトリの場所を Maven が特定できるように、
+					<code>${USER_HOME}/build.properties</code>
+					に値を適切に設定する必要があります。
+					<source><![CDATA[basedir = c:/myportal
+maven.repo.remote = http://www.bluesunrise.com/maven/, http://www.ibiblio.org/maven/, \
+http://dist.codehaus.org/, http://cvs.apache.org/repository]]>
+					</source>
+					<i>
+						注意: リポジトリの順番はここにあるのと同じように記述すること!
+					</i>
+					</p>
+				</subsection>
+				<subsection
+					name="3.1.2 PALポータル Maven プラグインのインストール">
+					<p>
+						はじめてインストールするときと、一度インストールした後に最新のバージョンの PALポータル にアップグレードしたくなった場合は、以下のように Maven プラグインをインストールする必要があります。
+						<source>
+							<![CDATA[
+maven -DartifactId=maven-jetspeed2-plugin -DgroupId=org.apache.portals.jetspeed-2 -Dversion=2.0 plugin:download]]>
+						</source>
+						<i>
+							注意: インストールしたいバージョンを version に設定しなければいけません。例えば "2.0-M3" のようにです。
+						</i>
+					</p>
+				</subsection>
+			</subsection>
+
+			<subsection
+				name="3.2 デフォルトの PALポータル ポータルプロジェクトのダウンロード">
+				<p>
+					Maven プラグインをインストールし、必要なプロパティを設定したら、以下のようにプラグインを使ってデフォルトのポータルの設定を生成してください。
+					<source>
+						<![CDATA[
+maven j2:portal.genapp]]>
+					</source>
+					<i>
+						この Maven ゴールは、実際はいくつかのサブゴールを実行します。これについてのより詳細な記述は
+						<a href="j2-maven-plugin.html">
+							Maven プラグインの資料
+						</a>
+						にあります。
+					</i>
+				</p>
+			</subsection>
+
+			<subsection name=" 3.3 プロパティファイルのカスタマイズ">
+				<p>
+					あなたの望む可能な限りのプロジェクトの情報を、project.xml ファイル内に含めることができます。これは、あなたがどのように Maven を、プロジェクト管理のツールとして利用したいかによります。これはこの文書の範囲外です。PALポータル で配布される project.xml ファイルの情報は、PALポータル 開発プロジェクトを反映しています。
+				</p>
+
+				<p>
+					プロパティファイルをカスタマイズして、ローカルの環境やデータベース環境を反映させることが可能です。
+				</p>
+
+				<p>
+					PALポータル 開発者によって提供される
+					<code>${basedir}project.properties</code>
+					ファイルは、PALポータル 上の全てのポータルに共通する全ての変数を含みます。あなたは、これらを変更する必要はありません。
+				</p>
+
+				<p>
+					プロジェクトのプロパティについては、
+					<a
+						href="http://maven.apache.org/maven-1.x/reference/properties.html">
+						Maven Properties Reference
+					</a>
+					で説明されています。前のステップで、既に basedir と maven.repo.remote の値が設定されているものとします。あなたの望む可能な限りのプロジェクトの情報を、<code>${basedir}project.xml</code> ファイルに含めることができます。これは、あなたがどのように Maven をプロジェクト管理のツールとして利用したいかによります。これはこの文書の範囲外です。
+					<a href="http://maven.apache.org/maven-1.x">
+						Maven site
+					</a>
+					に Maven をうまく使うために必要な情報が全てあります。
+				</p>
+
+				
+
+				<p>
+					変更したいプロパティの設定は、ポータルをビルドする前に終わらせておく必要があります。プロパティ設定については、
+					<a href="guides/guide-properties.html">
+						基本的な設定パラメータ
+					</a>
+					で述べます。
+				</p>
+
+
+				<p>
+					バイナリビルドの場合、基本となるプロパティ設定は、<code>${basedir}build.properties</code> に置くことができます。デフォルトの HSQLDB を使う場合の、最低限必要なカスタムポータルの設定は、以下のようなものです。
+					<source>
+						<![CDATA[
+# 必要とされるポータルの設定プロパティ
+org.apache.jetspeed.portal.home           = /home/myportal/
+org.apache.jetspeed.portal.groupId        = myprojects
+org.apache.jetspeed.portal.artifactId     = myportal
+org.apache.jetspeed.portal.name           = My Test Portal
+org.apache.jetspeed.portal.currentVersion = 1.0
+
+]]>
+					</source>
+				</p>
+
+
+				<p>
+					もし、あらかじめ <code>${basedir}project.properties</code> に設定してある HSQLDB を使わないのであれば、データベースのパラメータを、<code>${basedir}project.properties</code> に定義する必要があります。どのような変数が必要なのかについての解説は、
+					<a href="guides/guide-database.html">データベース設定</a>
+					を参照してください。
+				</p>
+
+			</subsection>
+			<subsection name=" 3.4 アプリケーションサーバの準備">
+
+				<p>
+					ポータルを実行する前に、PALポータル ポータルを実行するための、アプリケーションサーバの準備をする必要があります。これには以下のような準備があります。まず、アプリケーションサーバが、どこにファイルが置かれることを期待しているかを、PALポータル に教える必要があります。そして、どのような認証のための値を、アプリケーションサーバの管理ツールから要求する必要があるのかを、PALポータル に教える必要があります。サーバ設定の変更については
+				<a href="guides/guide-app-servers.html">
+					アプリケーションサーバ設定の資料
+				</a>
+				を読んでください。
+				</p>
+
+				<p>
+					アプリケーションサーバに対して行う変更の概略については、
+					<a href="getting-started.html">導入</a>
+					を確認してください。
+				</p>
+
+
+				<p>
+					Tomcat 5.5 アプリケーションサーバを使った場合の、最低限のカスタムポータルのための設定は、以下のようなものになります。
+					<source>
+						<![CDATA[
+# 必要なポータル設定プロパティ
+org.apache.jetspeed.portal.home           = /home/myportal/
+org.apache.jetspeed.portal.groupId        = myprojects
+org.apache.jetspeed.portal.artifactId     = myportal
+org.apache.jetspeed.portal.name           = My Test Portal
+org.apache.jetspeed.portal.currentVersion = 1.0
+
+# 必要なアプリケーションサーバのプロパティ
+org.apache.jetspeed.server.home                      = ${CATALINA_HOME}/
+org.apache.jetspeed.server.shared                    = ${org.apache.jetspeed.server.home}/shared/lib/
+org.apache.jetspeed.deploy.war.dir                   = ${org.apache.jetspeed.server.home}/webapps/
+org.apache.jetspeed.services.autodeployment.user     = j2deployer
+org.apache.jetspeed.services.autodeployment.password = xxxxx
+org.apache.jetspeed.catalina.version.major           = 5.5]]>
+
+					</source>
+				</p>
+
+			</subsection>
+			<subsection name=" 3.5 ポータルのビルド">
+
+
+				<p>
+					あなたのポータルの設定の準備が済んだら、ビルドを行い、ローカルの Maven リポジトリに、(配備のために必要な) ポータルアプリケーションをインストールすることが可能になります。これは、カスタムポータルのディレクトリ (${org.apache.jetspeed.portal.home}) 内で、以下のように標準の Maven のゴールを実行することでできます。
+					<source>
+						<![CDATA[
+maven war:install]]>
+					</source>
+				</p>
+
+
+				<p>
+					さあ、これで新しいポータルアプリケーションの配備の準備ができました。新しいポータルアプリケーションの配備をするには、続く PALポータル のソースからのビルドのセクションを飛ばし、
+					<a href="#6__Deploy_and_Run">配備</a>
+					を続いて読んでください。
+				</p>
+
+			</subsection>
+			<subsection name=" 3.6 データベースサーバの開始">
+
+				<p>
+					あなたは、データベースサーバが実行中であることを、確認する必要があります。もしデフォルトの HSQLDB データベースを使わないのなら、PALポータル で使うユーザと PALポータル のテーブルがきちんと設定され、使用できる準備ができており、データベースサーバが実行中であることを確認する必要があります。もっと詳しい情報は、
+					<a href="guides/guide-database.html">データベースの設定</a>
+					を参照してください。もしデフォルトの HSQLDB データベースを使うのなら、ポータルを配備する前に開始しておく必要があります。
+				</p>
+
+
+				<p>
+					HSQLDB 本稼働用データベースを開始するには、以下のコマンドを <i>別の</i> コンソール上で実行します。
+					<source>
+						<![CDATA[
+cd ${org.apache.jetspeed.portal.home}
+maven j2:start.production.server]]>
+					</source>
+				</p>
+
+
+				<p>
+					配備を行っている間と、アプリケーションサーバを実行している間は、このデータベースを実行したままにしておく必要があります。データベースを停止し、コンソールを閉じるためには、
+					<code>Ctrl-C</code>
+					を入力します。
+				</p>
+
+
+				<p>
+					注意: これは、後で述べる <code>j2:quickStart</code> を使うときに必要になります。PALポータル Maven プラグインには、本稼働用データベースを (再) 作成したり、デフォルトのポータル設定データを挿入したりする必要のないときに使える、他の (サブ) ゴールがあります。使用可能なゴールに関するより詳しい情報は、
+					<a href="j2-maven-plugin.html">
+						プラグインの資料
+					</a>
+					を参照してください。
+				</p>
+
+			</subsection>
+			<subsection name=" 3.7 データベースの初期化">
+
+
+				<p>
+					データベースのテーブルと初期データは、PALポータル が配備され、ロードされる時点で必要となります。
+					<a href="j2-maven-plugin.html">Maven プラグイン</a>
+					には、データベースの管理に必要なたくさんのゴールが含まれます。テーブルをロードし、アプリケーションを配備するのに最も簡単な方法は、j2:quickstart ゴールを実行することです。
+				</p>
+
+
+					<source>
+						<![CDATA[
+cd ${org.apache.jetspeed.portal.home}
+maven j2:quickStart]]>
+					</source>
+
+					
+
+				<p>
+					アプリケーションの開始の一部として、テーブルを定義したり、データをロードしたりした後で、消去をすることはないので、このコマンドは一度だけ実行可能です。もし、再度このコマンドを実行したくなって、エラーが出たら、手動でデータベース内のテーブルをドロップするか、もしくは j2:db.drop.production ゴールを実行するかしなければいけないことを理解しておいてください。
+				</p>
+
+
+				<p>
+					j2:quickstart は現時点では Tomcat 5 か 5.5 のみの配備をサポートしています。
+				</p>
+
+
+				<p>
+					他のアプリケーションサーバへの配備についての情報は、PALポータル
+					<a
+						href="http://wiki.apache.org/portals/PALポータル">
+						Wiki
+					</a>
+					にあるでしょう。
+				</p>
+
+
+				<p>
+					デモポートレットアプリケーションを含んだ、デフォルトの PALポータル ポータルを配備するためには、以下のようなコマンドを <i>別の</i> コンソールで実行します。
+					<source>
+						<![CDATA[
+cd ${org.apache.jetspeed.portal.home}
+maven j2:quickStart]]>
+					</source>
+					<i>
+						注意: 
+						<a href="j2-maven-plugin.html">
+							Maven プラグインの資料
+						</a>
+						には、データベースの初期化に使える他のゴールについての記述があります。
+					</i>
+				</p>
+
+			</subsection>
+			<subsection
+				name="3.8 データベースを使ったデフォルトポータルの配備">
+
+
+				<p>
+					j2:quickstart が、この (デフォルトポータルの配備の) 作業をします。データベースを初期化するために、もし他の Maven ゴールを使ったのなら、以下のようなコマンドを実行することでポータルの配備ができます。
+				</p>
+
+
+
+				<p>
+					j2:fullDeploy ゴールは、現時点では Tomcat 5 もしくは 5.5 のみの配備をサポートします。
+				</p>
+
+
+				<p>
+					他のアプリケーションサーバへの配備についての情報は、PALポータル
+					<a
+						href="http://wiki.apache.org/portals/PALポータル">
+						Wiki
+					</a>
+					にあるでしょう。
+				</p>
+
+			</subsection>
+			<subsection name=" 3.9 デフォルトポータルのテスト">
+
+
+				<p>
+					デフォルトポータルを実行する最後のステップは、Tomcat サーバを開始させることです。ポータルは、どのようなポートレットアプリケーションも自動的にインストールするでしょう。
+				</p>
+
+				<p>
+					Tomcat を実行したら、ブラウザでポータルにアクセスできます。
+					<source><a href="http://localhost:8080/jetspeed">http://localhost:8080/jetspeed</a></source>
+					もしくは、この URL の "jetspeed" の部分をあなたの設定したポータルアプリケーションの名前に置き換えてみてください (
+					<code>
+						${org.apache.jetspeed.portal.artifactId}
+					</code>
+					)。
+				</p>
+
+
+				<p>
+					もし PALポータル ポータルが実行されているのが確認できれば、ソフトウェアのインストールと実行が成功したことになります。
+				</p>
+
+
+				<p>
+					デフォルトの PALポータル のポータルの配備では、いくつかのサンプルユーザのアカウントがポータルデータベースに登録されています。それを使って、ポータルへのログオンが可能です。
+					<table>
+						<tr>
+							<th>ユーザ名</th>
+							<th>パスワード</th>
+							<th>ロール</th>
+						</tr>
+						<tr>
+							<td>
+								<code>admin</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>admin</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>admin, manager, user</code>
+							</td>
+						</tr>
+						<tr>
+							<td>
+								<code>manager</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>manager</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>manager, user</code>
+							</td>
+						</tr>
+						<tr>
+							<td>
+								<code>jetspeed</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>jetspeed</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>manager</code>
+							</td>
+						</tr>
+						<tr>
+							<td>
+								<code>user</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>user</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>user</code>
+							</td>
+						</tr>
+						<tr>
+							<td>
+								<code>tomcat</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>tomcat</code>
+							</td>
+							<td></td>
+						</tr>
+					</table>
+
+				</p>
+
+			</subsection>
+			<subsection
+				name="3.10 あなたのロゴやポータル名を入れたデフォルトポータルのカスタマイズ">
+
+
+				<p>
+					さて、デフォルトポータルは動作しましたので、カスタマイズのプロセスをテストするために小さなカスタマイズを試してみることができます。ここではロゴとポータル名を変えてみます。
+				</p>
+
+				<subsection
+					name="3.10.1 カスタマイズ領域の作成">
+
+
+					<p>
+						最初のステップは、カスタマイズしたファイルを保存しておくディレクトリを作成することです。この作業によって新しいバージョンの PALポータル をインストールしたときでも、あなたが行った変更を保存しておくことが可能になります。ポータルホームのトップレベルディレクトリに、ディレクトリを作成してください。
+					</p>
+
+
+					<source>
+						<![CDATA[
+cd ${org.apache.jetspeed.portal.home}
+mkdir customized]]>
+					</source>
+
+
+					<p>
+						既に変更済みの build.properties ファイルのコピーを作成してください。
+					</p>
+
+					<p>
+						さらに、ファイルを変更する前に、オリジナルのファイルを保存しておくためのディレクトリの作成をしたいと思うかも知れません。しかし、いつでもディストリビューションをリロードすることができますので、このような作業は全く不要です。しかし、変更前の状態に素早く戻ったり、変更前の状態を参照するためのコピーを保存しておくのには便利かも知れません。
+					</p>
+
+				</subsection>
+				<subsection
+					name="3.10.2 いくつかの簡単なカスタマイズの実行">
+
+
+					<p>
+						カスタマイズのテストのために、ロゴとポータル名の変更を行います。自身で用意したロゴを PALポータル のロゴと置き換えることができます。サイズや背景色を見るには ${basedir}/src/webapp/images/logo.png を見てください。自身のロゴを作成し、testlogo.png ファイルを <code>${basedir}/customized</code> にコピーしてください。
+					</p>
+
+				</subsection>
+			</subsection>
+
+			<subsection
+				name="3.11 カスタムポータルの生成と配備とテスト">
+
+				<p>
+				</p>
+
+
+				<source>
+					<![CDATA[
+cd ${org.apache.jetspeed.portal.home}
+maven j2:fullDeploy]]>
+				</source>
+
+
+				<p>
+					変更を行ったポータルには、ブラウザ経由で以下の場所からアクセス可能です。
+					<pre>
+						<a href="http://localhost:8080/jetspeed">
+							http://localhost:8080/jetspeed
+						</a>
+					</pre>
+					もしくは、この URL の "jetspeed" の部分をあなたのポータル名に置き換えてください (
+					<code>
+						${org.apache.jetspeed.portal.artifactId}
+					</code>
+					)。
+				</p>
+
+
+				<p>
+					あなたはフロントページに、あたらしい名前と新しいロゴが表示されるのを見ることでしょう。
+				</p>
+
+			</subsection>
+
+
+		</section>
+	</body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started-binary.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started-installer.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started-installer.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started-installer.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,98 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title>
+			インストーラを使った PALポータル の導入
+		</title>
+		<subtitle>インストーラを使った PALポータル のインストール</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+		<translators>
+			<person name="松田 政明 as TigerCat" email="m.mat****@appli*****" />
+		</translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name=" PALポータル インストーラ">
+			<subsection name=" インストーラを使った導入">
+			<p>
+			まずはインストーラを <a href="download.html">ダウンロード</a> してください。 PALポータル は 2つのインストーラを提供しています:
+			<ul>
+			<li>derby を 組み込みデータベースとして同梱したインストーラ: 
+			<a href="http://www.apache.org/dyn/closer.cgi/portals/jetspeed-2/binaries/PALポータル.0-derby-install.jar">PALポータル.0-derby-install.jar</a></li>
+			<li>サードパーティのデータベースを利用する PALポータル のインストーラ: 
+			<a href="http://www.apache.org/dyn/closer.cgi/portals/jetspeed-2/binaries/PALポータル.0-MultiDb-install.jar">PALポータル.0-MultiDB-install.jar</a></li>
+			</ul>
+			</p>
+			<p>
+			インストーラを使って PALポータル をインストールするには、ダウンロードしたどちらかのインストーラに合わせて以下を実行してください:
+			<source>
+java -jar PALポータル.0-MultiDB-install.jar
+もしくは
+java -jar PALポータル.0-derby-install.jar
+			</source>
+			</p>	
+			<p>
+			Multi-DB インストーラの場合は以下の入力が必要になります:
+			<ul>
+			<li>データベースの種別。有効な入力値は [derby, mssql, mysql, oracle, hsql, postgres, sapdb]</li>
+			<li>ユーザ名</li>
+			<li>パスワード</li>
+			<li>JDBC接続文字列</li>
+			<li>JDBCドライバ名</li>
+			<li>JDBCドライバの正確な置き場所。インストーラはこれをインストール先へコピーします。</li>
+			</ul>
+</p>
+<p>
+            Derby は特例として除きますが、PALポータル のテーブルを格納するために、あなたのデータベース製品にあわせて特化した
+            空のデータベーススキーマを作成する必要があるでしょう。Derby は特例として除きますが、インストーラを
+		    同一のデータベーススキーマに対して二度に渡って実行することはできません。二度目にインストーラを実行する事前に
+            手動によってテーブルをドロップしておく必要があります。				
+			</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" PALポータル の起動">
+			<p>
+			Tomcat を起動してください。Linux の場合は、こう実行してください :
+			</p>
+			<source>
+/usr/local/ApachePALポータル.0/bin/startup.sh
+			</source>
+			<p>
+			Windowsの場合は、こう実行してください :
+			</p>
+   			<source>
+c:\Program Files\Apache PALポータル\bin\startup.bat
+   			</source>
+   			<p>
+   			全く初めての起動では、ポータルシステムが初期設定とインストールを完了させるために
+   			およそ 1 分程度の時間を必要とします。どうか 1 分がまんしてください。それからウェブブラウザを起動して、
+			こちらを開いてください。 <a href="http://localhost:8080/jetspeed/portal">http://localhost:8080/jetspeed/portal</a>.
+			</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" PALポータル へのログイン">
+			<p>
+			以下のサンプルアカウントでログインできます:
+			<source>
+admin/admin
+manager/manager
+user/user</source>
+ 			</p>
+			</subsection>
+		</section>
+	</body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started-installer.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started-source.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started-source.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started-source.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,998 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title>
+			[Getting Started with PALポータル using a Source Release] ソースリリースを使った PALポータル のはじめかた
+		</title>
+		<subtitle> PALポータル を変更する準備をする</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****" />
+			<person name="Ate Douma" email="ate****@apach*****" />
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+			<person name="Ron Wheeler"
+				email="rwhee****@artif*****" />
+		</authors>
+		<translators>
+			<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+		</translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name=" 命名規則と基本となる前提">
+			<subsection name=" ソースにおける基本となる前提">
+
+				
+
+				<ul>
+					<li>特別に定めのない限り、全ての maven のビルドコマンドは (PALポータル をビルドするときは) PALポータル ディレクトリで実行されるか、作成しようとしているカスタムのポータル作成用ディレクトリで実行されます。</li>
+					<li>    *  *nix 環境であっても、Windows 環境であっても、例えば c:/windows や /home のように、ディレクトリのセパレータとしては "/" を使用しなければいけません。</li>
+				</ul>
+
+			</subsection>
+			<subsection name=" 命名規則">
+
+				
+				<p>この文書で使用する共通の規則を以下に示します。</p>
+
+				
+				<p>
+					変数は <i>${ some_variable }</i> として表します。これは PALポータル の設定を表すこともできますし、あなたの環境内での設定を表すこともできます。プロパティファイルもその中で変数を記述することができます。
+				</p>
+
+				
+				<p>
+					例えば、${org.apache.jetspeed.server.home} はプロパティファイル内で以前に定義されたプロパティを参照したり、ビルドプロセス内のどこかで定義される変数や、PALポータル 内の他のビルドファイル内で定義された変数を参照するかもしれません。
+				</p>
+
+				
+
+				<ul>
+					<li>
+						<b>${USER_HOME}</b>
+						: ユーザのホームディレクトリです。Windows では、一般的に c:\Documents and Settings\${userName}\ になります。ここで ${userName} は Windows にログインするときのログイン名です。
+					</li>
+					<li>
+						<b>${CATALINA_HOME}</b>
+						: あなたが Tomcat をインストールした場所です。例えば <i>c:/tomcat</i> などです。
+					</li>
+				</ul>
+
+			</subsection>
+			<subsection name=" Subversion (SVN) でのソース管理">
+
+				
+				<p>
+					<a href="http://subversion.tigris.org">
+						Subversion (SVN)
+					</a>
+					は PALポータル のソースファイルを管理するために使われます。SVN は CVS にとても似ています。Windows システムでコマンドラインを使用しないユーザは、
+					<a href="http://tortoisesvn.tigris.org">
+						TortoiseSVN
+					</a>
+					を使ってみると良いでしょう。このツールは Windows Explorer にプラグインされます。Eclipse IDE を使っているユーザは
+					<a href="http://subclipse.tigris.org">Subclipse</a>
+					プラグインが SVN アクセスに使用できます。
+				</p>
+
+			</subsection>
+			<subsection name=" Maven セットアップ">
+
+				
+				<p>
+					この文書では、Maven の仕様については述べません。しかし、ここであなたが知っておくべき重要な maven の基本的な専門用語を以下に少しだけ挙げておきます。
+				</p>
+
+				
+				<p>
+					あなたは文書内で <i>maven リポジトリ</i>について触れるのを目にすることがあるでしょう。maven をインストールすると、.maven/ ディレクトリが ${USER_HOME} ディレクトリに作成されます。<br />
+                    .maven/ 以下に <i>repository</i> というディレクトリがあるはずです。ここにはビルドを実行するときに maven がダウンロードした jar ファイルが保存されます。ここはあなたのビルドでできた jar ファイルや war ファイルも置かれることがあります。jar ファイルは ${groupId}/${projectId}/jars/${projectId}-{$version}.jar の形式で置かれます。ポータル war ファイルは ${groupId}/${projectId}/wars/${projectId}.war の形式となります。${groupId}、${projectId}、${version} の各変数についてはこの文書の後の方で触れます。jar ファイルと war ファイル>は、あなたのプロジェクトの <i>/target</i> ディレクトリにも作成されます。
+				</p>
+
+			</subsection>
+		</section>
+
+		<section name=' 2. PALポータル のビルドと maven プラグインのプロパティ'>
+
+			
+			<p>いくつかプロパティを設定する必要があります。</p>
+
+			
+			<p>
+				カスタムのポータルを作るのは PALポータル が提供する Maven プラグインを使えばとても簡単です。ソースから PALポータル をビルドするときも同様に Maven プラグインを使います。事実、PALポータル のビルド手順はちょうどカスタムポータルを設定し、構築する一例のようなものです。
+			</p>
+
+			
+			<p>
+				PALポータル の Maven プラグインは設定可能なほとんどのプロパティにデフォルト値を定義しています。しかし、全てに定義されているわけではありません。PALポータル のソースツリーをダウンロードしたり、チェックアウトしたとき、これらのプロパティのいくつかを設定したり上書きしたりする project.properties ファイルがルートフォルダにあるのがわかるでしょう。
+			</p>
+
+			
+			<p>
+				前述のように、全てのプロパティにデフォルト値が定義されているわけではありません。いくつかのプロパティを指定 <i>しなければなりません</i>。そして、大体の場合はいくつかの値を上書きしたくなるでしょう。
+			</p>
+
+			
+			<p>
+				ビルドプロパティもしくは Maven プラグインのプロパティは
+				<code>${USER_HOME}/build.properties</code>
+				に設定もしくは上書きしてください。
+			</p>
+
+			<subsection
+				name="必須のポータル設定プロパティ">
+
+				
+
+				<table>
+					<tr>
+						<th>プロパティ</th>
+						<th>説明</th>
+						<th nowrap="nowrap">デフォルト値</th>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>org.apache.jetspeed.portal.home</code>
+						</td>
+						<td>
+							(<code>j2:portal.conf.project</code> ゴールで) Maven プラグインがあなたのカスタムポータル用 Maven プロジェクトを(再)構築したり更新したりするフォルダ。この場所はあなたがカスタムポータルの開発を今後全て行う場所になります。
+							例:
+							<code>/home/myportal</code>
+						</td>
+						<td>
+							<i>デフォルト値なし</i>
+						</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.portal.groupId
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							あなたのポータルプロジェクトグループの (Maven での) 省略名。
+							<br />
+							この値は (ポータル war ファイルのような) プロジェクトの成果物を保管しておく Maven のリポジトリフォルダに使います。
+							<br />
+							例:
+							<code>myprojects</code>
+						</td>
+						<td>
+							<i>デフォルト値なし</i>
+						</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.portal.artifactId
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							あなたのポータルプロジェクトの (Maven での) 省略名。
+							<br />
+							この値はポータル war ファイルや (ポータル) ウェブアプリケーションのコンテキスト名に使います。
+							<br />
+							例:
+							<code>myportal</code>
+						</td>
+						<td>
+							<i>デフォルト値なし</i>
+						</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>org.apache.jetspeed.portal.name</code>
+						</td>
+						<td>
+							あなたのポータルプロジェクトの (Maven での) フルネーム。
+							<br />
+							この値は JaveDoc のタイトルを生成するのに Maven が使います。
+							<br />
+							例:
+							<code>My Test Portal</code>
+						</td>
+						<td>
+							<i>デフォルト値なし</i>
+						</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.portal.currentVersion
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							あなたのポータルプロジェクトの現在のバージョン。
+							<br />
+							この値はプロジェクトの成果物の名前の最後に Maven に付け加えられます。
+							<br />
+							例:
+							<code>1.0</code>
+						</td>
+						<td>
+							<i>デフォルト値なし</i>
+						</td>
+					</tr>
+				</table>
+
+			</subsection>
+			<subsection
+				name="省略可能なポータル設定プロパティ">
+
+				
+				<p>
+					このあとに述べるプロパティは全て、上で定義した
+					<code>${org.apache.jetspeed.portal.home}</code>
+					のサブフォルダを指定します。
+				</p>
+
+				
+
+				<table>
+					<tr>
+						<th>プロパティ</th>
+						<th>説明</th>
+						<th nowrap="nowrap">デフォルト値</th>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.portal.conf.dir
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							Maven プラグインがアプリケーションサーバの設定ファイルを Tomcat のアプリケーションのコンテキスト記述子として生成しコピーするフォルダ。
+							<br />
+							このフォルダとフォルダ内のコンテンツは
+							<code>j2:portal.conf.tomcat</code>
+							プラグインゴールによって作成されたり更新されたりします。
+						</td>
+						<td>
+							<i>target/portal-conf</i>
+						</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.portal.sql.dir
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							Maven プラグインがポータルやデータベースサーバの sql DDL と DML スクリプトを生成しコピーするフォルダ。
+							<br />
+							このフォルダとフォルダ内のコンテンツは常に
+							<code>j2:portal.conf.sql</code>
+							プラグインゴールによって (再) 生成されます。
+						</td>
+						<td>
+							<i>target/portal-sql</i>
+						</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.portal.db.dir
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							Maven プラグインがビルドインの HSQLDB データベースを作成するフォルダ。
+							<br />
+							このフォルダとフォルダ内のコンテンツは
+							<code>j2:start.production.server</code>
+							もしくは
+							<code>j2:start.test.server</code>
+							プラグインゴールによって生成されたり更新されたりします。
+						</td>
+						<td>
+							<i>target/portal-db</i>
+						</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.portal.webapp.dir
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							Maven プラグインが標準の PALポータル のウェブアプリケーションのリソースをコピーするフォルダ。
+							<br />
+							このフォルダとフォルダ内のコンテンツは
+							<code>j2:portal.copy.webapp</code>
+							プラグインゴールによって生成されたり更新されたりします。
+						</td>
+						<td>
+							<i>
+								target/${org.apache.jetspeed.portal.artifactId}
+							</i>
+						</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.portal.target.dir
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							Maven プラグインがランタイムのポータルの設定ファイルを生成したりコピーしたりするフォルダ。
+							<br />
+							これらの設定ファイルはポータルや OJB のビルド/プラグインプロパティから生成された値を含みます。
+							<br />
+							このフォルダとフォルダ内のコンテンツは
+							<code>j2:portal.conf.jetspeed</code>
+							もしくは
+							<code>j2:portal.conf.ojb</code>
+							プラグインゴールによって生成されたり更新されたりします。
+						</td>
+						<td>
+							<i>
+								target/${org.apache.jetspeed.portal.artifactId}
+							</i>
+						</td>
+					</tr>
+				</table>
+
+			</subsection>
+			<subsection name=" 必須のアプリケーションサーバのプロパティ">
+
+				
+				<p>
+					<i>
+						注意: Mavenプラグインは現時点では Tomcat 5.0.x または 5.5.x のみをサポートします。
+					</i>
+				</p>
+
+				
+
+				<table>
+					<tr>
+						<th>プロパティ</th>
+						<th>説明</th>
+						<th nowrap="nowrap">デフォルト値</th>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>org.apache.jetspeed.server.home</code>
+						</td>
+						<td>
+							Tomcat をインストールしたルートフォルダ。
+							<br />
+							例:
+							<code>${CATALINA_HOME}/</code>
+						</td>
+						<td>
+							<i>デフォルト値なし</i>
+						</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.server.shared
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							Tomcat の共有の jar の置場。
+							<br />
+							例:
+							<code>
+								${org.apache.jetspeed.server.home}/shared/lib/
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							<i>デフォルト値なし</i>
+						</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.deploy.war.dir
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							Tomcat のウェブアプリケーションの場所。
+							<br />
+							例:
+							<code>
+								${org.apache.jetspeed.server.home}/webapps/
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							<i>デフォルト値なし</i>
+						</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.services.autodeployment.user
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							manager ロールに属する Tomcat のユーザ。
+							<br />
+							後で説明するように、ポータル内から Tomcat Manager アプリケーションへアクセスするのに使います。
+						</td>
+						<td>
+							<i>デフォルト値なし</i>
+						</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.services.autodeployment.password
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							前述の Tomcat ユーザのパスワード。
+							<br />
+							後で説明するように、ポータル内から Tomcat Manager アプリケーションへアクセスするのに使います。
+						</td>
+						<td>
+							<i>デフォルト値なし</i>
+						</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.catalina.version.major
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							使用する Tomcat のメジャーバージョン。5 もしくは 5.5 が使えます。
+							<br />
+							例:
+							<code>5.5</code>
+						</td>
+						<td>
+							<i>デフォルト値なし</i>
+						</td>
+					</tr>
+				</table>
+
+			</subsection>
+			<subsection name=" 省略可能なデータベースサーバのプロパティ">
+
+				
+				<p>
+					PALポータル と PALポータル の Maven プラグインはデフォルトでは提供される HSQLDB のデータベースを使用します。
+				</p>
+
+				
+				<p>
+					もし異なるデータベースを使用するのであれば、以下のプロパティを上書きする必要があります。
+				</p>
+
+				
+
+				<table>
+					<tr>
+						<th>プロパティ</th>
+						<th>説明</th>
+						<th nowrap="nowrap">デフォルト値</th>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.production.database.default.name
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							あなたが使用するデータベースの種類。Torque が生成する SQL スクリプトのために使用します。
+							<br />
+							現時点でサポートするデータベースは以下の通りです。(Torque の対象のデータベース名と一致します。)
+							<ul>
+								<li>hsql (hypersonic)</li>
+								<li>oracle (oracle)</li>
+								<li>mysql (mysql)</li>
+								<li>postgres (postresql)</li>
+								<li>mssql (mssql)</li>
+							</ul>
+						</td>
+						<td>hsql</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.production.database.url
+							</code>
+						</td>
+						<td>JDBC の接続 URL</td>
+						<td>jdbc:hsqldb:hsql://127.0.0.1:9001</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.production.database.user
+							</code>
+						</td>
+						<td>データベースに接続する際のユーザ名。</td>
+						<td>sa</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.production.database.password
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							データベースに接続するユーザのパスワード。
+						</td>
+						<td>
+							<i>空</i>
+						</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.production.database.driver
+							</code>
+						</td>
+						<td>JDBC ドライバのクラス名</td>
+						<td>org.hsqldb.jdbcDriver</td>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.production.jdbc.drivers.path
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							データベース接続に必要な JDBC ドライバクラスや jar への Java クラスパススタイルのパス。
+							<br />
+							例:
+							<code>
+								/lib/ojdbc14.jar;/lib/nls_charset12.jar
+							</code>
+						</td>
+						<td>
+							<i>空</i>
+						</td>
+					</tr>
+				</table>
+
+			</subsection>
+			<subsection
+				name="例: 最小限のカスタムポータルの設定">
+
+				
+				<p>
+					少なくとも前述の必須のプロパティは
+					<code>${USER_HOME}/build.properties</code>
+					で定義する必要があることに注意してください。HSQLDB を使った最低限のカスタムポータルの設定は以下のようになります。
+					<source>
+						<![CDATA[
+# 必須のポータルの設定プロパティ
+org.apache.jetspeed.portal.home           = /home/myportal/
+org.apache.jetspeed.portal.groupId        = myprojects
+org.apache.jetspeed.portal.artifactId     = myportal
+org.apache.jetspeed.portal.name           = My Test Portal
+org.apache.jetspeed.portal.currentVersion = 1.0
+
+# 必須のアプリケーションサーバのプロパティ
+org.apache.jetspeed.server.home                      = ${CATALINA_HOME}/
+org.apache.jetspeed.server.shared                    = ${org.apache.jetspeed.server.home}/shared/lib/
+org.apache.jetspeed.deploy.war.dir                   = ${org.apache.jetspeed.server.home}/webapps/
+org.apache.jetspeed.services.autodeployment.user     = j2deployer
+org.apache.jetspeed.services.autodeployment.password = xxxxx
+org.apache.jetspeed.catalina.version.major           = 5.5]]>
+					</source>
+					<i>
+						注意: もしデフォルトの PALポータル ポータルをソースから直接ビルドするつもりなのであれば、必須のポータルの設定プロパティのうち、
+						<code>org.apache.jetspeed.portal.home</code>
+						だけが必要になります。
+					</i>
+				</p>
+			</subsection>
+		</section>
+		<section name=" 4. 新しいポータルアプリケーションの作成">
+
+			
+			<p>
+				さて、ここでは PALポータル の Maven プラグインを使って、新しいカスタムポータルアプリケーションを設定し、セットアップし、ビルドします。
+			</p>
+			<subsection
+				name="4.1 Maven のリモートリポジトリを見付けるための設定">
+
+				
+				<p>
+					PALポータル ベースのポータルの設定ができるためには、Maven のリモートリポジトリの場所を
+					<code>${USER_HOME}/build.properties</code>
+					に以下のように設定する必要があります。
+					<source>
+						<![CDATA[
+maven.repo.remote = http://www.bluesunrise.com/maven/, http://www.ibiblio.org/maven/, \
+                    http://dist.codehaus.org/, http://cvs.apache.org/repository]]>
+					</source>
+					<i>
+						注意: これらのリポジトリの順番も同じように指定しなければいけません。
+					</i>
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection
+				name="4.2 PALポータル の Maven プラグインのインストール">
+
+				
+				<p>
+					最初に、そしてより新しいバージョンの PALポータル にアップグレードしたくなったときは、Maven プラグインを以下のようにしてインストールする必要があります。
+					<source>
+						<![CDATA[
+maven -DartifactId=maven-jetspeed2-plugin -DgroupId=org.apache.portals.jetspeed-2 -Dversion=2.0-M4-SNAPSHOT plugin:download]]>
+					</source>
+					<i>
+						注意: インストールしたいバージョンを指定するためにバージョンフラグを設定することができます。ここでの例では 2.0-M4-SNAPSHOT を指定しています。
+					</i>
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" 4.3 新しいポータルプロジェクトの生成">
+
+				
+				<p>
+					Maven プラグインをインストールし、必要なプロパティを設定したら、以下のようにしてプラグインを使ってデフォルトのポータル設定を生成してください。
+					<source>
+						<![CDATA[
+maven j2:portal.genapp]]>
+					</source>
+					<i>
+						この Maven のゴールは実際は
+						<a href="j2-maven-plugin.html">
+							Maven プラグインの資料
+						</a>
+						に記述されるようないくつかのサブゴールを実行します。
+					</i>
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection
+				name="4.4 ポータルの追加のカスタマイズ">
+				
+				<p>
+					このセクションでは特別何かを行うという指示はありません。ポータルプロジェクトが生成されたら、自身の設定や拡張機能を上書きしたりマージしたりして、あなたが好みに合わせてカスタマイズを行ってください。
+				</p>
+				
+				<p>
+					前のセクションで説明したように
+					<code>j2:portal.genapp</code>
+					ゴールを使うか、このゴール内で実行されるサブゴールを直接使うなりして、ポータルプロジェクト (の一部) を再生成したり更新したりしてください。
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" 4.5 ポータルのビルド">
+				
+				<p>
+					ポータルの設定とセットアップの準備ができたら、以下の Maven 標準のゴールをカスタムポータルプロジェクトのディレクトリ (${org.apache.jetspeed.portal.home} 内) で実行することにより、ローカルの Maven リポジトリ (配備に必要です) でポータルアプリケーションをビルドし、インストールすることができます。
+				</p>
+				
+				<p>
+					さあ、これで新しいポータルアプリケーションの配備の準備ができました。新しいポータルアプリケーションの配備をするには、次の PALポータル のソースからのビルドのセクションを飛ばし、
+					<a href="#6__Deploy_and_Run">配備</a>
+					を続いて読んでください。
+				</p>
+			</subsection>
+		</section>
+		<section name=' 5. ソースからの PALポータル のビルド'>
+			
+			<p>
+				ソースから直接 PALポータル ポータルをビルドするのは、幾分簡単です。しかし、これはあなたが新しいカスタマイズされたポータルを作りたくない場合のみそうすべきです。
+			</p>
+			<subsection
+				name="5.1 PALポータル のソースとビルドプロパティのセットアップ">
+				
+				<p>
+					PALポータル のソースには
+					<code>project.properties</code>
+					ファイルが含まれています。これは、
+					<a
+						href="#Required_Portal_Configuration_Properties">
+						必須のポータル設定プロパティ
+					</a>
+					に述べたようなポータルの設定に必須の全てのプロパティが提供されています。
+				</p>
+				
+				<p>
+					あなたの
+					<code>${USER_HOME}/build.properties</code>
+					ファイル中にはこれらのプロパティを一切含んではいけません。
+					<br />
+					代わりに、
+					<code>org.apache.jetspeed.project.home</code>
+					プロパティを設定しなければいけません。このプロパティは、以下のように、ダウンロードしたソースが展開されたか、subversion からソースをチェックアウトした場所を表します。
+					<source>
+						<![CDATA[
+# 必要な、ソースからビルドするための PALポータル ポータル設定のプロパティ
+org.apache.jetspeed.project.home = /home/apache/jetspeed-2/]]>
+					</source>
+					<i>
+						注意:
+						<a
+							href="#Required_Application_Server_Properties">
+							必須のアプリケーションサーバのプロパティ
+						</a>
+						で述べたプロパティについては、指定する必要があります。
+					</i>
+				</p>
+				
+				<p>
+					PALポータル の project.properties ファイルは必須の
+					<code>org.apache.portal.home</code>
+					を定義するために、以下のようなプロパティを使います。
+					<source>
+						<![CDATA[
+org.apache.jetspeed.portal.home = ${org.apache.jetspeed.project.home}]]>
+					</source>
+					PALポータル ポータルをソースからビルドする場合と同じです。
+				</p>
+				
+				<p>
+					後に述べるようにポータルを配備したいときは、
+					<code>org.apache.jetspeed.portal.home</code>
+					を参照します。これはあなたの PALポータル のソースのルートフォルダと読み替えることもできます。
+				</p>
+				
+				<p>
+					もし、PALポータル のソースをビルドしていて、デフォルトの HSQL テストデータベースを使わないときにテストケースを走らせたい場合は、
+					<a href="#Optional_Database_Server_Properties">
+						省略可能なデータベースサーバのプロパティ
+					</a>
+					で述べた本稼働用のデータベースのプロパティと同じように、デフォルトのテストのデータベースプロパティを修正する必要があります。
+					<ul>
+						<li>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.test.database.default.name
+							</code>
+						</li>
+						<li>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.test.database.url
+							</code>
+						</li>
+						<li>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.test.database.user
+							</code>
+						</li>
+						<li>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.test.database.password
+							</code>
+						</li>
+						<li>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.test.database.driver
+							</code>
+						</li>
+						<li>
+							<code>
+								org.apache.jetspeed.test.database.drivers.path
+							</code>
+						</li>
+					</ul>
+					<i>
+						注意: 未解決の
+						<a
+							href="http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-320">
+							JS2-320
+						</a>
+						の問題のため、現時点ではテストデータベースのプロパティはハードコードされた値を<b>使わなければいけません</b>。
+					</i>
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" Maven プラグインの初期化">
+				
+				<p>
+					PALポータル の Maven プラグインをダウンロードし、インストールする代わりに、ソースから直接ビルドして生成します。この作業は PALポータル の新しいバージョンに更新したときやプロジェクトの設定を変えたとき、プラグイン自身を変えたとき、プラグインが使うリソースを変えたときに毎回実行繰り返す必要があります。
+				</p>
+				
+				<p>
+					PALポータル ソースのルートディレクトリで以下のようにして Maven プラグインのビルドとインストールをします。
+					<source>
+						<![CDATA[
+cd ${org.apache.jetspeed.project.home}
+maven initMavenPlugin]]>
+					</source>
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection
+				name="省略可: HSQLDB テストデータベースの起動">
+				
+				<p>
+					テストケースを走らせ、デフォルトの HSQLDB データベースの設定を使うのなら、PALポータル をビルドする前にテスト用のデータベースを<i>別の</i>コンソールで開始しておく必要があります。
+					<source>
+						<![CDATA[
+cd ${org.apache.jetspeed.project.home}
+maven j2:start.test.server]]>
+					</source>
+				</p>
+				
+				<p>
+					ビルドが終わった後で、
+					<code>Ctrl-C</code>
+					を押して、データベースをを止め、コンソールを閉じます。
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection
+				name="PALポータル ポータルとデモポートレットアプリケーションのビルド">
+				
+				<p>
+					ローカルの Maven リポジトリにポータルとデモポートレットを全てビルドしインストールするには、
+					<source>
+						<![CDATA[
+cd ${org.apache.jetspeed.project.home}
+maven allClean allBuild]]>
+					</source>
+					を実行します。
+				</p>
+				
+				<p>
+					しかし、もしビルドの間にテストケースを実行したいのなら、代わりに以下のようなコマンドを実行します。
+					<source>
+						<![CDATA[
+cd ${org.apache.jetspeed.project.home}
+maven -Dmaven.test.skip=false allClean allBuild]]>
+					</source>
+				</p>
+				
+				<p>
+					さあ、これで PALポータル ポータルを配備する準備ができました。
+				</p>
+			</subsection>
+		</section>
+		<section name=" 配備と実行">
+			<subsection
+				name="省略可能: HSQLDB プロダクションデータベースの開始">
+				
+				<p>
+					もしデフォルトの HSQLDB データベースを使うのであれば、ポータルを配備する前にデータベースを開始する必要があります。
+				</p>
+				
+				<p>
+					HSQLDB の本稼働用データベースを実行するには、以下のようなコマンドを<i>別の</i>コンソールで実行します。
+					<source>
+						<![CDATA[
+cd ${org.apache.jetspeed.portal.home}
+maven j2:start.production.server]]>
+					</source>
+				</p>
+				
+				<p>
+					配備の間とアプリケーションサーバが実行中の間はデータベースを実行したままにしておく必要があります。終了後は
+					<code>Ctrl-C</code>
+					を押してデータベースを停止し、コンソールを閉じます。
+				</p>
+				
+				<p>
+					注意: これは後で述べる
+					<code>j2:quickStart</code>
+					ゴールを使うときに必要です。PALポータル の Maven プラグインには本稼働用データベースの (再) 作成なしに、そして/またはデフォルトのポータル設定データを挿入することなく使える、他の (サブ) ゴールがあります。利用可能なゴールのさらなる情報は
+					<a href="j2-maven-plugin.html">
+						プラグイン資料
+					</a>
+					を見てください。
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" 配備">
+				
+				<p>
+					現時点では Tomcat 5 か 5.5 への配備のみカバーしています。
+				</p>
+				
+				<p>
+					他のアプリケーションサーバへの配備についての情報は PALポータル
+					<a
+						href="http://wiki.apache.org/portals/PALポータル">
+						Wiki
+					</a>
+					で見付かるでしょう。
+				</p>
+				
+				<p>
+					デモポートレットアプリケーションを含む、デフォルトの PALポータル ポータルを配備するために、以下のようなコマンドを<i>別の</i>コンソールで実行します。
+					<source>
+						<![CDATA[
+cd ${org.apache.jetspeed.portal.home}
+maven j2:quickStart]]>
+					</source>
+					<i>
+						注意: 
+						<a href="j2-maven-plugin.html">
+							Maven プラグイン資料
+						</a>
+						にあなた好みの配備にカスタマイズするのに使える他のゴールに関する記述があります。
+					</i>
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" 実行">
+				
+				<p>
+					最後の手順は Tomcat サーバを起動することです。すると、ポータルは自動的に配備すべきポートレットアプリケーションを自動的にインストールするでしょう。
+				</p>
+				
+				<p>
+					その後で、ブラウザでポータルに以下か
+					<source><a href="http://localhost:8080/jetspeed">http://localhost:8080/jetspeed</a></source>
+					もしくは、この URL の "jetspeed" をあなたのポータルアプリケーションの名前 (
+					<code>
+						${org.apache.jetspeed.portal.artifactId}
+					</code>
+					) に置き換えることで、ポータルにアクセスできます。
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" デフォルトでインストールされているユーザアカウント">
+				
+				<p>
+					デフォルトの PALポータル のポータルの配備では、いくつかのサンプルユーザのアカウントがポータルデータベースに登録されています。それを使って、ポータルへのログオンが可能です。
+					<table>
+						<tr>
+							<th>ユーザ名</th>
+							<th>パスワード</th>
+							<th>ロール</th>
+						</tr>
+						<tr>
+							<td>
+								<code>admin</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>admin</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>admin, manager, user</code>
+							</td>
+						</tr>
+						<tr>
+							<td>
+								<code>manager</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>manager</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>manager, user</code>
+							</td>
+						</tr>
+						<tr>
+							<td>
+								<code>jetspeed</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>jetspeed</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>manager</code>
+							</td>
+						</tr>
+						<tr>
+							<td>
+								<code>user</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>user</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>user</code>
+							</td>
+						</tr>
+						<tr>
+							<td>
+								<code>tomcat</code>
+							</td>
+							<td>
+								<code>tomcat</code>
+							</td>
+							<td></td>
+						</tr>
+					</table>
+
+				</p>
+
+			</subsection>
+		</section>
+	</body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started-source.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,201 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title> PALポータル の導入</title>
+		<subtitle> 起動して簡単に動かしてみる</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****" />
+			<person name="Ate Douma" email="ate****@apach*****" />
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+			<person name="Ron Wheeler"
+				email="rwhee****@artif*****" />
+		</authors>
+		<translators>
+			<person name="松田 政明 as TigerCat" email="m.mat****@appli*****" />
+		</translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name=" 要求事項">
+
+			<p>
+				ユーザは
+				<a href="http://maven.apache.org">Apache Maven</a>
+				プロジェクトマネジメントツールと
+				<a href="http://ant.apache.org">Apache Ant</a>
+				スクリプトユーティリティの両方を熟知している必要があります。
+			</p>
+			<ul>
+				<li>
+					<a href="http://ant.apache.org/bindownload.cgi">
+						Ant 1.5
+					</a>
+					またはそれ以降
+				</li>
+				<li>
+					<a
+						href="http://maven.apache.org/start/download.html">
+						Maven 1.0.2
+					</a>
+				</li>
+				<li>Java 1.4.2_02 またはそれ以降</li>
+				<li>
+					Servlet 2.3 エンジン:
+					<ul>
+						<li>Tomcat 5.5.8 またはそれ以降</li>
+						<li>Jetty</li>
+						<li>Websphere</li>
+						<li>Geronimo</li>
+						<li>JBoss</li>
+					</ul>
+
+				</li>
+			</ul>
+		</section>
+
+		<section name=' 1. Maven の準備'>
+
+			<p>
+				もしまだなら
+				<a href="http://maven.apache.org/maven-1.x">Maven</a>
+				をダウンロードし、インストールしてください。
+			</p>
+		</section>
+		<section name=' 2. データベースは何にするか'>
+
+			<p>
+				PALポータル のセキュリティモデルは、ユーザ認証とユーザ情報の保持のためにデータベースを必要とします。PALポータル セキュリティは、ほとんどの JDBC 2.0 準拠ドライバで動作するはずです。以下のデータベースについてはテスト済みです:
+				<ul>
+					<li>HSQLDB - Hypersonic SQL</li>
+					<li>MySQL</li>
+					<li>Oracle</li>
+					<li>Postgres</li>
+					<li>DB2</li>
+					<li>Sybase</li>
+					<li>SQL Server</li>
+				</ul>
+                        </p>
+
+<p>
+				PALポータル は、デフォルトとして設定済みの、Hypersonic-SQL データベースを同梱した状態で配布されます。
+			</p>
+
+			<p>
+				データベース設定は、インストールの過程でセットアップされます。HSQLDB を使うつもりがないのなら、あなたの選択したデータベース向けパッケージのインストールと、PALポータル テーブルを格納するデータベースユーザの設定をすることになります。
+			</p>
+		</section>
+		<section name=" 3. サーブレットエンジン">
+
+			<p>
+				理論的には、PALポータル ポータルシステムは、2.3 版仕様以上をサポートするいかなるサーブレットコンテナのもとでも動作します。PALポータル ポータルアプリケーションを、以下のような製品に配備して正常動作を確認しています:
+				<ul>
+					<li>Tomcat 5.5.8 またはそれ以上</li>
+					<li>Jetty</li>
+					<li>Websphere</li>
+					<li>Geronimo</li>
+					<li>JBoss</li>
+				</ul>
+			</p>
+			<subsection name=" Tomcat の設定">
+
+				<p>
+					PALポータル は、ポートレットアプリケーションライフサイクル管理ポートレット(PALM)
+					からポートレットアプリケーションを管理するために、Tomcat マネージャアプリケーション が使えるようになっています。これを有効にするためには、
+					${org.apache.jetspeed.server.home}/conf/tomcat-users.xml
+					の中を編集して、既定で定義されている 'manager' ロールを持つ Tomcat ユーザを、一人設定する必要があります。
+				</p>
+
+				<p>
+					最低限の tomcat-users.xml の一例はこんな感じです:
+</p>
+<p>
+					<source>
+						<![CDATA[
+<tomcat-users>
+  <role rolename="manager"/>
+    <user username="j2deployer" password="xxxxx" roles="manager"/>
+</tomcat-users>]]>
+					</source>
+</p>
+
+<p>
+					<i>
+						上記の username と password の属性値は、以下の定義で指定した値と一致しなければなりません。
+						<code>
+							${org.apache.jetspeed.services.autodeployment.user}
+						</code>
+						と
+						<code>
+							${org.apache.jetspeed.services.autodeployment.user}
+						</code>
+						です。
+					</i>
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" Tomcat 5.5.9 を Windows で動かす場合">
+
+				<p>
+					Tomcat 5.5.9 を Windows で動かす場合、再配備と配備解除を正常に動作させるためには、グローバルコンテキストの "antiJARLocking" 属性を、true に設定しなければなりません。
+				</p>
+
+<p>
+					${org.apache.jetspeed.server.home}\conf\context.xml
+					の中を編集してください:
+					<source>
+						<![CDATA[
+    <Context antiJARLocking="true">
+    ...
+    </Context>]]>
+					</source>
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection
+				name=" Jetty - 簡易テスト環境 もしくは 正式版サーブレットコンテナ">
+
+			<p>
+				Jetty は正式稼動環境として使えますが、通常はほとんどの場合が、正式稼動環境のサーブレットコンテナを妨害することなく、カスタマイズをざっとテストする環境として使われています。このための特別な設定は何も必要ありません。
+			</p>
+			</subsection>
+		</section>
+		<section
+			name=' 4. ソースもしくはバイナリの配布物から PALポータル をインストール'>
+
+			<p>
+				あなたの目的に応じて、PALポータル をバイナリリリースからインストールするか、ソースからインストールするかを選択してください。もしあなたが PALポータル の主要機能に変更を加えたい、もしくはPALポータルの開発に貢献したいと考えるなら、ソースに対して作業する必要があるでしょう。単に独自のカスタム版企業ポータルの構築に興味がある程度なら、PALポータル のバイナリリリースを使って生成できます。ほとんどの人がバイナリの配布物で構わないはずです。
+			</p>
+		</section>
+		<section name='5. PALポータル のビルド'>
+
+			<p>
+				インストール手順
+				は
+				<a href="getting-started-source.html">
+					ソースからビルド
+				</a>
+				するか、
+				<a href="getting-started-binary.html">
+					バイナリ配布物からビルド
+				</a>
+				するか、それとも
+				<a href="getting-started-installer.html">
+					PALポータル インストーラを使ってインストール
+				</a>
+				するかによって異なっています。
+			</p>
+		</section>
+	</body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/getting-started.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-ajax-api.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-ajax-api.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-ajax-api.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,541 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title> AJAX XML API</title>
+    <subtitle> PALポータル の AJAX XML API についての文書</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
+    </authors>
+	<translators>
+		<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+	</translators>
+  </properties>
+  <body>
+<section name=" AJAX XML API の概要">
+
+<p>
+PALポータル の XML AJAX API は、AJAX クライアントが、非同期のリクエストを PALポータル サービスに送ることができるようにするための XML ベースの API です。
+</p>
+
+<p>
+典型的な使用例としては、
+</p>
+
+<ul>
+    <li><b>ページのカスタマイズとポートレットの配置</b> - ページ上でのポートレットの移動、コピー、追加、削除。</li>
+    <li><b>レイアウトの選択</b> - ページのレイアウトの変更 (行や列の数の変更、列のサイズの変更)。</li>
+    <li><b>テーマとデコレータの選択</b> - ページのテーマやページ上のポートレットのデコレータの変更。</li>
+    <li><b>ポートレットのセレクタ</b> - エンドユーザへのポートレットの選択リストを提供。</li>
+    <li><b>セキュリティの設定</b> - リソース (ページ、ポートレット、フォルダ、リンク、フラグメント) もしくはポータル全体でのセキュリティ制約、またはポリシーの設定。</li>
+    <li><b>メニューの設定</b> - PALポータル サイトのメニューの生成や編集。</li>			
+	<li><b>全体的な管理</b> - 全体的な管理を行う全てのユースケースはまだ検討されていません。</li>
+</ul>
+<subsection name=' 保証されたアクセス'>
+
+<p>
+AJAX XML API リクエストの全ては、標準の PALポータル <a href='guide-pipeline.html'>パイプライン</a>リクエストを通して実行されます。これは、通常の PALポータル コンポーネントの配列を用いて、AJAX リクエストを構成可能であることを意味します。デフォルトの AJAX パイプラインは、全てのリクエストへのアクセスを保証します。AJAX アクションのそれぞれは、自身のセキュリティ制約を持ちます。ページを生成する全てのリクエストは、本来のアクションに依存する、編集もしくは閲覧モードの元で実行されます。
+</p>
+</subsection>		
+</section>	  
+<section name=' API'>
+
+<p>
+AJAX XML API は、単純な HTTP リクエストベースの API で、単純な REST (Representational State Transfer) プロトコル上での通信を行います。API へは、以下のようなポータル URL パスの "ajaxapi" サーブレット経由で HTTP を使ってアクセスします。
+<source><![CDATA[
+http://hostname/contextname/ajaxapi
+]]></source>
+</p>
+<subsection name=' リクエストパラメータとページ'>	
+
+<p>リクエストパラメータは、リクエストした API の動作と、追加の API パラメータを指定します。リクエストが参照しているページは、HTTP URL 内に含まれます。なので、もしページを変更するリクエストを作成したい場合、ページは以下のような HTTP URL 内で指定します。
+<source><![CDATA[
+http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi/Public/db-browser.psml
+]]></source>
+標準の PALポータル プロファイリングを使ったページの配置アルゴリズムが、ページを配置します。ページは、実際は URL 中には不要です。<a href='guide-profiler.html'>PALポータル プロファイラ</a> が、ユーザのためのページを配置するからです。例えば、
+<source><![CDATA[
+http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi
+]]></source>
+という URL は、現在のユーザのデフォルトページを表示します。
+</p>
+
+<p>リクエストパラメータは、API それぞれで固有です。大体の場合、"action" パラメータというリクエストパラメータだけは、必要になります (デフォルトの場合を除く)。デフォルトのアクションは "action=getpage" です。これは、<a href='guide-psml.html'>PSML</a> 内のプロファイルが示すページの XML 表現を返します (PSML は XML フォーマットです)。リクエストパラメータのそれぞれの例は以下の表を参照してください。
+</p>
+
+<p>現時点で利用可能な API を示します。</p>
+</subsection>
+<subsection name=' ページの取得'>
+
+<table>	
+    <tr>
+        <td>API:</td>
+        <td>getpage</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>コンポーネント:</td>
+        <td>AjaxGetPage</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>説明:</td>
+        <td>getpage は、ページマネージャから、<a href='guide-psml.html'>PSML</a> に保存されたページを取得します。
+		</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>パラメータ:</td>
+        <table>
+			<tr>
+				<td>page</td>
+				<td>URL に含まれます</td>				
+			</tr>
+			<tr>
+				<td>action</td>
+				<td>getportlets (省略可、これがデフォルトのアクションです)</td>				
+			</tr>			
+		</table>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>API の例:</td>
+		<td>
+<source><![CDATA[			
+http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi/Public/content.psml
+]]></source>			
+		</td>    
+	</tr>
+    <tr>
+        <td>XML レスポンス:</td>
+		<td>
+<source><![CDATA[
+<js>
+<status>success</status>
+<action>getpage</action>
+  <page hidden="false">
+  <defaults layout-decorator="tigris" portlet-decorator="tigris"/>
+  <name>public.psml</name>
+  <path>/Public/public.psml</path>
+  <title>Public Share</title>
+  <short-title>Public Share</short-title>
+  <metadata name="title" xml:lang="es">Carpeta compartida</metadata>
+  <fragment id="ps-1000" type="layout" name="jetspeed-layouts::VelocityTwoColumns" decorator="">
+    <fragment id="ps-1001" type="portlet" name="rss::RSS" decorator="">
+      <property name="row" value="0"/>
+      <property name="column" value="0"/>
+    </fragment>
+	<fragment id="ps-1002" type="portlet" name="demo::BookmarkPortlet" decorator="">
+      <property name="row" value="1"/>
+      <property name="column" value="1"/>
+    </fragment>
+	<fragment id="ps-1003" type="portlet" name="jsf-demo::CalendarPortlet" decorator="">
+      <property name="row" value="0"/>
+      <property name="column" value="1"/>
+    </fragment>
+	<fragment id="P-1080bff9b03-10000" type="portlet" name="jsf-demo::CalendarPortlet" decorator="">
+      <property name="row" value="1"/>
+      <property name="column" value="0"/>
+    </fragment>
+  </fragment>
+</page>
+</js>
+]]></source>
+			
+		</td>    
+	</tr>
+</table>
+</subsection>
+<subsection name=' 絶対位置で移動'>
+
+<table>		
+    <tr>
+        <td>API:</td>
+        <td>moveabs</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>コンポーネント:</td>
+        <td>AjaxMovePortletAbsolute</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>説明:</td>
+        <td>ページ上のポートレットの絶対位置をリクエストパラメータで指定した row と col に従って移動する。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>パラメータ:</td>
+        <table>
+			<tr>
+				<td>page</td>
+				<td>URL に含まれます</td>				
+			</tr>
+			<tr>
+				<td>action</td>
+				<td>moveabs</td>				
+			</tr>			
+			<tr>
+				<td>id</td>
+				<td>移動させたいポートレットのポートレット PSML フラグメント ID</td>
+			</tr>			
+			<tr>
+				<td>row</td>
+				<td>ポートレットフラグメントを置きたい位置の絶対的な行位置 (ゼロベース)</td>				
+			</tr>						
+			<tr>
+				<td>col</td>
+				<td>ポートレットフラグメントを置きたい位置の絶対的な列位置 (ゼロベース)</td>				
+			</tr>									
+		</table>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>API の例:</td>
+		<td>
+<source><![CDATA[			
+http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi/Public/public.psml?action=moveabs&id=ps-1003&row=0&col=1			
+]]></source>			
+		</td>    
+	</tr>
+    <tr>
+        <td>XML レスポンス:</td>
+		<td>
+<source><![CDATA[
+<js>
+   <status>success</status>
+    <action>moveabs</action>
+    <id>ps-1003</id>
+	<old_position>
+      <col>1</col>
+      <row>1</row>
+    </old_position>
+	<new_position>
+      <col>1</col>
+      <row>0</row>
+    </new_position>
+</js>						
+]]></source>
+			
+		</td>    
+	</tr>
+</table>
+</subsection>
+<subsection name=' 移動'>
+
+<table>		
+    <tr>
+        <td>API:</td>
+        <td>moveleft, moveright, moveup, movedown</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>コンポーネント:</td>
+        <td>AjaxMovePortletLeft, AjaxMovePortletRight, AjaxMovePortletUp, AjaxMoveDown</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>説明:</td>
+        <td>アクションを指定して、ページ上のポートレットを相対的なある位置から移動する。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>パラメータ:</td>
+        <table>
+			<tr>
+				<td>page</td>
+				<td>URL に含まれます</td>				
+			</tr>
+			<tr>
+				<td>action</td>
+				<td>moveleft, moveright, moveup, movedown</td>				
+			</tr>			
+			<tr>
+				<td>id</td>
+				<td>移動させたいポートレットのポートレット PSML フラグメント ID</td>				
+			</tr>			
+		</table>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>API の例:</td>
+		<td>
+<source><![CDATA[			
+http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi/Public/public.psml?action=movedown&id=ps-1003
+]]></source>			
+		</td>    
+	</tr>
+    <tr>
+        <td>XML レスポンス:</td>
+		<td>
+<source><![CDATA[
+<js>
+   <status>success</status>
+    <action>movedown</action>
+    <id>ps-1003</id>
+	<old_position>
+      <col>1</col>
+      <row>0</row>
+    </old_position>
+	<new_position>
+      <col>1</col>
+      <row>1</row>
+    </new_position>
+</js>						
+]]></source>
+			
+		</td>    
+	</tr>
+
+</table>
+</subsection>
+<subsection name=' ポートレットの追加'>
+
+<table>			
+    <tr>
+        <td>API:</td>
+        <td>add</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>コンポーネント:</td>
+        <td>AjaxAddPortlet</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>説明:</td>
+        <td>現在のページに新しいポートレットを追加します。ポートレットは指定する行と列の場所に追加することが可能です。もし、行も列も指定されない場合は、デフォルトでそれぞれ 0 に設定されます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>パラメータ:</td>
+        <table>
+			<tr>
+				<td>page</td>
+				<td>URL に含まれます</td>				
+			</tr>
+			<tr>
+				<td>action</td>
+				<td>add</td>				
+			</tr>			
+			<tr>
+				<td>id</td>
+				<td>ページに配置したいポートレットのフルネーム。PALポータル のポートレットの命名規則を使って指定します (ポートレットアプリケーション名::ポートレット名)</td>				
+			</tr>			
+			<tr>
+				<td>row</td>
+				<td>省略可: 新しいポートレットフラグメントを置きたい場所の行位置の絶対指定 (ゼロベース)</td>				
+			</tr>						
+			<tr>
+				<td>col</td>
+				<td>省略可: 新しいポートレットフラグメントを置きたい場所の列位置の絶対指定 (ゼロベース)</td>				
+			</tr>									
+		</table>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>API の例:</td>
+		<td>
+<source><![CDATA[			
+http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi/Public/public.psml?action=add&id=jsf-demo::CalendarPortlet
+]]></source>			
+		</td>    
+	</tr>
+    <tr>
+        <td>XML レスポンス:</td>
+		<td>
+<source><![CDATA[
+<js>
+  <status>success</status>
+  <action>add</action>
+  <id>jsf-demo::CalendarPortlet</id>
+  <new_position>
+    <col>0</col>
+    <row>0</row>
+  </new_position>
+</js>
+]]></source>
+			
+		</td>    
+	</tr>
+</table>
+</subsection>
+<subsection name=' ポートレットの削除'>
+
+<table>		
+
+    <tr>
+        <td>API:</td>
+        <td>remove</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>コンポーネント:</td>
+        <td>AjaxRemovePortlet</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>説明:</td>
+        <td>現在のページから新たにポートレットを削除する。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>パラメータ:</td>
+        <table>
+			<tr>
+				<td>page</td>
+				<td>URL に含まれる</td>				
+			</tr>
+			<tr>
+				<td>action</td>
+				<td>remove</td>				
+			</tr>			
+			<tr>
+				<td>id</td>
+				<td>削除したいポートレットのポートレット PSML ID</td>				
+			</tr>			
+		</table>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>API の例:</td>
+		<td>
+<source><![CDATA[			
+http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi/Public/public.psml?action=remove&id=ps-1003
+]]></source>			
+		</td>    
+	</tr>
+    <tr>
+        <td>XML レスポンス:</td>
+		<td>
+<source><![CDATA[
+<js>
+  <status>success</status>
+  <action>remove</action>
+  <id>jsf-demo::CalendarPortlet</id>
+  <new_position>
+    <col>0</col>
+    <row>0</row>
+  </new_position>
+</js>
+]]></source>
+			
+		</td>    
+	</tr>
+</table>
+</subsection>
+<subsection name=' ポートレットの取得'>
+
+<table>		
+
+    <tr>
+        <td>API:</td>
+        <td>getportlets</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>コンポーネント:</td>
+        <td>AjaxGetPortlets</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>説明:</td>
+        <td>ポートレットの取得は、現在のサブジェクトで利用可能な (ソートされた) ポートレットのリストを返します。ポートレットリストはフィルタリングされ、現在のサブジェクトで表示可能なポートレットが返されます。PALポータル セキュリティポリシー (JAAS) は、このフィルタリングを実行します。ポートレット (のリスト) は、それぞれのポートレットの名前、表示名、説明の記述された XML フォーマットで返されます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>パラメータ:</td>
+        <table>
+			<tr>
+				<td>page</td>
+				<td>URL に含まれる</td>				
+			</tr>
+			<tr>
+				<td>action</td>
+				<td>getportlets</td>				
+			</tr>			
+			<tr>
+				<td>filter</td>
+				<td>まだ実装されていません。照会のフィルタを定義します。</td>				
+			</tr>			
+			
+		</table>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>API の例:</td>
+		<td>
+<source><![CDATA[			
+http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi?action=getportlets
+]]></source>			
+		</td>    
+	</tr>
+    <tr>
+        <td>XML レスポンス:</td>
+		<td>
+<source><![CDATA[
+<js>
+<status>success</status>
+<action>getportlets</action>
+-
+	<portlets>
+<portlet name="demo::AttributeScopePortlet" displayName="Attribute Scope Demo" description="$portlet.Description">
+        </portlet>
+<portlet name="demo::BookmarkPortlet" displayName="Bookmark Portlet" description="Bookmark Portlet">
+        </portlet>
+<portlet name="demo::BookmarkPortletForXHTMLBasic" displayName="Bookmark Portlet for XHTML Basic" description="Bookmark Portlet for XHTML Basic">
+        </portlet>
+<portlet name="demo::CSSDemoPortlet" displayName="CSS Demo Portlet" description="$portlet.Description">
+        </portlet>
+....
+<portlet name="rss::RSS" displayName="RSS Portlet" description="RSS Portlet">
+        </portlet>
+<portlet name="rss::RomeRSS" displayName="Rome RSS Portlet" description="Rome RSS Portlet">
+        </portlet>
+</portlets>
+</js>
+]]></source>
+			
+		</td>    
+	</tr>				
+</table>        
+</subsection>	
+</section>
+
+<section name=' Spring アセンブリ'>
+
+<p>
+<code>AjaxRequestService</code> は、AJAX リクエストを扱う Spring のコンポーネントです。これは、AJAX リクエストの特別な処理のために、AJAX <a href='guide-pipeline.html'>パイプライン</a>内でフックされます。以下が Spring アセンブリです。それぞれの API は Ajax サービス内で設定されます。
+</p>
+		
+<source><![CDATA[	
+<bean id="AjaxRequestService" class="org.apache.jetspeed.ajax.AjaxRequestServiceImpl">
+    <constructor-arg index="0">
+        <map>
+            <entry key="moveabs">
+                <ref bean="AjaxMovePortletAbsolute"/>
+            </entry>
+            <entry key="moveleft">
+                <ref bean="AjaxMovePortletLeft"/>
+            </entry>
+            <entry key="moveright">
+                <ref bean="AjaxMovePortletRight"/>
+            </entry>
+            <entry key="moveup">
+                <ref bean="AjaxMovePortletUp"/>
+            </entry>
+            <entry key="movedown">
+                <ref bean="AjaxMovePortletDown"/>
+            </entry>
+            <entry key="add">
+                <ref bean="AjaxAddPortlet"/>
+            </entry>
+            <entry key="remove">
+                <ref bean="AjaxRemovePortlet"/>
+            </entry>
+            <entry key="getportlets">
+                <ref bean="AjaxGetPortlets"/>
+            </entry>
+            <entry key="getpage">
+                <ref bean="AjaxGetPage"/>
+            </entry>
+        </map>
+    </constructor-arg>
+    <constructor-arg index="1">
+        <ref bean="AjaxVelocityEngine"/>
+    </constructor-arg>
+</bean>
+]]></source>
+</section>	
+</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-ajax-api.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-app-servers.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-app-servers.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-app-servers.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,239 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title> PALポータル のアプリケーションサーバの設定</title>
+		<subtitle> PALポータル へようこそ</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****" />
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+			<person name="Ron Wheeler"
+				email="rwhee****@artif*****" />
+
+		</authors>
+		<translators>
+			<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+		</translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name=" アプリケーションサーバのプロパティ">
+			
+			<p>
+				<i>
+					注意: Maven プラグインは現時点では Tomcat 5.0.x か 5.5.x のみをサポートします。
+				</i>
+			</p>
+			
+			<table>
+				<tr>
+					<th>プロパティ</th>
+					<th>説明</th>
+					<th nowrap="nowrap">デフォルト値</th>
+				</tr>
+				<tr>
+					<td>
+						<code>org.apache.jetspeed.server.home</code>
+					</td>
+					<td>
+						Tomcat をインストールしたルートフォルダ。
+						<br />
+						例:
+						<code>${CATALINA_HOME}/</code>
+					</td>
+					<td>
+						<i>デフォルト値なし</i>
+					</td>
+				</tr>
+				<tr>
+					<td>
+						<code>org.apache.jetspeed.server.shared</code>
+					</td>
+					<td>
+						Tomcat の共有 jar ファイルを格納する場所。
+						<br />
+						例:
+						<code>
+							${org.apache.jetspeed.server.home}/shared/lib/
+						</code>
+					</td>
+					<td>
+						<i>デフォルト値なし</i>
+					</td>
+				</tr>
+				<tr>
+					<td>
+						<code>org.apache.jetspeed.deploy.war.dir</code>
+					</td>
+					<td>
+						Tomcat のウェブアプリケーションを格納する場所。
+						<br />
+						例:
+						<code>
+							${org.apache.jetspeed.server.home}/webapps/
+						</code>
+					</td>
+					<td>
+						<i>デフォルト値なし</i>
+					</td>
+				</tr>
+				<tr>
+					<td>
+						<code>
+							org.apache.jetspeed.services.autodeployment.user
+						</code>
+					</td>
+					<td>
+						manager ロールに属する Tomcat のユーザ。
+						<br />
+						後で説明するように、ポータル内から Tomcat の管理アプリケーションにアクセスするのに使う。
+					</td>
+					<td>
+						<i>デフォルト値なし</i>
+					</td>
+				</tr>
+				<tr>
+					<td>
+						<code>
+							org.apache.jetspeed.services.autodeployment.password
+						</code>
+					</td>
+					<td>
+						前に述べた Tomcat のユーザのパスワード。
+						<br />
+						後で説明するように、ポータル内から Tomcat の管理アプリケーションにアクセスするのに使う。
+					</td>
+					<td>
+						<i>デフォルト値なし</i>
+					</td>
+				</tr>
+				<tr>
+					<td>
+						<code>
+							org.apache.jetspeed.catalina.version.major
+						</code>
+					</td>
+					<td>
+						使用する Tomcat のメジャーバージョン。5 または 5.5 です。
+						<br />
+						例:
+						<code>5.5</code>
+					</td>
+					<td>
+						<i>デフォルト値なし</i>
+					</td>
+				</tr>
+			</table>
+		</section>
+		<section name=" 省略可能なデータベースサーバのプロパティ">
+			
+			<p>
+				PALポータル と Maven プラグインはデフォルトでは用意された HSQLDB データベースを使います。
+			</p>
+			
+			<p>
+				もし違うデータベースを使いたい場合は、以下のプロパティを上書きする必要があります。
+			</p>
+			
+			<table>
+				<tr>
+					<th>プロパティ</th>
+					<th>説明</th>
+					<th nowrap="nowrap">デフォルト値</th>
+				</tr>
+				<tr>
+					<td>
+						<code>
+							org.apache.jetspeed.production.database.default.name
+						</code>
+					</td>
+					<td>
+						使いたいデータベースの種類。Torque が生成する SQL スクリプトのために使います。
+						<br />
+						現時点では、以下のデータベースがサポートされています (これは Torque の対象のデータベース名と一致します)。
+						<ul>
+							<li>hsql (hypersonic)</li>
+							<li>oracle (oracle)</li>
+							<li>mysql (mysql)</li>
+							<li>postgres (postresql)</li>
+							<li>mssql (mssql)</li>
+						</ul>
+					</td>
+					<td>hsql</td>
+				</tr>
+				<tr>
+					<td>
+						<code>
+							org.apache.jetspeed.production.database.url
+						</code>
+					</td>
+					<td>JDBC の接続 URL</td>
+					<td>jdbc:hsqldb:hsql://127.0.0.1:9001</td>
+				</tr>
+				<tr>
+					<td>
+						<code>
+							org.apache.jetspeed.production.database.user
+						</code>
+					</td>
+					<td>データベースに接続するためのユーザ名。</td>
+					<td>sa</td>
+				</tr>
+				<tr>
+					<td>
+						<code>
+							org.apache.jetspeed.production.database.password
+						</code>
+					</td>
+					<td>
+						データベースに接続するためのユーザのパスワード。
+					</td>
+					<td>
+						<i>なし</i>
+					</td>
+				</tr>
+				<tr>
+					<td>
+						<code>
+							org.apache.jetspeed.production.database.driver
+						</code>
+					</td>
+					<td>JDBC ドライバのクラス名</td>
+					<td>org.hsqldb.jdbcDriver</td>
+				</tr>
+				<tr>
+					<td>
+						<code>
+							org.apache.jetspeed.production.jdbc.drivers.path
+						</code>
+					</td>
+					<td>
+						データベースへの接続に必要な JDBC クラス、もしくは jar ファイルへの Java のクラスパス形式のパス
+						<br />
+						例:
+						<code>
+							/lib/ojdbc14.jar;/lib/nls_charset12.jar
+						</code>
+					</td>
+					<td>
+						<i>なし</i>
+					</td>
+				</tr>
+			</table>
+		</section>
+
+	</body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-app-servers.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-components.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-components.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-components.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,240 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title> PALポータル を構成するコンポーネントのガイド</title>
+		<subtitle> PALポータルを構成するコンポーネントのガイド</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+		<translators>
+			<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+		</translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name=" PALポータルを構成するコンポーネントのガイド">
+		
+		<p>
+			PALポータル のアーキテクチャは
+			<a href="http://www.martinfowler.com/articles/injection.html">Martin Fowler</a>
+			によって以下のように定義されたコンポーネントアーキテクチャに基づいて構築されています。
+			<pre>
+	コンポーネントという言葉は、変更なしに、コンポーネントの作者の管理から外れた
+	アプリケーションとして使われることを意図したソフトウェア群を意味しています。
+	「変更なしに」という言葉は、ユーザがコンポーネントの作者によって許された方法でコンポーネントを拡張し、
+	その動作を変化させることはあるかもしれないけれども、アプリケーションを使う場合に、
+	コンポーネントのソースコードを変えることなくアプリケーションを使うことを意味します。
+			</pre>
+		</p>
+		
+		<p>
+			PALポータル はプログラミングのデザインパターンと構造上のモデルとして、依存性注入を使います。これは、公開されているインターフェースを通して抽象化のレベルを構築するためであり、そしてコンポーネントの実装における依存性をなくすためです。この構造はコンポーネントがそれ自身とリンクしたり、お互いにリンクする構造でなく、コンポーネントと結合します。依存性注入はオブジェクトの作成やオブジェクトのリンクの機能をオブジェクト自身から削除し、ファクトリへ移したパターンです。それゆえ、依存性注入は明らかにオブジェクトの作成とリンクの制御を反転させており、Inversion of Controls(制御の反転,IOC) の形であると考えることができます。
+		</p>
+		<subsection name=" PALポータル とコンポーネントフレームワーク">
+		
+		<p>
+			PALポータル はデフォルトのコンポーネントフレームワークとして <a href="http://www.springframework.org">Spring フレームワーク</a> を利用しています。しかし、PALポータル はコンポーネントフレームワークを例えば <a href="http://www.picocontainer.org/">Pico</a> のような代替可能なコンポーネントフレームワークに容易に置き換えることが可能な構造をしています。
+		</p>
+		
+		<p>
+			PALポータル のコンポーネントフレームワークの組み立ては <i>PALポータルServlet</i> 内に実装されています。<br/><br/>
+		<img src="images/jetspeedservlet-c.gif" border="0"/>
+		</p>
+		
+		<p>
+			<code>PALポータルServlet</code> は起動時のロードのためにポータルアプリケーションの <i>web.xml</i> で設定されます。<code>initializeComponentManager</code> メソッドは与えられたコンポーネントフレームワークの <a href="guide-portal-assembly.html">Assembly</a> をロードします。<code>initializeComponentManager</code> のデフォルトの実装はコンポーネントフレームワークとして <a href="http://www.springframework.com">spring フレームワーク</a> をサポートします。そして spring エンジンを初期化するために <code>WEB-INF/assembly</code> 以下の xml ファイルを解釈します。<i>PALポータルEngine</i> は適切なコンポーネントマネージャを使って構成されます。
+		<source>
+  engine = new PALポータルEngine(properties, applicationRoot, config,
+      initializeComponentManager(config, applicationRoot, properties));
+		</source>
+		</p>
+		
+		<p>
+			他のコンポーネントフレームワークをサポートするためには、開発者は <code>initializeComponentManager</code> の実装をオーバーライドしなくてはいけません。
+		</p>
+		</subsection>
+		<subsection name=" PALポータル の中核をなすコンポーネント">
+		
+		<table>
+          <tr>
+          	<th colspan="2">PALポータル 機能 - アーチファクト ID: jetspeed-capability</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="../multiproject/jetspeed-capability/index.html"><code>Capabilities</code></a></td>
+            <td><code>Capabilities</code> コンポーネントはクライアントを、サポートされる MIME タイプやメディアタイプにマップします。このコンポーネントは <code>CapabilityMap</code> を生成します。<code>CapabilityMap</code> はポータルエンジンを通して、対象となるクライアント用にポータルコンテンツを表示するために利用されます。</td>
+          </tr>
+		</table><br/>
+
+		
+		<table>
+          <tr>
+          	<th colspan="2">PALポータル コンポーネットマネージャ - アーチファクト ID: jetspeed-cm</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="../multiproject/jetspeed-cm/index.html"><code>ComponentManager</code></a></td>
+            <td><code>ComponentManager</code> は、使用するコンポーネントフレームワークのトップに位置する抽象的な標準レイヤーを提供します。PALポータル のデフォルトの <code>ComponentManager</code> の実装は <code>SpringComponentManager</code> です。より詳しい情報は <a href="../multiproject/jetspeed-cm/index.html"><code>ComponentManager</code> の文書</a> を参照してください。
+			</td>
+          </tr>
+		</table><br/>
+		
+		<table>
+          <tr>
+          	<th colspan="2">PALポータル 配備ツール - アーチファクト ID: jetspeed-deploy-tools</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="../multiproject/jetspeed-deploy-tools/deploy-tools.html"><code>PALポータルDeploy</code></a></td>
+            <td><code>PALポータルDeploy</code> は PALポータル に配備される前にポートレットアプリケーションの準備をします。より詳しい情報は <a href="../multiproject/jetspeed-deploy-tools/deploy-tools.html"><code>PALポータルDeploy</code> の文書</a> を参照してください。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="../multiproject/jetspeed-deploy-tools/index.html"><code>DeploymentManager</code></a></td>
+            <td><code>DeploymentManager</code> は配備される新しいポータル資産 (ポートレットやデコレータ) を待機します。PALポータル において、どのように配備が行われるかの概要は<a href="../multiproject/jetspeed-deploy-tools/index.html">ここ</a> にあります。</td>
+          </tr>
+		</table><br/>
+		
+		<table>
+          <tr>
+          	<th colspan="2">PALポータル ポータル - アーチファクト ID: jetspeed-portal</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="../multiproject/jetspeed-portal/pipeline.html"><code>Pipeline</code></a></td>
+            <td><code>Pipeline</code> は PALポータル のリクエストで最小単位の動作である <code>Valve</code> を統合します。</td>
+          </tr>
+		</table><br/>
+		
+		<table>
+          <tr>
+          	<th colspan="2">PALポータル プリファレンス - アーチファクト ID: jetspeed-prefs</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="../multiproject/jetspeed-prefs/index.html"><code>PreferencesProvider</code></a></td>
+            <td><code>PreferencesProvider</code>は PALポータル の <code>java.util.Preferences</code> API の実装です。</td>
+          </tr>
+		</table><br/>
+		
+		<table>
+          <tr>
+          	<th colspan="2">PALポータル RDBMS - アーチファクト ID: jetspeed-rdbms</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="../multiproject/jetspeed-rdbms/index.html"><code>ConnectionRepositoryEntry</code></a></td>
+            <td><code>ConnectionRepositoryEntry</code> は PALポータル の <code>java.util.Preferences</code> API の実装です。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="../multiproject/jetspeed-rdbms/dao.html"><code>InitablePersistenceBrokerDaoSupport</code></a></td>
+            <td><code>InitablePersistenceBrokerDaoSupport</code> は PALポータル においてデータアクセスと永続性のサポートを提供します。</td>
+          </tr>
+		</table><br/>
+		
+		<table>
+          <tr>
+          	<th colspan="2">PALポータル セキュリティ - アーチファクト ID: jetspeed-security</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>DefaultLoginModule</code></a><br/>
+            <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>RdbmsPolicy</code></a><br/></td>
+            <td>PALポータル における <a href="http://java.sun.com/products/jaas/">JAAS サービス</a> のデフォルトの実装。PALポータル はポータルエンジンにセキュリティの機能を公開するための標準のセキュリティフレームワークとして JAAS を利用します。JAAS サービスは PALポータル のセキュリティ SPI を通して特定の実装が提供されるために PALポータル の粗い単位のサービスを利用します。
+			</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>UserManager</code></a><br/>
+            <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>RoleManager</code></a><br/>
+            <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>GroupManager</code></a><br/>
+            <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>PermissionManager</code></a></td>
+            <td>PALポータル のセキュリティ管理 API を公開する粗い単位のセキュリティコンポーネント</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>UserSecurityHandler</code></a><br/>
+            <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>CredentialHandler</code></a><br/>
+            <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>GroupSecurityHandler</code></a><br/>
+            <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>RoleSecurityHandler</code></a><br/>
+            <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>SecurityMappingHandler</code></a></td>
+            <td>特定の実装を PALポータル のセキュリティエンジンに公開する細かい単位のセキュリティ SPI コンポーネント。この仕組みは高レベルのセキュリティサービスに影響することなく、複数のセキュリティ実装をサポートするために柔軟なフレームワークを提供します。</td>
+          </tr>
+		</table><br/>
+		
+		<table>
+          <tr>
+          	<th colspan="2">PALポータル 検索 - アーチファクト ID: jetspeed-search</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="../multiproject/jetspeed-search/index.html"><code>SearchEngine</code></a></td>
+            <td><code>SearchEngine</code> は <a href="http://lucene.apache.org/">Apache Lucene</a>  サーチエンジンとの統合を行います。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="../multiproject/jetspeed-search/index.html"><code>HandlerFactory</code></a></td>
+            <td><code>HandlerFactory</code> は <code>SearchEngine</code> に対してドキュメントハンドラを公開します。</td>
+          </tr>
+		</table><br/>
+		
+		<table>
+          <tr>
+          	<th colspan="2">PALポータル 統計 - アーチファクト ID: jetspeed-statistics</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="../multiproject/jetspeed-statistics/index.html"><code>PortalStatistics</code></a></td>
+            <td><code>PortalStatistics</code> はデータのコレクションとデータの検索のための PALポータル のデータコレクション API です。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="../multiproject/jetspeed-statistics/index.html"><code>BatchedStatistics</code></a></td>
+            <td><code>BatchedStatistics</code> は与えられた期間の統計データのバッチコレクションに対する処理を行います。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="../multiproject/jetspeed-statistics/aggregation.html"><code>AggregateStatistics</code></a><br/>
+            <a href="../multiproject/jetspeed-statistics/aggregation.html"><code>StatisticsQueryCriteria</code></a></td>
+            <td><code>AggregateStatistics</code> は、<code>StatisticsQueryCriteria</code> が提供する特定のイベントと検索基準に対する集約ポータルデータを提供するために、<code>PortalStatistics</code> コンポーネントとやりとりを行います。</td>
+          </tr>   
+		</table>
+		</subsection>
+		</section>
+	</body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-components.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-database.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-database.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-database.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,209 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title> PALポータル のデータベース設定</title>
+		<subtitle>PALポータル へようこそ</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****" />
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+			<person name="Ron Wheeler"
+				email="rwhee****@artif*****" />
+		</authors>
+		<translators>
+			<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+		</translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name=" デフォルトのデータベース">
+			
+			<p>
+				PALポータル と一緒に配布されるデフォルトのデータベースは Hypersonic SQL Java Database (HSQL) です。HSQL は PALポータル とは別の自身のプロセスとして実行されます。HSQL は本番環境に使うレベルのデータベースではありませんが、素早く起動し実行されます。もっと堅牢はデータベースに切替えるには、次のセクションの以降の手順を読んでください。
+			</p>
+		</section>
+		<section name=" MySQL">
+			
+			<p>
+				MySQL を使って実行するには、$HOME/build.properties に次のようなプロパティを追加してください。
+			</p>
+			
+			<source test="">
+				<![CDATA[
+
+# -------------------------------------------------------------------------
+# MySQL テストデータベースの設定 (ユニットテストを実行するときのみ必要)
+# -------------------------------------------------------------------------
+org.apache.jetspeed.test.database.default.name=mysql
+org.apache.jetspeed.test.database.url = jdbc:mysql://j2-server/j2test
+org.apache.jetspeed.test.database.driver = com.mysql.jdbc.Driver
+org.apache.jetspeed.test.database.user = jetspeed2
+org.apache.jetspeed.test.database.password = whatever
+# -------------------------------------------------------------------------
+# MySQL 本番環境データベースの設定
+# -------------------------------------------------------------------------
+org.apache.jetspeed.production.database.default.name=mysql
+org.apache.jetspeed.production.database.url = jdbc:mysql://j2-server/j2
+org.apache.jetspeed.production.database.driver = com.mysql.jdbc.Driver
+org.apache.jetspeed.production.database.user = jetspeed2
+org.apache.jetspeed.production.database.password = whatever
+# -------------------------------------------------------------------------
+
+]]>
+			</source>
+			
+			<p>
+				先の例では、「j2-server」という名前のサーバで MySQL サーバが実行されている必要があり、そのデータベースサーバに「j2」という本番環境用のデータベースがある必要があります。<br />
+				もしユニットテストを実行したいのであれば、加えて「j2test」というデータベースも必要です。<br />
+				以上の「j2」と「j2test」データベースに対して、「jetspeed2」というユーザが権限を持っている必要があります。
+			</p>
+			<subsection name=" MySQL の既知の問題">
+				
+				<p>なし</p>
+			</subsection>
+
+		</section>
+
+		<section name=" Oracle">
+			
+			<p>
+				PALポータル を Oracle で実行するには、以下のプロパティが $HOME/build.properties に必要です。
+			</p>
+
+			
+			<source test="">
+				<![CDATA[
+
+# -------------------------------------------------------------------------
+# Oracle テストデータベースの設定 (ユニットテストを実行するときのみ必要)
+# -------------------------------------------------------------------------
+# org.apache.jetspeed.test.database.default.name=oracle
+# org.apache.jetspeed.test.database.ojb.platform=oracle9i
+# org.apache.jetspeed.test.database.url = jdbc:oracle:thin:@j2-sever:1521:j2db
+# org.apache.jetspeed.test.database.driver = oracle.jdbc.driver.OracleDriver
+# org.apache.jetspeed.test.database.user = j2test
+# org.apache.jetspeed.test.database.password = whatever
+# -------------------------------------------------------------------------
+# Oracle 本番環境データベースの設定
+# -------------------------------------------------------------------------
+# org.apache.jetspeed.production.database.default.name=oracle
+# org.apache.jetspeed.production.database.ojb.platform=oracle9i
+# org.apache.jetspeed.production.database.url = jdbc:oracle:thin:@j2-server:1521:j2db
+# org.apache.jetspeed.production.database.driver = oracle.jdbc.driver.OracleDriver
+# org.apache.jetspeed.production.database.user = j2
+# org.apache.jetspeed.production.database.password = whatever
+# -------------------------------------------------------------------------
+
+]]>
+			</source>
+			
+			<p>
+				先の例では、「j2-server」という名前のサーバで Oracle サーバが実行されている必要があり、サーバに「j2db」というオラクルデータベース SID が登録されている必要があります。そして、本番環境用に「j2」というデータベースユーザ (スキーマ) が必要です。<br />
+				もしユニットテストを実行するのであれば、加えて「j2test」というユーザも必要です。
+			</p>
+
+			<subsection name=" Oracle の既知の問題">
+				
+				<p>
+					Oracle 用にデータベースを作成する際には最初に一回だけ drop ステートメントに関する注意が必要です。この問題を回避するには、$HOME/build.properties 内のプロパティを先に挙げたように設定し、それから
+					<a href="j2-maven-plugin.html">
+						PALポータル Maven plugin
+					</a>
+					を使った以下のようなコマンドを実行します。
+				</p>
+				
+				<source test="">
+					<![CDATA[
+
+maven j2:db.scripts.gen
+maven j2:dropdrops
+maven j2:db.create.test (ユニットテストを実行するときのみ)
+maven j2:db.create.production
+
+]]>
+				</source>
+			</subsection>
+
+		</section>
+
+		<section name=" ドライバ">
+			
+			<p>
+				JDBC ドライバは、指定する JDBC ドライバの jar ファイルを Maven クラスパスに追加することによって、Maven のビルドで実行するように設定されます。jar ファイルは $HOME/build.properties 内の
+				<b>org.apache.jetspeed.test.jdbc.drivers.path</b>
+				と
+				<b>org.apache.jetspeed.production.jdbc.drivers.path</b>
+				というプロパティに指定します。
+			</p>
+			
+			<p>
+				注意: Hypersonic JDBC ドライバは PALポータル と一緒に配布されるので、設定の必要はありません。
+			</p>
+			
+			<source test="">
+				<![CDATA[
+
+# テスト及び本番環境用の MySQL ドライバの例
+org.apache.jetspeed.test.jdbc.drivers.path=
+     /Portal/lib/MySQL/mysql-connector-java-3.0.8-stable-bin.jar
+org.apache.jetspeed.production.jdbc.drivers.path=
+     /Portal/lib/MySQL/mysql-connector-java-3.0.8-stable-bin.jar
+
+# テスト及び本番環境用の Oracle 9i ドライバの例
+org.apache.jetspeed.test.jdbc.drivers.path=
+     /Portal/lib/oracle/ojdbc14.jar;/Portal/lib/oracle/nls_charset12.jar
+org.apache.jetspeed.production.jdbc.drivers.path=
+     /Portal/lib/oracle/ojdbc14.jar;/Portal/lib/oracle/nls_charset12.jar
+
+# テスト及び本番環境用の Oracle 8i ドライバの例
+org.apache.jetspeed.test.jdbc.drivers.path=
+     /Portal/lib/oracle/classes12.jar;
+org.apache.jetspeed.production.jdbc.drivers.path=
+     /Portal/lib/oracle/classes12.jar;
+
+]]>
+			</source>
+			
+			<subsection name=" ドライバの配布">
+				
+				<p>
+					PALポータル を Maven の deploy ターゲットを使ったアプリケーションサーバへの配備の際は、Hypersonic JDBC ドライバだけがウェブアプリケーションにコピーされます。指定するドライバ (Oracle や MySQL など) を配布するには、ドライバをアプリケーションサーバの共用のクラスパスにコピーする必要があります。
+				</p>
+				
+				<table>
+					<tr>
+						<th>アプリケーションサーバ</th>
+						<th>手順</th>
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>Tomcat 5 および 5.5</td>
+						<td>
+							${TOMCAT_HOME}/endorsed/ へドライバをコピー
+						</td>
+					</tr>
+
+				</table>
+			</subsection>
+			<subsection name="PALポータル のデータソースの設定">
+			
+			<p>
+				PALポータル は、配備するアプリケーションサーバ内でデータソースを設定する必要があります。更なる情報は、<a href="http://portals.apache.org/jetspeed-2/multiproject/jetspeed-rdbms/index.html">RDBMS component documentation</a> を参照してください。
+			</p>
+			</subsection>
+
+		</section>
+	</body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-database.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-decorators.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-decorators.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-decorators.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,293 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title> PALポータルデコレーション ガイド</title>
+    <subtitle> PALポータルデコレーションでデザイン作業をする為の資料</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="Scott T Weaver" email="weave****@apach*****"/>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
+    </authors>
+    <translators>
+      <person name="中根政嗣"/>
+    </translators>
+  </properties>
+  <body>
+<section name=" PALポータルデコレーターへの導入">
+
+
+<p>
+デコレーターとは  動的に作成されるフラグメント(画面の一部分)の周りを囲むもので 静的もしくは、半静的な マークアップランゲージで記述できるものと 定義されます。デコレーターは、 通常 Velocityテンプレートもしくは、JSPテンプレートとして書かれます。このガイドでは、主に Velocity スクリプト言語で デコレーターを作成する方法について書きます。しかし、ここに書かれる 標準的な方法とアプローチ手段は、大体の所、
+他のスクリプト言語で、デコレーションを作成する際にも応用可能です。
+</p>
+
+
+<p>
+	ページを構築する際に使用するデコレーションの種類にはポートレットとレイアウト(ページ)の2つがあります。</p>
+    <p>
+	ポートレットのデコレーションとは PALポータル のウインドウの装飾にあたります。これは、個々のポートレットフラグメントの HTML (XHTML, VXML, etc) で表示されるコンテンツ部分を囲むもので、適切なタイトルの表示や、ウインドウの状態やポートレットのモードの変化と連携して変わるボタン群の表示を担当します。
+    </p>
+    <p>
+	レイアウトもしくはページのデコレーションとは、1つPSMLファイルを元に表される1つのポータルページの ヘッダー部分とフッター部分の装飾を提供するものです (参考: PSMLについての更なる情報については、<a href="guide-psml.html">PSMLを扱ってデザインをする人のための資料</a>) 。これらのデコレーションは、ページとポートレットの一般的なスタイル情報を持ちます。ポートレット内部のスタイル情報は、デコレーターのスタイル情報によって上書きされます。
+    </p>
+    
+</section>
+<section name=" デコレーションのファイル構成">
+
+
+<p>
+	全てのデコレーション用のファイルは、webアプリケーションのルートディレクトリの直下にある<code>decorations</code>というディレクトリに保存されます。このディレクトリの下の 重要な2つのディレクトリが、レイアウト装飾用の<code>layout</code>ディレクトリとポートレット装飾用の<code>portlet</code>ディレクトリです。個別のデコレーションは、これら2つのディレクトリの下に、それぞれ独自のディレクトリを持ちます。PALポータルは、<code>layout</code> か <code>portlet</code> の下に あなたが に作成するディレクトリの名称で、デコレーターファイルの場所を特定します。では、これが どういう仕組みで働くかについての 更なる詳細をこのガイドの続き で見ていきましょう。
+</p>        
+
+</section>
+
+<section name=" レイアウト(ページ) デコレーションの詳細">
+  <subsection name=' 一言でいうと 4つのファイル'>
+
+    <p>
+    	もっとも基本的な形で レイアウトのデコレーションをするのであれば、4つのファイルを定義するだけです。:
+	</p>
+        <ul>
+            <li>decorator.properties</li>
+            <li>styles.css</li>
+            <li>header.vm</li>
+            <li>footer.vm</li>
+        </ul>
+
+       	<p>
+		この中の3つのファイル;decorator.properties, header.vm, と footer.vm は、<code>/decorations/layout</code>の下に作成したディレクトリに直接置いてください。styles.css は、あなた作ったデコレーションのサブディレクトリ <code>css/</code> に入れます。[訳注:すなわち/YOUR_WEB_APP/decorations/layout/YOUR_DECORATION_NAME/cssディレクトリにスタイルシートを置く。]
+		</p>
+  </subsection>
+  
+   <subsection name=' レイアウト デコレーションの基本設定: decorator.properties'>
+	<div class="original" color="#FF8000">
+    	<p>
+        The decorator.properties file holds basic information about your layout
+        decoration.  In all actuallity, this file can be blank, but we still require
+        that it be present as it is used by other APIs to "discover" available decorations.  
+        With that being said, it is safe to assume that all the properties defined below 
+        are optional.
+		</p>
+	</div>
+    	<p>
+        decorator.properties ファイルは、あなたのレイアウト デコレーションの基本情報を保持します。実際のところ、このファイルは 空白でも構いませんが、他のAPIが使用可能なデコレーションを探すのに使用されるためファイル自体は存在する必要があります。ということで、下の定義にあるプロパティは 全てオプションであると仮定しても問題ありません。
+		</p>
+	
+        
+        <table>
+            <tr>
+                <th>Property Name</th>
+                <th>Description</th>
+                <th>Default</th>
+            </tr>
+            <tr>
+                <td>base.css.class</td>
+                <td>
+                   	この値は、一般的に ヘッダーのテンプレートファイルの一番上の要素タグの中に
+                   	配置されます。ヘッダーテンプレート作成の説明のところで、この使用方法を
+                   	見ることになります。
+                </td>
+                <td>
+                	あなたのデコレーション名がデフォルト値となります。
+                </td>
+            </tr>
+            <tr>
+                <td>stylesheet</td>
+                <td>
+                	デコレーションのスタイルシートへの相対パス
+                </td>
+                <td>css/styles.css</td>
+            </tr>
+            <tr>
+                <td>header</td>
+                <td>
+                	デコレーションのヘッダーテンプレートへの相対パス
+                </td>
+                <td>header.vm</td>
+            </tr>
+            <tr>
+                <td>footer</td>
+                <td>
+                	デコレーションのフッターテンプレートへの相対パス
+                </td>
+                <td>footer.vm</td>
+            </tr>            
+        </table>
+
+   </subsection>
+   <subsection name=' 自分専用のページトップ: header.vm'>
+
+    <p>
+        ファイル<strong>header.vm</strong>は、あなたのポータルページのトップ部分を表します。機能的なヘッダーテンプレートを記述すのに必要になる基本事項について 以下に 各セクションごとに 書いてあります。
+        <br/><br/>
+        <strong>注意:</strong>前提事項として、読者は、HTMLとCSSについての十分な知識があると仮定してあります。デコレーションを開発するに当たって、基本的なVelocityの知識は、あれば良いくらいで、必須の知識ではありません。
+    </p>
+
+<source>
+<![CDATA[        
+<html>
+   <head>
+     #defineLayoutObjects()
+]]></source>   
+		
+    <p>
+		上の最初の2行の意味は明らかでしょう、もし そうでない場合は、これ以降の内容は あまり あなたの助けにならないでしょう。^^)
+    </p>
+
+  		<h4>最初のマクロ: #defineLayoutObjects()</h4>
+
+        <p>
+			さて、<code>#defineLayoutObjects()</code>を含む行ですが、これは、前の2行ほどは その目的について意味が あまり明らかではありません。<code>#defineLayoutObjects()</code>は、いわゆる Velocityの世界で マクロと 言われるものです。マクロは、事前に定義された Velocityの小さなコードで、Velocityテンプレートの中で再利用されます。これから使用する全てのグローバル マクロ(このマクロも含む)は、<code>WEB-INF/jetspeed_macros.vm</code>で定義されています。後ほど、 このガイドの中で、もし あなたが そうしたいのであれば、自分のデコレーションを作成するにあたって便利であるカスタムマクロの作成方法について議論します。では、<code>#defineLayoutObjects()</code>にもどりましょう。<code>#defineLayoutObjects()</code>は、様々な値をVelocityに対して追加し、それらは、header.vm, footer.vm,他のマクロと そして全てのポートレット デコレーション テンプレートの内部でアクセス可能になります。ここで、<code>#defineLayoutObjects()</code>に関する話を 簡単にやめることはできますが、Velocityをまだはじめたことがない人のために Velocityの内部の動きを見ていく方が 助けになる気がします。では 余計な事をいうのはこれくらいにして、コードは、こうなっています。
+    	</p>
+<source>
+<![CDATA[        
+  #macro (defineLayoutObjects)
+    #set($preferedLocale = $JS2RequestContext.locale)
+    #set($rootFragment = $jetspeed.currentFragment)
+    #set($site = $request.getAttribute("org.apache.jetspeed.portalsite.PortalSiteRequestContext"))
+    #set($theme = $request.getAttribute("org.apache.jetspeed.theme"))
+    #set($layoutDecoration = $theme.getDecoration($rootFragment))
+  #end        
+]]></source>        
+			
+
+        <p>
+			むむ、この中ではいったい何がおきているのでしょうか?さて、1行目には、<code>#set()</code>があります。これは Velocityで指示子と呼ばれるものです。指示子は オリジナルの関数であり マクロではありません。<code>#set()</code>は、非常にわかりやすいですね。イコール記号の 右辺にある値を 受け取り 左辺へ 割り当てるものです。素晴らしい、これは、かなりわかりやすいですね。しかし、どうやってこの値を取り扱えばいいのでしょうか?いったい<code>$JS2RequestContext.locale</code>は、どこから現れたのでしょう?では、すこしだけ戻って、Velocityのオブジェクトをどうやって使うか書きたいと思います。全てのVelocityテンプレートで利用可能なオブジェクトは、<code>$someObject</code>という書き方で参照することができます。メソッドの実行は、<code>$someObject.getFoo()</code> の様に書くことで 実行できます。getFoo()を実行してみましょう。実にすばらしいことに、引数を取らないgetterメソッドは、<code>$someObject.foo</code>という風に書けます。この<code>$JS2RequestContext</code>に関していうと、これは、<code>org.apache.jetspeed.RequestContext</code>	のインスタンスでVelocityで使用できるように、、PALポータルによってインスタンス化されます。そして、<code>org.apache.jetspeed.RequestContext</code>の Javadoc を見るとわかりますが、<code>$JS2RequestContext.locale</code>は、現在のポートレットのユーザのロケールとなる、<code>java.util.Locale</code>のインスタンスを渡してくれます。これ以上は シンプルにはできないでしょう?
+               <br/><br/>
+			次に 出てくるのは、<code>#set($rootFragment = $jetspeed.currentFragment)</code> という別の set の行ですね。今回は、<code>$rootFragment</code> と呼ばれるものを作成していすね。これは、<a href="http://portals.apache.org/jetspeed-2/multiproject/jetspeed-api/apidocs/org/apache/jetspeed/om/page/ContentFragment.html">org.apache.jetspeed.om.page.ContentFragment</a>	のインスタンスです。<code>$jetspeed.currentFragment</code>が何をするのかは、このガイドでは、重要ではないので、飛ばして 先に進みます。
+        </p>
+
+            <br/><br/>
+            <code>
+              #set($site = $request.getAttribute("org.apache.jetspeed.portalsite.PortalSiteRequestContext"))
+             <br/>
+             #set($theme = $request.getAttribute("org.apache.jetspeed.theme"))
+            </code>
+            <br/>
+
+        <p>
+			おお、<code>$request</code>です。やっと親しみのあるものが出てきました。これは、実際に<code>javax.servlet.http.HttpServletRequest</code>のインスタンスで、我々はここから PALポータルから Velocityに 渡された オブジェクトを取り出します。本当のオブジェクトは、それぞれ
+			<a href="http://portals.apache.org/jetspeed-2/multiproject/jetspeed-api/apidocs/org/apache/jetspeed/portalsite/PortalSiteRequestContext.html">org.apache.jetspeed.portalsite.PortalSiteRequestContext</a>
+			と
+            <a href="http://portals.apache.org/jetspeed-2/multiproject/jetspeed-api/apidocs/org/apache/jetspeed/decroation/Theme.html">org.apache.jetspeed.decoration.Theme</a>
+           	です。もうちょっと後で  これら全てのオブジェクトのよい利用方法を見ていきます。
+        </p>
+	  <h4>ヘッダーを作る:ヘッダータグの適切なコーディング方法</h4>
+
+	   <p>
+		このセクションでは、レイアウトデコレーションの&lt;HEAD&gt;タグを適切にコーディングするための情報を書きます。では、さっそく コードを見てみましょう。
+	   </p>
+		<source>
+<![CDATA[  
+<html>
+    <head>
+     #defineLayoutObjects()
+     
+     <base href="#BaseHref()">
+     <meta http-equiv="Content-type" content="#ContentType()" />
+     <meta http-equiv="Content-style-type" content="text/css" />   
+     #includeJavaScriptForHead()
+     #IncludeStylesheets()    
+     <title>#PageTitle()</title>
+     <meta name="description" content="#PageDescription()" />
+]]></source>
+	<h5>&lt;base&gt;タグ</h5>
+		
+	  <p>	
+		最初に、<code><![CDATA[ <base href="#BaseHref()">]]></code>から始めましょう。これは、WEBのリソースの場所の解決をするためのベースを定義する際に使用します。<code><![CDATA[ <base>]]></code>についての深い議論については、<a href="http://www.w3schools.com/tags/tag_base.asp">W3C Schools Reference</a>を見てください。もしすでにあなたが PALポータル で遊んだ経験があるのであれば、一貫した html やスタイルシートへのパスを取得するのを妨げる、幾通りもの非常にややこしい URL リライトの問題に気づくでしょう。BASEタグを定義することにより、この問題は全て解決されます。<code>#BaseHref()</code>マクロに関していうと、これは、単に あなたのWEBアプリケーションのルートディレクトリへの絶対パスを作成します。実際のコードは、サーブレットAPIを使って記述するとこうなります。:
+	  </p>	
+<source>
+HttpServletRequest request;
+StingBuffer baseHref = new StringBuffer(request.getScheme())
+     .append("://").append(request.getServerName())
+	 .append(":").append(request.getServerPort())
+	 .append(request.getContextPath()).append("/");
+return baseHref.toString();		 
+</source>
+	
+	  <p>
+		Velocityマクロのコードは もう少し簡潔になります。^^)
+	  </p>
+<source>
+${request.scheme}://${request.serverName}:${request.serverPort}${request.contextPath}/
+</source>
+	 <h5>メタタグ: <![CDATA[<meta http-equiv="Content-type" content="#ContentType()" />]]></h5>
+		
+	 <p>
+		は  text/htmlと、UTFの様な適切なエンコードの種類を返します。
+	 </p>
+		
+	 <h5>#includeJavaScriptForHead()</h5>
+	
+	 <p>
+	  このガイドを書いている今の時点では、オリジナルのPALポータルサーバを実行させるためには、ほとんど Java Scriptを書く必要はありません。しかし、今後、設定機能や管理機能でAJAXを利用しようと考えているので近い将来変わるかもしれません。
+	 </p>
+		
+   </subsection>
+</section>
+<!--
+<section name='Packaging'>
+<p>
+Layouts are packaged in a JAR file. Supported decorators: 
+<ul>
+    <li>Page Decorators</li>
+    <li>Portlet Decorators</li>
+    <li>Generic Decorators</li>    
+    <li>Localized Decorators</li>
+</ul>
+Operations Supported:
+<ul>
+    <li>Deploy</li>
+    <li>Un-deploy</li>
+    <li>Re-deploy</li>
+</ul>
+The decorator.properties file must be located in the root directory of the jar archive and 
+contain the properties outlined in the next slide to be identified as a decorator by the auto 
+deployment system. The deployer will relocate the locale specific content to satisfy J2 
+content locators as necessary on deploy and undeploy. The current implementation supports 
+only 2 character language and country codes.    
+</p>    
+</section>
+<section name='Decorator Properties'>
+<p>
+The decorator.properties file must be located in the root directory of the jar archive and 
+contain the properties outlined above to be identified as a decorator by the auto-deployment system. 
+</p>
+<p>
+A deployable decorator must have the following properties set or defaulted in the decorator.properties 
+configuration:
+
+<source test=""><![CDATA[
+
+id = IDENTIFIER
+media.type=  HTML | WML
+decorates =  layout | portlet | any
+
+]]></source>
+
+To avoid conflicts with the locale logic and runtime locators, decorators should be 
+named with ids longer than 2 characters in length. The media.type property defaults to 'html'. 
+The 'any' value for the decorates property is mapped to the generic deployment directory.
+The deployer will relocate the locale specific content to satisfy J2 content locators as 
+necessary on deploy and undeploy. The current implementation supports only 2 
+character language and country codes.
+</p>    
+</section>
+-->
+</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-decorators.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-dir-structure.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-dir-structure.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-dir-structure.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,33 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title>PALポータル コンポーネントアーキテクチャのガイド</title>
+		<subtitle>PALポータル コンポーネントアーキテクチャのガイド</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+    <translators>
+      <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****" />
+    </translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name="PALポータル コンポーネントアーキテクチャのガイド">
+			
+		</section>
+	</body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-dir-structure.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-j2-development.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-j2-development.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-j2-development.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,46 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title> PALポータル 開発のガイド</title>
+		<subtitle> PALポータル 開発のガイド</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+		<translators>
+			<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+		</translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name=" PALポータル 開発のガイド">
+		    <subsection name=" PALポータル ソースコードの操作">
+			
+			<p>
+			PALポータル のソースコードを使っての導入についての情報は <a href="../getting-started-source.html">PALポータルソースからの導入ガイド</a> をご覧ください。
+			</p>
+		    </subsection>
+			<subsection name=" パッチのサブミット方法">
+			
+			<p>
+			<a href="http://subclipse.tigris.org/">Subclipse プラグイン</a> を使って Eclipse 上で作業をしている場合は、以下の図のように、ソースコードの変更に対するパッチを生成することが可能です。
+			<br/><br/>
+			<img src="images/create-patch.gif" border="0" />
+			</p>
+			</subsection>
+		</section>
+	</body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-j2-development.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-jpt.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-jpt.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-jpt.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,177 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title> PALポータル Power Tool のガイド</title>
+    <subtitle> PALポータル Power Tools を使うデザイナのための文書</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
+    </authors>
+	<translators>
+		<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+	</translators>
+  </properties>
+  <body>
+<section name=" PALポータル Power Tool">
+
+<p>
+PALポータル Power Tool (JPT) は、動的なコンテンツを生成するためのレイアウトやデコレータで使われる Velocity のツールです。
+JPT は、リクエストレベルの Velocity のツールです。そして、全てのレイアウトとデコレータで利用可能です。
+JPT は、デコレータもしくはレイアウトで
+<source test=""><![CDATA[
+$jetspeed
+]]></source>
+として参照されます。
+全ての公開の JPT API は、
+<ul>
+	<li>Java のメソッドのドット記法</li>
+	<li>プロパティへの JavaBean ショートカット (getter/setter)</li>
+</ul>
+でアクセス可能です。
+例えば、メソッドの呼び出しは、
+<source test=""><![CDATA[
+# 2 つのパラメータをもつメソッド 'getTitle' の呼び出し
+$jetspeed.getTitle($myPE, $myF)
+]]></source>
+のようになります。
+プロパティの取得は、
+<source test=""><![CDATA[
+# page ビーンの呼び出し ($jetspeed.getPage に等しい)
+$jetspeed.page
+]]></source>
+のようになります。
+</p>
+</section>
+<section name=" JPT Velocity API">
+
+<p>以下の表は Velocity 用の PALポータル Power Tool の定義です。</p>
+<hr/>
+
+<table>
+  <tr> 
+    <th>API</th>
+    <th><b>decorateAndInclude($fragment)</b></th>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>説明</td>
+    <td>
+		Velocity にインクルードするための、与えられたフラグメントパラメータ <b>($fragment)</b> に対する、デコレータテンプレートへの相対パスを取得します。フラグメントは Velocity の #parse 関数にパラメータとして渡されます (#parse は他の Velocity テンプレートをインクルードします)。
+     </td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>パラメータ</td>
+    <td><b>$fragment</b> - インクルードとデコレートを行うフラグメント。</td>         
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>返り値</td>
+    <td><b>String</b> - デコレータテンプレートのアプリケーションでの相対パス。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>例</td>
+    <td>#parse($jetspeed.decorateAndInclude($fragment))<br/>戻り値<br/>/WEB-INF/decorations/layout/html/tigris/decorator-top.vm</td>
+  </tr>  
+</table>
+<hr/>
+
+<table>
+  <tr> 
+    <th>API</th>
+    <th><b>getAbsoluteUrl(appRelativePath)</b></th>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>説明</td>
+    <td>
+		ポートレットアプリケーションリソースへの相対パスを与えると、絶対 URL を返します。
+		この API はテンプレートの URL を参照するのに使うべきではありません。なぜなら、テンプレートの URL は、しばしば CMS 内に位置したり、保護された WEB-INF ディレクトリに位置したりするために、通常は絶対 URL としてはアクセスできないからです。
+     </td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>パラメータ</td>
+    <td><b>relativePath</b> - デコレータパッケージ内のリソースへの相対パス。</td>         
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>返り値</td>
+    <td><b>String</b> - ウェブリソースへの絶対パス</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>例</td>
+    <td>$jetspeed.getAbsoluteUrl("/images/test.gif")<br/>戻り値<br/>http://localhost:8080/jetspeed/portal/images/test.gif</td>
+  </tr>  
+</table>
+<hr/>
+
+<table>
+  <tr> 
+    <th>API</th>
+    <th><b>columns</b></th>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>説明</td>
+    <td>
+		レイアウトの集約の間に現在のフラグメントのための列のリストを返す。
+     </td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>パラメータ</td>
+    <td><b>-</b></td>         
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>返り値</td>
+    <td><b>List</b> - サブフラグメントもしくは Java の標準の List</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>例</td>
+    <td>#set ($table = $jetspeed.columns)<br/>#foreach($entry in $table)
+    </td>
+  </tr>  
+</table>
+<hr/>
+
+<table>
+  <tr> 
+    <th>API</th>
+    <th><b></b></th>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>説明</td>
+    <td>
+     </td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>パラメータ</td>
+    <td><b></b></td>         
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>返り値</td>
+    <td><b></b></td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>例</td>
+    <td></td>
+  </tr>  
+</table>
+<hr/>
+
+
+<p>
+<i>PALポータル リリース用の文書。</i>
+</p>
+</section>
+
+</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-jpt.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-l10n.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-l10n.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-l10n.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,106 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>PALポータル 用の地域化ガイド</title>
+    <subtitle>利用言語用のPALポータル の地域化</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="Shinsuke Sugaya" email="shins****@yahoo*****"/>
+    </authors>
+    <translators>
+      <person name="菅谷 信介" email="shins****@yahoo*****"/>
+    </translators>
+  </properties>
+  <body>
+<section name="メッセージを翻訳する">
+
+<p>
+PALポータル は、JavaプロパティファイルおよびXMLファイルに翻訳可能なメッセージを保存しています。
+</p>
+<subsection name="プロパティファイル">
+
+<p>
+このドキュメントでは、利用言語用のメッセージプロパティファイルの作成方法を示しています。
+</p>
+
+<h5>1. <code>*_en.properties</code>を見つける</h5>
+
+<p>
+<code>*_en.properties</code> は、英語用のメッセージプロパティファイルです。利用言語用にこのプロパティファイルをベースとして、使用できます。
+</p>
+
+<p>
+UNIX システムを利用している場合、そのプロパティファイルを検索するのに<code>find</code>コマンドを利用できます。
+</p>
+<source test=""><![CDATA[
+$ cd ${jetspeed-2-home}
+$ find . -type f | grep -v CVS | grep _en.properties
+]]></source>
+
+<h5>2. <code>*_en.properties</code>を<code>*_&lt;ご利用の言語、[国およびバリアント]&gt;.properties.orig</code>にコピーする</h5>
+
+<p>
+メッセージを翻訳するために、ご利用の言語用にプロパティファイルをコピーします。言語、国およびバリアントのコードに関する詳細な情報については、「<a href="http://java.sun.com/j2se/1.4.2/docs/api/java/util/Locale.html">JavaDoc: Locale Class</a>」、「<a href="http://www.ics.uci.edu/pub/ietf/http/related/iso639.txt">ISO Language Code</a>」および「<a href="http://www.chemie.fu-berlin.de/diverse/doc/ISO_3166.html">ISO Country Code</a>」を参照してください。
+</p>
+<p>
+例:
+</p>
+<source test=""><![CDATA[
+$ cd applications/localeselector/src/java/org/apache/jetspeed/portlets/localeselector/resources/
+$ cp LocaleSelectorResources_en.properties LocaleSelectorResources_ja.properties.orig
+]]></source>
+
+<p>
+ここで、<code>*_ja.properties</code>は日本語メッセージファイルです。
+</p>
+
+<h5>3. *_&lt;ご利用の言語、[国およびバリアント]&gt;.properties.orig をご利用の言語で翻訳する</h5>
+
+<p>
+プロパティファイルに関する詳細な情報については、「<a href="http://java.sun.com/j2se/1.4.2/docs/api/java/util/Properties.html#load(java.io.InputStream)">JavaDoc: Properties Class</a>」を参照してください。
+</p>
+
+<h5>4. <code>native2ascii</code>コマンドを実行する</h5>
+
+<p>
+プロパティファイルは ISO 8859-1 文字エンコーディングが使用されていることが想定されているので、<code>native2ascii</code>コマンドを使用して、ISO 8859-1 に変換します。詳細については、「<a href="http://java.sun.com/j2se/1.4.2/docs/tooldocs/solaris/native2ascii.html">native2ascii(Solaris)</a>」または「<a href="http://java.sun.com/j2se/1.4.2/docs/tooldocs/windows/native2ascii.html">native2ascii(Windows)</a>」を参照してください。
+</p>
+<p>
+例:
+</p>
+<source test=""><![CDATA[
+$ native2ascii LocaleSelectorResources_ja.properties.orig LocaleSelectorResources_ja.properties
+]]></source>
+
+<h5>5. PALポータルをビルド・配備して、その翻訳が表示されることを確認する</h5>
+
+<p>
+PALポータル のビルドおよび配備手順については、「<a href="getting-started.html">導入</a>」を参照してください </p>
+
+
+<h5>6. JIRA でバグを作成し、<code>*_&lt;ご利用の言語、[国およびバリアント]&gt;.properties</code>を添付する</h5>
+
+<p>
+PALポータル の JIRA サイトは <a href="http://issues.apache.org/jira/secure/BrowseProject.jspa?id=10492">http://issues.apache.org/jira/secure/BrowseProject.jspa?id=10492</a> です。新規のJIRAのバグを作成するには、「CREATE NEW ISSUE」にいき、コンポーネント名として「l10n」を選択します。
+</p>
+
+</subsection>
+</section>
+
+</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-l10n.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-layouts.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-layouts.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-layouts.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,147 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>レイアウトとデコレーション</title>
+    <subtitle> のレイアウトと装飾を行うデザイナのための文書</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
+    </authors>
+	<translators>
+		<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+	</translators>
+  </properties>
+  <body>
+<section name="レイアウト">
+
+<p>
+レイアウトのテンプレートは PALポータル 特有で配備可能なポートレットアプリケーション内にパッケージされています。レイアウトテンプレートはポータルページの全体的な集約をコントロールします。レイアウトテンプレートは集約のためのコンポーネントモデルとして規定されているポートレットを組み合わせます。PALポータル は、標準で 1 列、2 列、3 列のレイアウトを含むいくつかのレイアウトコンポーネントを持っています。デフォルトの PALポータル システムで指定可能なレイアウトは後の <a href='#PALポータル のレイアウト'>PALポータル のレイアウト</a> を参照してください。もちろん、自身のレイアウトを定義したり、派生させたりすることも可能です。
+</p>
+
+<p>
+集約に関して言うと、レイアウトはどのように一枚のポータルページが集約されるのかを定義します。レイアウトはフラグメントの配置が最終的にまとめられ、ポータルへのリクエストのコンテンツが集約される方法を定義します。レイアウトは、集約されたページのコンテンツを生成するためのテンプレートに関するアルゴリズムを適用したポートレットにより定義されます。典型的なアルゴリズムには 2 列のもの、3 列のもの、階層化されたものがあります。
+</p>
+
+<p>
+レイアウトは以下により構成されます。
+<ul>
+	<li> 1 つ以上のテンプレート</li>
+	<li>テンプレート記述子</li>
+	<li>画像</li>
+	<li>スタイルシート</li>
+	<li>マクロ</li>
+</ul>
+</p>
+
+<p>
+    <img src='images/layouts/layouts-overview.png'/>
+</p>
+
+</section>
+<section name="レイアウトのパッケージング">
+
+<p>
+レイアウトは標準的なポートレットアプリケーションとしてパッケージされます。レイアウトは通常
+</p>
+
+<p>
+以下のようなオペレーションをサポートします。
+<ul>
+	<li>配備(Deploy)</li>
+	<li>除去(Un-deploy)</li>
+	<li>再配備(Re-deploy)</li>
+</ul>
+</p>
+</section>
+<section name='PALポータル のレイアウト'>
+
+<p>
+PALポータル は 1 列、2 列、3 列のレイアウトを含むいくつかのレイアウトコンポーネントを標準で含んでいます。もちろん、自身のレイアウトを定義したり、派生させたりすることも可能です。以下の表は PALポータル で利用可能なレイアウトコンポーネントのリストです。ページを編集したりカスタマイズする際には、レイアウトコンポーネントを選択します。PSML ページごとに 1 つのレイアウトを指定することが可能です。
+</p>
+
+<table>
+  <tr> 
+    <th>レイアウト</th>
+    <th>種類</th>
+    <th>カラム数</th>
+    <th>サイズ</th>
+    <th>モード</th>
+    <th>説明</th>
+  </tr>    
+  <tr>
+    <td><b>VelocityOneColumn</b></td>
+    <td>1 列</td>
+    <td>1</td>
+    <td>100%</td>
+    <td>view,edit,help</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアの 100% を占める 1 つ以上のフラグメントの 1 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td><b>VelocityTwoColumns</b></td>
+    <td>2 列</td>
+    <td>2</td>
+    <td>50%,50%</td>
+    <td>view,edit,help</td>
+    <td>各列にポートレット表示エリアのそれぞれ 50% ずつを割り当てる 1 つ以上のフラグメントの 2 列表示。
+	フラグメントはどちらの列も <a href='psml.html'>PSML</a> のフラグメントの定義を使って配置されます。
+     </td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td><b>VelocityTwoColumns</b></td>
+    <td>2 列</td>
+    <td>2</td>
+    <td>50%,50%</td>
+    <td>view,edit,help</td>
+    <td>各列にポートレット表示エリアのそれぞれ 50% ずつを割り当てる 1 つ以上のフラグメントの 2 列表示。
+	フラグメントはどちらの列も <a href='psml.html'>PSML</a> のフラグメントの定義を使って配置されます。
+     </td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td><b>VelocityTwoColumnsSmallLeft</b></td>
+    <td>2 列</td>
+    <td>2</td>
+    <td>15%,85%</td>
+    <td>view,edit,help</td>
+    <td>左側の列にポートレット表示エリアの 15% を割り当て、右側の列にポートレット表示エリアの 85% を割り当てる 1 つ以上のフラグメントの 2 列表示。
+	フラグメントはどちらの列も <a href='psml.html'>PSML</a> のフラグメントの定義を使って配置されます。
+     </td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td><b>VelocityThreeColumns</b></td>
+    <td>3 列</td>
+    <td>3</td>
+    <td>33%,33%,33%</td>
+    <td>view,edit,help</td>
+    <td>各列にポートレット表示エリアのそれぞれ 33% を割り当てる 1 つ以上のフラグメントの 3 列表示。
+	フラグメントはどちらの列も <a href='psml.html'>PSML</a> のフラグメントの定義を使って配置されます。
+     </td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td><b>VelocityOneColumnNoActions,<br/>VelocityTwoColumnsNoActions,<br/>VelocityThreeColumnsNoActions</b></td>
+    <td></td>
+    <td></td>
+    <td></td>
+    <td>view</td>
+    <td>デコレータアクションを伴うそれぞれ対応するレイアウトと同じパラメータを持つ。しかし、デコレータアクションは表示されない。
+     </td>
+  </tr>  
+</table>
+</section>
+
+</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-layouts.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-menus-declarative-psml.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-menus-declarative-psml.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-menus-declarative-psml.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,414 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2005 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>PSML でのメニューの宣言ガイド</title>
+    <subtitle>PSML でのメニューの宣言ガイド</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="Randy Watler" email="rwatl****@apach*****"/>
+    </authors>
+	<translators>
+		<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+	</translators>
+  </properties>
+  <body>
+<section name=" メニューの宣言">
+<p>
+メニューの宣言は、表示されているポータルページに新しいナビゲーション要素を追加したり、デフォルトのものをカスタマイズしたりするために使われます。これらの PSML 宣言は、<a href="guide-psml.html#Page">ページ</a> 要素と <a href="guide-psml.html#Folder">フォルダ</a> 要素の一部分です。他の PSML 要素と同様に、メニュー宣言は、親フォルダで定義された全てに加えて、ページ内で明示的に定義されるものが有効となります。このため、グローバルなサイトのメニューは、サイトのルートフォルダに関連づけられている PSML ファイル内で定義されます。特定のページやフォルダのメニューの定義は、親フォルダで定義されている同じ名前のメニューを上書きします。
+</p>
+<p>
+ポータルのレイアウトデコレータは、ポータルのコンテンツを描画しているときに、名前でページメニューの宣言にアクセスします。メニューは、動的なナビゲーションペインや、ポータルページのタブや、パンくずリスト (訳注:よくページ上部に表示されるような、現在のページのウェブサイト内での階層構造をリストアップしたもの。例えば「ホーム > 商品 > デジタルカメラ」のように、どういうルートをたどって今のページに至ったかを示す。) や、プルダウンメニューを作成するのに使われます。ポータルサイトコンポーネントは、サイトのページ固有の PSML エレメントを持つ動的なメニュー定義の選択肢を実際に形成することを担当しています。例えば、グローバルなメニュー定義は、一般的に、ポータルページが構成されている間、次のような順序でイベントに関係します。
+<ol>
+	<li>ポータルレイアウトデコレータは、名前でメニュー定義の要求を行います。</li>
+	<li>定義は、現在のページに継承され、ルートフォルダの PSML に設定されます。</li>
+	<li>ポータルサイトコンポーネントは、現在のページのコンテキスト内のメニュー定義を解釈し、<a href="guide-psml.html#Page">ページ</a>や<a href="guide-psml.html#Folder">フォルダ</a>やメニューの選択肢の<a href="guide-psml.html#Link">リンク</a>を設置します。</li>
+	<li>デコレータは、メニュー定義自身と算出されたメニューの選択肢を元に、ポータルのナビゲーションコンテンツにタイトルとテキストを描画し、メニューを表示します。</li>
+</ol>
+</p>
+<p>
+ポータルサイトコンポーネントによって、内部的にサポートされた共通のメニュー定義が存在し、サイトのページやフォルダの PSML 要素に明示的には定義の必要がありません。
+<ul>
+	<li><b>pages</b>: ポータル上のページタブを定義するのに使われる、相対的なページメニュー。</li>
+	<li><b>bredcrumbs</b>: ページタブ以下にリンクの履歴を提供するのに使われる、ページへのパス。</li>
+	<li><b>navigations</b>: ポータルの横のナビゲーションパネルを定義するのに使われる、相対サブフォルダとルートレベルのリンクメニュー</li>
+	<li><b>back</b>: ポータルページタブ上の、以前のページへ 1 つ戻るためのリンクを定義するのに使われる、親フォルダのメニュー。</li>
+</ul>
+メニュー定義内で構築されるこれらは、期待どおり、サイトの PSML 内で同じ名前で宣言されるメニューに上書きされます。
+</p>
+<p>
+<ul>
+	<li><a href="#Menu_Definition">メニューの定義</a></li>
+    <ul>
+	    <li><a href="#Menu_Options_Definition">メニューの選択肢の定義</a></li>
+	    <li><a href="#Menu_Separator_Definition">メニューのセパレータの定義</a></li>
+	    <li><a href="#Menu_Include_Definition">メニューのインクルードの定義</a></li>
+	    <li><a href="#Menu_Exclude_Definition">メニューの除外の定義</a></li>
+    </ul>
+	<li><a href="#Page_Layout_Decorators">ページレイアウトデコレータ</a></li>
+	<li><a href="#Portal_Site_Component">ポータルサイトコンポーネント</a></li>
+</ul>
+</p>
+</section>
+
+<section name=' メニューの定義'>
+<p>
+&lt;menu&gt; 要素は、レイアウトデコレータもしくは他のメニュー内の階層化されたメニューによって使われるメニューを定義します。menu 要素には、たくさんの有効な属性が存在します。
+</p>
+<table>
+    <tr>
+    <th>属性</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>name</td>
+    <td>テンプレートコードおよび(または)メニュー参照からの検索のためのメニュー名を指定します。この属性は、トップレベルのノードで必須で、階層化されたメニューでは無視されます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>options</td>
+    <td>メニューの指定に、ドキュメントとフォルダの深い階層が存在する場合、メニューのためのルートドキュメントのパスを指定します。この属性は、ページ、フォルダ、メニューの選択肢のリンクの指定を行うドキュメントパスも定義します。カンマで区切ったパスおよび (または) 正規表現のパターンを、複数のオプションパスとして指定可能です。相対パスは、現在のページからの相対パスとして解釈されます。「~」や「@」といった特別なパターンを、現在のページを参照するために使うことができます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>depth</td>
+    <td>オプションフォルダからのドキュメントの深さを指定します (0 以下の深さの指定は無限大を表す)。メニューの選択肢は、それぞれの可視ページを表示するか、サイトへのリンクを行うために作成されます。フォルダはこの設定によって階層化したメニューに変換されます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>paths</td>
+    <td>ルートフォルダから指定された選択肢への順序付きのパスオプションを含むかどうかを指定する真偽値。この設定は「履歴」もしくは「パンくずリスト」メニューを生成するのに使います。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>regexp</td>
+    <td>選択肢の値としてワイルドカードや正規表現が使われるかどうかを指定する真偽属性。ファイルシステムのコマンドラインの正規表現をサポートします。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>profile</td>
+    <td>オプションの値を評価する際に使われるプロファイルロケータの名前を指定します。この属性は、オプションと階層化したメニューのためのデフォルトのプロファイルの値も設定します。「*」の指定は、全てのプロファイルロケータの名前を受け入れます。これは、親メニューが選択したプロファイル名を上書きするのに使うことができます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>order</td>
+    <td>マッチする選択肢の順序を判断するための、カンマで区切られたマッチするパターンの正規表現のリスト、もしくは正規表現のドキュメントパスの値。この属性は、どの選択肢の要素に対してもデフォルトの選択肢の値として適用されます。しかし、複数の選択肢の子供へのマッチを再度順序づけることはありません。もし指定されない場合、複数の選択肢は、含まれるフォルダドキュメントのものとして返される順序に含まれます。この属性にマッチしない選択肢のパスは、順序づけられたものの後に追加されます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>skin</td>
+    <td>メニューのためのレイアウトのヒントを定義する省略可能なデコレータ。この属性は、選択肢や階層化したメニューのデフォルトスキンの値としても使われます。このヒントは、現時点では PALポータル のデコレータでは使われていません。</td>
+    </tr>
+</table>
+<p>
+&lt;menu&gt; 要素は、多数の他のメニュー定義の PSML 要素を含みます。タイトルとメタデータ要素を除いて、これらの要素の相対的な順序は、レイアウトデコレータがそれらを提示する順序を決定します。
+</p>
+<table>
+    <tr>
+    <th>要素</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>title?</td>
+    <td>メニュー用のデフォルトのロケール非依存なタイトルを指定する単純な要素。メニューのタイトルは、その長い記述とみなされます。そして、もしメニュー用の短いタイトルが利用可能である場合、デコレータによってはロールオーバー用のテキストとして使う場合があります。もし指定されない場合、メニューの名前が使われます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>short-title?</td>
+    <td>メニュー用のデフォルトのロケール非依存な短いタイトル。短いタイトルは、もし利用可能である場合、デコレータによってはメニューのテキストとして使う場合があります。もし指定されない場合、タイトルのテキストが使われます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="guide-psml.html#PSML_Titles_and_Metadata">metadata</a>*</td>
+    <td>追加のロケール特有のタイトルと短いタイトルを指定します(省略可)。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#Menu_Options_Definition">options</a>*</td>
+    <td>この順序付きのメニュー要素は、このメニュー定義のためのコンテンツ要素を指定します。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#Menu_Separator_Definition">separator</a>*</td>
+    <td>このメニュー定義内で、インラインで含まれるテキスト行を指定するために使われる、順序付きのメニュー要素。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>menu*</td>
+    <td>このメニュー定義に含まれる、階層化されたメニューを定義するのに使われる、他の順序付きメニュー要素。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#Menu_Include_Definition">include</a>*</td>
+    <td>このメニュー定義に含める、他のメニューの階層化したメニュー、もしくは選択肢を指定します。含めるメニューの名前はこの順序付きのメニュー要素のテキストです。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#Menu_Exclude_Definition">exclude</a>*</td>
+    <td>このメニュー定義から除外する、他のメニューの選択肢と階層化したメニューを指定します。除外するための要素に含まれるメニューの名前は、この順序付きのメニュー要素のテキストです。</td>
+    </tr>
+</table>
+<p>例:</p>
+<source><![CDATA[
+<menu name="simple">
+    <options>/some-top-page.psml,/custom/some-other-page.psml</options>
+</menu>
+]]></source>
+<source><![CDATA[
+<menu name="top-2-levels" options="/" depth="2" skin="dhtml-pull-down"/>
+]]></source>
+<source><![CDATA[
+<menu name="top-role-pages" regexp="true" options="/*" profile="roles"/>
+]]></source>
+<source><![CDATA[
+<menu name="top-custom">
+    <title>Top Menu</title>
+    <metadata name="title" xml:lang="fr">Haut</metadata>
+    <options regexp="true" profile="groups">/group-pages/*</options>
+    <menu options="/" profile="page">
+        <separator>
+            <text>-- Top Pages --</text>
+            <title>Top Pages</title>
+        </separator>
+        <options regexp="true">/*</options>
+        <separator>
+            <title>Custom Pages</title>
+        </separator>
+        <options depth="2">/custom-folder/</options>
+    </menu>
+    <exclude>top-role-pages</exclude>
+    <separator>More Top Pages</separator>
+    <include nest="true">top-role-pages</include>
+</menu>
+]]></source>
+<p>デフォルトの共通メニュー宣言のための定義は、内部的にポータルサイトコンポーネントによってサポートされます。
+</p>
+<source><![CDATA[
+<menu name="pages" regexp="true" options="*.psml"/>
+]]></source>
+<source><![CDATA[
+<menu name="breadcrumbs" options="~" paths="true"/>
+]]></source>
+<source><![CDATA[
+<menu name="navigations">
+  <separator>Folders</separator>
+  <options regexp="true">./*/</options>
+  <include>page-navigations</include>
+  <separator>Additional Links</separator>
+  <options regexp="true">/*.link</options>
+</menu>
+]]></source>
+<source><![CDATA[
+<menu name="back" options="../"/>
+]]></source>
+<p>これらの定義のセパレータのテキストは、内部的に変換されることに注意してください。</p>
+</section>
+
+<section name=' メニューの選択肢の定義'>
+<p>
+&lt;options&gt; 要素は、<a href="#Menu_Definition">メニュー</a>内に単一または複数の選択肢を定義します。この単純な要素の文字列は、ページ、もしくはフォルダ、もしくはリンクのメニューの選択肢を作るドキュメントのパスを指定します。複数の選択肢のパスを、パスおよび (もしくは) 正規表現パターンをカンマで区切ったリストとして指定することも可能です。相対パスは、現在のページからの相対パスとして解釈されます。「~」や「@」といった特別なパターンを、現在のページを参照するために使うことができます。この要素は、メニュー要素とたくさんの属性を共有します。
+</p>
+<table>
+    <tr>
+    <th>属性</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>depth</td>
+    <td>選択肢のフォルダからのドキュメントの深さを指定します (0 以下の深さは無限大を表します)。メニューの選択肢は、サイトへのそれぞれの可視ページまたはリンクを表示するように作成されます。フォルダは、この設定によって階層化したメニューに変換されます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>paths</td>
+    <td>ルートフォルダから指定された選択肢への順序付きのパスの選択肢を含むかどうかを指定する真偽値。この設定は「履歴」もしくは「パンくずリスト」メニューを生成するのに使います。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>regexp</td>
+    <td>選択肢の値としてワイルドカードや正規表現が使われるかどうかを指定する真偽属性。ファイルシステムのコマンドラインの正規表現をサポートします。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>profile</td>
+    <td>選択肢の値を評価する際に使われるプロファイルロケータの名前を指定します。この属性は、選択肢と階層化したメニューのためのデフォルトのプロファイルの値も設定します。「*」の指定は、全てのプロファイルロケータの名前を受け入れます。これは、親メニューが選択したプロファイル名を上書きするのに使うことができます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>order</td>
+    <td>マッチする選択肢の順序を判断するための、カンマで区切られたマッチするパターンの正規表現のリスト、もしくは正規表現のドキュメントパスの値。この属性は、どの選択肢の要素に対してもデフォルトの選択肢の値として適用されます。しかし、複数の選択肢の子供へのマッチを再度順序づけることはありません。もし指定されない場合、複数の選択肢は、含まれるフォルダドキュメントの順番で返される順序に含まれます。この属性にマッチしない選択肢のパスは、順序づけられたものの後に追加されます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>skin</td>
+    <td>メニューの選択肢のレイアウトのヒントを定義するデコレータ(省略可)。このヒントは、現時点では PALポータル のデコレータでは使われていません。</td>
+    </tr>
+</table>
+<p>例:</p>
+<menu>
+    ...
+    <options regexp="true" order="*.psml,*.link">/some-top-page.psml,/custom/some-other-page.psml,/*.link</options>
+    ...
+</menu>
+</section>
+
+<section name=' メニューのセパレータの定義'>
+<p>
+&lt;separator&gt; 要素は、<a href="#Menu_Definition">メニュー</a> に含めるセパレータを定義します。セパレータは、<a href="#Menu_Options_Definition">選択肢</a> もしくは階層化したメニューが、メニューの定義内のこの要素以下に現れた場合のみ含まれます。セパレータのテキストは、この要素内のテキスト、もしくはテキストメニュー定義の要素内で指定することが可能です。セパレータ要素に記述可能な属性は 1 つしかありません。
+</p>
+<table>
+    <tr>
+    <th>属性</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>skin</td>
+    <td>メニューセパレータのレイアウトのヒントを定義する省略可能なデコレータ。このヒントは、現時点では PALポータル のデコレータでは使われていません。</td>
+    </tr>
+</table>
+<p>
+&lt;separator&gt; 要素は、たくさんの他のメニュー定義の PSML 要素を含みます。
+</p>
+<table>
+    <tr>
+    <th>要素</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>title?</td>
+    <td>メニュー用のデフォルトのロケール非依存なタイトルを指定する単純な要素。セパレータのタイトルは、その長い記述とみなされます。そして、もしセパレータのテキストが利用可能である場合、デコレータによってはロールオーバー用のテキストとして使う場合があります。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>text?</td>
+    <td>メニュー用のデフォルトのロケール非依存なテキストを指定する単純な要素。セパレータのテキストは必須で、この属性によって指定されようと、セパレータ要素内のテキストとして指定されようと、レイアウトデコレータがメニュー内に挿入するためのテキストとなります。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="guide-psml.html#PSML_Titles_and_Metadata">metadata</a>*</td>
+    <td>ロケール特有の追加のタイトルとセパレータテキスト(省略可)。</td>
+    </tr>
+</table>
+<p>例:</p>
+<source><![CDATA[
+<menu>
+    ...
+    <separator>-------------</separator>
+    ...
+    <separator>
+        <text>-- Top 10 Pages --</text>
+        <metadata name="text" xml:lang="fr">Haut Pages</metadata>
+        <title>Top 10 pages as voted by the PALポータル users!</title>
+    </separator>
+    ...
+</menu>
+]]></source>
+</section>
+
+<section name=' メニューをインクルードするための定義'>
+<p>
+&lt;include&gt; 要素は、<a href="#Menu_Options_Definition">選択肢</a> または、他のメニューの階層化した <a href="#Menu_Definition">メニュー</a> を含みます。含めるメニューの名前は、このエレメントのテキスト値として指定します。この要素に含めることのできる有効な属性は 1 つしかありません。
+</p>
+<table>
+    <tr>
+    <th>属性</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>nest</td>
+    <td>指定したメニューが、階層化するためのものかどうかを制御する真偽値。もしこの属性に 'true' が指定された場合、含めるメニューはサブメニューとして階層化されます。そうでないのなら、全ての選択肢と指定したメニューの階層化したメニューは、このメニュー内にインラインで挿入されます。</td>
+    </tr>
+</table>
+<p>例:</p>
+<source><![CDATA[
+<menu>
+    ...
+    <include nest="true">navigations</include>
+    ...
+</menu>
+]]></source>
+</section>
+
+<section name=' メニューの除外を行うための定義'>
+<p>
+&lt;exclude&gt; 要素は、<a href="#Menu_Options_Definition">選択肢</a> もしくは、他のメニューの階層化した <a href="#Menu_Definition">メニュー</a> を除外します。このオプションは主に、このメニューから、ポータルページ内の、他のメニューに既に表示されているメニューの選択肢を消去するために使われます。一致する選択肢またはメニューがメニュー定義内のこの要素より上に表示されている場合は、除外されます。除外するメニューの名前は、この単純な要素のテキスト値として指定します。
+</p>
+<p>例:</p>
+<source><![CDATA[
+<menu>
+    ...
+    <exclude>pages</exclude>
+    ...
+</menu>
+]]></source>
+</section>
+
+<section name=' ページレイアウトデコレータ'>
+<p>
+ページレイアウトデコレータは、ページが PALポータル パイプラインで描画されるとき、ポータルサイトコンポーネントからメニューを要求します。デコレータは、メニューが PSML で定義されることを期待します。カスタムメニューがポータルに表示される前に、デコレータは、カスタムメニューの描画を変更する必要があります。以下に、Velocity レイアウトデコレータの header.vm ファイルから抜き出した例を示します。
+</p>
+<source><![CDATA[
+...
+#set($pagesStandardMenu = $site.getMenu("pages"))
+#if(!$pagesStandardMenu.empty)
+  <div class="tabs">
+#includeTabsNavigation($pagesStandardMenu $LEFT_TO_RIGHT)
+  </div>
+#end
+...
+]]></source>
+<p>
+このコードは、ポータルページ内の標準的なページのタブメニューを描画します。ポータルサイトコンポーネントは Velocity のコンテキスト変数 <i>$site</i> として表れます。空のメニュー定義のための判断は、空のメニューがページコンテンツ内に描画されないことを保証するために設計されています。最後に、デコレータマクロが、メニューコンテンツを展開するために実行されます。一般に、再帰的なマクロの起動で階層化したメニューを描画することをサポートするために、このアプローチを取ります。この場合、デコレータはページオプションだけを期待します。以下に、ページのタブメニューを描画するのに使われるマクロ実装を示します。
+</p>
+<source><![CDATA[
+#macro (includeTabsNavigation $_menu $_orientation)
+  <table border="0" cellpadding="0" cellspacing="0">
+  <tr>
+    #foreach($element in $_menu.elements.iterator())
+      #if($element.elementType == "option")
+        #set($tabTitle = $element.getTitle($preferedLocale))
+        #set($tabName = $element.getShortTitle($preferedLocale))
+        #if($_orientation == $LEFT_TO_RIGHT)
+          #if($element.isSelected($site))
+            <td class="LTabLeft" nowrap="true">&nbsp;</td>
+            <td class="LTab" align="center" valign="middle" nowrap="true" title="$!tabTitle">${tabName}</td>
+            <td class="LTabRight"  nowrap="true">&nbsp;</td>
+          #else
+            #set($tabUrl = $jetspeed.getAbsoluteUrl($element.url))
+            <td class="LTabLeftLow"  nowrap="true">&nbsp;</td>
+            <td class="LTabLow" align="center" valign="middle" nowrap="true" title="$!tabTitle"><a href="$tabUrl">${tabName}</a></td>
+            <td class="LTabRightLow"  nowrap="true">&nbsp;</td>
+          #end
+        #end
+      #end
+    #end
+  </tr>
+  </table>
+#end
+]]></source>
+<p>
+このマクロは、ポータルサイトコンポーネントによって提供される、処理されたページメニューの選択肢全てに渡って反復されます。これは、表示されるタブそれぞれを作るための HTML 要素のテーブルデータを描画します。メニュー全体は、単一の行の HTML テーブルとして描画されます。
+</p>
+<p>
+ポータルサイトコンポーネントオブジェクトがレイアウトデコーレータに表示する、宣言型のメニューは、<a href="../multiproject/jetspeed-api/apidocs/index.html">PALポータル API</a> の文書に記述されます。以下に、このインタフェースを作るためのプライマリのインタフェースのリストを以下に挙げます。
+<ul>
+	<li><a href="../multiproject/jetspeed-api/apidocs/org/apache/jetspeed/portalsite/Menu.html">org.apache.jetspeed.portalsite.Menu</a></li>
+	<li><a href="../multiproject/jetspeed-api/apidocs/org/apache/jetspeed/portalsite/MenuElement.html">org.apache.jetspeed.portalsite.MenuElement</a></li>
+	<li><a href="../multiproject/jetspeed-api/apidocs/org/apache/jetspeed/portalsite/MenuOption.html">org.apache.jetspeed.portalsite.MenuOption</a></li>
+	<li><a href="../multiproject/jetspeed-api/apidocs/org/apache/jetspeed/portalsite/MenuSeparator.html">org.apache.jetspeed.portalsite.MenuSeparator</a></li>
+	<li><a href="../multiproject/jetspeed-api/apidocs/org/apache/jetspeed/portalsite/PortalSiteRequestContext.html">org.apache.jetspeed.portalsite.PortalSiteRequestContext</a></li>
+</ul>
+更に情報が欲しい場合は、これらのインタフェースの <a href="../multiproject/jetspeed-api/apidocs/index.html">javadoc</a> とサンプルの Velocity デコレータを参照してください。
+</p>
+<p>
+PALポータル は、タブや階層化したサブメニューを持つナビゲーションペインや、閲覧履歴のパンくずリストリンクや、階層化したプルダウンメニューの DHTML JSCookMenu を描画する宣言型のメニュー要素を含んだ、多くのサンプルのデコレータを提供しています。
+</p>
+</section>
+
+<section name=' ポータルサイトコンポーネント'>
+<p>
+PALポータル のポータルサイトコンポーネントには、 2 つの密接に関係した役割があります。
+<ol>
+	<li>ユーザからのポータルのリクエスト URL を、サイト内の PSML <a href="guide-psml.html#Page">ページ</a> もしくは <a href="guide-psml.html#Folder">フォルダ</a> 要素にマップします。そして、</li>
+	<li>サイトでユーザが利用可能なものを反映した、サイトのナビゲーションメニューと、メニューの選択肢を構築します。</li>
+</ol>
+一見、これらの機能は、<a href="guide-psml.html">PSML サイト定義</a> を検索し、走査するだけの、比較的シンプルなものであるように見えます。しかし、一度 <a href="guide-profiler.html">プロファイラ</a> の集約と<a href="guide-security-declarative-psml.html">セキュリティ制約</a> のフィルタリングの複雑さが採り入れられると、マッピングはもはや単純ではなくなります。
+</p>
+<p>
+メニューの選択肢は、PSML サイトのポータルサイトコンポーネントがマッチさせるビューと一致していることに注意することが重要です。メニュー要素の指定するドキュメントのパスは、PSML フォルダやページを指し示すために使われる物理パスではありません。代わりに、ポータルリクエストを反映するパスは、メニューの選択肢として含める PSML 要素を選択するのに使われます。このように、プロファイリングとセキュリティは、あたかも実行中のリクエスト URL を逆にマップするかのように、メニューの選択肢の集団に自動的に含まれます。
+</p>
+</section>
+
+</body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-menus-declarative-psml.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-pipeline.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-pipeline.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-pipeline.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,42 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title> PALポータル パイプライン</title>
+		<subtitle> PALポータル パイプラインの文書</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+		<translators>
+			<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+		</translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name=" PALポータル パイプライン">
+			
+			<p>以下にあるように、PALポータル ポータルエンジンの主要なコンポーネントの 1 つにリクエストパイプラインがあります。
+			<br/><br/>
+			<img src="images/j2-overview.gif" border="0"/>
+			<br/>
+			PALポータル では、リクエストはパイプラインとして組み立てられる <code>Valve</code> の集合を通して処理されます。詳しくは PALポータル パイプラインについての情報を参照してください。
+			<a href="../multiproject/jetspeed-portal/pipeline.html">ここを参照</a>.
+			</p>
+		</section>
+
+	</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-pipeline.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-portal-assembly.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-portal-assembly.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-portal-assembly.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,33 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title>PALポータル ホームページ</title>
+		<subtitle>PALポータル へようこそ</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+        <translators>
+            <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****" />
+        </translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name="PALポータル へようこそ">
+			
+		</section>
+	</body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-portal-assembly.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-portal-design.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-portal-design.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-portal-design.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,149 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>Guide to Portal Design</title>
+    <subtitle>Documentation for Designers working with PALポータル Portal Design</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
+    </authors>
+	<translators>
+		<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+	</translators>
+  </properties>
+  <body>
+<section name=" ポータルデザインの手引き">
+
+<p>
+Java ポートレット API (JSR-168) は、ポートレットプログラミングの Java 標準インターフェースを定義しています。Java ポートレット API 仕様により、ポートレットとポータルの間の相互の接続が可能になります。これは Java ポートレットを開発するための標準仕様です。しかし、Java ポートレット API は、レイアウトや、ポートレットの集約や、ページのマークアップについての標準は定義していません。このドキュメントの「ポータルデザイン」以下の部分は以下をカバーします。
+<ul>
+	<li><a href='psml.html'>ページの集約 - PSML のセクションを見てください。</a></li>
+	<li><a href='decorators.html'>ページとポートレットデコレータ</a></li>
+	<li><a href='layouts.html'>ページレイアウト</a></li>
+	<li><a href='jpt.html'>PALポータル パワーツール</a></li>
+	<li><a href='site.html'>サイトコンテンツモデル</a></li>
+	<li><a href='#Template Locators'>テンプレートロケータ</a></li>
+	<li><a href='#Terminology'>専門用語</a></li>
+</ul>
+</p>
+</section>
+<section name=' テンプレート'>
+
+<p>
+ポートレットページ内の 1 つ以上のポートレットをレンダリングするということは、主にテンプレートを使って動的なコンテンツとしてポートレットを集約する処理を行うということです。PALポータル は、ページレイアウトを Velocity テンプレートを使って作ります。PALポータル の構造は、デコレータやレイアウト用に JSP テンプレートを使うことが可能な構造をしていますが、これまで開発者は、テンプレートを書くためのツールとして Velocity を選択しています。PALポータル には、二種類のテンプレートが存在しています。それはレイアウトテンプレートとデコレータテンプレートです。ページをレンダリングする処理は、レイアウトテンプレートと、ページデコレータテンプレートと、PSML の定義と、 1 つ以上のポートレットデコレータのテンプレートを集約して結合します。リリース 2.0 では、テンプレートはファイルシステムに保存することが可能です。将来のリリースでは、テンプレートはバージョン管理のために CMS バックエンドに保存されるでしょう。
+</p>
+<subsection name=' レイアウトテンプレート'>
+
+<p>
+レイアウトテンプレートは、PALポータル に特化した配備可能なポートレットアプリケーションとしてまとめられています。レイアウトテンプレートは、ポータルページの全体的な集約をコントロールします。レイアウトテンプレートは、集約のためのコンポーネントモデルを提供し、ポートレットを組み合わせます。PALポータル は一列、または二列、または三列のレイアウトを含むいくつかのレイアウトコンポーネントを同梱しています。デフォルトの PALポータル システムで可能な全てのレイアウトについては <a href='layouts.html'>レイアウトのガイド</a> を参照してください。もちろん、自身でレイアウトを定義することも可能です。
+</p>
+</subsection>
+<subsection name=' デコレータ'>
+
+<p>
+デコレータテンプレートは、PALポータル に特化した配備可能なアーカイブとしてまとめられています。レイアウトテンプレートは、ポータルページの全体的な集約をコントロールします。レイアウトテンプレートは、集約のためのコンポーネントモデルを提供し、ポートレットを組み合わせます。PALポータル は一列、または二列、または三列のレイアウトを含むいくつかのレイアウトコンポーネントを同梱しています。デフォルトの PALポータル システムで可能な全てのレイアウトについては <a href='guide-decorators.html'>デコレータのガイド</a> を参照してください。もちろん、自身でレイアウトを定義することも可能です。
+</p>
+</subsection>
+</section>
+<section name=' テンプレートロケータ'>
+
+<p>
+テンプレートは、PALポータル テンプレート (と PALポータル デコレータ) のロケータコンポーネントにより検索されます。これらのコンポーネントは、正規化された名前と値のペアによる URL スキームを使ってテンプレートを検索します。<!--using this scheme in what is called a 'normalized' URL to either a decorator or layout. -->しかし、Velocity のようなテンプレートエンジンは、ドキュメントルートからの相対パスで表現されるテンプレートへのパスを使って動作する必要があります。<a href='guide-jpt.html'>PALポータル パワーツール</a> は、正規化されたパスと相対パスの間の変換を容易にしてくれます。通常、Spring の設定では全てのデコレータのテンプレートルートは次のように定義されます。
+<source test=""><![CDATA[
+${applicationRoot}/WEB-INF/decorations
+]]></source>
+そして、全ての (ポートレットアプリケーション毎の) レイアウトのルートは次のように定義されます。
+<source test=""><![CDATA[
+${applicationRoot}/WEB-INF/templates
+]]></source>
+正規化されたパスは名前と値のペアを用いて定義されます。例えば
+<source test=""><![CDATA[
+type/layout/media-type/html/name/tigris/decorator.vm
+type/decorator/media-type/html/language/en/country/US/name/metal/decorator.vm
+]]></source>
+のようにです。
+<table>
+    <tr>
+        <th>名前</th>
+        <th>値</th>
+        <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>type</td>
+        <td>layout | portlet | generic</td>
+        <td>テンプレートロケータのタイプ。<b>layout</b>, <b>portlet</b> (デコレータ) または <b>generic</b> (デコレータ) のいずれかの値のうちのどれかです。レイアウトはページレイアウトかデコレータのいずれかのためのものになりえます。generic タイプデコレータは、ポートレットデコレーションまたはページデコレーションのいずれかになりえます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>media-type</td>
+        <td>html | wml | dhtml | ...</td>
+        <td>検索されるマークアップメディアタイプ。有効なメディアタイプ (html, dhtml, wml...) である必要があります。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>name</td>
+        <td>有効なデコレータもしくはレイアウトの名前</td>
+        <td>デコレータもしくはレイアウトの名前。普通はデコレータもしくはレイアウトのテンプレートや画像やスタイルシートが保存されているサブディレクトリと一致します。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>language</td>
+        <td>ISO-639 標準として有効な二文字の言語の省略形</td>
+        <td>ISO-639 (http://www.ics.uci.edu/pub/ietf/http/related/iso639.txt) は言語の省略形の標準を定義します。
+		代表的な省略形として英語に対する en、フランス語に対する fr、ドイツ語に対する de 等があります。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>country</td>
+        <td>ISO-3166 標準として有効な二文字の国名の省略形</td>
+        <td>ISO-3166 (http://userpage.chemie.fu-berlin.de/diverse/doc/ISO_3166.html) は国コードの省略形の標準を定義します。
+		代表的な省略形としてアメリカ合衆国に対する US やフランスに対する FR 等があります。</td>
+    </tr>
+    
+</table>
+</p>
+</section>
+
+<section name=' 専門用語'>
+
+<table>
+    <tr>
+        <th>
+            用語
+        </th>
+        <th>
+            定義
+        </th>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>
+            レイアウト(Layout)
+        </td>
+        <td>
+フラグメントのグループが関係するものでまとめられて、最終的にポータルへのリクエストに対する集約されたコンテンツにまとめられる際の形状を定義します。レイアウトはページの集約されたコンテンツを生成するテンプレートにアルゴリズムを適用するためのポートレットにより決められます。標準的なアルゴリズムには二列、三列、入れ子構造があります。
+        </td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>
+            TODO: ここで省かれているもの: 
+        </td>
+        <td>
+            フラグメント、デコレーション、ページ、ページデコレータ、ポートレットデコレータ、
+            アプリケーションの関係、正規化テンプレートパス、絶対 URL
+        </td>
+    </tr>    
+</table>
+</section>
+</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-portal-design.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-portlet-bridges.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-portlet-bridges.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-portlet-bridges.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,79 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title> PALポータル ポートレットブリッジ</title>
+    <subtitle> Apache ポータルのポートレットブリッジに関する文書</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****"/>
+    </authors>
+	<translators>
+		<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+	</translators>
+  </properties>
+  <body>
+<section name=" Struts ポートレットブリッジ">
+
+<p>
+PALポータル は、Struts 用のポートレットブリッジを提供しています。<a href="portals.apache.org/bridges/multiproject/portals-bridges-struts/index.html">Apache ポータル Struts ポートレットブリッジ</a>サブプロジェクトの文書をご覧ください。
+</p>
+
+<p>
+PALポータル には、複数の Struts ポートレットのデモアプリケーションが含まれています。
+<ul>
+	<li><a href="multiproject/struts-demo/index.html">Struts メイラーデモ</a> アプリケーション</li>
+	<li><a href="multiproject/jpetstore/index.html">iBATIS JPetstore デモポートレット</a> アプリケーション</li>
+</ul>
+</p>
+</section>
+<section name=" JSF ポートレットブリッジ">
+
+<p>
+PALポータル は、JSF 用のポートレットブリッジを提供しています。<a href="portals.apache.org/bridges/multiproject/portals-bridges-jsf/index.html">Apache ポータル JSF ポートレットブリッジ</a> サブプロジェクトの文書をご覧ください。
+</p>
+
+<p>
+PALポータル には、JSF 実装である MyFaces に基づく JSF ポートレットデモが複数含まれています。
+<ul>
+	<li>Apache ポータル JSF ポートレットブリッジを使った<a href="multiproject/jsf-demo/index.html">JSF ポートレットデモ</a>アプリケーション</li>
+    <li>MyFaces に組み込まれたポートレットブリッジを使った <a href="multiproject/jsf-demo-myfaces/index.html">JSF ポートレットデモ</a>アプリケーション</li>
+	<li><a href="multiproject/security/index.html">ロール管理 (開発中)</a>アプリケーション</li>
+</ul>
+</p>
+
+<p>
+<a href="multiproject/security/index.html">JSF ポートレットブリッジ</a>サブプロジェクト内のブリッジに関する文書をご覧ください。
+</p>
+</section>
+
+<section name=" Perl ポートレットブリッジ">
+
+<p>
+PALポータル は、Perl アプリケーション用のポートレットブリッジを提供しています。<a href="portals.apache.org/bridges/multiproject/portals-bridges-perl/index.html">Apache ポータル Perl ポートレットブリッジ</a>サブプロジェクトの文書をご覧ください。
+</p>
+</section>
+
+<section name=" PHP ポートレットブリッジ">
+
+<p>
+PALポータル は、PHP アプリケーション用のポートレットブリッジを提供しています。<a href="portals.apache.org/bridges/multiproject/portals-bridges-php/index.html">Apache ポータル PHP ポートレットブリッジ</a>サブプロジェクトの文書をご覧ください。
+</p>
+</section>
+
+</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-portlet-bridges.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-profiler.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-profiler.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-profiler.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,181 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title> プロファイラ</title>
+    <subtitle> PALポータル のプロファイラに関する文書</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
+    </authors>
+	<translators>
+		<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+	</translators>
+  </properties>
+  <body>
+<section name=" プロファイラの概要">
+
+<p>
+PALポータル のプロファイラは、ポータルのリソースの場所に関するルールベースのエンジンです。PALポータル のバージョン 2.0 では、プロファイラは以下のような種類のポータルリソースの場所を決定します。
+<ul>
+	<li>PSML ページ</li>
+	<li>フォルダ</li>
+	<li>メニュー</li>
+</ul>
+リクエストがポータルで受信されたとき、プロファイラは、実行時パラメータや状態 (リクエストパラメータ、HTTP ヘッダ、セッションの属性など) の正規化された値に基づき、リクエストをリソースと結びつけます。プロファイラはプロファイラバルブ内の PALポータル のリクエスト処理パイプラインの中で呼び出されます。このバルブは、リクエストコンテキストが、既にポータルのリクエストやレスポンス、機能、言語、ユーザ情報と関連づけられている必要があります。実行時のパラメータは、プロファイラがポータルのリソースを位置を決定するのに使われる判断規準を作ります。
+</p>
+
+<p>
+プロファイラはサイトマネージャとページマネージャコンポーネントと協調して動作します。プロファイラは実行時情報を入力として受け取り、その情報を一般化・・・(原文が文の途中で終わっています。原文作者によると、ここで力尽きた、とのことです)。
+</p>
+</section>
+<section name="プロファイリングルール">
+
+<p>
+プロファイリングルールは、特定のリソースの場所を解決するリクエストを評価するときに使われる判断規準のリストを定義します。プロファイリングルールはプロファイラが使用します。これは、既知のポートレットリクエストデータ用の、細分化した判断規準によるポータルリソースの位置を決定するためです。ルールは与えられた順序に適用される判断規準の順序つきのリストから構成されます。このルールの順序に従って、プロファイリングエンジンは、最少のリソースの判断規準とみなせるまで、少ない記述の設定によるアルゴリズムで、それぞれのルールの判断規準を適用します。全ての条件が適用されつくした場合、ルールは失敗となりフォールバックリソースが要求されます。
+</p>
+<subsection name=' ルール規準'>
+
+<p>
+ルール規準はプロファイルのプロパティの場所を示すためのテンプレートです。デフォルトの実装では、リソースを特定する URL、Mimeタイプ、言語の設定に基づく案で定義されたプロファイリングポリシを持っています。もっと複雑な実装を行うには、Cookie や IP アドレスの範囲や統計的なリソースの利用解析やサーブレットや EJB 内部のビジネスのルールのような、リソースとマッピングされる他の入力が必要となるでしょう。
+</p>
+</subsection>
+<subsection name=' ルール規準のリゾルバ'>
+<p>
+
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>リゾルバ</th>
+    <th>説明</th>
+    <th>例</th>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>request</td>
+        <td>リクエストパラメータ名とのマッチングによる解決</td>
+        <td></td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>session</td>
+        <td>セッションの属性名とのマッチングによる解決</td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>request.session</td>
+        <td>最初にリクエストの属性名とのマッチングを行ってから、セッションの属性名とのマッチングを行って解決する</td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>hard.coded</td>
+        <td>ハードコードされた値による解決</td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>group.role.user</td>
+        <td>フォールバックコントローラ: 現在のユーザグループ、次にロール、次にユーザの所有するフォルダ以下のリソースを探す</td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>user</td>
+        <td>現在のユーザのディレクトリ内のリソースとマッチさせる</td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>group</td>
+        <td></td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>role</td>
+        <td></td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>mediatype</td>
+        <td>リクエストコンテキスト内のメディアタイプとマッチさせる</td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>country</td>
+        <td></td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>user.agent</td>
+        <td></td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>language</td>
+        <td></td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>roles</td>
+        <td>ロールのフォールバック</td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>path</td>
+        <td></td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>page</td>
+        <td></td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>path.session</td>
+        <td></td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>user.attribute</td>
+        <td></td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>navigation</td>
+        <td>現在のナビゲーションパスを変える</td>
+        <td></td>        
+    </tr>
+    
+</table>        
+    
+</p>
+</subsection>
+<subsection name=' プリンシパルルール'>
+</subsection>
+</section>
+<section name=" プロファイルロケータ">
+
+<p>
+プロファイルロケータはポータルリソースの位置を決めるのに使われます。ポータルリソースとはページやドキュメントやフラグメントのようなもののことです。ロケータには位置が決められた実際のリソースについて記述されたプロパティが含まれます。ロケータは普通はユーザや他の対象のプロファイルに関係するプロパティに基づいているので、プロファイルロケータとして参照されます。
+</p>
+<subsection name=' プロファイルロケータパス'>
+<p>
+</p>
+</subsection>
+</section>
+<section name=" コンポーネントの設定">
+<p>
+</p>
+</section>
+
+</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-profiler.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-properties.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-properties.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-properties.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,418 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+  Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+  
+  Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+  you may not use this file except in compliance with the License.
+  You may obtain a copy of the License at
+  
+  http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+  
+  Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+  distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+  WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+  See the License for the specific language governing permissions and
+  limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>PALポータル バイナリからの導入ガイド</title>
+    <subtitle>あなた自身のポータルをビルドする準備をする方法</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****" />
+      <person name="Ate Douma" email="ate****@apach*****" />
+      <person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+      <person name="Ron Wheeler" email="rwhee****@artif*****"/>
+     </authors>
+	 <translators>
+		 <person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+	 </translators>
+  </properties>
+  <body>
+	<section name=" 基本的な設定パラメータ">
+
+			      <subsection name=" 必須のポータル設定プロパティ">
+		
+		<table>
+          <tr>
+            <th>プロパティ</th>
+            <th>説明</th>
+            <th nowrap="nowrap">デフォルト値</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.portal.home</code>
+            </td>
+            <td>
+				(<code>j2:portal.conf.project</code> ゴールで) Maven プラグインがあなたのカスタムポータル用 Maven プロジェクトを(再)構築したり更新したりするフォルダ。この場所はあなたがカスタムポータルの開発を今後全て行う場所になります。
+              <br />
+              例: <code>/home/myportal/</code>
+            </td>
+            <td>
+              <i>デフォルト値なし</i>
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.portal.groupId</code>
+            </td>
+            <td>
+				あなたのポータルプロジェクトのグループの (Maven の) 短い名前。
+				<br />
+				この値は Maven リポジトリフォルダ内で (ポータル war ファイルのような) プロジェクトの成果物を保管しておく場所の名前として使われます。
+              <br />
+              例: <code>myprojects</code>
+            </td>
+            <td>
+              <i>デフォルト値なし</i>
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.portal.artifactId</code>
+            </td>
+            <td>
+				あなたのポータルプロジェクトの (Maven での) 省略名。
+				<br />
+				この値はポータル war ファイルや (ポータル) ウェブアプリケーションのコンテキスト名に使われます。
+              <br />
+              例: <code>myportal</code>
+            </td>
+            <td>
+              <i>デフォルト値なし</i>
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.portal.name</code>
+            </td>
+            <td>
+				あなたのポータルプロジェクトの (Maven での) フルネーム。
+				<br />
+				この値は JaveDoc のタイトルを生成するのに Maven が使います。
+				<br />
+				例:
+				<code>My Test Portal</code>
+            </td>
+            <td>
+              <i>デフォルト値なし</i>
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.portal.currentVersion</code>
+            </td>
+            <td>
+				あなたのポータルプロジェクトの現在のバージョン。
+				<br />
+				この値はプロジェクトの成果物の名前として最後に Maven に付け加えられます。
+				<br />
+				例:<code>1.0</code>
+            </td>
+            <td>
+              <i>デフォルト値なし</i>
+            </td>
+          </tr>
+        </table>
+      </subsection>
+      <subsection name=" 省略可能なポータル設定プロパティ">
+		
+		<p>
+			このあとに述べるプロパティは全て <code>${org.apache.jetspeed.portal.home}</code> のサブフォルダを定義します。
+		</p>
+		
+        <table>
+          <tr>
+            <th>プロパティ</th>
+            <th>説明</th>
+            <th nowrap="nowrap">デフォルト値</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.portal.conf.dir</code>
+            </td>
+            <td>
+				Maven プラグインが Tomcat のアプリケーションのコンテキスト記述子のようなアプリケーションサーバ固有の設定ファイルを生成しコピーするフォルダ。
+				<br />
+				このフォルダとフォルダ内のコンテンツは
+				<code>j2:portal.conf.tomcat</code>
+				プラグインゴールによって作成されたり更新されたりします。
+            </td>
+            <td>
+              <i>target/portal-conf</i>
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.portal.sql.dir</code>
+            </td>
+            <td>
+				Maven プラグインがポータルやデータベースサーバの sql DDL と DML スクリプトを生成しコピーするフォルダ。
+				<br />
+				このフォルダとフォルダ内のコンテンツは常に
+				<code>j2:portal.conf.sql</code>
+				プラグインゴールによって (再) 生成されます。
+            </td>
+            <td>
+              <i>target/portal-sql</i>
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.portal.db.dir</code>
+            </td>
+            <td>
+				Maven プラグインがビルドインの HSQLDB データベースを作成するフォルダ。
+				<br />
+				このフォルダとフォルダ内のコンテンツは
+				<code>j2:start.production.server</code>
+				もしくは
+				<code>j2:start.test.server</code>
+				プラグインゴールによって生成されたり更新されたりします。
+            </td>
+            <td>
+              <i>target/portal-db</i>
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.portal.webapp.dir</code>
+            </td>
+            <td>
+				Maven プラグインが標準の PALポータル のウェブアプリケーションのリソースをコピーするフォルダ。
+				<br />
+				このフォルダとフォルダ内のコンテンツは
+				<code>j2:portal.copy.webapp</code>
+				プラグインゴールによって生成されたり更新されたりします。
+            </td>
+            <td>
+              <i>target/${org.apache.jetspeed.portal.artifactId}</i>
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.portal.target.dir</code>
+            </td>
+            <td>
+				Maven プラグインがランタイムのポータルの設定ファイルを生成したりコピーしたりするフォルダ。
+				<br />
+				これらの設定ファイルはポータルや OJB のビルド/プラグインプロパティから生成された値を含みます。
+				<br />
+				このフォルダとフォルダ内のコンテンツは
+				<code>j2:portal.conf.jetspeed</code>
+				もしくは
+				<code>j2:portal.conf.ojb</code>
+				プラグインゴールによって生成されたり更新されたりします。
+            </td>
+            <td>
+              <i>target/${org.apache.jetspeed.portal.artifactId}</i>
+            </td>
+          </tr>
+        </table>
+      </subsection>
+      <subsection name=" 必須のアプリケーションサーバのプロパティ">
+		
+		<p>
+			<i>
+				注意: Maven プラグインは現時点では Tomcat 5.0.x または 5.5.x のみをサポートします。
+			</i>
+		</p>
+		
+        <table>
+          <tr>
+            <th>プロパティ</th>
+            <th>説明</th>
+            <th nowrap="nowrap">デフォルト値</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.server.home</code>
+            </td>
+            <td>
+				Tomcat をインストールしたルートフォルダ。
+				<br />
+				例:
+				<code>${CATALINA_HOME}/</code>
+            </td>
+            <td>
+              <i>デフォルト値なし</i>
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.server.shared</code>
+            </td>
+            <td>
+				インストールした Tomcat の共有の jar の置場。
+				<br />
+				例: <code>${org.apache.jetspeed.server.home}/shared/lib/</code>
+            </td>
+            <td>
+              <i>デフォルト値なし</i>
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.deploy.war.dir</code>
+            </td>
+            <td>
+				インストールした Tomcat のウェブアプリケーションの場所。
+				<br />
+				例: <code>${org.apache.jetspeed.server.home}/webapps/</code>
+            </td>
+            <td>
+              <i>デフォルト値なし</i>
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.services.autodeployment.user</code>
+            </td>
+            <td>
+				manager ロールに属する Tomcat のユーザ。
+				<br />
+				後で説明するように、ポータル内から Tomcat Manager アプリケーションへアクセスするのに使います。
+            </td>
+            <td>
+              <i>デフォルト値なし</i>
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.services.autodeployment.password</code>
+            </td>
+            <td>
+				前述の Tomcat ユーザのパスワード。
+				<br />
+				後で説明するように、ポータル内から Tomcat Manager アプリケーションへアクセスするのに使います。
+            </td>
+            <td>
+              <i>デフォルト値</i>
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.catalina.version.major</code>
+            </td>
+            <td>
+				使用する Tomcat のメジャーバージョン。5 もしくは 5.5 が使えます。
+				<br />
+				例: <code>5.5</code>
+            </td>
+            <td>
+              <i>デフォルト値なし</i>
+            </td>
+          </tr>
+        </table>
+      </subsection>
+      <subsection name=" 省略可能なデータベースサーバのプロパティ">
+		
+		<p>
+			PALポータル と PALポータル の Maven プラグインはデフォルトでは提供される HSQLDB のデータベースを使用します。
+		</p>
+		
+		<p>
+			もし異なるデータベースを使用するのであれば、以下のプロパティを上書きする必要があります。
+		</p>
+		
+        <table>
+          <tr>
+            <th>プロパティ</th>
+            <th>説明</th>
+            <th nowrap="nowrap">デフォルト値</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.production.database.default.name</code>
+            </td>
+            <td>
+				あなたが使用するデータベースの種類。Torque が生成する SQL スクリプトのために使用します。
+				<br />
+				現時点でサポートするデータベースは以下の通りです。(Torque の対象のデータベース名も示します)
+				<ul>
+					<li>hsql (hypersonic)</li>
+					<li>oracle (oracle)</li>
+					<li>mysql (mysql)</li>
+					<li>postgres (postresql)</li>
+					<li>mssql (mssql)</li>
+				</ul>
+            </td>
+            <td>hsql</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.production.database.url</code>
+            </td>
+            <td>JDBC の接続 url</td>
+            <td>jdbc:hsqldb:hsql://127.0.0.1:9001</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.production.database.user</code>
+            </td>
+            <td>データベースに接続するためのユーザ名。</td>
+            <td>sa</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.production.database.password</code>
+            </td>
+            <td>データベースに接続するためのユーザのパスワード。</td>
+            <td>
+              <i>空</i>
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.production.database.driver</code>
+            </td>
+            <td>JDBC ドライバのクラス名</td>
+            <td>org.hsqldb.jdbcDriver</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+              <code>org.apache.jetspeed.production.jdbc.drivers.path</code>
+            </td>
+            <td>
+				データベース接続に必要な JDBC ドライバクラスや jar への Java クラスパス形式のパス。
+				<br />
+				例: <code>/lib/ojdbc14.jar;/lib/nls_charset12.jar</code>
+            </td>
+            <td>
+              <i>空</i>
+            </td>
+          </tr>
+        </table>
+      </subsection>
+      <subsection name=" 例: 最小限のカスタムポータルの設定">
+		
+		<p>少なくとも前述の必須のプロパティは
+		<code>${USER_HOME}/build.properties</code>
+		で定義してあることを確認してください。HSQLDB を使った最低限のカスタムポータルの設定は以下のようになります。
+		<source>
+			<![CDATA[
+# 必須のポータルの設定プロパティ
+org.apache.jetspeed.portal.home           = /home/myportal/
+org.apache.jetspeed.portal.groupId        = myprojects
+org.apache.jetspeed.portal.artifactId     = myportal
+org.apache.jetspeed.portal.name           = My Test Portal
+org.apache.jetspeed.portal.currentVersion = 1.0
+
+# 必須のアプリケーションサーバのプロパティ
+org.apache.jetspeed.server.home                      = ${CATALINA_HOME}/
+org.apache.jetspeed.server.shared                    = ${org.apache.jetspeed.server.home}/shared/lib/
+org.apache.jetspeed.deploy.war.dir                   = ${org.apache.jetspeed.server.home}/webapps/
+org.apache.jetspeed.services.autodeployment.user     = j2deployer
+org.apache.jetspeed.services.autodeployment.password = xxxxx
+org.apache.jetspeed.catalina.version.major           = 5.5]]>
+		</source>
+		<i>
+			注意: もしデフォルトの PALポータル ポータルをソースから直接ビルドするのであれば、必須のポータルの設定プロパティのうち、
+			<code>org.apache.jetspeed.portal.home</code>
+			だけが必要になります。
+		</i>
+		</p>
+      </subsection>
+    </section>
+  </body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-properties.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-psml.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-psml.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-psml.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,767 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2004-2005 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>PSML</title>
+    <subtitle>Documentation for Designers working with PSML</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
+      <person name="Randy Watler" email="rwatl****@apach*****"/>
+    </authors>
+	<translators>
+		<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+	</translators>
+  </properties>
+  <body>
+<section name=" PSML">
+<ul>
+    <li><a href="#Page">ページ</a></li>          
+    <ul>
+        <li><a href="#Defaults">デフォルト</a></li>     
+        <li><a href="#Layout_Fragments">ページフラグメント</a></li>    
+        <li><a href="#Portlet_Fragments">ポートレットフラグメント</a></li>    
+        <li><a href="#Fragment_Properties">フラグメントプロパティ</a></li>
+        <li><a href="#Preferences">ポートレットプリファレンス</a></li>
+    </ul>
+    <li><a href="#Folder">フォルダ</a></li>          
+    <li><a href="#Link">リンク</a></li>          
+    <li><a href="#Global_Page_Security">大域的なページセキュリティ</a></li>          
+    <li><a href="#PSML_Titles_and_Metadata">タイトルとメタデータ</a></li>
+    <li><a href="#PSML_Security_Constraints">セキュリティ制限</a></li>        
+    <li><a href="#PSML_Menus">メニュー</a></li>        
+</ul>
+    
+<p>
+PSML は Portal Structure Markup Language の頭文字を取った物です。PSML は PALポータル 内のコンテンツの構造化と抽象化を行うために作成されます。PSML はポータルページ上でポートレットがどのように集約され、レイアウトされ、装飾されるかを定義します。ページレイアウトは、Java ポートレット標準 API の守備範囲ではないことに注意してください。ですので、PSML は PALポータル 特有の実装です。そして、PALポータル の PSML は Apache Portals Jetspeed version 1.x の PSML とも違うことに注意してください。このドキュメントは PSML リソースの要素のリファレンスガイドとして使えます。
+</p>
+<p>
+PSML ファイルは、ページ、フォルダ、リンクや大域的なセキュリティ制限と関係する他のポータルサイトの情報も保持します。これらの主要な PSML の要素のそれぞれは、ファイルシステム上のディレクトリ構造内に配置された別々のドキュメント内に保存されます。一般的に、このディレクトリは PALポータル ウェブアプリケーション内の /WEB-INF/pages にあるリソースとしてアクセスされます。
+</p>
+
+<p>
+以下にポータルサイトの <a href="#Page">ページ</a> 用の PSML ファイル (*.psml) の例を示します。
+</p>
+
+<source><![CDATA[
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<page>
+  <!-- ページの情報 -->
+  <title>Welcome to PALポータル</title>
+  <metadata name="title" xml:lang="fr">Ma Premiere Page de PSML</metadata>
+  <metadata name="title" xml:lang="es">¡Bienvenido a PALポータル!</metadata>
+  <metadata name="title" xml:lang="hu">Köszönti a PALポータル!</metadata>
+
+  <!-- ページの装飾 -->
+  <defaults skin="orange" layout-decorator="tigris" portlet-decorator="tigris"/>
+
+  <!-- ページフラグメント -->
+  <fragment id="100393" type="layout" name="jetspeed-layouts::VelocityOneColumn">
+    <fragment id="100939" type="portlet" name="j2-admin::LocaleSelector">
+      <property layout="OneColumn" name="row" value="0"/>
+    </fragment>                                
+    <fragment id="100345" type="layout" name="jetspeed-layouts::VelocityTwoColumns">
+      <property layout="OneColumn" name="row" value="1"/>
+      <property layout="TwoColumns" name="sizes" value="33%,66%"/>
+      <fragment id="100121" type="portlet" name="j2-admin::LoginPortlet">
+        <property layout="TwoColumns" name="row" value="0"/>
+        <property layout="TwoColumns" name="column" value="0"/>
+      </fragment>                                
+      <fragment id="100171" type="portlet" name="demo::UserInfoTest">
+        <property layout="TwoColumns" name="row" value="0"/>
+        <property layout="TwoColumns" name="column" value="1"/>
+      </fragment>    
+    </fragment>
+  </fragment>
+
+  <!-- セキュリティ制限 -->
+  <security-constraints>
+    <security-constraints-ref>public-view</security-constraints-ref>
+  </security-constraints>
+</page>
+]]></source>
+
+<p>
+以下に、ポータルサイトの <a href="#Folder">フォルダ</a> (folder.metadata) 用の定義を行う PSML ファイルの例を示します。
+</p>
+
+<source><![CDATA[
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<folder>
+  <!-- フォルダの説明 -->
+  <title>Root Folder</title>  
+  <metadata name="title" xml:lang="fr">Répertoire racine</metadata>
+  <metadata name="title" xml:lang="es">Carpeta raiz</metadata>
+
+  <!-- フォルダ内のドキュメントの順序 -->
+  <document-order>Jetspeed2.link</document-order>
+  <document-order>Jetspeed2Wiki.link</document-order>
+  <document-order>apache_portals.link</document-order>
+  <document-order>apache.link</document-order>
+
+  <!-- ポータルサイトのメニュー -->
+  <menu name="page-navigations">
+    <separator>
+      <text>Top Pages</text>
+      <metadata name="text" xml:lang="fr">Page haut</metadata>
+      <metadata name="text" xml:lang="es">Páginas más populares</metadata>
+    </separator>
+    <options>/Administrative</options>
+    <separator>
+      <text>Profiled Pages</text>
+      <metadata name="text" xml:lang="es">Páginas del Perfil</metadata>
+    </separator>
+    <options regexp="true">/p[0-9][0-9][0-9].psml</options>
+    <separator>
+      <text>Non Java Pages</text>
+      <metadata name="text" xml:lang="es">Ejemplos sin java</metadata>
+    </separator>
+    <options>/non-java</options>
+  </menu>
+
+  <!-- セキュリティ制限 -->
+  <security-constraints>
+    <security-constraints-ref>public-view</security-constraints-ref>
+  </security-constraints>
+</folder>
+]]></source>
+
+<p>
+以下に、ポータルサイトの <a href="#Link">リンク</a> (*.link) 用の PSML ファイルの例を示します。
+</p>
+
+<source><![CDATA[
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<link target="top">
+  <!-- リンクの説明 -->
+  <title>PALポータル Home Page</title>
+  <url>http://portals.apache.org/jetspeed-2/</url>
+  <metadata name="title" xml:lang="es">PALポータル</metadata>
+</link>
+]]></source>
+
+<p>
+以下に、ポータルサイトの <a href="#Global_Page_Security">ページのセキュリティ</a> (page.security) 用の PSML ファイルの例を示します。
+</p>
+
+
+<source><![CDATA[
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<page-security>
+  <!-- 大域的な管理者の制限 -->
+  <security-constraints-def name="admin">
+    <security-constraint>
+      <roles>admin</roles>
+      <permissions>view, edit</permissions>
+    </security-constraint>
+  </security-constraints-def>
+  <global-security-constraints-ref>admin</global-security-constraints-ref>
+
+  <!-- パブリックな制限 -->
+  <security-constraints-def name="public-view">
+    <security-constraint>
+      <users>*</users>
+      <permissions>view</permissions>
+    </security-constraint>
+  </security-constraints-def>
+  <security-constraints-def name="public-edit">
+    <security-constraint>
+      <users>*</users>
+      <permissions>view, edit</permissions>
+    </security-constraint>
+  </security-constraints-def>
+</page-security>
+]]></source>
+</section>
+<section name=' ページ'>
+
+<p>
+&lt;page&gt; 要素は、ポータルサイトのページに関連する他の PSML 要素を保持するための単純な入れ物です。この要素は、親である<a href="#Folder">フォルダ</a>を構成する適切なファイルシステムディレクトリ内に、'.psml' という拡張子を持つファイルとして存在します。 2 つの有効な属性がページエレメントの属性として存在します。
+</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>属性</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>hidden</td>
+    <td>ページがポータルサイトのサイトメニューまたは他のナビゲーション用の要素に表れるかどうかを指示するための真偽値の属性。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>version</td>
+    <td>一般的な目的のバージョントラッキングのための属性。PALポータル では現在使われていません。</td>
+    </tr>
+</table>
+
+<p>
+&lt;page&gt; 要素は多くの他の PSML 要素を含みます。
+</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>要素</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>title?</td>
+    <td>デフォルトのページタイトルを表すテキストを含む単純な要素。ページのタイトルは、その長い説明とみなされます。もしメニューテキスト用の短いタイトルが利用可能であれば、一部のデコレータでロールオーバー (訳注:マウスポインタがHTML文書の中の要素の上にくると、その要素が変化する仕組みのこと) 用のテキストとして使われます。もし指定されていなければ、PALポータル は page 要素を含むファイルのファイル名からタイトルを決めようと試みます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>short-title?</td>
+    <td>ページのデフォルトの短いタイトルのテキストを含む単純で省略可能な要素。短いタイトルは、もし利用可能であれば、一部のデコレータ内のメニューテキストとして使われます。もし指定されない場合は title のテキストが使われます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#Defaults">defaults</a></td>
+    <td>ページとそのフラグメントのための装飾を指定します。defaults はページ毎に必要です。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#Layout_Fragments">fragment</a></td>
+    <td>フラグメントの階層構造のルート。全てのページにルートのフラグメントが必要です。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#PSML_Titles_and_Metadata">metadata</a>*</td>
+    <td>省略可能の指定である、ページ用のロケール特有のタイトルと短いタイトル。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#Menus">menu</a>*</td>
+    <td>省略可能の指定である、ページ用の追加または上書きされた継承したメニュー定義の指定。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#PSML_Security_Constraints">security-constraints</a>?</td>
+    <td>省略可能の定義である、ページ用のインラインのセキュリティ制限の定義。もし指定されなければ、ページは親<a href="#Folder">フォルダ</a>内の有効なセキュリティ制限を継承します。</td>
+    </tr>
+</table>
+
+<p>例: <a href="#PSML">イントロで示した例を参照してください。</a></p>
+</section>
+
+<section name=' デフォルト'>
+
+<p>
+<a href="#Page">ページ</a>内の &lt;defaults&gt; 要素は、デフォルトのレイアウトデコレータと、デフォルトのポートレットデコレータを定義します。デフォルトのレイアウトデコレータは、デコレータ属性を持たない全てのレイアウトフラグメントに対して適用されます。デフォルトのポートレットデコレータは、デコレータ属性を持たない全てのポートレットフラグメントに対して適用されます。defaults 要素には 3 つの有効な属性があります。
+</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>Attribute</th>
+    <th>Description</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>layout-decorator</td>
+    <td>ページをレンダリングするときに使うレイアウトデコレータの名前。この属性は必須です。</td>    
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>portlet-decorator</td>
+    <td>ページフラグメントをレンダリングするときに使うデフォルトのポートレットデコレータの名前。この属性は省略可能ですが、ほとんどいつも設定します。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>skin</td>
+    <td>ページやフラグメントの表示を制御するためにデコレータ内で参照される一般的な目的のデコレータ属性。現時点では PALポータル では使用していません。</td>    
+    </tr>
+</table>
+
+<p>例:</p>
+
+<source><![CDATA[
+<page>
+  ...
+  <defaults skin="orange" layout-decorator="tigris" portlet-decorator="tigris"/>
+  ...
+</page>
+]]></source>
+</section>
+
+<section name=' レイアウトフラグメント'>
+
+<p>
+<a href="#Page">ページ</a> のレイアウト &lt;fragment&gt; 要素は階層構造のコンテナです。これは <a href="#Portlet_Fragments">ポートレットフラグメント</a>と、階層化されたレイアウトフラグメントを保持するのに使われます。<a href="#Page">ページ</a>のルートのフラグメントは、ページに 1 つしかポートレットがないときでも、レイアウトフラグメントでなければなりません。レイアウトフラグメントは親となるレイアウトフラグメントのレイアウトに従属します。なので "row" と "column" の <a href="#Fragment_Properties">レイアウトプロパティ</a>をサポートします。加えて、レイアウトフラグメントは 'sizes' レイアウトプロパティもサポートします。これは、複数列のレイアウトの列の割合をコントロールするのに使われます。この要素には 3 つの必須の属性があります。
+</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>属性</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>id</td>
+    <td>必須である id は、フラグメントを特定するのに使います。そして、サイト内で定義される全てのフラグメントに渡ってユニークで<b>なければなりません</b>。この値は PALポータル に対して透過的でなく、一意性を保証するためのどのような仕様にも従うことが可能です。フラグメントは PALポータル で内部的にキャッシュされる可能性があるので、既存のページに対する任意の編集が、PALポータル が行う変更を保証するために新しい id を必要とするかも知れません。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>type</td>
+    <td>この必須の属性はレイアウトフラグメント全てで 'layout' と指定しなければなりません。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>name</td>
+    <td>必須であるポートレット名は、フラグメントレイアウトを実装するのに使われます。ポートレット名は一般的に、portlet.xml ファイルで指定された 'portlet-app-id:portlet-id' の形を取ります。以下が PALポータル でサポートされるレイアウトポートレットの名前です。
+        <ul>
+            <li>jetspeed-layouts::FrameLayoutPortlet</li>
+            <li>jetspeed-layouts::VelocityOneColumn</li>
+            <li>jetspeed-layouts::VelocityOneColumnNoActions</li>
+            <li>jetspeed-layouts::VelocityThreeColumns</li>
+            <li>jetspeed-layouts::VelocityThreeColumnsNoActions</li>
+            <li>jetspeed-layouts::VelocityThreeColumnsTable</li>
+            <li>jetspeed-layouts::VelocityTwoColumns</li>
+            <li>jetspeed-layouts::VelocityTwoColumns2575</li>
+            <li>jetspeed-layouts::VelocityTwoColumns2575NoActions</li>
+            <li>jetspeed-layouts::VelocityTwoColumnsNoActions</li>
+            <li>jetspeed-layouts::VelocityTwoColumnsSmallLeft</li>
+            <li>jetspeed-layouts::VelocityTwoColumnsSmallLeftNoActions</li>
+            <li>jetspeed-layouts::VelocityTwoColumnsTable</li>
+        </ul>
+    </td>
+    </tr>
+</table>
+
+<p>
+レイアウト &lt;fragment&gt; 要素はたくさんの他の PSML 要素を含みます。
+</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>要素</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#Portlet_Fragments">fragment*</a></td>
+    <td>指定された fragment 要素は、レイアウトフラグメントによってレイアウトされるポートレットフラグメント、または階層化されたレイアウトフラグメントのどちらにも成り得ます。全ての子フラグメントにはこのレイアウトの位置を指定するための <a href="#Fragment_Properties">property</a> 要素が必須です。レイアウトフラグメント内に指定されるフラグメントがない場合は結果としてコンテンツは生成されません。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#Fragment_Properties">property*</a></td>
+    <td>レイアウトフラグメントは省略可能で 'sizes' プロパティを持つことが可能です。これは複数列の形状の明細を指定するのに使うことが可能です。階層化されたレイアウトフラグメントは、親レイアウト内の位置を特定するために 'row' または 'column' またはその両方のプロパティも持つかもしれません。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#PSML_Security_Constraints">security-constraints</a>?</td>
+    <td>フラグメントとそのフラグメントの子フラグメントに対して、省略可能なインラインのセキュリティ制限を定義します。ページ、リンクの制約と違って、'view' パーミッションのみが制限されます。もし指定されなければ、フラグメントは <a href="#Page">ページ</a> 内で有効なセキュリティ制限を継承します。</td>
+    </tr>
+</table>
+
+<p>例:</p>
+
+<page>
+  ...
+  <fragment id="100393" type="layout" name="jetspeed-layouts::VelocityOneColumn">
+    <fragment id="100939" type="portlet" name="j2-admin::LocaleSelector">
+      <property layout="OneColumn" name="row" value="0"/>
+    </fragment>                                
+    <fragment id="100345" type="layout" name="jetspeed-layouts::VelocityTwoColumns">
+      <property layout="OneColumn" name="row" value="1"/>
+      <property layout="TwoColumns" name="sizes" value="33%,66%"/>
+      <fragment id="100121" type="portlet" name="j2-admin::LoginPortlet">
+        <property layout="TwoColumns" name="row" value="0"/>
+        <property layout="TwoColumns" name="column" value="0"/>
+      </fragment>                                
+      <fragment id="100171" type="portlet" name="demo::UserInfoTest">
+        <property layout="TwoColumns" name="row" value="0"/>
+        <property layout="TwoColumns" name="column" value="1"/>
+      </fragment>    
+    </fragment>
+  </fragment>
+  ...
+</page>
+</section>
+
+<section name=' ポートレットフラグメント'>
+
+<p>ポートレットの &lt;fragment&gt; 要素は、ページのポートレットを識別するために使われます。ポートレットフラグメントは、親レイアウトフラグメントのレイアウトの影響を受けます。なので、レイアウトで定められている 'row' と 'column' の<a href="#Fragment_Properties">レイアウトプロパティ</a> をサポートします。この要素に対しては多数の有効な属性が存在します。
+</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>属性</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>id</td>
+    <td>必須である id は、フラグメントを特定するのに使います。そして、サイト内で定義される全てのフラグメントに渡って、ユニークで<b>なければなりません</b>。この値は PALポータル に対して透過的でなく、一意性を保証するためのどのような仕様にも従うことが可能です。フラグメントは PALポータル で内部的にキャッシュされる可能性があるので、既存のページに対する任意の編集が、PALポータル が行う変更を保証するために新しい id を必要とするかも知れません。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>type</td>
+    <td>この必須の属性は全てのポートレットフラグメントで 'portlet' と指定しなければなりません。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>name</td>
+    <td>必須であるポートレット名は、フラグメントコンテンツを流し込むのに使われます。ポートレット名は一般的に portlet.xml ファイルで指定された 'portlet-app-id:portlet-id' の形を取ります。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>skin</td>
+    <td>フラグメントの表示のコントロールのための、ポートレットデコレータ内で参照する可能性のある一般的な目的のデコレータ属性。現時点では PALポータル では使っていません。</td>    
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>decorator</td>
+    <td>デフォルトのポートレットデコレータ名は、フラグメントのレンダリングに使われます。この属性は省略可能です。しかし、この属性が指定されない場合は、ページの <a href="#Defaults">defaults</a> がデフォルトのポートレットデコレータを指定します。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>state</td>
+    <td>フラグメントポートレットの初期状態; 現時点ではこの属性に対しては、唯一 'hidden' が有効な値です。</td>
+    </tr>
+</table>
+
+<p>
+ポートレットの &lt;fragment&gt; 要素は他の PSML 要素を含みます。
+</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>要素</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#Fragment_Properties">property*</a></td>
+    <td>親フラグメントは、親レイアウト内の位置を特定するために、'row' または 'column' またはその両方のプロパティを持てます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>title?</td>
+    <td>フラグメントポートレットのタイトルを含む、省略可能で単純なテキストの要素。portlet.xml でセットされたタイトルを上書きします。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#Preferences">preference*</a></td>
+    <td>フラグメントポートレットにたいして、設定される初期のユーザプリファレンスを指定します。portlet.xml 内で指定された、どのようなポートレットプリファレンスも上書きされます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#PSML_Security_Constraints">security-constraints</a>?</td>
+    <td>フラグメントに対するインラインのセキュリティ制限を省略可能で定義します。ページ、フォルダの制約と違って、'view' パーミッションだけを制限できます。もし指定されない場合は、そのフラグメントは <a href="#Page">page</a> 内で有効なセキュリティ制限を継承します。</td>
+    </tr>
+</table>
+
+<p>例:</p>
+
+<source><![CDATA[
+<fragment id="100393" type="layout" name="jetspeed-layouts::VelocityOneColumn">
+  ...
+  <fragment id="100939" type="portlet" name="j2-admin::LocaleSelector">
+    <property layout="OneColumn" name="row" value="0"/>
+  </fragment>                                
+  ...
+</fragment>
+]]></source>
+</section>
+
+<section name=' フラグメントのプロパティ'>
+
+<p><a href="#Portlet_Fragments">フラグメント</a>の &lt;property&gt; 要素はフラグメントのプロパティの名前を指定するのに使われます。これらのプロパティは一般にレイアウトポートレットのパラメータとページ内のポートレットの位置を指定するために使われます。プロパティ要素は 3 つの属性をサポートします。</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>属性</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>layout <i>(廃止予定)</i> </td>
+    <td>プロパティが紐付いているフラグメントポートレットの識別名。この属性は互換性のために用意されています。レイアウトとポートレットフラグメントの厳密な階層構造は、どのような単一のフラグメントとそのプロパティも、 1 つのレイアウトポートレットの影響下にある可能性があることを意味します。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>name</td>
+    <td>フラグメントプロパティの名前。PALポータル のレイアウトポートレットは 'row'、'column'、'sizes' プロパティをサポートします。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>value</td>
+    <td>フラグメントプロパティの値。'row' と 'column' プロパティはゼロベースの指標値を受け取ります。'sizes' プロパティは HTML frameset タグの 'rows' と 'cols' 属性の書式 (例えば '25%,75%' 等) を受け取ります。</td>    
+    </tr>
+</table>
+
+<p>例:</p>
+
+<source><![CDATA[
+<fragment id="100876" type="portlet" name="j2-admin::LoginPortlet">
+  ...
+  <property layout="TwoColumns" name="row" value="2"/>
+  <property layout="TwoColumns" name="column" value="1"/>
+  ...
+</fragment>
+]]></source>
+
+<source><![CDATA[
+<fragment id="103456" type="layout" name="jetspeed-layouts::VelocityTwoColumns">
+  ...
+  <property layout="TwoColumns" name="sizes" value="33%,66%"/>
+  ...
+</fragment>
+]]></source>
+</section>
+
+<section name=' プリファレンス'>
+
+<p>
+<a href="#Portlet_Fragments">ポートレットフラグメント</a> の &lt;preference&gt; 要素は、ポートレットプリファレンスを定義します。これは、ポートレットアプリケーションの portlet.xml 内に、ポートレットの定義を何度も行う必要なく、ページ上のポートレットインスタンス用に、デフォルトのポートレットプリファレンスの設定を、簡単に行う手段を提供します。
+</p>
+
+<p>
+プリファレンスの優先度: ユーザ定義 > フラグメント定義 > portlet.xml での定義
+</p>
+
+<p>
+&lt;preference&gt; 要素の属性は以下のようなものです。
+</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>属性</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>name</td>
+    <td>プリファレンスの名前。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>readOnly</td>
+    <td>ユーザがこのプリファレンス値を変えることができるかどうかを示す真偽値。</td>
+    </tr>
+</table>
+
+<p>&lt;preference&gt; 要素は以下の要素を含みます。</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>要素</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>value+</td>
+    <td>指定したプリファレンスと関係する値を含む単純なテキスト要素。</td>    
+    </tr>
+</table>
+
+<p>例:</p>
+
+<source><![CDATA[
+<fragment id="uhtemp-1012" type="portlet" name="demo::BookmarkPortlet">
+  ...
+  <preference name="Google" readOnly="false">
+    <value>http://www.google.com</value>
+  </preference>
+  ...
+</fragment>
+]]></source>
+</section>
+
+<section name=' フォルダ'>
+
+<p>
+&lt;folder&gt; 要素は、ポータルサイトのフォルダと関連する他の PSML 要素を保持する単純な入れ物です。この要素は、関連するファイルシステムディレクトリ内の folder.metadata ファイルとして存在します。フォルダの要素には 2 つの有効な属性が存在します。
+</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>属性</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>hidden</td>
+    <td>フォルダが、ポータルサイトのメニューや他のナビゲーション用の要素に、表示されるかどうかを示す真偽値の属性。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>version</td>
+    <td>一般的な用途のバージョントラッキングの属性。現時点では PALポータル では使われていません。</td>
+    </tr>
+</table>
+
+<p>&lt;folder&gt; 要素は多くの他の PSML 要素を含みます。</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>要素</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>title?</td>
+    <td>デフォルトのフォルダのタイトルを含む単純な要素。フォルダのタイトルは、自身の長い説明とみなされます。もし短いタイトル名が利用可能であれば、一部のデコレータでロールオーバー用のテキストとして使われます。もし指定されていなければ、PALポータル はフォルダ要素を含むファイル名からタイトルを決めようと試みます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>short-title?</td>
+    <td>フォルダのデフォルトの短いタイトルのテキストを含む省略可能な単純要素。もし短いタイトルが利用可能であれば、一部のデコレータでメニューテキストとして使われます。もし指定されない場合は、title のテキストが使われます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>default-page?</td>
+    <td>フォルダのデフォルトページまたはサブフォルダのテキストを含む単純で省略可能な要素。デフォルトページは、フォルダが直接ポータルから参照されるときに使われます。このフォルダ内のどのような <a href="#Page">ページ</a>やフォルダを (親フォルダとして使われる「..」も含む) 指定することも可能です。もしデフォルトページが設定されない場合は、「default-page.psml」が使われます。もし 「default-page.psml」が存在しない場合は、フォルダ内の最初のページがデフォルトになります。</td>
+    </tr>
+
+    <tr>
+    <td>document-order*</td>
+    <td><a href="#Page">ページ</a>、サブフォルダ、<a href="#Link">リンク</a> といった構成要素のソートの順番を定義するのに使われる、構成要素のテキスト名を含む単純で省略可能な要素。名前にマッチする構成要素は、その要素が定義された順番に配置されます。他の構成要素は名前でソートされます。そして、メニューや他のリストでは、一致した構成要素の後に表示されます。正規表現による一致はサポートしません。</td>
+    </tr>
+
+    <tr>
+    <td><a href="#PSML_Titles_and_Metadata">metadata</a>*</td>
+    <td>省略可能の指定である、ロケール固有のフォルダのタイトルや短いタイトル。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#Menus">menu</a>*</td>
+    <td>省略可能の指定である、追加の、または継承したものを上書きするフォルダのメニュー定義。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#PSML_Security_Constraints">security-constraints</a>?</td>
+    <td>省略可能の定義である、フォルダ用のインラインのセキュリティ制限の定義。もし指定されなければ、フォルダは親フォルダ内の有効なセキュリティ制限を継承します。</td>
+    </tr>
+</table>
+
+<p>例: <a href="#PSML">序文の例を参照してください。</a></p>
+</section>
+
+<section name=' リンク'>
+
+<p>
+&lt;link&gt; 要素は、ポータルサイトの外部のコンテンツを参照するのに使われるポータルリンクに関連づけられている、他の PSML 要素を保持するシンプルな入れ物です。この要素は、親<a href="#Folder">フォルダ</a>と関連づけられている、適切なファイルシステムのディレクトリ内に存在する「.link」という拡張子のファイルとして存在します。この要素には 2 つの有効な属性があります。
+</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>属性</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>target</td>
+    <td>省略可能の指定である、外部コンテンツを開くための対象となるフレームの名前。もし指定されなければ、リンクされたコンテンツはブラウザで開いているポータルと置き換わります。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>version</td>
+    <td>一般的な用途のバージョントラッキングの属性。現時点では PALポータル では使われていません。</td>
+    </tr>
+</table>
+
+<p>
+&lt;link&gt; 要素は多数の他の PSML 要素を含みます。
+</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>要素</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>title?</td>
+    <td>デフォルトのリンクタイトル用のテキストを含むシンプルな要素。リンクのタイトルは、その長い説明とみなされます。もしメニューテキスト用の短いタイトルが利用可能であれば、一部のデコレータでロールオーバー用のテキストとして使われます。もし指定されていなければ、PALポータル は link 要素を含むファイルのファイル名からタイトルを決めようと試みます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>short-title?</td>
+    <td>リンクのデフォルトの短いタイトルのテキストを含む単純で省略可能な要素。もし短いタイトルが利用可能であれば、一部のデコレータでメニューテキストとして使われます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>url</td>
+    <td>コンテンツの URL のための必須の要素。この要素のテキストは、指定されたブラウザの対象フレームをナビゲートするのに使われます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#PSML_Titles_and_Metadata">metadata</a>*</td>
+    <td>省略可能の指定である、ロケール固有のリンクのタイトルや短いタイトル。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#PSML_Security_Constraints">security-constraints</a>?</td>
+    <td>省略可能の指定である、リンクのためのセキュリティ制限。もし指定されなければ、リンクは親<a href="#Folder">フォルダ</a>内の有効なセキュリティ制限を継承します。</td>
+    </tr>
+</table>
+
+<p>例: <a href="#PSML">序文の例を参照してください。</a></p>
+</section>
+
+<section name=' グローバルなページのセキュリティ'>
+
+<p>
+&lt;page-security&gt; 要素はグローバルなセキュリティ制限と、その定義を宣言するために使われる、他の PSML 要素を保持するためのシンプルな入れ物です。この要素は page.security ファイルとして存在し、常に PSML ファイルのシステムディレクトリのルートディレクトリに存在します。page-security 要素の有効な属性は 1 つだけ存在します。
+</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>属性</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>version</td>
+    <td>一般的な用途のバージョントラッキングの属性。現時点では PALポータル では使われていません。</td>
+    </tr>
+</table>
+
+<p>
+&lt;page-security&gt; 要素は PSML 要素に関連する 2 つのセキュリティ制限を含みます。
+</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    <th>要素</th>
+    <th>説明</th>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#PSML_Security_Constraints">security-constraints-def</a>*</td>
+    <td>省略可能の定義である、セキュリティ制限のコレクションの名前。これらのセキュリティ制限は<a href="#Page">ページ</a>、<a href="#Layout_Fragments">フラグメント</a>、<a href="#Folder">フォルダ</a>、<a href="#Link">リンク</a>内で、そして再利用とセキュリティのメンテナンスを容易にするために、この要素内で参照されます。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td><a href="#PSML_Security_Constraints">global-security-constraints-ref</a>*</td>
+    <td>サイト内の全てのセキュリティ制限を適用するための、省略可能の定義であるセキュリティ制限参照。それぞれのシンプルな要素のテキストは、このエレメント内のここで指定された名前のセキュリティ制限の定義を参照します。</td>
+    </tr>
+</table>
+
+<p>例: <a href="#PSML">序文の例を参照してください。</a></p>
+</section>
+
+<section name=' PSML タイトルとメタデータ'>
+
+<p>
+<a href="#Page">ページ</a>, <a href="#Folder">フォルダ</a>, <a href="#Link">リンク</a> の &lt;metadata&gt; 要素はロケール特有のタイトルと短いタイトルのテキストを定義するのに使われます。これらの要素は何度でも、含まれる PSML 要素内で表れるかもしれません。しかし、複数の値が 1 つのロケールにたいして指定してはいけません。PSML XML 文書は、普通は広範囲のキャラクタセットをサポートするために、UTF-8 エンコーディングで宣言されます。
+</p>
+
+<table>
+    <tr>
+    </tr>
+    <th>属性</th>
+    <th>説明</th>
+    <tr>
+    <td>name</td>
+    <td>メタデータテキストの名前。この名前は、ロケール特有のタイトルテキストを指定するための、'title' と 'short-title' のどちらかを指定してください。</td>
+    </tr>
+    <tr>
+    <td>xml:lang</td>
+    <td>メタデータテキストのためのロケール言語または言語/国セレクタ。標準の Java ロケール名が期待されます (ISO-639 と ISO-3166)。有効な値として 'en' や 'en_US' を含みます。</td>
+    </tr>
+</table>
+
+<p>例:</p>
+
+<source><![CDATA[
+<page>
+  ...
+  <metadata name="title" xml:lang="fr">Ma Premiere Page de PSML</metadata>
+  <metadata name="title" xml:lang="es">¡Bienvenido a PALポータル!</metadata>
+  <metadata name="title" xml:lang="hu">Köszönti a PALポータル!</metadata>
+  ...
+</page>
+]]></source>
+</section>
+
+<section name=" PSML セキュリティ制限">
+
+<p>
+<a href="#Page">pages</a>、<a href="#Layout_Fragments">fragments</a>、<a href="#Folder">folders</a>、 <a href="#Link">links</a>、<a href="#Global_Page_Security">page security</a> 要素内で現れる &lt;security-constraints&gt;、&lt;security-constraints-def&gt;、&lt;global-security-constraints-ref&gt; 要素については宣言型セキュリティ制限に関するドキュメントに別途記述されています。
+</p>
+
+<p>
+<a href='guide-security-declarative-psml.html'>宣言型セキュリティ制限のガイド</a>
+</p>
+</section>
+
+<section name=" PSML メニュー">
+
+<p>
+<a href="#Page">ページ</a> や <a href="#Folder">フォルダ</a> 要素内で現れる &lt;menu&gt; 要素は宣言型メニューのガイドに別途記述されています。
+</p>
+
+<p>
+<a href='guide-menus-declarative-psml.html'>宣言型メニューのガイド</a>
+</p>
+
+</section>
+
+</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-psml.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-security-declarative-psml.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-security-declarative-psml.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-security-declarative-psml.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,337 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2004-2005 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>Guide to Declarative Security through PSML</title>
+    <subtitle>Guide to Declarative Security through PSML</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
+      <person name="Randy Watler" email="rwatl****@apach*****"/>
+    </authors>
+	<translators>
+		<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+	</translators>
+  </properties>
+  <body>
+<section name=" セキュリティ制約">
+
+<p>
+<ul>
+	<li><a href="#The Security Constraint">セキュリティ制約</a></li>	      
+	<li><a href="#Declarative and Global Constraints">宣言型の制約とグローバルの制約</a></li>	 
+    <li><a href="#Folder Constraints">フォルダの制約</a></li>
+    <li><a href="#Page Constraints">ページの制約</a></li>    
+    <li><a href="#Fragment Constraints">フラグメントの制約</a></li>    
+    <li><a href="#Spring Configuration">Spring の設定</a></li>    
+</ul>
+</p>
+
+<p>
+セキュリティ制約は、ページとフォルダに適用されます。セキュリティ制約は、ページとフォルダに対するアクセスを許可したり拒否したりします。制約は、以下の 4 つの場所の 1 つまたは全てで定義されます。
+<ul>
+    <li>1. <b>グローバル:</b> PSML ツリーのルートに存在する <b><i>page.security</i></b> ファイル内の宣言として。</li>
+    <li>2. <b>フォルダ:</b> 各ディレクトリにオプショナルに存在する <b><i>folder.metadata</i></b> ファイル内で。</li>    
+    <li>3. <b>ページ:</b> 特定のページへのアクセスを制限するために PSML ファイル内で。</li>
+    <li>4. <b>フラグメント:</b> ページ内の特定のフラグメントに対するアクセスを制限するために PSML ファイルの中で。</li>
+</ul>
+</p>
+<subsection name=' 許可'>
+
+<p>
+許可は、ページまたはフォルダへのアクセスに対するパーミッション、承認、権限の授与、プリンシパルのリストのどれかに関係します。セキュリティ制約を与えるということは、 1 つ以上のパーミッションと組み合せた、 1 つ以上のセキュリティプリンシパルのリストの関連付けを行うということです。制約を与えると、関連づけられたパーミッションのリストの通りになるようページまたはフォルダへのアクセスが許可されます。
+</p>
+</subsection>
+<subsection name=' 否認'>
+
+<p>
+否認のセキュリティ制約は、 1 つ以上のセキュリティプリンシパルと共に宣言されます。制約の否認は、与えられたプリンシパルのリストの通りになるよう、ページやフォルダに対するアクセスを禁止します。制約の否認は、制約の承認の前にリストアップされる必要があることに注意してください。
+</p>
+</subsection>
+<subsection name=' 宣言型と参照型の制約'>
+
+<p>
+ページとフォルダのリソース制約が適用されるとき、制約は <b><i>宣言型</i></b> または <b><i>参照型</i></b> の制約のどちらかである可能性があります。宣言型の制約は、特定のページまたはフォルダのリソースが、適切に使われるために宣言されます。参照型の制約は、中央集権的なセキュリティ制約リソースである <b><i>page.security</i></b> ファイル内で宣言された制約を参照します。サイト毎かサブサイト毎に、任意のページやフォルダ内で参照される制約を宣言するために、<b><i>page.security</i></b> が 1 つあります。
+</p>
+</subsection>
+</section>
+<section name=' セキュリティ制約'>
+
+<p>
+セキュリティ制約は、PSML ファイル内、もしくはフォルダのメタデータファイル内、もしくはグローバルなセキュリティの宣言中にある XML 要素です。セキュリティ制限には name という属性が 1 つ存在します。セキュリティ制約は、以下の要素を持ちます。
+</p>
+
+<ul>
+    <li>roles - カンマで区切られた 1 つ以上のロールプリンシパルのリスト、もしくは全てのロールを表す *</li>
+    <li>groups - カンマで区切られた 1 つ以上のグループプリンシパルのリスト、もしくは全てのグループを表す *</li>
+    <li>users - カンマで区切られた 1 つ以上のユーザプリンシパル、もしくは全てのユーザを表す *</li>
+    <li>owner - 単一のユーザプリンシパル</li>
+    <li>permissions - カンマで区切られた 1 つ以上のパーミッション (view, edit, help) のリスト</li>
+</ul>    
+
+<p>
+最初の 4 つの要素 (roles, groups, users, owner) は全て、承認されるもしくは拒否されるパーミッションを持つプリンシパルを定義します。
+</p>
+<subsection name=' パーミッション'>
+
+<p>
+パーミッションは、セキュリティ制限によって許可が与えられるポータルのモードです。パーミッションは許可を行うだけで、否認はしません。
+<b><i>view</i></b> パーミッションは、オペレーティングシステムにおける <b><i>read</i></b> パーミッションと同様のものです。
+<b><i>edit</i></b> パーミッションは、オペレーティングシステムにおける <b><i>write</i></b> パーミッションと同様のものです。
+<b><i>help</i></b> パーミッションは、他のポータルで <b><i>info</i></b> パーミッションとなっているものと同様のものです。
+</p>
+</subsection>
+
+<subsection name=' ロール'>
+
+<p>
+制約は、与えられたリソースへのパーミッションのセットを、 1 つ以上のロールプリンシパルに与えることができます。ロールは、承認されたロールプリンシパル (つまりそのユーザがメンバーであるということ) のユーザリストから得られます。もし承認されたユーザが、リストされたロールのどれかのメンバーであるのなら、リソースに対するパーミッションが与えられます。
+</p>
+
+<source><![CDATA[
+    <security-constraint>
+      <roles>adminstrator, manager</roles>    
+      <permissions>view, edit</permissions>
+    </security-constraint>
+]]></source>
+
+<p>
+制約は、ロールプリンシパルのリソース全体に対するアクセスを拒否することも可能です。もし承認されたユーザが、リストされたロールのどれかのメンバーであるのなら、リソースに対する全てのアクセスが拒否されます。
+</p>
+
+<source><![CDATA[
+    <security-constraint>
+      <roles>adminstrator, manager</roles>    
+    </security-constraint>
+]]></source>
+</subsection>
+<subsection name=' グループ'>
+	
+	<p>
+制約は、与えられたリソースへのパーミッションのセットを、 1 つ以上のグループプリンシパルに与えることができます。
+グループは、承認されたグループプリンシパル (つまりユーザがメンバーであるグループ) のユーザのリストから得られます。
+もし承認されたユーザが、リストされたグループのどれかのメンバーであるのなら、リソースに対するパーミッションが与えられます。
+<source><![CDATA[
+    <security-constraint>
+      <groups>accounting, development</groups>    
+      <permissions>view</permissions>
+    </security-constraint>
+]]></source>
+制約は、グループプリンシパルのリソース全体に対するアクセスを拒否することもできます。もし承認されたユーザが、リストされたグループのいずれかのメンバーであるのなら、リソースに対する全てのアクセスが拒否されます。
+<source><![CDATA[
+    <security-constraint>
+      <groups>accounting, development</groups>    
+    </security-constraint>
+]]></source>
+	</p>
+</subsection>
+<subsection name=' ユーザ'>
+	
+	<p>
+制約は、与えられたリソースへのパーミッションのセットを、 1 つ以上のユーザプリンシパルに与えることができます。現在のユーザは、リソースに対するパーミッションを与えるためにカンマで区切られたリスト中にリストされる、プリンシパルの 1 つでなければなりません。
+<source><![CDATA[
+    <security-constraint>
+      <users>joey, deedee, johnny</users>    
+      <permissions>view, edit, help</permissions>
+    </security-constraint>
+]]></source>
+制約は、ユーザプリンシパルの全てのリソースに対するアクセスを拒否することも可能です。もし承認されたユーザがリスト内にあれば、全てのアクセスは拒否されます。
+<source><![CDATA[
+    <security-constraint>
+      <users>fred</users>    
+    </security-constraint>
+]]></source>
+	</p>
+</subsection>
+<subsection name=' 組み合せ'>
+
+<p>
+ 1 つ以上の種類のプリンシパルの集合に対してパーミッションを与えたり、拒否したりできることに注意してください。例えば、ここではロール (manager, developer) とグループ (QA と Research) と特定のユーザ (dilbert) に対して、view と edit のパーミッションを与えています。もし承認されたユーザが、ここにリストされたロール、ユーザ、グループのどれかのメンバーであるのなら、このリソースに対するパーミッションが与えられます。
+</p>
+
+<source><![CDATA[
+    <security-constraint>
+      <roles>hacker, coder, guru</roles>    
+      <groups>unix, linux, freebsd</groups>
+      <users>betty, fred, barney, wilma</users>      
+      <permissions>view, edit</permissions>
+    </security-constraint>
+]]></source>
+
+<p>
+制約は、プリンシパルの組み合せが、全てのリソースに対するアクセスを拒否することも可能です。もし承認されたユーザが、リストされたグループやロールやユーザのメンバーであれば、リソースに対する全てのアクセスは拒否されます。
+</p>
+
+<source><![CDATA[
+    <security-constraint>
+      <roles>hacker, coder, guru</roles>    
+      <groups>unix, linux, freebsd</groups>
+      <users>betty, fred, barney, wilma</users>      
+    </security-constraint>
+]]></source>
+</subsection>
+<subsection name='すべて *'>
+
+<p>
+全てを意味する * (アスタリスク) は、ロール、グループ、ユーザ、パーミッションの全てに適用可能です。
+<source><![CDATA[
+    <security-constraint>
+      <users>*</users>      
+      <permissions>*</permissions>
+    </security-constraint>
+]]></source>
+</p>
+</subsection>
+<subsection name=' オーナー'>
+	
+	<p>
+	TODO
+	</p>
+</subsection>
+</section>
+<section name=' 宣言型の制約とグローバルの制約'>
+
+<p>
+宣言型の制約は、サイトのルートにある <b><i>page.security</i></b> ファイル内で宣言されます。宣言型の制約は、<b><i>security-constraints-ref</i></b> タグを使って、ページやフォルダ内で参照されます。グローバルな制約も宣言型の制約です。これらは、ルート PSML リポジトリ内の <b><i>page.security</i></b> ファイル内で定義され、見付かります。グローバルな制約との違いは、page.security ファイルのスコープ内 (すなわちサイト) の全てのフォルダとページに、暗黙のうちに適用されることです。PALポータル をインストールすると、 1 つしか <b><i>page.security</i></b> ファイルは存在できないことに注意してください。
+</p>
+
+<source><![CDATA[
+  <security-constraints-def name="admin">
+    <security-constraint>
+      <roles>admin</roles>
+      <permissions>view, edit</permissions>
+    </security-constraint>
+  </security-constraints-def>
+  <global-security-constraints-ref>admin</global-security-constraints-ref>
+]]></source>
+<subsection name=' デフォルトの制約'>
+
+<p>
+セキュリティ制約の宣言には、PALポータル のデフォルトの配備で作成されるものがあります。
+<table>
+    <tr>
+        <th>制約名</th>
+        <th>与えられる対象</th>
+        <th>パーミッション</th>        
+        <th>グローバルかどうか</th>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>admin</td>
+        <td>roles: admin</td>
+        <td>view, edit</td>        
+        <td>yes</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>manager</td>
+        <td>roles: manager</td>
+        <td>view</td>        
+        <td>no</td>
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>users</td>
+        <td>roles: user, manager</td>
+        <td>view</td>        
+        <td>no</td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>public-view</td>
+        <td>users: *</td>
+        <td>view</td>        
+        <td>no</td>        
+    </tr>
+    <tr>
+        <td>public-edit</td>
+        <td>users: *</td>
+        <td>view, edit</td>        
+        <td>no</td>        
+    </tr>    
+</table>    
+</p>
+</subsection>
+</section>
+<section name=' フォルダの制約'>
+
+<p>
+フォルダのセキュリティ制約は、サイト内の各フォルダにオプショナルで存在する <b><i>folder.metadata</i></b> ファイル内の <b><i>security-constraints リスト</i></b> 内に記述されます。<b><i>folder.metadata</i></b> ファイルがない場合、もしくはそのファイル内にセキュリティ制約の記述がない場合は、フォルダは、サイトかサブサイトのルートフォルダまでディレクトリをたどって、親フォルダの制約を継承することに注意してください。以下に 2 つの例を示します。 1 つ目は参照型の制約であり、 2 つ目は宣言型の制約です。
+<source><![CDATA[
+  <security-constraints>
+    <security-constraints-ref>public-view</security-constraints-ref>
+    <security-constraint>
+      <groups>engineering</groups>
+      <permissions>view</permissions>
+    </security-constraint>    
+  </security-constraints>
+]]></source>
+</p>
+
+<p>
+全てのセキュリティ制約は、<b><i>security-constraints</i></b> 内に記述しなければなりません。
+</p>
+</section>
+<section name=' ページの制約'>
+
+<p>
+ページのセキュリティ制約は、<b><i>PSML</i></b> ファイル内の <b><i>security-constraints list</i></b> に記述されます。これはオプショナルです。このファイルにセキュリティ制約の記述がない場合は、フォルダは、自身が存在するフォルダの制約を継承することに注意してください。ページのセキュリティ制約は、宣言型のセキュリティ制約と参照型のセキュリティ制約から作成されます。以下に、 2 つの例を示します。 1 つ目は参照型の制約、 2 つ目は宣言型の制約です。
+</p>
+
+<source><![CDATA[
+  <security-constraints>
+    <security-constraints-ref>global-view</security-constraints-ref>
+    <security-constraint>
+      <groups>accounting</groups>
+      <permissions>view, edit</permissions>
+    </security-constraint>    
+  </security-constraints>
+]]></source>
+
+<p>
+全てのセキュリティ制約は、<b><i>security-constraints</i></b> 内に記述しなければなりません。
+</p>
+</section>
+<section name=' フラグメントの制約'>
+
+<p>
+ページのセキュリティ制約と同様に、フラグメントのセキュリティ制約は、<b><i>PSML</i></b> ファイル内の <b><i>security-constraints リスト</i></b> に記述されます。この記述は省略可能です。期待通り、セキュリティの制約のリストがない場合は、フラグメントは、自身が属するページの制約を継承します。view パーミッションだけがフラグメントの制約に対してチェックされることに注意してください。他のパーミッションは含まれるページに対してのみテストされます。
+</p>
+</section>
+<section name=" Spring の設定">
+
+<p>
+宣言型のセキュリティ制約は、デフォルトでページマネージャコンポーネントの Spring の設定で有効になります。以下に、<b><i>page-manager.xml</i></b> という Spring の部品設定ファイルのデフォルトのページマネージャ bean の設定を示します。
+</p>
+
+<source><![CDATA[
+  <bean id="org.apache.jetspeed.page.PageManager" 
+       name="pageManager"
+       class="org.apache.jetspeed.page.psml.CastorXmlPageManager">         
+       <constructor-arg index="0"><ref bean="IdGenerator"/></constructor-arg>
+       <constructor-arg index="1"><ref bean="DocumentHandlerFactory"/></constructor-arg>
+       <constructor-arg index="2"><ref bean="FolderHandler"/></constructor-arg>
+       <constructor-arg index="3"><ref bean="PageFileCache"/></constructor-arg>        
+       <!-- permissions security enabled flag, default=false -->
+       <constructor-arg index="4"><value>false</value></constructor-arg>
+       <!-- 制約セキュリティモデルの有効フラグ、デフォルト true  -->
+       <constructor-arg index="5"><value>true</value></constructor-arg>
+  </bean>
+]]></source>
+
+<p>
+この例の 6 番目 (index="5") の真偽値のコンストラクタ引数が、"制約セキュリティ" モデルを有効にするかどうかの指定を行うものです。もし、宣言型のセキュリティ制約が有効でないのなら、全てのインライン、参照型、グローバルのセキュリティ制約は無視されます。
+</p>
+</section>
+
+</body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-security-declarative-psml.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-security.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-security.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-security.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,71 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title> セキュリティのガイド</title>
+		<subtitle> セキュリティ設定の概略</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+		<translators>
+			<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+		</translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name=" PALポータル セキュリティの設定">
+			
+			<p>
+				PALポータル のセキュリティアーキテクチャの概略は
+				<a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html">
+					この文書
+				</a>
+				にあります。
+			</p>
+			<subsection name=" 認証の設定のガイド">
+				
+				<p>
+					PALポータル は複数の認証メカニズムが関係するセキュリティ SPI モデルを利用した
+					<a
+						href="../multiproject/jetspeed-security/login-module.html">
+						LoginModule の実装
+					</a>
+					を提供しています。
+				</p>
+				
+				<p>
+					PALポータル の認証の設定は <a href="guide-portal-assembly.html">ポータルアプリケーションを構築するためのディレクトリ</a> にある <i>security-spi-atn.xml</i> ファイルによって管理されます。PALポータル は
+					<ul>
+						<li><a href="../multiproject/jetspeed-security/config.html#security-spi-atn_xml">リレーショナルデータベース</a> (デフォルトの認証の実装).</li>
+						<li><a href="../multiproject/jetspeed-security/ldap.html">LDAP 認証</a> の実装</li>
+				    </ul>
+					に対する認証をサポートします。
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" 承認の設定のガイド">
+				
+				<p>
+					PALポータル は <a href="http://portals.apache.org/jetspeed-2/multiproject/jetspeed-security/atz-jaas.html">リレーショナルデータベースがバックエンドとなる JAAS ポリシー実装</a> を提供します。
+				</p>
+				
+				<p>
+					その上 PALポータル の承認の実装は SPI モデルに依存しています。そして、<code>security-spi-atz.xml</code> で設定を行います。
+					設定の詳細は <a href="../multiproject/jetspeed-security/config.html">この文書</a> を参照してください。
+				</p>
+			</subsection>
+		</section>
+	</body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-security.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-simple-portlet.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-simple-portlet.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-simple-portlet.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,144 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title> PALポータル で動かす簡単なポートレットのガイド</title>
+		<subtitle> 簡単なポートレットを作るための文書</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+		<translators>
+			<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+		</translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name=" PALポータル で動かす簡単なポートレットのガイド">
+			
+			<p>
+				このガイドは、とても簡単なポートレットを作成するためのチュートリアルです。ポートレットの開発者は以下のような順序で開発を行います。
+			</p>
+			<subsection name=" 1. ポートレットクラス">
+				
+				<p>
+					simplest/WEB-INF/classes ディレクトリに Simplest.java というファイルを以下のように作成してください。
+				<source>
+public class Simplest extends javax.portlet.GenericPortlet
+{
+    public void doView(javax.portlet.RenderRequest request, javax.portlet.RenderResponse response)
+                throws javax.portlet.PortletException, java.io.IOException
+    {
+            response.setContentType("text/html");
+            response.getWriter().println("A very simple portlet.");
+    }
+}
+				</source>
+				</p>
+				
+				<p>
+				以下のようにコマンドを入力してクラスをコンパイルしてください。
+				<source>
+javac -cp ~/.maven/repository/org.apache.portals.jetspeed-2/jars/portlet-api-1.0.jar Simplest.java
+				</source>
+				</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" 2. portlet.xml">
+			
+			<p>
+			simplest/WEB-INF ディレクトリに portlet.xml ファイルを作成してください。
+			<source><![CDATA[
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<portlet-app id="simplest" version="1.0">
+  <portlet id="Simplest">
+    <portlet-name>Simplest</portlet-name>
+    <display-name>Simple Display Name</display-name>
+    <portlet-class>Simplest</portlet-class>
+    <supports>
+      <mime-type>text/html</mime-type>
+      <portlet-mode>VIEW</portlet-mode>
+    </supports>
+    <supported-locale>en</supported-locale>
+    <portlet-info>
+      <title>Simple Title</title>
+      <short-title>The world's simplest portlet</short-title>
+    </portlet-info>
+  </portlet>
+</portlet-app>]]>
+			</source>
+			</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" 3. web.xml">
+			
+			<p>
+			simplest/WEB-INF ディレクトリに web.xml ファイルを作成してください。
+			<source><![CDATA[
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<!DOCTYPE web-app PUBLIC "-//Sun Microsystems, Inc.//DTD Web Application 2.3//EN"
+                         "http://java.sun.com/dtd/web-app_2_3.dtd">
+<web-app>
+  <display-name>Simplest</display-name>
+  <description>The world's simplest portlet</description>
+</web-app>]]>
+			</source>
+			</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" 4. PSML ファイル">
+			
+			<p>
+			あなたの PALポータル ポータルディレクトリ以下の src/webapp/WEB-INF/pages ディレクトリに simplest.psml ファイルを作成してください。portlet-app id と portlet-name はポートレットフラグメントを特定するために結合されます。あなたのポータルをリビルドしてください。
+			<source><![CDATA[
+<page>
+  <defaults
+     skin="orange"
+     layout-decorator="tigris"
+     portlet-decorator="tigris"
+  />
+  <title>The simplest portlet in the world</title>
+  <metadata name="title" xml:lang="fr">La plus simple portlet du monde</metadata>
+
+  <fragment id="simplest" type="layout" name="jetspeed-layouts::VelocityTwoColumns">
+    <fragment id="simplest-1" type="portlet" name="simplest::Simplest">
+      <property layout="TwoColumns" name="row" value="0" />
+      <property layout="TwoColumns" name="column" value="0" />
+    </fragment>
+  </fragment>
+
+  <security-constraints>
+    <security-constraints-ref>public-view</security-constraints-ref>
+  </security-constraints>
+</page>]]>
+			</source>
+			</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" 5. WAR ファイル">
+			
+			<p>
+			simplest ディレクトリで、以下のようなコマンドを実行して、以上のファイルを war ファイルにまとめてください。
+			<source>
+jar cvf ../simplest.war .
+			</source>
+			</p>
+			</subsection>
+			<subsection name=" 6. WAR ファイルの配備">
+			
+			<p>
+			war ファイルを <code>$CATALINA_HOME/webapps/jetspeed/WEB-INF/deploy</code> にコピーしてください。PALポータル は webapp を配備します。ブラウザで
+			<code>http://localhost:8080/jetspeed/portal/simplest.psml</code> にアクセスしてください。
+			</p>
+			</subsection>
+		</section>
+	</body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-simple-portlet.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-site.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-site.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-site.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,38 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>サイト</title>
+    <subtitle>PALポータル サイトを作成するデザイナ用の資料</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
+    </authors>
+        <translators>
+            <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****" />
+        </translators>
+  </properties>
+  <body>
+<section name="サイト">
+
+<p>
+TODO: サイトに関するコンポーネントについて述べる。たとえば、ページ、フォルダ、フラグメント、デコレータ、レイアウト、フォルダメタデータ、リンク、PSML、ドキュメントセット
+</p>
+</section>
+
+</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-site.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-sso.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-sso.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-sso.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,47 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title> PALポータル のシングルサインオン</title>
+    <subtitle> PALポータル の SSO (シングルサインオン) のドキュメント</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="Roger Ruttimann" email="roger****@apach*****"/>
+    </authors>
+	<translators>
+		<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+	</translators>
+  </properties>
+  <body>
+<section name=" シングルサインオン(SSO)">
+
+<p>
+PALポータル には URL やアプリケーション単位でサイトを保護するための資格を保存しておけるシングルサインオンコンポーネントがあります。
+</p>
+
+<p>
+SSO は以下の 3 つのコンポーネントを含む機能です。
+<ul>
+	<li>バックエンドオペレーションを扱う SSO プロバイダサービス <a href="../multiproject/jetspeed-sso/index.html">SSO Provider</a></li>
+	<li>SSO の管理ポートレット <a href="../multiproject/jetspeed-sso/index.html">SSO Admin Portlet</a></li>
+	<li>SSO プロキシポートレット <a href="../multiproject/jetspeed-sso/index.html">SSO Proxy Portlet</a></li>
+</ul>
+</p>
+</section>
+
+</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-sso.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-user-attributes.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-user-attributes.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-user-attributes.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,149 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title> ユーザ属性定義のガイド</title>
+    <subtitle>  PLT.17 ユーザ情報に関する設定</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="Ate Douma" email="ate****@douma*****"/>
+    </authors>
+	<translators>
+		<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+	</translators>
+  </properties>
+  <body>
+    <section name=" ユーザ属性の定義">
+	  
+	  <p>
+		  ポートレット仕様はどのようにしてポートレットアプリケーションがユーザ属性を使用できるのかについて定義をしています。属性は portlet.xml で以下のように定義されます (PLT.17.1 参照)。</p>
+	  
+      <source><![CDATA[
+<portlet-app version="1.0" xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/portlet/portlet-app_1_0.xsd">
+   <user-attribute>
+      <description>User Given Name</description>
+      <name>user.name.given</name>
+   </user-attribute>
+   <user-attribute>
+      <description>User Last Name</description>
+      <name>user.name.family</name>
+   </user-attribute>
+   <user-attribute>
+      <description>User eMail</description>
+      <name>user.home-info.online.email</name>
+   </user-attribute>
+   ...
+</portlet-app>]]></source>
+	  
+	  <p>
+		  このように属性が定義されると、ポートレットは PortletRequest インタフェース (PLT.17.2 参照) で定義された USER_INFO 定数を使って PortletRequest から変更できない Map としてログインしているユーザの現在値にアクセスすることが可能になります。
+	  </p>
+	  
+      <source>
+Map userInfo = (Map)request.getAttribute(PortletRequest.USER_INFO);
+String givenName = (userInfo!=null) ? (String)userInfo.get("user.name.given") : "";
+String lastName = (userInfo!=null) ? (String)userInfo.get("user.name.family") : "";
+String email = (userInfo!=null) ? (String)userInfo.get("user.home-info.online.email") : "";</source>
+      
+	  <p>
+		  ポートレット仕様で定義されないのは、ポータルが定義されたユーザ属性をユーザの具体的な属性にどのようにマッピングするかということです。
+	  </p>
+    </section>
+    <section name=" ユーザ属性のマッピング">
+	  
+	  <p>
+		  PALポータル は具体的なユーザ属性を定義したり、そのユーザ属性へのアクセスを定義したりするためにとても柔軟な方法を提供しています。</p>
+	  
+	  <p>
+		  具体的なユーザ属性は PALポータル が情報を格納しておくためのデータベースバックエンドとしている User Preferences を使って格納されます (これは PALポータル の殆んどのコンポーネントと同じような方法でカスタマイズできます)。ユーザ属性の実装は PALポータル の <a href="multiproject/jetspeed-prefs/index.html">java.util.prefs.Preferences</a> の実装を利用しています。<br/>
+		  具体的なユーザ属性は User preferences 内の特定のノード下に格納されます。そして任意の名前の属性を自由に含むことができます。<br/>
+		  これらの具体的なユーザ属性は portlet.xml 内で以下のような 2 つの方法で定義されたユーザ属性にマップされます。
+		  <ol>
+			  <li>
+				  属性名との完全一致の使用
+			  </li>
+			  <li>
+				  jetspeed-portlet.xml 内で定義されるカスタムマッピングの使用
+			  </li>
+		  </ol>
+	  </p>
+      <subsection name=" カスタムのユーザ属性マッピング">
+		
+		<p>
+			もし対象とするポータルとして PALポータル を利用して新しいポートレットアプリケーションを書いたのなら、ポータル内で具体的なユーザ属性と一致する User Attributes を定義することは簡単でしょう。<br/>
+			しかし、もし既に存在するポートレットアプリケーションを PALポータル 上に配備したいのなら、ポートレットアプリケーションに必要な属性名と PALポータル の User Preferences に格納される具体的な属性名の間のミスマッチがあるかもしれません。
+		</p>
+		
+		<p>
+			<em>
+				注意: ポートレット仕様は Appendix PLT.D. で推奨される属性名のセットを定義しています。<br/>
+				これらの属性名を使ったポートレットアプリケーションと具体的なユーザ属性をこれらの名前を使って格納しているポータルは以下で述べるようなカスタムの属性のマッピングを使う必要は一切ありません。<br/>
+				PALポータル は具体的なユーザ属性を全く自由に定義することができますが、可能な限りこれらのあらかじめ定義された属性を使うことが推奨されます。</em></p>
+		
+		<p>
+			jetspeed-portlet.xml に jetspeed 特有の設定やカスタマイズを記述することができます。<br/>
+			このドキュメントの配備は必須ではありません。しかし、もしポートレットアプリケーションの war ファイル内の WEB-INF フォルダにこのドキュメントが見付かれば、処理が行われます。<br/>
+			PALポータル 特有の設定は "http://portals.apache.org/jetspeed" 名前空間を使って定義しなければなりません。
+		</p>
+		
+		<p>
+			ユーザ属性のマッピングはカスタムのユーザ属性名を定義する "name" エレメントと、その属性名にマップされる具体的な属性名を定義する"name-link" エレメントを含む "user-attribute-ref" エレメントによって定義されます。
+		</p>
+		
+        <source><![CDATA[
+<portlet-app version="1.0" 
+   xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/portlet/portlet-app_1_0.xsd" 
+   xmlns:js="http://portals.apache.org/jetspeed"> 
+   <js:user-attribute-ref>
+      <js:name>user-name-given</js:name>
+      <js:name-link>user.name.given</js:name-link>
+   </js:user-attribute>
+   <js:user-attribute-ref>
+      <js:name>user-name-family</js:name>
+      <js:name-link>user.name.family</js:name-link>
+   </js:user-attribute>
+   ...
+</portlet-app>]]></source>
+		
+		<p>
+			先の例のようなカスタムのマッピングを使って、ポートレットは次のようにユーザ属性にアクセスできます。</p>
+		
+        <source>
+Map userInfo = (Map)request.getAttribute(PortletRequest.USER_INFO);
+String givenName = (userInfo!=null) ? (String)userInfo.get("user-name-given") : "";
+String lastName = (userInfo!=null) ? (String)userInfo.get("user-name-family") : "";
+String email = (userInfo!=null) ? (String)userInfo.get("user.home-info.online.email") : "";</source>
+        
+		<p>
+			カスタムのマッピングが定義されていない (ログオンしているユーザのために定義されている具体的な属性が提供されている) email 属性も完全一致でのアクセスが可能であることに注意してください。
+		</p>
+      </subsection>  
+    </section>
+	<section name=" PALポータル でのユーザ属性の定義">
+	  
+	  <p>
+		  PALポータル にはユーザ管理を含むいくつかの管理ポートレットがあります。<br/>
+		  ユーザ管理ポートレットを使って、非常に簡単にユーザに対する具体的な属性を定義したり修正したりできます。
+	  </p>
+      <img src="../images/definingUserAttributes.jpg"/>
+	  
+	  <p>
+		  デフォルトの PALポータル で配備され、スタートページに表示される、ユーザ情報テスト (User Info Test) デモポートレットは前述の例のユーザ属性定義を使い、ログオンユーザの値を表示しています。(これらの値はサーブレット内の HttpServletRequest と PortletRequest の両方からアクセス可能であることを示しています)
+	  </p>
+      <img src="../images/usingUserAttributes.jpg"/>
+    </section>
+  </body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/guide-user-attributes.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/images/create-patch.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/images/create-patch.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/images/j2-overview.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/images/j2-overview.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/images/jetspeedservlet-c.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/images/jetspeedservlet-c.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/index.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/index.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/index.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,98 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title> 資料ガイド 目次</title>
+		<subtitle> Jetspped 2の資料ガイド 目次</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+		<translators>
+			<person name="松田 政明 as TigerCat" email="m.mat****@appli*****" />
+		</translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name=" 資料ガイド">
+		<subsection name=" 導入">
+
+		<ul>
+			<li><a href="../getting-started.html">導入ガイド</a></li>
+			<li><a href="../getting-started-source.html">PALポータル ソースからの導入ガイド</a></li>
+			<li><a href="../getting-started-binary.html">PALポータル バイナリからの導入ガイド</a></li>
+			<li><a href="../getting-started-installer.html">PALポータル インストーラからの導入ガイド</a></li>
+		</ul>
+		</subsection>
+		<subsection name=" ポータルシステムとしての概要ガイド">
+
+		<ul>
+			<li><a href="guide-pipeline.html">PALポータル パイプラインのガイド</a></li>
+			<li><a href="guide-decorators.html">デコレータのガイド</a></li>
+			<li><a href="guide-layouts.html">レイアウトのガイド</a></li>
+		</ul>
+		</subsection>
+		<subsection name=" 設定のガイド">
+
+		<ul>
+			<li><a href="guide-properties.html">設定項目のガイド</a></li>
+			<li><a href="guide-database.html">データベース設定のガイド</a></li>
+			<li><a href="guide-app-servers.html">アプリケーションサーバのガイド</a></li>
+			<li><a href="guide-security.html">PALポータル セキュリティ設定のガイド</a></li>
+			<li><a href="guide-sso.html">PALポータル シングルサインオン利用のガイド</a></li>
+			<li><a href="guide-user-attributes.html">ユーザ属性定義のガイド (PLT.17 ユーザ情報に関する設定)</a></li>
+			<li><a href="guide-profiler.html">プロファイラ利用のガイド</a></li>
+			
+		</ul>
+		</subsection>
+		<subsection name=" ポータル開発のガイド">
+
+		<ul>
+			<li><a href="guide-portal-design.html">ポータルデザインのガイド</a></li>
+			<li><a href="guide-psml.html">PSML のガイド</a></li>
+			<li><a href="guide-security-declarative-psml.html">PSML による宣言型セキュリティのガイド</a></li>
+			<li><a href="guide-menus-declarative-psml.html">PSML による宣言型メニューのガイド</a></li>
+			<li><a href="guide-site.html">PALポータル を使ったサイト構築のガイド</a></li>
+			<li><a href="guide-l10n.html">PALポータル を使った地域化のガイド</a></li>
+			<li><a href="guide-ajax-api.html">PALポータル AJAX API のガイド</a></li>
+			<li><a href="guide-simple-portlet.html">PALポータル で動かすとても簡単なポートレットのガイド</a></li>
+			<li><a href="guide-portlet-bridges.html">ポートレットブリッジのガイド</a></li>				
+		</ul>
+		</subsection>
+		<subsection name=" PALポータル 開発のガイド">
+
+		<ul>
+			<li><a href="guide-j2-development.html">PALポータル 開発のガイド</a></li>
+			<li><a href="../how-to-help.html">PALポータル への協力のガイド</a></li>
+		</ul>
+		</subsection>
+		<subsection name=" PALポータル ツールのガイド">
+
+		<ul>
+			<li><a href="guide-jpt.html">PALポータル Power Tools のガイド</a></li>
+			<li><a href="../multiproject/jetspeed-deploy-tools/index.html">PALポータル ポートレットアプリケーション配備のガイド</a></li>
+			<li><a href="../j2-maven-plugin.html">PALポータル Mavenプラグイン のガイド</a></li>			
+		</ul>
+		</subsection>
+		<subsection name=" 部品のガイド">
+
+		<ul>
+			<li><a href="guide-components.html">PALポータル を構成する部品のガイド</a></li>
+			<li><a href="guide-dir-structure.html">PALポータル のディレクトリ構造のガイド</a></li>
+		</ul>
+		</subsection>		
+		</section>
+	</body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/guides/index.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/how-to-help.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/how-to-help.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/how-to-help.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,82 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title>協力する方法</title>
+		<subtitle>協力する方法</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+        <translators>
+            <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****" />
+        </translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name="協力する方法">
+		<subsection name="協力するためにできる簡単なこと">
+
+        <p>
+        多くのオープンソースプロジェクトと同様に、PALポータル に協力するための多くの方法があります。
+        <ul>
+        <li><a href="mail-lists.html">ユーザメーリングリスト</a> を購読して、コミュニティからの質問に答える。
+        オープンソースでは、盛んなコミュニティがプロジェクトを成功させます。基本的な質問を尋ねることを恥ずかしがらないでください。皆、そこから始まります。</li>
+        <li>遭遇したバグや問題を <a href="http://issues.apache.org/jira/secure/BrowseProject.jspa?id=10492">PALポータル バグトラックシステム</a> に報告してください。
+        バグを報告する前に、<a href="mail-lists.html">ユーザメーリングリスト</a> または <a href="mail-lists.html">開発用メーリングリスト</a> でも問題について、議論して確認してください。
+        </li>
+        <li>問題に遭遇したときに、それを修正したくなるかもしれません。これは、コミュニティを活気づけるので、奨励しています。
+        修正した場合は、報告した問題に <a href="guides/guide-j2-development.html">パッチを提出</a> してください。</li>
+        </ul>
+        </p>
+		</subsection>
+		<subsection name="なぜ、取り組むべきなのか?">
+
+        <p>
+        協力したい理由はいろいろありますが、それらのいくつかの強調すべき点は、
+        <ul>
+        <li>ほかの人たちがそれらの問題を解決するのに協力すれば、問題に陥ったときにその人たちがおそらく協力してくれるでしょう。</li>
+        <li>パッチの提供することで、機能に関する優先順位に影響を与えることができ、あなたが作成した変更を統合することができます。</li>
+        <li>問題を報告することで、PALポータル がより大きなプロジェクトになり、全体的なその品質も改善する手助けとなります。</li>
+        <li>あなたのプロジェクトにおいても助けとなるベストプラクティスを共有および学ぶことができるとともに、すばらしい人たちと知り合いになれるでしょう。</li>
+        </ul>
+        私たちは、コミュニティの一部として、あなたが参加されるのを楽しみにしています。
+        </p>
+		</subsection>
+		<subsection name="どのようにプロジェクトに参加するか?">
+
+        <p>
+        Apache でのプロジェクトは、<a href="http://www.apache.org/foundation/how-it-works.html#meritocracy">実力主義</a> の元で運営されています。
+        コミッタになるためには、まず、あなたが参加していることを示していく必要があります。それをする一番良い方法は、パッチを提出して、コミュニティに参加し、関心のあることを明らかにしていくことです。
+        それは、協力と貢献していくために、時間と意欲が必要になります。
+        これは、はじめは、少し気後れするかもしれませんが、コミュニティは、関心や参加する人たちをいつも助けてくれるでしょう。
+        </p>
+		</subsection>
+		<subection name="有用なその他の資料">
+
+        <p>
+        ここにいくつかの有用なその他の資料のリンクを示します。
+        <ul>
+        <li><a href="http://portals.apache.org/development/code-standards.html">ポータルプロジェクトのコーディング基準</a>。</li>
+        <li><a href="http://portals.apache.org/development/documentation.html">ポータルプロジェクトのドキュメント基準</a>。</li>
+        <li><a href="http://www.apache.org/foundation/how-it-works.html">Apache ソフトウェア財団はどのように運営しているのか</a>?</li>
+        <li><a href="http://people.apache.org/~coar/mlists.html#portals.apache.org">ポータルのメーリングリストの統計</a>。これは、どのメーリングリストを購読するかを決めるのに役に立ちます。</li>
+        </ul>
+        </p>
+		</subection>
+		</section>
+	</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/how-to-help.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/breadcrumbs.jpg
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/breadcrumbs.jpg
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + image/jpeg

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/collapsed.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/collapsed.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/definingUserAttributes.jpg
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/definingUserAttributes.jpg
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + image/jpeg

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/expanded.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/expanded.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/external.png
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/external.png
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + image/png

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/folder-open.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/folder-open.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/h3.jpg
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/h3.jpg
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + image/jpeg

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/h5.jpg
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/h5.jpg
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + image/jpeg

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/hide_original.png
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/hide_original.png
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + image/png

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/layouts/layouts-overview.png
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/layouts/layouts-overview.png
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + image/png

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/newwindow.png
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/newwindow.png
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + image/png

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/pal-logo.png
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/pal-logo.png
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + image/png

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/pal_banner.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/pal_banner.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/pdf.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/pdf.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/portlets/gems.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/portlets/gems.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/sflogo.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/sflogo.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/sflogo.png
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/sflogo.png
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + image/png

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/derby.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/derby.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/directory.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/directory.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/lucene.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/lucene.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/ojb.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/ojb.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/pluto.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/pluto.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/springframework.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/supporters/springframework.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/bluesunrise.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/bluesunrise.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/convergys.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/convergys.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/groundwork.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/groundwork.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/iwise.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/iwise.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/jahia.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/jahia.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/rosa.jpg
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/rosa.jpg
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + image/jpeg

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/ugs.gif
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/users/ugs.gif
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + application/octet-stream

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/usingUserAttributes.jpg
===================================================================
(Binary files differ)


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/images/usingUserAttributes.jpg
___________________________________________________________________
Name: svn:mime-type
   + image/jpeg

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/index.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/index.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/index.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,74 @@
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>PALポータル 設定ガイド</title>
+    <subtitle>PALポータル 設定ガイド</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****"/>
+    </authors>
+  </properties>
+  <body>
+    <section name="対象読者">
+      <p>
+        このドキュメントは、PALポータルの設定を担当するユーザーを対象にしています。
+      </p>
+    </section>
+    <section name="お読みになる前に">
+      <p>
+        このドキュメントでは、PALポータルの詳細な設定方法を示しているため、PALポータルの基礎的な知識が必要になります。
+      </p>
+    </section>
+    <section name="オンラインによるアクセス">
+      <p>
+        ダウンロード、専門的サービス、サポート、その他の開発者情報については、次にアクセスしてください。
+        <ul>
+          <li>プロジェクトサイト: <a href="http://pal.sourceforge.jp/">http://pal.sourceforge.jp/</a></li>
+        </ul>
+      </p>
+    </section>
+    <section name="テクニカルサポートの連絡先">
+      <p>
+        本製品に関する技術的質問で、ドキュメント内に解決策が得られない場合は、次にアクセスしてください。
+        <ul>
+          <li>公開フォーラム: <a href="http://sourceforge.jp/forum/?group_id=1972">http://sourceforge.jp/forum/?group_id=1972</a></li>
+          <li>メーリングリスト: <a href="http://sourceforge.jp/mail/?group_id=1972">http://sourceforge.jp/mail/?group_id=1972</a></li>
+        </ul>
+      </p>
+    </section>
+    <section name="関連サードパーティー Web サイトの参照">
+      <p>
+        Portal Application Laboratoryプロジェクトでは、このドキュメントに記載されているサードパーティーの Web サイトの有効性については責任を持ちません。
+        Portal Application Laboratoryプロジェクトはそのようなサイトやリソースを通じて、利用可能なコンテンツ、広告、製品、サービス、その他のドキュメントなどについて、保証、責任、義務を負いません。
+        Portal Application Laboratoryプロジェクトはそのようなサイトやリソースと通じて、利用可能なコンテンツ、広告、製品、サービス、その他のドキュメントなどを、使用または信用したり、それに関連して発生または申し立てられた、一切の損傷や損害に対しては責任または義務を負いません。
+      </p>
+    </section>
+    <section name="コメントの送付方法">
+      <p>
+        Portal Application Laboratoryプロジェクトは、このドキュメントの改善に努めており、読者からのコメントおよび提案などを歓迎しています。
+        <ul>
+          <li>メーリングリスト: <a href="http://sourceforge.jp/mail/?group_id=1972">http://sourceforge.jp/mail/?group_id=1972</a></li>
+        </ul>
+      </p>
+    </section>
+    <section name="謝辞">
+      <p>
+        このドキュメントは、<a href="http://jetspeed-japan.sourceforge.jp/jetspeed-japan-2/">Jetspeed 日本語版</a>プロジェクトにより提供されている Apache Portals <a href="http://portals.apache.org/jetspeed-2/">Jetspeed 2</a>のサイトの翻訳を元に作成されています。ドキュメントを作成した Jetspeed チームおよびドキュメントを日本語に翻訳された Jetspeed日本語版チームに感謝いたします。
+      </p>
+    </section>
+  </body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/index.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/j1-users.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/j1-users.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/j1-users.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,231 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title>Apache Portals Jetspeed version 1.x ユーザに関して</title>
+		<subtitle>Apache Portals Jetspeed version 1.x ユーザに関して</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+        <translators>
+            <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****" />
+        </translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name="Apache Portals Jetspeed version 1.x ユーザに関して">
+
+	    <p>PALポータル は新規のプロジェクトで、新たに書き直され、Apache Portals Jetspeed version 1.x への依存性はありません。
+		   PALポータル は業界標準に基づき、大規模な企業ポータルアプリケーション用にデザインされています。
+		   一番の違いは、PALポータル コンポーネント指向アーキテクチャです。すべては、Spring で組み合わされます。
+           コンポーネントは、Turbine のサービスを標準化されたコンポーネントモデルに置き換えています。 
+		   Apache Portals Jetspeed version 1.x では完全にかけていた、新しいポートレットアプリケーションの配備は、
+           ポートレット API 仕様に実装されました。プロパティによる Turbine のファイルベース設定は、
+           管理されたコンポーネントに置き換えられています。
+           PALポータル では、Apache Portals Jetspeed version 1.x アーキテクチャに結びついたレガシーなプロジェクトから完全に切り離されました。
+		   </p>
+		</section>
+		<section name="PALポータルでは何が新しくなったか">
+
+			<ul>
+			<li>1.	Java ポートレット API 標準に完全準拠</li>
+			<li>2.	ポータルからポートレットアプリケーションの分離</li>
+			<li>3.	ポートレットアプリケーションおよびポータルレイアウトの動的な配備モデル</li>
+			<li>4.	Spring コンポーネントベースのアーキテクチャ</li>
+			<li>5.	マルチスレッド化されたポートレット集約エンジン</li>
+			<li>6.	拡張可能なアーキテクチャ</li>
+			<li>7.	パイプラインベースのリクエスト処理</li>
+			<li>8.	JAAS セキュリティ</li>
+			<li>9.	Struts, JSF, PHP, Perl, Velocity のブリッジを統合</li>
+			<li>19.	CMS ベースのサイトナビゲーション</li>	
+		</ul>				
+		</section>
+		<section name="PALポータル で同じものはなにか">		
+
+			<p>ほとんどありません。</p>
+
+			<p>
+			実際に、PALポータル は Apache Portals Jetspeed version 1.x のどんなコードも再利用していません。
+			いくつかの概念は、PALポータル でもそのままですが、新しいデザインと実装をしています。
+			以下の表は、Apache Portals Jetspeed version 1.x から PALポータル で継続されているいくつかの概念です。
+            その概念は継続されていますが、その中のいくつかは、完全に異なるので注意してください。
+				</p>
+
+			<ul>
+			<li>1.	PSML - ポートレット構造化マークアップ言語 (Portlet Structured Markup Language) 
+				    ページ上でポートレットのレイアウトを定義します。
+				    その目的は同じですが、XML フォーマットは変更されています。
+				    移行は可能で、移行ツールが必要になります。
+				    現在、PSML はページタイプのリソースとしての PALポータル ナビゲーションサイトに適合しています。
+				    現在、PSML 移行ツールはありません。しかし、XSLT 変換で行うのが良い選択かもしれません。
+			</li>	
+			<li>2.	ポータル全体のセキュリティポリシーと制約 - PALポータル  は 2 種類のセキュリティ機構を持ちます。
+                    JAAS ベースのセキュリティポリシーと、Apache Portals Jetspeed version 1.x のような宣言的セキュリティ制限です。
+                    Apache Portals Jetspeed version 1.x の制約は PSML に対して制限するものでしたが、PALポータル の宣言的セキュリティ制約は、
+                    それに加えてフォルダやリンクに対しても適用されます。 </li>
+			<li>3.	ポートレット - ポートレットは新しいポートレット API に従わなければなりません。
+				    移行ツールは現在ありません。
+				    Apache Portals Jetspeed version 1.x ポートレット API は PALポータル では利用できません。
+				    </li>
+			<li>4.  Turbine サービス (Fulcrum) はなくなりました。PALポータル は Spring コンポーネントベースです。</li>	
+			<li>5.  レジストリ - Apache Portals Jetspeed version 1.x レジストリは PALポータル で廃止されました。
+				    すべてのポートレットは PALポータル のレジストリデータベース内に保存されます。
+				    移行ツールは現在ありません。
+				    ご利用のポートレットは、JSR 168 ポートレットへ変換して、すべてのポートレットを 1 つのポートレットアプリケーションにパッケージングして、
+                    標準の WAR ファイルとして配備することをおすすめします。
+				   そのほかのレジストリは、すべて廃止しています。</li>
+			<li>6. JSP および Velocity テンプレート - テンプレートはいくつかの拡張として再利用できます。
+				   RunData またはその他の Turbine や PALポータル ツール、タグなどへの参照は、
+                    変換する必要があります。
+				   </li>				
+			<li>7. 制御とコントローラ - これらの概念は変更され、デコレータおよびレイアウトと現在呼ばれています。
+				   制御とコントローラの Turbine モジュールの概念は、サポートされていません。
+				   レイアウトとデコレータはポートレットとして実装されています。
+                    つまり、簡単なマークアップになっています。レイアウトとテンプレートは、
+                    配備可能な単位としてポータルへ配備することができます。</li>
+			<li>8. PALポータル の設定と PALポータル コンポーネントアセンブリはプロパティーファイルを置き換えます。
+				   コンポーネント (サービス) は、プロパティファイルで定義されるのではなく、組み立てられます。
+				   Apache Portals Jetspeed version 1.x の多くの機能は、Apache Portals Jetspeed version 1.x の静的なプロパティファイルで読み込みのみ可のプロパティとして表現されています。
+                   PALポータル コンポーネントは、JMX を用いて、構成することができます。
+				   </li>
+			</ul>
+			</section>
+			<section name='Turbine は利用していません'>
+
+				<p>
+				Apache Portals Jetspeed version 1.x は Turbine の MVC-2 フレームワークと強く結びつき、この結びつきが、PALポータル API の多くの箇所に及んでいます。
+				PALポータル では、MVC-2 コントローラとしての Turbine に依存しません。
+				それに代わり、関連するパターンを分離して、1 つのことを実行し、かつ、それをうまく動かすことに集中します。
+				つまり、ポータルの実装をすることです。一方、Apache Portals Jetspeed version 1.x は MVC コントローラ、ポータルエンジン、ポートレットコンテナ、などすべてがサーブレットに強く結びついた1カ所に結びついています。
+				PALポータル は、そのアーキテクチャの中で、これらの関連することを明確に分けています。
+				ポータルエンジンは、PALポータル です。それは、ページ集約用の MVC で、作業を振り分けるサーブレットアーキテクチャの特性を利用し、ポートレットの実際の描画をポートレットアプリケーションに委譲します。
+				これらのポートレットアプリケーションでもやはり、Struts ポートレットアプリケーション、JSF ポートレットアプリケーション、または、Turbine ポートレットアプリケーションフレームワークのような、独自の MVC フレームワークを持っています。
+				</p>
+			</section>
+		    <section name='RunData はもうない'>
+
+				<p>
+                ポートレット API ポートレットからもっとも顕著に欠けているものは、RunData クラスです。
+				Apache Portals Jetspeed version 1.x API は、偏在的に RunData クラスを使用して、サーブレットリクエストとサーブレットレスポンスの両方へのラッパーとして働いています。
+				Turbine への他の依存関係は、ポートレットアクション、ポートレット集約エンジン (ECS)、サービスアーキテクチャ、設定および Turbine モジュールが含まれます。
+				これらの依存関係は、新しいバージョンではありません。
+				</p>					
+
+				<table>
+					<tr>
+					<th>Apache Portals Jetspeed version 1.x</th>
+					<th>PALポータル</th>
+					</tr>	
+					<tr>
+						<td>Run Data</td>
+						<td>ポートレット API: ポートレットリクエストおよびポートレットレスポンス</td>						
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>ポートレット集約エンジン (ECS)</td>
+						<td>PALポータル マルチスレッドポートレットコンテナエンジン</td>						
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>Turbine サービスアーキテクチャ</td>
+						<td>PALポータル コンポーネント</td>						
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>プロパティ設定ファイル</td>
+						<td>Spring の設定、JMX</td>						
+					</tr>
+					<tr>
+						<td>Turbine モジュール (アクション)</td>
+						<td>ポートレット API のアクション</td>						
+					</tr>
+					
+				</table>
+			</section>
+			<section name='Pluto はポートレットコンテナです'>
+
+				<p>PALポータル ポータルは、ポートレットコンテナを実装していません。
+					<a href='http://portals.apache.org/pluto'>Pluto</a> は、ポータル内で実行するポートレット用の JSR 168 インターフェース規約を実装しています。
+					Pluto コンテナは、ポータル用のポートレットとのすべての通信を処理します。
+				</p>					
+			</section>
+		    <section name='集約しているでしょ?'>
+
+				<p>集約エンジンおよび Apache Portals Jetspeed version 1.x ポートレット API は、廃止された Jakarta パッケージの ECS (Element Construction Set) と結びついています。
+					ECS は、Java コードを用いて HTML を生成し、HTML をサーブレット出力ストリームへ送り出す前に、一時的な Java オブジェクト内にコンテンツを保存します。
+					この Java オブジェクトの無駄な使用は、メモリ上の断片化、短期間でのガーベッジコレクション、大容量サイトでのページングを引き起こします。
+					サーブレット API は、ポートレットコンテンツ出力ストリーム用のコンテンツストリームを提供します。
+                    PALポータル は、コンテンツ描画用のストリームベースのサーブレットに類似している、ポートレット API のストリームおよび読み込み部分の上にその集約エンジンを構成しています。
+					</p>
+			</section>
+		    <section name='状態とライフサイクル'>
+
+				<p>ポートレット API は、ポートレットのライフサイクル、アクションのイベント処理手順、および、コンテナがどのようにポートレットからコンテンツをキャッシュできるかを定義しています。
+				   ポートレットのライフサイクルは、Apache Portals Jetspeed version 1.x では明確に定義されていませんでした。
+				   ポートレット API ではポートレットの1つのインスタンスだけがコンテナ内のメモリに存在することを明記してあります。
+				   ポートレットの状態は、現在のユーザセッションに関するサーブレットの状態に直接関連しています。
+				   これは明確であるかもしれませんが、ポートレットの状態とライフサイクルは Apache Portals Jetspeed version 1.x では明確に定義されていませんでした。
+				</p>
+			</section>
+			<section name='アクション'>
+
+				<p>バージョン 1 では、アクションは Turbine に結びついていて、適切にポートレットのクラスには統合されていませんでした。
+					実際に、アクションは、ポートレットから分けられたオブジェクトでした。ポートレット API では、アクションはポートレット上のメソッドです。
+					アクションイベント処理と順序は、仕様で明確に定義されています。</p>
+			</section>
+		    <section name='標準による配備'>
+
+				<p>Apache Portals Jetspeed version 1.x は、一般的なポートレットアプリケーションとしてのポートレットの配備や、それらをサポートするファイルに関する標準的な方法がありませんでした。 
+					アプリケーションをインポートするために、開発者は、PALポータル ウェブアプリケーション形式に合うように、レジストリファイル、クラスや JAR ファイル、PSML やテンプレートなどをパッケージ化しなければなりません。
+					</p>
+
+				<p>PALポータル では、ポートレット API が PALポータル にポータルアプリケーションを配備するために、標準の配備記述子を定義しています。
+					ポータルアプリケーションは、ポータルへ配備されます。
+                    ウェブアプリケーション (WAR) 配備モデルでパッケージ化されたサーブレットに似て、ポータルはポートレットアプリケーション配備モデルでパッケージ化されたポートレットをサポートします。
+					ポータルアプリケーションアーカイブは、追加のポートレット配備記述子ファイルを含め、サーブレット仕様で定義された WAR 形式と同じフォーマットに従います。
+					PALポータル の明確な利点は、標準形式でポートレットアプリケーションをサーバへ動的配備が可能なことです。
+					</p>
+			</section>
+		    <section name='リソースと配備'>
+
+				<p>ポータルテンプレート、画像、スキン、コントローラ、制御などの Apache Portals Jetspeed version 1.x のリソースは、配備モデルのない 1 つの PALポータル ウェブアプリケーションに統合されました。
+				   たとえば、標準のスキンや上部のバナーを上書きするには、リソースファイルをポータルディレクトリ上にコピーして、適切なファイルを新しいリソースとして更新し、サーバを再起動する必要があります。
+				   これは、プロパティやファイルを統合するプロセスなどの、Apache Portals Jetspeed version 1.x を実際の本稼働ポータルに仕上げるプロセスに有効です。
+				   実際に Apache Portals Jetspeed version 1.x では、今、Apache Portals Jetspeed version 1.x ポータル本体から本稼働ポータルを分けて管理するために Maven プラグイン持っています。
+				   この手のツールの必要性は、困難なポータルメンテナンス処理が必要とされる、ポータルリソース用の有用な配備モデルを Apache Portals Jetspeed version 1.x が持っていないという事実を取り繕うことから来ます。
+					</p>
+
+				<p>PALポータル 本稼働用ポータルについては、ポータルリソースは PALポータル 固有のアーカイブフォーマットでパッケージ化します。
+					つまり、ポータルリソース (上部のバナー、スキン、画像、スタイルシート) は、実行時に動的にポータルを調整するためにすべて配備することができます。
+					</p>
+			</section>
+		    <section name='標準'>
+
+				<p>JSR168 はポートレットの仕様で、ポートレットとポータル間の相互運用性を実現します。
+					この仕様は、ポートレットの集約、パーソナライズ、表示およびセキュリティの標準に関する API 群を定義しています。
+					JSR168 のゴールは、以下のことです。</p>
+
+				<ul>
+					<li>共通のポータル隠喩の定義</li>
+					<li>標準のポートレット Java API の定義</li>
+					<li>相互運用性と移植性の確認</li>
+					<li>複数のマークアップサポートが可能</li>
+					<li>ほかの技術のと互換性の確認</li>					
+				</ul>
+
+				<p>PALポータル ポータルサーバは JSR 168 標準をサポートします。
+				   これは、真のポートレット移植性を導入するための、重要な第一歩です。</p>
+			</section>
+	</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/j1-users.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/j2-maven-plugin.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/j2-maven-plugin.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/j2-maven-plugin.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,507 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+  Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+  
+  Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+  you may not use this file except in compliance with the License.
+  You may obtain a copy of the License at
+  
+  http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+  
+  Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+  distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+  WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+  See the License for the specific language governing permissions and
+  limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>PALポータル Maven プラグイン</title>
+    <subtitle>PALポータル Maven プラグインの仕様に関する資料</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+      <person name="Ate Douma" email="ate****@douma*****" />
+    </authors>
+    <translators>
+      <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****" />
+    </translators>
+  </properties>
+  <body>
+    <section name="プラグインの概要">
+
+      <p>
+        Maven への機能の追加は、Maven プラグイン機構を通して、行われます。Maven は多数のプラグインとともに配布され、カスタムプラグインを記述するための拡張可能なフレームワークを提供しています。
+        カスタム Maven プラグインの詳細については、Maven のウェブサイトの
+        <a href="http://maven.apache.org/using/developing-plugins.html">プラグインの記述 (Writing a Plugin)</a> で見つけることができます。
+      </p>
+
+      <p>
+        PALポータル は、PALポータル ベースのポータルアプリケーションを構築するために必要な、多くで共通の構築ゴールをまとめた、カスタム Maven プラグインを開発しました。
+        これは、次の多くの利点があります。
+      </p>
+
+      <ul>
+        <li>
+          共通の構築ゴールのより良い再利用性。新たなポータルアプリケーションを作成する開発者は共通の構築操作に関する PALポータル Maven プラグインを活用することができます。
+        </li>
+        <li>
+          すばやくポータルアプリケーションを始める機能。<code>j2:portal.genapp</code> を用いて、
+          新しいポータルアプリケーションを作成できます。新しいアプリケーションの開発者は、quickStart、ポートレットの配備など、共通ののビルド操作用 PALポータル Maven プラグインのゴールを再利用できます。
+        </li>
+        <li>
+          Maven 2 (M2) への将来的な移行の準備。M2 を利用して、カスタムゴールはプラグイン内にカプセル化され、maven.xml は廃止されます。
+          PALポータル Maven プラグインへの多くの PALポータル 構築ゴールを集中することで、M2 への移行は非常に簡単になります。
+        </li>
+      </ul>
+    </section>
+    <section name="ポータルアプリケーションの作成と設定のゴール">
+      <subsection name="新しいポータルアプリケーションの作成">
+
+        <table>
+          <tr>
+            <th>ゴール</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:portal.genapp</code></td>
+            <td>
+              カスタムポータルアプリケーションの生成または更新。
+              このゴールの基本利用方法に関して、<a href="getting-started.html#4__Creating_a_new_Portal_Application">導入</a>
+              ドキュメントを確認してください。
+              <br />
+            </td>
+          </tr>
+		  <tr>
+            <td><code>j2:portal.genapp.minimal</code></td>
+            <td>
+              <code>j2:portal.genapp</code> と同様に動作します。しかし、<code>WEB-INF/pages</code> から 以下のディレクトリとファイルだけをコピーします。
+			  <ul>
+				<li>/WEB-INF/pages/Administrative/** (all contents)</li>
+				<li>/WEB-INF/pages/page.security</li>
+			  </ul>
+            </td>
+          </tr>
+        </table>
+      </subsection>
+      <subsection name="ポータルアプリケーションの設定と更新">
+
+        <p>
+          上の <code>j2:portal.genapp</code> ゴールは、実際には、以下のようなポータルアプリケーションを個々に更新や設定するために使用することができるいくつかのゴールに関するラッパーでしかありません。
+        </p>
+
+        <table>
+          <tr>
+            <th>ゴール</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:portal.copy.webapp</code></td>
+            <td>
+              プラグインから <code>${org.apache.jetspeed.portal.webapp.dir}</code> フォルダへ (静的な) PALポータル ポータルウェブリソースをコピーします。
+              <br />
+              <br />
+              このゴールの再実行は、前回のリソースを削除しませんが、既存のリソースは<i>上書きされます</i>。
+              <br />
+              <br />
+              PALポータル ポータルの新しいバージョンへアップグレードする必要がある場合は、まず、これらのリソースを削除しなければなりません。
+              デフォルトでは、対象フォルダが Maven デフォルトの対象フォルダ内で構成され、<code>clear</code> ゴールの実行でそれが実行されます。
+            </td>
+          </tr>
+		  <tr>
+            <td><code>j2:portal.copy.webapp.minimal</code></td>
+            <td>
+              <code>j2:portal.copy.webapp</code> と同様。しかし、<code>WEB-INF/pages</code> から以下のディレクトリとファイルをコピーするだけです。
+			  <ul>
+				<li>/WEB-INF/pages/Administrative/** (すべてのコンテンツ)</li>
+				<li>/WEB-INF/pages/page.security</li>
+			  </ul>
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:portal.conf.project</code></td>
+            <td>
+              新規に Maven プロジェクトを作成、または、<code>${org.apache.jetspeed.portal.home.dir}</code> フォルダ内の既存のポータルプロジェクト設定を更新します。
+              <br />
+              次の 5 つの Maven プロジェクトファイルの階層が作成されます。
+              <ul>
+                <li><code>project-info.xml</code></li>
+                <li><code>core-build.xml は project-info.xml を extend します</code></li>
+                <li><code>jetspeed-components.xml は core-build.xml を extend します</code></li>
+                <li><code>full-portal.xml は jetspeed-components.xml を extend します</code></li>
+                <li><code>project.xml は full-portal.xml を extend します</code></li>
+              </ul>
+              上のファイルで、始めと最後のもの (project-info.xml と project.xml) は、追加的なプロジェクト情報や設定を提供するために修正されるかもしれません。そして、それらはこのゴールによって再度更新されません。他の 3 つのファイルだけは、このゴールによって書き換えられます。
+              PALポータル の最新バージョンにアップグレードする必要がある場合は、独自にカスタマイズしたものを保存しておきます。
+              <br />
+              <br />
+              追加的に、ポータルをさらにカスタマイズするために独自の maven.xmlを追加したり、project.properties または build.properties を追加できます。
+              このゴールを再度実行するときには、これらを保存しておきます。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:portal.conf.sql</code></td>
+            <td>
+              <code>${org.apache.jetspeed.portal.sql.dir}</code> 以下に、設定されたデータベース用にポータル SQL スキーマ DDL を生成します。
+              静的に定義された共通および選択されたデータベース固有の SQL の DML および DDL (生成された DDL が優先可能なら) も同様にコピーします。
+              <br />
+              <br />
+              このゴールが実行されると、SQL 対象フォルダの内容は、はじめに削除されます。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:portal.conf.ojb</code></td>
+            <td>
+			  現在選択されている、本稼働用のデータベース向けのフィルタがされている OJB 設定を、<code>${org.apache.jetspeed.portal.target.dir}</code> へコピーします。
+              <br />
+              <br />
+              標準では、上記の対象フォルダは標準の Maven WAR 対象フォルダ以下に構成されます。
+              Maven <code>clear</code> ゴールは、このフィルタされた OJB 設定を削除します。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:portal.conf.ldap</code></td>
+            <td>
+              <code>${org.apache.jetspeed.portal.target.dir}</code> フォルダへ LDAP 設定をコピーします。
+            </td>
+          </tr>   
+          <tr>
+            <td><code>j2:portal.conf.jetspeed</code></td>
+            <td>
+              <code>${org.apache.jetspeed.portal.target.dir}</code> フォルダへフィルタされた  <code>jetspeed.properties</code> ポータル設定をコピーします。
+              <br />
+              <br />
+              デフォルトで、上記の対象フォルダは標準の Maven の WAR 対象フォルダ以下に構成されます。
+              Maven <code>clear</code> ゴールは、このフィルタされた <code>jetspeed.properties</code> ファイルも削除します。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:portal.conf.tomcat</code></td>
+            <td>
+              <code>${org.apache.jetspeed.portal.conf.dir}</code> フォルダへの現在のデータベース接続設定を含めた、フィルタされた Tomcat コンテキスト記述子をコピーします。
+              <br />
+              <br />
+              <code>${org.apache.jetspeed.catalina.major.version}</code> 設定に基づき、Tomcat 5.0.x または 5.5.x タイプのテンプレートコンテキスト記述子が使用されます。
+              <br />
+              <br />
+              フィルタされた Tomcat コンテキスト記述子は、<code>j2:portal.deploy</code> ゴールによって、Tomcat サーバへコピーされます。
+              <br />
+              <br />
+              Tomcat のメジャーバージョンおよびデータベース接続設定を変更したい場合、ポータルを (再) 配備する前に再度、このゴールを実行する必要があります。
+              <br />
+              <br />
+              デフォルトでは、上記の対象フォルダは、標準の Maven 対象フォルダ以下に構成されます。
+              Maven <code>clear</code> ゴールは、このフィルタされたコンテキスト記述子ファイルを削除します。
+            </td>
+          </tr>
+        </table>
+      </subsection>
+    </section>
+    <section name="ポータルアプケーション配備ゴール">
+      <subsection name="クイックスタート用の配備ゴール">
+
+        <p>
+		  あらかじめ定義されたポートレットアプリケーションの組を、ポータルアプリケーションと同時に配備し、必要に応じてポータル用のデータベースを生成するために、いくつかのゴールを使用することが可能です。
+        </p>
+
+        <table>
+          <tr>
+            <th>ゴール</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:doStart</code></td>
+            <td>
+              ポータルアプリケーションを配備して、設定された Tomcat サーバ (共有ライブラリ、ポータルアプリケーションのコンテキストなど) 用の、必要な依存関係を設定するための汎用的なゴールです。
+              <br />
+              <br />
+              このゴールは、設定するために <code>deployType</code> プラグインプロパティが必要です。デフォルト値は
+              <code>"j2:fullDeploy"</code> です (以下参照)。
+              <br />
+              <br />
+              <code>recreateDB</code> プラグインプロパティが設定されている場合、<code>j2:db.recreate</code> ゴールが呼び出されます。
+              <br />
+              すべての既存の PALポータル 標準およびデモポートレットアプリケーションは、<code>j2:remove.wars</code> ゴールを通して、削除されます。
+              <br />
+              共有の依存関係は、<code>j2:copy.shared.deps</code> を用いて、Tomcat サーバへコピーされます。
+              <br   />
+              そして、最後に、設定された <code>deployType</code> プラグインプロパティの値は、指定された配備ゴールを実行するために使用されます。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:quickStart</code></td>
+            <td>
+              <code>deployType="j2:fullDeploy"</code> および <code>recreateDB=true</code> を用いて、<code>j2:doStart</code> を呼び出します。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:nodbQuickStart</code></td>
+            <td>
+              <code>deployType="j2:nodbfullDeploy"</code> および <code>recreateDB=false</code> を用いて、<code>j2:doStart</code> を呼び出します。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:basicStart</code></td>
+            <td>
+              <code>deployType="j2:basicDeploy"</code> および <code>recreateDB=true</code> を用いて、<code>j2:doStart</code> を呼び出します。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:nodbBasicStart</code></td>
+            <td>
+              <code>deployType="j2:nodbBasicDeploy"</code> および <code>recreateDB=false</code> を用いて、<code>j2:doStart</code> を呼び出します。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:minStart</code></td>
+            <td>
+              <code>deployType="j2:minDeploy"</code> および <code>recreateDB=true</code> を用いて、<code>j2:doStart</code> を呼び出します。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:nodbMinStart</code></td>
+            <td>
+              <code>deployType="j2:nodbMinDeploy"</code> および <code>recreateDB=false</code> を用いて、<code>j2:doStart</code> を呼び出します。
+            </td>
+          </tr>
+        </table>
+      </subsection>
+      <subsection name="配備をサポートしているゴール">
+
+        <table>
+          <tr>
+            <th>ゴール</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>j2:remove.wars</td>
+            <td>
+              Tomcat サーバから、ポータル、すべての標準およびデモポートレットアプリケーション (以下の <code>j2:fullDeploy</code> を参照) と (存在すれば) それらのコンテンツ記述子を削除します。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:catalina.base.shared</code></td>
+            <td>
+              共通のポートレットコンテナ用に必要なすべての基本 JAR ファイルをコピーします。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:catalina.shared</code></td>
+            <td>共通コンテナ用に必要なすべての JAR ファイルをコピーします。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:copy.shared.deps</code></td>
+            <td>
+              <code>j2:catalina.base.shared</code> および <code>j2:catalina.shared</code> を呼び出すラッパーゴール。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:portal.deploy</code></td>
+            <td>
+              Tomcat サーバへポータルアプリケーションおよびそれに依存するものだけを配備します。
+              <br />
+              <br />
+              はじめに、<code>j2:remove.wars</code> ゴールで現在のインストールされたポータルを削除します。
+              <br/>
+              次に、ローカル Maven リポジトリからアプリケーションサーバへ構築されたポータル WAR をコピーして展開します。
+              <br />
+              そして、ポータル用に Tomcat コンテンツ記述子をコピーします。(<code>j2:portal.conf.tomcat</code> ゴールも参照してください)
+              <br />
+              最後に、<code>j2:copy.shared.deps</code> ゴールで共有される依存するものをインストールします。
+            </td>
+          </tr>
+        </table>
+      </subsection>
+      <subsection name="標準およびデモポートレットアプリケーション配備ゴール">
+
+        <table>
+          <tr>
+            <th>ゴール</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:deploy</code></td>
+            <td>
+              <code>${maven.war.final.name}</code> プロパティによって特定されたポートレットアプリケーションを配備するための標準ゴール。
+              <br />
+              <br />
+			  ローカルの Maven リポジトリの PALポータル グループ内で、ポートレットアプリケーションを検索します。
+              リポジトリ内でポートレットを検索するときに、このゴールは、プラグイン内で設定された PALポータル のバージョン番号で与えられたポートレットアプリケーションを検索します。
+              <code>${maven.war.final.name}-${jetspeed.version}.war</code> の書式に従ったリポジトリ内で検索されたファイル名で、<code>${maven.war.final.name}.war</code> として配備されます。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:pam.layoutdeploy</code></td>
+            <td>PALポータル ローカルレイアウトポートレットアプリケーションを配備します。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:pam.admindeploy</code></td>
+            <td>PALポータル 管理ポートレットアプリケーションを配備します。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:pam.tsdeploy</code></td>
+            <td>Pluto テストスイートポートレットアプリケーションを配備します。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:pam.strutsdeploy</code></td>
+            <td>Struts メールリーダーデモポートレットアプリケーションを配備します。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:pam.jpetstoredeploy</code></td>
+            <td>iBatis Jpetstore ベースのデモポートレットアプリケーションを配備します。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:pam.jsfdeploy</code></td>
+            <td>PALポータル で汎用的な JSF ポートレットブリッジを使用した JSF デモポートレットアプリケーションを配備します。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:pam.jsfmyfacesdeploy</code></td>
+            <td>MyFaces に含まれる JSF ポートレットブリッジを使用した JSF デモポートレットアプリケーションを配備します。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:pam.phpdeploy</code></td>
+            <td>PALポータル PHP ブリッジデモポートレットアプリケーションを配備します。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:pam.perldeploy</code></td>
+            <td>PALポータル Perl ブリッジデモポートレットアプリケーションを配備します。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:pam.rssdeploy</code></td>
+            <td>RSS フィードデモポートレットアプリケーションを配備します。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:nodbMinDeploy</code></td>
+            <td>
+              <code>j2:portal.deploy</code> ゴールを使用したポータルを配備し、<code>j2:pam.layoutdeploy</code> と <code>j2:pam.admindeploy</code> を使用して、レイアウトポートレットと管理ポートレットだけを配備します。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:minDeploy</code></td>
+            <td>
+              <code>j2:nodbMinDeploy</code> と同様な機能に加えて、<code>j2:db.entities</code> ゴールを使用して、ポータルデータベースを作成します。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:nodbfullDeploy</code></td>
+            <td>
+              <code>j2:nodbMinDeploy</code> と同様な機能ですが、追加で、他のすべてのデモポートレットアプリケーション (上のすべてのリストを参照) を配備します。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><code>j2:fullDeploy</code></td>
+            <td>
+              <code>j2:nodbFullDeploy</code> と同様な機能に加えて、<code>j2:db.entities</code> ゴールを使用して、ポータルデータベー>スを作成します。
+            </td>
+          </tr>
+        </table>
+      </subsection>
+    </section>
+    <section name="データベース管理ゴール">
+
+      <table>
+        <tr>
+          <th>ゴール</th>
+          <th>説明</th>
+        </tr>
+        <tr>
+          <td><code>j2:start.production.server</code></td>
+          <td>ポータルによって使用される標準の HSQLDB 本稼働用データベースを起動します。</td>
+        </tr>
+        <tr>
+          <td><code>j2:start.test.server</code></td>
+          <td>
+            PALポータル のビルド中にテスト用で使用するために、標準の HSQLDB テスト用データベースを起動します。
+          </td>
+        </tr>
+        <tr>
+          <td><code>j2:db.create.test</code></td>
+          <td>
+            テスト用データベースのテーブルを作成します。もし、標準の HSQLDB を利用する場合、<code>j2:start.test.server</code> ゴール内で先に起動されていなければなりません。
+            <br />
+            既存のポータルのテーブルは始めに削除されます。初めて実行する場合は、「table does not exist」エラーメッセージが表示されますが、それらは無視することができます。
+          </td>
+        </tr>
+        <tr>
+          <td><code>j2:db.create.production</code></td>
+          <td>
+            本稼働用のデータベースのテーブルを作成します。もし、標準の HSQLDB を利用する場合、<code>j2:start.production.server</code> ゴール内で先に起動されていなければなりません。
+            <br />
+            既存のポータルのテーブルは始めに削除されます。初めて実行する場合は、「table does not exist」エラーメッセージが表示されますが、それらは無視することができます。
+          </td>
+        </tr>
+        <tr>
+          <td><code>j2:db.recreate</code></td>
+          <td>
+            <code>j2:db.create.production</code> ゴールを利用して、本稼働用データベースを再作成しますが、まず、<code>j2:portal.conf.sql</code> 使用して、SQL スクリプトを (再) 生成します。
+          </td>
+        </tr>
+        <tr>
+          <td><code>j2:db.drop.test</code></td>
+          <td>テスト用データベースのポータルに関するテーブルを削除します。</td>
+        </tr>
+        <tr>
+          <td><code>j2:db.drop.production</code></td>
+          <td>本稼働用データベースのポータルに関するテーブルを削除します。</td>
+        </tr>
+        <tr>
+          <td><code>j2:db.entities</code></td>
+          <td>
+            PALポータル で構成された標準の PSML 構成用のユーザ情報を投入します。
+          </td>
+        </tr>
+      </table>
+    </section>
+    <section name="LDAP 管理ゴール">
+
+      <table>
+        <tr>
+          <th>ゴール</th>
+          <th>説明</th>
+        </tr>
+        <tr>
+          <td><code>j2:start.ldap.server</code></td>
+          <td>標準の Apache Directory Server を起動し、標準の
+          <i><a href="http://svn.apache.org/viewcvs.cgi/portals/jetspeed-2/trunk/etc/apacheds/apacheds-server.xml?view=markup">apacheds-server.xml</a></i> 設定を読み込みます。</td>
+        </tr>
+      </table>
+    </section>
+    <section name="補助的な PALポータル コンポーネント配備ゴール">
+
+      <p>
+        特定の PALポータル コンポーネントを再配備するための一般的なゴール群です。
+      </p>
+
+      <table>
+        <tr>
+          <th>ゴール</th>
+          <th>説明</th>
+        </tr>
+        <tr>
+          <td><code>j2:jar.deploy</code></td>
+          <td>
+            ローカル Maven リポジトリから配備ディレクトリへ PALポータル コアコンポーネントを配備します。
+          </td>
+        </tr>
+        <tr>
+          <td><code>j2:jar.deploy.shared</code></td>
+          <td>
+            ローカル Maven リポジトリから Tomcat の共有ライブラリディレクトリへ PALポータル コアコンポーネントを配備します。
+          </td>
+        </tr>
+		<tr>
+          <td><code>j2:deployDecorations</code></td>
+          <td>
+            WEB-INF/decorations ディレクトリから配備されたポータルへすべてのデコレーションを配備します。
+          </td>
+        </tr>
+		<tr>
+          <td><code>j2:deployTemplates</code></td>
+          <td>
+            WEB-INF/templates ディレクトリから配備されたポータルへすべてのテンプレートを配備します。
+          </td>
+        </tr>
+      </table>
+    </section>
+  </body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/j2-maven-plugin.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/navigation.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/navigation.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/navigation.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,70 @@
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<!--
+    Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+    
+    Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+    you may not use this file except in compliance with the License.
+    You may obtain a copy of the License at
+    
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+    
+    Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+    distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+    WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+    See the License for the specific language governing permissions and
+    limitations under the License.
+-->
+<project>
+  <body>
+    <links>
+      <item name="Portal Application Laboratory" href="http://pal.sourceforge.jp/"/>
+      <item name="PDF" href="configuration-guide.pdf"/>
+    </links>
+    <menu name="はじめに">
+      <item name="はじめに" href="index.html"/>
+    </menu>
+    <menu name="導入">
+      <item name="導入ガイド" href="getting-started.html"/>
+      <item name="PALポータル ソースからの導入ガイド" href="getting-started-source.html"/>
+      <item name="PALポータル バイナリからの導入ガイド" href="getting-started-binary.html"/>
+      <item name="PALポータル インストーラからの導入ガイド" href="getting-started-installer.html"/>
+    </menu>
+    <menu name="ポータルシステムとしての概要ガイド">
+      <item name="PALポータル パイプラインのガイド" href="guides/guide-pipeline.html"/>
+      <item name="デコレータのガイド" href="guides/guide-decorators.html"/>
+      <item name="レイアウトのガイド" href="guides/guide-layouts.html"/>
+    </menu>
+    <menu name="設定のガイド">
+      <item name="設定項目のガイド" href="guides/guide-properties.html"/>
+      <item name="データベース設定のガイド" href="guides/guide-database.html"/>
+      <item name="アプリケーションサーバのガイド" href="guides/guide-app-servers.html"/>
+      <item name="PALポータル セキュリティ設定のガイド" href="guides/guide-security.html"/>
+      <item name="PALポータル シングルサインオン利用のガイド" href="guides/guide-sso.html"/>
+      <item name="ユーザ属性定義のガイド (PLT.17 ユーザ情報に関する設定)" href="guides/guide-user-attributes.html"/>
+      <item name="プロファイラ利用のガイド" href="guides/guide-profiler.html"/>
+    </menu>
+    <menu name="ポータル開発のガイド">
+      <item name="ポータルデザインのガイド" href="guides/guide-portal-design.html"/>
+      <item name="PSML のガイド" href="guides/guide-psml.html"/>
+      <item name="PSML による宣言型セキュリティのガイド" href="guides/guide-security-declarative-psml.html"/>
+      <item name="PSML による宣言型メニューのガイド" href="guides/guide-menus-declarative-psml.html"/>
+      <item name="PALポータル を使ったサイト構築のガイド" href="guides/guide-site.html"/>
+      <item name="PALポータル を使った地域化のガイド" href="guides/guide-l10n.html"/>
+      <item name="PALポータル AJAX API のガイド" href="guides/guide-ajax-api.html"/>
+      <item name="PALポータル で動かすとても簡単なポートレットのガイド" href="guides/guide-simple-portlet.html"/>
+      <item name="ポートレットブリッジのガイド" href="guides/guide-portlet-bridges.html"/>
+    </menu>
+    <menu name="PALポータル 開発のガイド">
+      <item name="PALポータル 開発のガイド" href="guides/guide-j2-development.html"/>
+      <item name="PALポータル への協力のガイド" href="how-to-help.html"/>
+    </menu>
+    <menu name="PALポータル ツールのガイド">
+      <item name="PALポータル Power Tools のガイド" href="guides/guide-jpt.html"/>
+      <item name="PALポータル Mavenプラグイン のガイド" href="j2-maven-plugin.html"/>
+    </menu>
+    <menu name="部品のガイド">
+      <item name="PALポータル を構成する部品のガイド" href="guides/guide-components.html"/>
+      <item name="PALポータル のディレクトリ構造のガイド" href="guides/guide-dir-structure.html"/>
+    </menu>
+  </body>
+</project>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/navigation.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/portlets-community.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/portlets-community.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/portlets-community.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,53 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title>ポートレットコミュニティ</title>
+		<subtitle>ポートレットコミュニティ</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+        <translators>
+            <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****" />
+        </translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name="ポートレットコミュニティ">
+
+		<table>
+          <tr>
+            <th>プロジェクト</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="https://gems.dev.java.net/"><img src="images/portlets/gems.gif" border="0" /></a></td>
+            <td><a href="https://gems.dev.java.net/">Gems</a> は、JSR-168 のポートレット群を提供します。利用可能はポートレット配下の通りです。
+            <ul>
+            <li>Eメールポートレット</li>
+			<li>カレンダポートレット</li>
+			<li>ブログポートレット</li>
+			<li>RSS フィードポートレット</li>
+			<li>電卓ポートレット</li>
+			<li>画像表示ポートレット</li>
+			<li>ホロスコープポートレット</li>
+            </ul></td>
+          </tr>
+        </table>
+		</section>
+	</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/portlets-community.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/quality-testing.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/quality-testing.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/quality-testing.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,66 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>PALポータル 品質テスト</title>
+    <subtitle>PALポータル 品質テストの結果</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
+    </authors>
+        <translators>
+            <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****" />
+        </translators>
+  </properties>
+  <body>
+<section name="PALポータル のビルドおよび品質テスト">
+
+<p>
+<a href='http://www.spikesource.com'>SpikeSource</a> は、Linux プラットフォーム群 (SuSE, Fedora, Redhat...) 上で PALポータル のナイトリービルドを実行しています。
+そのビルドでは、全体の PALポータル ビルド及びすべてのユニットテストを実行しています。
+加えて、コードカバレージテストも実行されます。
+これらのテストの結果は、SpikeSource のウェブサイトで参照可能です。
+</p>
+<subsection name='PALポータル ビルドの結果'>
+
+<p>PALポータル は、深夜にビルドされています。ユニットテストおよびコードカバレージ結果は以下にあります。</p>
+
+<p>
+<a href='http://www.spikesource.com/spikewatch/index.jsp?show=stat&amp;show-test=true&amp;component=jetspeed&amp;platform=8'>PALポータル のナイトリービルドの結果</a>
+</p>
+</subsection>
+<subsection name='PALポータル ビルド結果: REST'>
+
+<p>PALポータル は、深夜にビルドされています。REST フォーマットでのユニットテストおよびコードカバレージ結果は以下にあります。</p>
+
+<p>
+<a href='http://webgate.spikesource.com/spikewatch/ws/spikewatch.jsp?method=get-component-test-summary&amp;partnerid=2&amp;platform-id=&amp;component-name=jetspeed&amp;component-version='>PALポータル のナイトリービルドの結果 - REST</a>
+</p>
+</subsection>
+<subsection name='オープンソースのビルド結果'>
+
+<p>PALポータル およびその他のオープンソースビルドの結果は以下にあります。</p>
+
+<a href='http://www.spikesource.com/spikewatch/index.jsp'>オープンソースのビルド結果</a>
+</subsection>
+
+</section>
+
+</body>
+</document>
+
+
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/quality-testing.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/release-notes.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/release-notes.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/release-notes.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,132 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+  Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+  
+  Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+  you may not use this file except in compliance with the License.
+  You may obtain a copy of the License at
+  
+  http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+  
+  Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+  distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+  WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+  See the License for the specific language governing permissions and
+  limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>PALポータル リリースノート</title>
+    <subtitle>PALポータル リリースノート</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+    </authors>
+    <translators>
+      <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****" />
+    </translators>
+  </properties>
+  <body>
+  	  <section name="リリースノート - PALポータル - バージョン 2.0-FINAL">  
+
+  	  <p>
+  	  以下のリストは、最終リリースで扱われた問題の要点をまとめています。機能に関する全リストについては、
+  	  <a href="features.html">機能リスト</a> を参照してください。
+  	  </p>
+<subsection name="バグ">
+<ul>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-9'>JS2-9</a>] - Caching of portal parameters o.a.j.engine.servlet.ServletRequestImpl.getParameterMap() prevents subsequent RequestDispatcher invokation query string parameter merging</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-181'>JS2-181</a>] - Build Fails - enum is a keyword in java 1.5 (5.0)</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-193'>JS2-193</a>] - After changing the locale using the LocaleSelector the portlet titles eventually disappers</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-203'>JS2-203</a>] - Non-compliance to Portlet Specification  PLT.16.3.3  cxxx and cxxxi (getContextPath)</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-227'>JS2-227</a>] - FK Constraint Error deleting Users on SSO Site to Principals</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-252'>JS2-252</a>] - Fragments retain their previous content in certain cases</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-261'>JS2-261</a>] - (re)Deployed portlet application wars not always (re)deployed</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-263'>JS2-263</a>] - ClassCastException raised when change portlet location on the fly</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-267'>JS2-267</a>] - No link to download</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-312'>JS2-312</a>] - Security Credential Login Information Cached, Can't reset Admin user with restarting server</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-314'>JS2-314</a>] - initMavenPlugin does not remove older version of the PALポータル</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-315'>JS2-315</a>] - Premature access to portal can break access to portlets.</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-320'>JS2-320</a>] - build.properties Variable Interpolation (Commons Configuration) not working in AbstractTestHelper</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-321'>JS2-321</a>] - Customizer not correctly positoning portlets</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-331'>JS2-331</a>] - Decorator Velocity Template/Macro Cache Permanent</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-337'>JS2-337</a>] - Error displayed when (successfully) creating user</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-338'>JS2-338</a>] - In certain cases j2:portal.genapp overwrites the existing project's project.xml</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-342'>JS2-342</a>] - Page clone implementation potentially incomplete</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-343'>JS2-343</a>] - JSCookMenu decorator menu incomplete</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-347'>JS2-347</a>] - a portal cannot mix different layout decorations w/o problems</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-364'>JS2-364</a>] - Check for deploying Portlet Apps with same name as portal</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-374'>JS2-374</a>] - Decorators lost after login or logout</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-381'>JS2-381</a>] - url rewriting breaks CSS</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-393'>JS2-393</a>] - Site documentation generation broken</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-400'>JS2-400</a>] - Layouts broken</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-404'>JS2-404</a>] - Hsql db 1.7.1 does not support addBatch</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-434'>JS2-434</a>] - Role and Group admin detail portlets are missing browser navigation ui</li>
+</ul>
+</subsection>
+<subsection name="新機能">
+<ul>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-26'>JS2-26</a>] - Exposing J2 Services to Portlets</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-58'>JS2-58</a>] - PALポータル Maven plugin</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-69'>JS2-69</a>] - Finallizing Portal Navigation using the Profiler</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-138'>JS2-138</a>] - Create a NekoHTML based parser rewriter implementation</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-158'>JS2-158</a>] - Navigation menu with pulldown submenus using dhtml</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-173'>JS2-173</a>] - hook in SSO to login / logout life cycle</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-247'>JS2-247</a>] - Portlet Selector</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-283'>JS2-283</a>] - Basic Ajax Service Implementation</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-307'>JS2-307</a>] - New User Creation Events and Configuration</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-363'>JS2-363</a>] - Document Resources: Profiler mapping critiera to associated pages</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-383'>JS2-383</a>] - Configuring portlet in PSML</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-387'>JS2-387</a>] - Layout Pipeline</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-395'>JS2-395</a>] - DB Page Manager</li>
+</ul>
+</subsection>
+    
+<subsection name="改善">
+<ul>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-151'>JS2-151</a>] - Security enhancements for password validation and enable/disable principals</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-169'>JS2-169</a>] - Replace Large demo.war for deplo y</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-182'>JS2-182</a>] - Refactor layout portlets to run outside of the J2 webapp.</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-183'>JS2-183</a>] - Improve the usability of the PALポータルPowerTool</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-188'>JS2-188</a>] - Implement the LDAP</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-190'>JS2-190</a>] - Changing the portlet.xml in a deployed portlet/webapp does not change PALポータル.</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-192'>JS2-192</a>] - SSO Support for Encrypted Credentials and Certficates</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-215'>JS2-215</a>] - security email extensions: password reminder/user creation</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-251'>JS2-251</a>] - Improvements to folder-strucuture</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-260'>JS2-260</a>] - Removing dependency on Pluto PortletContainerServices and providing a PALポータルNamespaceMapper</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-303'>JS2-303</a>] - ContentServer doesn't allow for content caching</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-308'>JS2-308</a>] - Convert OJB to use a spring managed datasource as opposed to directly setting the JNDI name in OJB.properties.</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-329'>JS2-329</a>] - 3 new 100% table-free portlet decorations.</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-333'>JS2-333</a>] - Allow for default template support in decorations</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-335'>JS2-335</a>] - Add new genapp goals to limit the number of pages copied to custom portals.</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-340'>JS2-340</a>] - Move the "move" action in the MultiLayoutPortlet out of doView and into processAction</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-356'>JS2-356</a>] - Allow folder default page to specify sub folder</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-368'>JS2-368</a>] - Improve access to binary builds</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-392'>JS2-392</a>] - Spanish localisation</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-397'>JS2-397</a>] - SSO managment portlet should use credentials from LDAP if configured</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-398'>JS2-398</a>] - Creation of a Decoration API along with the removal of ContentServer</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-399'>JS2-399</a>] - Serve PDF (and other file formats) via a portlet</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-408'>JS2-408</a>] - Make Derby default database, replace Hypersonic</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-412'>JS2-412</a>] - lookupPreference API</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-413'>JS2-413</a>] - Simplify Build</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-431'>JS2-431</a>] - Remove PropertyManager for Preferences</li>
+</ul>
+</subsection>
+            
+<subsection name="作業">
+<ul>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-73'>JS2-73</a>] - TCK</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-83'>JS2-83</a>] - Site Documentation, Architectural Overview</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-256'>JS2-256</a>] - Implement Pluto's DynamicTitleService.</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-332'>JS2-332</a>] - PSML Documentation</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-360'>JS2-360</a>] - Springize Aggregation</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-362'>JS2-362</a>] - Portlet Stats integrated into Aggregator</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-386'>JS2-386</a>] - 2.0-FINAL-CUSTOMIZATION</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-388'>JS2-388</a>] - SSO</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-389'>JS2-389</a>] - Docs</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-390'>JS2-390</a>] - Admin</li>
+<li>[<a href='http://issues.apache.org/jira/browse/JS2-391'>JS2-391</a>] - Update Installation Documentation</li>
+</ul>
+</subsection>
+      </section>
+  </body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/release-notes.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/source-code.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/source-code.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/source-code.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,77 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title> ソースコードリポジトリ</title>
+    <subtitle> PALポータル のソースコードリポジトリ</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
+    </authors>
+    <translators>
+      <person name="松田 政明 as TigerCat" email="m.mat****@appli*****" />
+    </translators>
+  </properties>
+  <body>
+<section name=" 2.0 版ソースコードのダウンロード">
+
+<p>
+PALポータル のソースコードは、こちらから直接ダウンロードできます:
+</p>
+<table>
+	<tr>
+		<th>2.0 版ソースのダウンロード</th>
+	</tr>
+	<tr>
+		<td><a href="http://www.apache.org/dyn/closer.cgi/portals/jetspeed-2/SOURCES/jetspeed-2.0-src.tar.gz">2.0 版ソースコード - GZIP</a></td>
+	</tr>
+	<tr>
+		<td><a href="http://www.apache.org/dyn/closer.cgi/portals/jetspeed-2/SOURCES/jetspeed-2.0-src.zip">2.0 版ソースコード - ZIP</a></td>	
+	</tr>
+</table>	
+</section>	  
+<section name=" PALポータル のソースコードリポジトリ">
+
+<p>
+PALポータル は Subversion(SVN) ソースコードリポジトリ内にそれらのソースコードを収容しています。
+このリポジトリを私たちの公開 Subversion ウェブページに訪れることによって、オンラインで閲覧することができます。
+<a href='http://svn.apache.org/repos/asf/portals/jetspeed-2/'>SVNを閲覧</a> 
+</p>
+<subsection name=' Subversion ヘッドからのチェックアウト'>
+
+<p>Subversion リポジトリに匿名でアクセスするためには、
+Subversion クライアントソフトウェアが必要になります。</p>
+
+<p>ヘッド(訳注:最新版)から PALポータル プロジェクトをチェックアウトするには、次のように打ち込んでください:</p>
+<code>
+svn co http://svn.apache.org/repos/asf/portals/jetspeed-2/trunk jetspeed-2
+</code>
+
+<p>Subversion の利用に関してさらに手助けが必要なら、 <a href="http://subversion.tigris.org/">Subversion のウェブサイト</a> もしくは
+<a href="http://svnbook.red-bean.com/">Subversion ブック</a> のほうへお問い合わせください。
+そちらのウェブサイトには <a href="http://subversion.tigris.org/project_links.html">クライアントソフトウェアの一覧 や 便利なリンク</a> が掲載されています。( <a href="http://subclipse.tigris.org/">Eclipse プラグイン</a> へのリンクも含まれています。)</p>
+
+<p>Apacheのソースコードリポジトリ利用に関する更なる情報をお探しなら
+<a href='http://www.apache.org/dev/version-control.html'>ASF ソースコードページ</a> をご覧ください。
+</p>
+</subsection>
+</section>
+
+</body>
+</document>
+
+
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/source-code.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/style/maven-j2.css
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/style/maven-j2.css	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/style/maven-j2.css	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,486 @@
+/*
+---------------------- 
+Theme Style
+----------------------
+*/
+body {
+	background-color: #fff;
+	font-family: Verdana, Helvetica, Arial, sans-serif;
+	margin-left: auto;
+	margin-right: auto;
+	background-repeat: repeat-y;
+	font-size: 13px;
+	padding: 0px;
+}
+
+td,select,input,li {
+	font-family: Verdana, Helvetica, Arial, sans-serif;
+	font-size: 12px;
+	color: #333333;
+}
+
+code {
+	font-size: 12px;
+}
+
+a {
+	text-decoration: none;
+}
+
+a:link {
+	color: #47a;
+}
+
+a:visited {
+	color: #666666;
+}
+
+a:active,a:hover {
+	color: #990000;
+}
+
+#legend li.externalLink {
+	background: url(../images/external.png) left top no-repeat;
+	padding-left: 18px;
+}
+
+a.externalLink,a.externalLink:link,a.externalLink:visited,a.externalLink:active,a.externalLink:hover
+	{
+	background: url(../images/external.png) right center no-repeat;
+	padding-right: 18px;
+}
+
+#legend li.newWindow {
+	background: url(../images/newwindow.png) left top no-repeat;
+	padding-left: 18px;
+}
+
+a.newWindow,a.newWindow:link,a.newWindow:visited,a.newWindow:active,a.newWindow:hover
+	{
+	background: url(../images/newwindow.png) right center no-repeat;
+	padding-right: 18px;
+}
+
+h2 {
+	font-size: 17px;
+	color: #333333;
+}
+
+h3 {
+	padding: 4px 4px 4px 24px;
+	color: #666;
+	background-color: #ccc;
+	font-weight: bold;
+	font-size: 14px;
+	background-image: url(../images/h3.jpg);
+	background-repeat: no-repeat;
+	background-position: left bottom;
+}
+
+p {
+	line-height: 1.3em;
+	font-size: 12px;
+	color: #000;
+}
+
+#breadcrumbs {
+	height: 6px;
+	background-image: url(../images/breadcrumbs.jpg);
+	padding: 5px 10px 14px 20px;
+}
+
+* html #breadcrumbs {
+	padding-bottom: 8px;
+}
+
+#leftColumn {
+	margin: 10px 0 10px 0;
+	border-top-color: #ccc;
+	border-top-style: solid;
+	border-top-width: 1px;
+	border-right-color: #ccc;
+	border-right-style: solid;
+	border-right-width: 1px;
+	border-bottom-color: #ccc;
+	border-bottom-style: solid;
+	border-bottom-width: 1px;
+	padding-right: 5px;
+	padding-left: 5px;
+}
+
+#navcolumn h5 {
+	font-size: smaller;
+	border-bottom: 1px solid #aaaaaa;
+	padding-top: 2px;
+	padding-left: 9px;
+	color: #49635a;
+	background-image: url(../images/h5.jpg);
+	background-repeat: no-repeat;
+	background-position: left bottom;
+}
+
+table.bodyTable th {
+	color: white;
+	background-color: #bbb;
+	text-align: left;
+	font-weight: bold;
+}
+
+table.bodyTable th,table.bodyTable td {
+	font-size: 11px;
+}
+
+table.bodyTable tr.a {
+	background-color: #ddd;
+}
+
+table.bodyTable tr.b {
+	background-color: #eee;
+}
+
+.source {
+	border: 1px solid #999;
+	overflow: auto
+}
+
+dt {
+	padding: 4px 4px 4px 24px;
+	color: #333333;
+	background-color: #ccc;
+	font-weight: bold;
+	font-size: 14px;
+	background-image: url(../images/h3.jpg);
+	background-repeat: no-repeat;
+	background-position: left bottom;
+}
+
+.subsectionTitle {
+	font-size: 13px;
+	font-weight: bold;
+	color: #666;
+}
+
+table {
+	font-size: 10px;
+}
+
+.xright a:link,.xright a:visited,.xright a:active {
+	color: #666;
+}
+
+.xright a:hover {
+	color: #003300;
+}
+
+#banner {
+	height: 93px;
+	background: url(../images/banner.jpg);
+}
+
+#navcolumn ul {
+	margin: 5px 0 15px -0em;
+}
+
+#navcolumn ul a {
+	color: #333333;
+}
+
+#navcolumn ul a:hover {
+	color: red;
+}
+
+#intro {
+	border: solid #ccc 1px;
+	margin: 6px 0px 0px 0px;
+	padding: 10px 40px 10px 40px;
+}
+
+.subsection {
+	margin-left: 3px;
+	color: #333333;
+}
+
+.subsection p {
+	font-size: 12px;
+}
+
+#footer {
+	padding: 10px;
+	margin: 20px 0px 20px 0px;
+	border-top: solid #ccc 1px;
+	color: #333333;
+}
+
+
+/*
+---------------------- 
+Project Style
+----------------------
+*/
+/*
+.original #downloadbox {
+	float: right;
+	margin: 0 10px 20px 20px;
+	padding: 5px;
+	border: 1px solid #999;
+	background-color: #eee;
+}
+
+.original #downloadbox {
+	float: right;
+	margin: 0 10px 20px 20px;
+	padding: 5px;
+	border: 1px solid #999;
+	background-color: #eee;
+}
+
+.original #downloadbox h5 {
+	color: #FF8000;
+	margin: 0;
+	border-bottom: 1px solid #aaaaaa;
+	font-size: smaller;
+	padding: 0;
+}
+
+.original #downloadbox p {
+	margin-top: 1em;
+	margin-bottom: 0;
+}
+
+.original #downloadbox ul {
+	margin-top: 0;
+	margin-bottom: 1em;
+	list-style-type: disc;
+}
+
+.original #downloadbox li {
+	font-size: smaller;
+}
+*/
+
+.original #downloadbox * {
+	color: #FF8000;
+	position:static;
+	visibility:visible;
+}
+
+/*
+---------------------- 
+Theme Style
+----------------------
+*/
+/*
+.original body {
+	background-color: #fff;
+	font-family: Verdana, Helvetica, Arial, sans-serif;
+	margin-left: auto;
+	margin-right: auto;
+	background-repeat: repeat-y;
+	font-size: 13px;
+	padding: 0px;
+}
+
+.original td,select,input,li {
+	font-family: Verdana, Helvetica, Arial, sans-serif;
+	font-size: 12px;
+	color: #FF8000;
+}
+
+.original code {
+	font-size: 12px;
+}
+
+.original a {
+	text-decoration: none;
+}
+
+.original a:link {
+	color: #FF8000;
+}
+
+.original a:visited {
+	color: #FF8000;
+}
+
+.original a:active,a:hover {
+	color: #FF8000;
+}
+
+.original  #legend li.externalLink {
+	background: url(../images/external.png) left top no-repeat;
+	padding-left: 18px;
+}
+
+.original a.externalLink,a.externalLink:link,a.externalLink:visited,a.externalLink:active,a.externalLink:hover
+	{
+	background: url(../images/external.png) right center no-repeat;
+	padding-right: 18px;
+}
+
+.original #legend li.newWindow {
+	background: url(../images/newwindow.png) left top no-repeat;
+	padding-left: 18px;
+}
+
+.original a.newWindow,a.newWindow:link,a.newWindow:visited,a.newWindow:active,a.newWindow:hover
+	{
+	background: url(../images/newwindow.png) right center no-repeat;
+	padding-right: 18px;
+}
+
+.original h2 {
+	font-size: 17px;
+	color: #FF8000;
+}
+
+.original h3 {
+	padding: 4px 4px 4px 24px;
+	color: #FF8000;
+	background-color: #FF8000;
+	font-weight: bold;
+	font-size: 14px;
+	background-image: url(../images/h3.jpg);
+	background-repeat: no-repeat;
+	background-position: left bottom;
+}
+
+.original p {
+	line-height: 1.3em;
+	font-size: 12px;
+	color: #FF8000;
+}
+
+.original #breadcrumbs {
+	height: 6px;
+	background-image: url(../images/breadcrumbs.jpg);
+	padding: 5px 10px 14px 20px;
+}
+
+.original * html #breadcrumbs {
+	padding-bottom: 8px;
+}
+
+.original #leftColumn {
+	margin: 10px 0 10px 0;
+	border-top-color: #ccc;
+	border-top-style: solid;
+	border-top-width: 1px;
+	border-right-color: #ccc;
+	border-right-style: solid;
+	border-right-width: 1px;
+	border-bottom-color: #ccc;
+	border-bottom-style: solid;
+	border-bottom-width: 1px;
+	padding-right: 5px;
+	padding-left: 5px;
+}
+
+.original #navcolumn h5 {
+	font-size: smaller;
+	border-bottom: 1px solid #aaaaaa;
+	padding-top: 2px;
+	padding-left: 9px;
+	color: #FF8000;
+	background-image: url(../images/h5.jpg);
+	background-repeat: no-repeat;
+	background-position: left bottom;
+}
+
+.original table.bodyTable th {
+	color: #FF8000;
+	background-color: #bbb;
+	text-align: left;
+	font-weight: bold;
+}
+
+.original table.bodyTable th,table.bodyTable td {
+	font-size: 11px;
+}
+
+.original table.bodyTable tr.a {
+	background-color: #ddd;
+}
+
+.original table.bodyTable tr.b {
+	background-color: #eee;
+}
+
+.original .source {
+	border: 1px solid #999;
+	overflow: auto
+}
+
+.original dt {
+	padding: 4px 4px 4px 24px;
+	color: #FF8000;
+	background-color: #ccc;
+	font-weight: bold;
+	font-size: 14px;
+	background-image: url(../images/h3.jpg);
+	background-repeat: no-repeat;
+	background-position: left bottom;
+}
+
+.original .subsectionTitle {
+	font-size: 13px;
+	font-weight: bold;
+	color: #FF8000;
+}
+
+.original table {
+	font-size: 10px;
+}
+
+.original .xright a:link,.xright a:visited,.xright a:active {
+	color: #FF8000;
+}
+
+.original .xright a:hover {
+	color: #FF8000;
+}
+
+.original #banner {
+	height: 93px;
+	background: url(../images/banner.jpg);
+}
+
+.original #navcolumn ul {
+	margin: 5px 0 15px -0em;
+}
+
+.original #navcolumn ul a {
+	color: #FF8000;
+}
+
+.original #navcolumn ul a:hover {
+	color: #FF8000;
+}
+
+.original #intro {
+	border: solid #ccc 1px;
+	margin: 6px 0px 0px 0px;
+	padding: 10px 40px 10px 40px;
+}
+
+.original .subsection {
+	margin-left: 3px;
+	color: #FF8000;
+}
+
+.original .subsection p {
+	font-size: 12px;
+}
+
+.original #footer {
+	padding: 10px;
+	margin: 20px 0px 20px 0px;
+	border-top: solid #ccc 1px;
+	color: #FF8000;
+}
+*/
+
+.original * {
+	color: #FF8000;
+	position:static;
+	visibility:visible;
+}


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/style/maven-j2.css
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/style/project.css
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/style/project.css	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/style/project.css	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,44 @@
+/*
+---------------------- 
+Project Style
+----------------------
+*/
+
+#downloadbox {
+	float: right;
+	margin: 0 10px 20px 20px;
+	padding: 5px;
+	border: 1px solid #999;
+	background-color: #eee;
+}
+
+#downloadbox {
+	float: right;
+	margin: 0 10px 20px 20px;
+	padding: 5px;
+	border: 1px solid #999;
+	background-color: #eee;
+}
+
+#downloadbox h5 {
+	color: #000;
+	margin: 0;
+	border-bottom: 1px solid #aaaaaa;
+	font-size: smaller;
+	padding: 0;
+}
+
+#downloadbox p {
+	margin-top: 1em;
+	margin-bottom: 0;
+}
+
+#downloadbox ul {
+	margin-top: 0;
+	margin-bottom: 1em;
+	list-style-type: disc;
+}
+
+#downloadbox li {
+	font-size: smaller;
+}
\ No newline at end of file


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/style/project.css
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/supporting-projects.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/supporting-projects.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/supporting-projects.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,66 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title>サポートするプロジェクト</title>
+		<subtitle>サポートするプロジェクト</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+        <translators>
+            <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****" />
+        </translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name="サポートするプロジェクト">
+
+		<table>
+          <tr>
+            <th>プロジェクト</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="http://db.apache.org/derby/"><img src="images/supporters/derby.gif" border="0" /></a></td>
+            <td><a href="http://db.apache.org/derby/">Derby</a> は、PALポータル のデフォルトの組み込みデータベースエンジンを提供しています。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="http://directory.apache.org/subprojects/apacheds/index.html"><img src="images/supporters/directory.gif" border="0" /></a></td>
+            <td>Apache <a href="http://directory.apache.org/subprojects/apacheds/index.html">Directory Server</a> は、PALポータル のデフォルト組み込み LDAP エンジンを提供しています。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="http://lucene.apache.org/"><img src="images/supporters/lucene.gif" border="0" /></a></td>
+            <td><a href="http://lucene.apache.org/">Lucene</a> は、PALポータル の組み込み検索エンジンを提供しています。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="http://db.apache.org/ojb/"><img src="images/supporters/ojb.gif" border="0" /></a></td>
+            <td><a href="http://db.apache.org/ojb/">OJB</a> PALポータル のデフォルトの永続性層を提供しています。
+            PALポータル は OJB のPersistenceBroker API を利用しています。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="http://portals.apache.org/pluto/"><img src="images/supporters/pluto.gif" border="0" /></a></td>
+            <td><a href="http://portals.apache.org/pluto/">Pluto</a> は、PALポータル のポートレットコンテナを提供します。
+            Pluto は、Java ポートレット仕様のリファレンス実装です。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="http://www.springframework.org"><img src="images/supporters/springframework.gif" border="0" /></a></td>
+            <td><a href="http://www.springframework.org">Spring フレームワーク</a> は、PALポータル のデフォルトのコンポーネントフレームワークを提供しています。</td>
+          </tr>
+		</table>
+		</section>
+	</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/supporting-projects.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/what-is-jetspeed-2.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/what-is-jetspeed-2.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/what-is-jetspeed-2.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,63 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title>PALポータル ホームページ</title>
+		<subtitle>PALポータル へようこそ</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****" />
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+        <translators>
+            <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****" />
+        </translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name="PALポータル とは何ですか?">
+
+			<p>
+                PALポータル は、Java や XML を利用した企業情報ポータルの、オープンソースの実装です。
+                ポータルは、アプリケーションやデータベースなどのネットワークリソースをエンドユーザで利用可能にします。
+                ユーザは、ウェブブラウザ、WAP 対応の携帯電話、ポケベルまたは様々な他のデバイスからポータルへアクセスすることができます。
+                PALポータル は、利用しやすい方法で複数の情報源からなる情報を利用可能にする中央のハブのように動作します。
+			</p>
+
+			<p>
+                PALポータル を通して表示されるデータは、コンテンツタイプには依存していません。
+                これは、たとえば、XML、RSS または SMTP などから来るコンテンツが PALポータル で統合することができることを意味しています。
+                データの実際の表示は、XSL で処理され、例えば、Java Server Pages (JSP) や HTML の組み合わせで、ユーザへ送信されます。
+                PALポータル は、
+				<a href="http://cocoon.apache.org">Cocoon</a>
+				、
+				<a href="http://www.webmacro.org/">WebMacro</a>
+				や
+				<a href="http://jakarta.apache.org/velocity/">
+					Velocity
+				</a>
+                などのテンプレートおよびコンテント発行フレームワークのサポートを提供します。
+                (注: PALポータル は、普通のブラウザではない WAP 端末をサポートします)
+			</p>
+
+			<p>
+                PALポータル は、ポータルアプリケーションを素早く構築する手助けとなります。
+                その目標は、PALポータル がユーザインターフェースデザイナとポータル開発者両方にとってのツールとなることです。
+                現在、ポータルの基盤の構築を容易にするツール群を開発者に提供することに焦点を当てています。
+                ユーザは、PALポータル を用いて、XML ポータルを素早く構築でき、独自のコンテンツを同時に配信できます。
+			</p>
+		</section>
+	</body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/what-is-jetspeed-2.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/who-uses-j2.xml
===================================================================
--- pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/who-uses-j2.xml	2007-05-12 23:21:13 UTC (rev 125)
+++ pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/who-uses-j2.xml	2007-05-12 23:22:25 UTC (rev 126)
@@ -0,0 +1,76 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+	
+	Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+	you may not use this file except in compliance with the License.
+	You may obtain a copy of the License at
+	
+	http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+	
+	Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+	distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+	WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+	See the License for the specific language governing permissions and
+	limitations under the License.
+-->
+<document>
+	<properties>
+		<title>PALポータル を利用している企業・団体</title>
+		<subtitle>PALポータル を利用している企業・団体</subtitle>
+		<authors>
+			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
+		</authors>
+        <translators>
+            <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****" />
+        </translators>
+	</properties>
+	<body>
+		<section name="PALポータル を利用している企業・団体">
+
+		<table>
+          <tr>
+            <th>企業/プロジェクト</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="http://www.bluesunrise.com"><img src="images/users/bluesunrise.gif" border="0" /></a></td>
+            <td><a href="http://www.bluesunrise.com">BlueSunrise</a> は、PALポータル ソリューションを導入する企業をサポートするサービスを提供します。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="http://www.convergys.com/"><img src="images/users/convergys.gif" border="0" /></a></td>
+            <td><a href="http://www.convergys.com/">Convergys</a> は、Cognos や MicroStrategy などのサードパーティ製の企業 OLAP エンジンからレポートする B2B ビジネスインテリジェンスポータルとして、PALポータル を利用しています。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="http://www.itgroundwork.com/"><img src="images/users/groundwork.gif" border="0" /></a></td>
+            <td><a href="http://www.itgroundwork.com/">GroundWork</a> のオープンソース IT インフラストラクチャモニタリングソリューションは、商業代替手段のコスト削減のためのエンタープライズクラスの可用性およびパフォーマンスを提供します。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="http://www.iwise.nl/"><img src="images/users/iwise.gif" border="0" /></a></td>
+            <td><a href="http://www.iwise.nl/">iWise B.V.</a> は、PALポータル を含む、コンサルタントおよび企業 Java ソリューションを提供するドイツの企業です。</td> 
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="http://www.jahia.net"><img src="images/users/jahia.gif" border="0" /></a></td>
+            <td>製品の<a href="http://www.jahia.net">Jahia 5.0</a> ラインは、PALポータル ベースの企業ポータルサーバを含みます。
+            100% Java ベース、すべての Jahia ソースコードは、共同およびコミュニティソースライセンス(貢献または有料)の元で利用可能です。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="http://www.rosa.com"><img src="images/users/rosa.jpg" border="0" /></a></td>
+            <td><a href="http://www.rosa.com">R.O.S.A. Creation. Technology. Intelligence. AG</a> は、PALポータル を使用して、
+            協調ポータルを配備し、ポータル開発でサービスを提供します。</td>
+           </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="http://www.ugs.com"><img src="images/users/ugs.gif" border="0" /></a></td>
+            <td><a href="http://www.ugs.com">UGS</a> は、PALポータル を利用して、その製品のライフサイクル管理の製品ラインとして、
+            ポータルを提供しています。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td><a href="http://wfmopen.sf.net">WfMOpen</a></td>
+            <td>1.4 バージョンで、<a href="http://wfmopen.sf.net">WfMOpen</a> は、ワークフローエンジン (BPE) 用のリソース管理を提供し、
+			エンジンの管理用ポートレットとして、PALポータル を使用しています。</td>
+          </tr>
+		</table>
+		</section>
+	</body>
+</document>
+


Property changes on: pal-portal/trunk/docs/ja/configuration-guide/xdocs/who-uses-j2.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native


pal-cvs メーリングリストの案内