[pal-cvs 3420] [1154] added design doc.

svnno****@sourc***** svnno****@sourc*****
2008年 9月 11日 (木) 12:48:29 JST


Revision: 1154
          http://svn.sourceforge.jp/cgi-bin/viewcvs.cgi?root=pal&view=rev&rev=1154
Author:   shinsuke
Date:     2008-09-11 12:48:29 +0900 (Thu, 11 Sep 2008)

Log Message:
-----------
added design doc.

Modified Paths:
--------------
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-components.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/navigation.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/portal/architecture.xml

Added Paths:
-----------
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/guide.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/jpt.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/layout-decorator.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/layout.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/login.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/portlet-decorator.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/images/jetspeedservlet-c.gif

Removed Paths:
-------------
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/design-portlet.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-decorators.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-jpt.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-layouts.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-portal-design.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/images/jetspeedservlet-c.gif


-------------- next part --------------
Copied: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/guide.xml (from rev 1141, pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-portal-design.xml)
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/guide.xml	                        (rev 0)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/guide.xml	2008-09-11 03:48:29 UTC (rev 1154)
@@ -0,0 +1,75 @@
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>デザイン</title>
+    <subtitle>概要</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
+      <person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****"/>
+      <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****"/>
+    </authors>
+    <translators>
+	</translators>
+  </properties>
+  <body>
+    <section name="概要">
+      <p>
+ポートレット API (JSR 168) は、ポートレットプログラミングの Java 標準インターフェースを定義しています。
+ポートレット API 仕様により、ポートレットとポータルの間の相互の接続が可能になります。
+しかし、Java ポートレット API は、ポータルのデザインについての標準は定義していません。
+本章では、デザインに関する以下の事項について説明します。
+<ul>
+<li><a href="layout.html">レイアウトテンプレート</a></li>
+<li><a href="layout-decorator.html">レイアウトデコレータ</a></li>
+<li><a href="portlet-decorator.html">ポートレットデコレータ</a></li>
+</ul>
+</p>
+    </section>
+    <section name="デザインテンプレート">
+      <p>
+ポートレットページ内の 1 つ以上のポートレットを描画するということは、描画するためのテンプレートをを用意して、それらのポートレットを動的なコンテンツとして集約する処理を行うことになります。
+PALポータルは、ページの描画を Apache Velocity テンプレートを使って生成します。
+PALポータルの構造は、Velocity 以外に JSP をテンプレートとして使うことが可能な構造をしていますが、Velocity の利用をサポートしています。
+      </p>
+      <p>
+PALポータルには、レイアウトテンプレートと 2 種類のデコレータが存在しています。
+レイアウトテンプレートは、ポートレットの表示列数などページの基本構成を描画する処理をします。
+デコレータは、レイアウトデコレータとポートレットデコレータがあり、前者はページ全体のデザインを構成し、後者は表示するポートレットのデザインを構成します。
+</p>
+      <subsection name="レイアウトテンプレート">
+        <p>
+レイアウトテンプレートは、ポートレットの表示列数を表現するなどの、ポータルページの集約処理を制御します。
+レイアウトテンプレートの機能的な部分は、PALポータル用の配備可能なレイアウトポートレットアプリケーションとしてまとめられています。
+レイアウトテンプレートは、コンテンツ集約のためのコンポーネントモデルを提供し、ポートレットが生成したコンテンツを統合してポータルページを生成します。
+PALポータルは一列、または二列、または三列のレイアウトを含むいくつかのレイアウトコンポーネントを同梱しています。
+必要に応じて、新規のレイアウトを定義することも可能です。
+</p>
+      </subsection>
+      <subsection name="デコレータ">
+        <p>
+デコレータには、レイアウトデコレータとポートレットデコレータがあります。
+レイアウトデコレータでは、ページのヘッダーやフッターなどのページ全体のでデザインを構成します。
+ポートレットデコレータでは、ポートレットの枠の部分やポートレット内で表示するコンテンツのスタイルを構成します。
+デコレータは、Velocity テンプレートにより記述され、利用する CSS や画像などのデータを含みます。
+PALポータルでは、デコレータの記述テンプレートとして JSP も利用可能ですが、標準では Velocity をサポートします。
+デコレータは、PALポータル用の配備可能なアーカイブとしてまとめることも可能です。
+</p>
+      </subsection>
+    </section>
+  </body>
+</document>

Copied: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/jpt.xml (from rev 1141, pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-jpt.xml)
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/jpt.xml	                        (rev 0)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/jpt.xml	2008-09-11 03:48:29 UTC (rev 1154)
@@ -0,0 +1,172 @@
+<?xml version="1.0"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>デザイン</title>
+    <subtitle>ユーティリティ</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
+      <person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
+      <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****"/>
+    </authors>
+  </properties>
+  <body>
+<section name="ユーティリティについて">
+<p>
+デコレータでの記述ツールとして、Jetspeed Power Tool (JPT) が提供されています。
+JPT は、動的なコンテンツを生成するためのレイアウトやデコレータで使われる Velocity のツールです。
+JPT は、リクエストレベルの Velocity のツールです。そして、レイアウトデコレータおよびポートレットデコレータで利用可能です。
+JPT は、デコレータもしくはレイアウトで、
+<source test=""><![CDATA[
+$jetspeed
+]]></source>
+として参照されます。
+全ての公開の JPT API は、
+<ul>
+	<li>Java のメソッドのドット記法</li>
+	<li>プロパティへの JavaBean ショートカット (getter/setter)</li>
+</ul>
+でアクセス可能です。
+たとえば、メソッドの呼び出しは、
+<source test=""><![CDATA[
+# 2 つのパラメータをもつメソッド 'getTitle' の呼び出し
+$jetspeed.getTitle($myPE, $myF)
+]]></source>
+のようになります。
+プロパティの取得は、
+<source test=""><![CDATA[
+# page ビーンの呼び出し ($jetspeed.getPage に等しい)
+$jetspeed.page
+]]></source>
+のようになります。
+</p>
+</section>
+<section name=" JPT Velocity API">
+<p>以下の表は Velocity 用の PALポータルPower Tool の定義です。</p>
+<hr/>
+<table>
+  <tr> 
+    <th>API</th>
+    <th><b>decorateAndInclude($fragment)</b></th>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>説明</td>
+    <td>
+		Velocity にインクルードするための、与えられたフラグメントパラメータ <b>($fragment)</b> に対する、デコレータテンプレートへの相対パスを取得します。フラグメントは Velocity の #parse 関数にパラメータとして渡されます (#parse は他の Velocity テンプレートをインクルードします)。
+     </td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>パラメータ</td>
+    <td><b>$fragment</b> - インクルードとデコレートを行うフラグメント。</td>         
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>返り値</td>
+    <td><b>String</b> - デコレータテンプレートのアプリケーションでの相対パス。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>例</td>
+    <td>#parse($jetspeed.decorateAndInclude($fragment))<br/>戻り値<br/>/WEB-INF/decorations/layout/html/tigris/decorator-top.vm</td>
+  </tr>  
+</table>
+<hr/>
+
+<table>
+  <tr> 
+    <th>API</th>
+    <th><b>getAbsoluteUrl(appRelativePath)</b></th>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>説明</td>
+    <td>
+		ポートレットアプリケーションリソースへの相対パスを与えると、絶対 URL を返します。
+		この API はテンプレートの URL を参照するのに使うべきではありません。なぜなら、テンプレートの URL は、しばしば CMS 内に位置したり、保護された WEB-INF ディレクトリに位置したりするために、通常は絶対 URL としてはアクセスできないからです。
+     </td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>パラメータ</td>
+    <td><b>relativePath</b> - デコレータパッケージ内のリソースへの相対パス。</td>         
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>返り値</td>
+    <td><b>String</b> - ウェブリソースへの絶対パス</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>例</td>
+    <td>$jetspeed.getAbsoluteUrl("/images/test.gif")<br/>戻り値<br/>http://localhost:8080/jetspeed/portal/images/test.gif</td>
+  </tr>  
+</table>
+<hr/>
+
+<table>
+  <tr> 
+    <th>API</th>
+    <th><b>columns</b></th>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>説明</td>
+    <td>
+		レイアウトの集約の間に現在のフラグメントのための列のリストを返す。
+     </td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>パラメータ</td>
+    <td><b>-</b></td>         
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>返り値</td>
+    <td><b>List</b> - サブフラグメントもしくは Java の標準の List</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>例</td>
+    <td>#set ($table = $jetspeed.columns)<br/>#foreach($entry in $table)
+    </td>
+  </tr>  
+</table>
+<hr/>
+
+<!--
+<table>
+  <tr> 
+    <th>API</th>
+    <th><b></b></th>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>説明</td>
+    <td>
+     </td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>パラメータ</td>
+    <td><b></b></td>         
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>返り値</td>
+    <td><b></b></td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>例</td>
+    <td></td>
+  </tr>  
+</table>
+<hr/>
+-->
+
+</section>
+
+</body>
+</document>
+

Copied: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/layout-decorator.xml (from rev 1141, pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-decorators.xml)
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/layout-decorator.xml	                        (rev 0)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/layout-decorator.xml	2008-09-11 03:48:29 UTC (rev 1154)
@@ -0,0 +1,239 @@
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>デザイン</title>
+    <subtitle>レイアウトデコレータ</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="Scott T Weaver" email="weave****@apach*****"/>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
+      <person name="中根政嗣"/>
+      <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****"/>
+    </authors>
+  </properties>
+  <body>
+    <section name="レイアウトデコレータについて">
+      <p>
+レイアウトデコレータは、ポータルページのデザインを構成するファイル群です。
+レイアウトデコレータは、1 つの PSML ファイルを表現するポータルページのヘッダーとフッターを記述するテンプレートで処理されます。
+テンプレート言語には Velocity を用います。
+PALポータルはテンプレート部分を汎用的に実装されているので、テンプレート言語に JSP も利用可能ですが、Velocity を標準でサポートします。
+</p>
+    </section>
+    <section name="構成ファイル">
+      <p>
+レイアウトデコレータは、<code>webapps/palportal/decorations/layout</code> に配置されます。
+このディレクトリをルートディレクトリとして、レイアウトデコレータの名前でディレクトリを作成して、以下のファイルを配置します。
+<ul>
+<li>decorator.properties</li>
+<li>header.vm</li>
+<li>footer.vm</li>
+<li>css/styles.css</li>
+</ul>
+たとえば、mydesign というレイアウトデコレータを利用したい場合は、<code>webapps/palportal/decorations/layout/mydesign</code> ディレクトリを作成して、上記のファイルを配置します。
+</p>
+    </section>
+      <section name="基本設定(decorator.properties)"> <p>
+decorator.properties ファイルは、レイアウトデコレータの基本情報を保持します。
+実際のところ、このファイルは空でも構いませんが、他の API が使用可能なデコレータを探すために使用されるので、ファイルは存在する必要があります。
+ですので、下記の定義にあるプロパティは 全てオプションであると仮定しても問題ありません。
+		</p>
+        <table>
+          <tr>
+            <th>プロパティ名</th>
+            <th>説明</th>
+            <th>デフォルト</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>base.css.class</td>
+            <td>
+この値は、ヘッダーのテンプレートファイルの一番上の要素タグの中に配置されます。
+            </td>
+            <td>デコレータ名</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>stylesheet</td>
+            <td>デコレータのスタイルシートへの相対パス</td>
+            <td>css/styles.css</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>header</td>
+            <td>デコレーションのヘッダーテンプレートへの相対パス</td>
+            <td>header.vm</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>footer</td>
+            <td>デコレーションのフッターテンプレートへの相対パス</td>
+            <td>footer.vm</td>
+          </tr>
+        </table>
+      </section>
+      <section name="テンプレートファイル">
+        <p>
+テンプレートファイルは、ヘッダーテンプレートとフッターテンプレート二より構成されます。
+        </p>
+      <subsection name="ヘッダーテンプレート">
+        <p>
+ヘッダーテンプレートファイル <strong>header.vm</strong> は、ポータルページのヘッダー部分を生成します。
+<blockquote>
+<strong>注意:</strong> 前提事項として、HTML と CSS についての十分な知識があると仮定してあります。
+デコレータを作成するにあたり、基本的な Velocity の知識はあれば良いですが、必須の知識ではありません。
+</blockquote>
+    </p>
+        <p>
+通常、header.vm では、上部に下記のようにレイアウトデコレータで利用するパラメータの設定等を行います。
+    </p>
+        <source><![CDATA[        
+#set($portalMode = "standard")##
+## Add the current layouts configuration values to the context
+#defineLayoutObjects()##
+## Loads our custom macros
+#parse($layoutDecoration.getResource("decorator-macros.vm"))##
+## Username
+#set($username = $JS2RequestContext.request.remoteUser)##
+## Check edit
+#set($_actions = $layoutDecoration.actions)##
+#foreach ($_action in $_actions)##
+  #if($_action.actionName == "edit")##
+    #set ($editable = true)##
+  #end##
+#end##
+#set($layoutId = $jetspeed.currentFragment.id)##
+#set($servletName = $JS2RequestContext.request.servletPath)##
+#initMessageResourceBundles()##
+]]></source>
+        <p>
+<code>#defineLayoutObjects()</code>は、Velocity でマクロと言われるものです。
+マクロは、事前に定義された Velocity の小さなコードで、Velocity テンプレートの中で再利用されます。
+これから使用する全てのグローバルマクロ (このマクロも含む) は、<code>webapps/palportal/WEB-INF/jetspeed_macros.vm</code> で定義されています。
+もし、カスタムマクロを作成したい場合は、レイアウトデコレータ内に <code>decorator-macros.vm</code> を作成して、その中にカスタムマクロを記述します。
+</p>
+<p>
+<code>#defineLayoutObjects()</code>は、様々な値をレイアウトデコレータ内で利用可能にします。
+設定された値は、header.vm や footer.vm などの様々なテンプレートからアクセス可能になります。
+<code>#defineLayoutObjects()</code> では、<code>webapps/palportal/WEB-INF/jetspeed_macros.vm</code> で以下のように記述されています。
+    	</p>
+        <source><![CDATA[        
+#macro (defineLayoutObjects)
+  #set($preferedLocale = $JS2RequestContext.locale)
+  #set($rootFragment = $jetspeed.currentFragment)
+  #set($site = $request.getAttribute("org.apache.jetspeed.portalsite.PortalSiteRequestContext"))
+  #set($theme = $request.getAttribute("org.apache.jetspeed.theme"))
+  #set($layoutDecoration = $theme.getDecoration($rootFragment))
+#end
+]]></source>
+        <p>
+<code>#set()</code> は、Velocity の変数に値を設定する関数です。
+これは Velocityで指示子と呼ばれるものです。
+指示子はオリジナルの関数であり、マクロではありません。
+<code>#set()</code>は、イコール記号の右辺にある値を受け取り左辺へ割り当てます。
+Velocity の変数は $ で始まる文字列になります。
+</p>
+<p>
+全てのVelocityテンプレートで利用可能なオブジェクトは、<code>$someObject</code>という書き方で参照することができます。
+メソッドの実行は、<code>$someObject.getFoo()</code> の様に書くことで実行できます。
+getFoo()を実行する場合、引数を取らないgetterメソッドは、<code>$someObject.foo</code>という記述も可能です。
+この <code>$JS2RequestContext</code> に関しては、<code>org.apache.jetspeed.RequestContext</code>   のインスタンスで Velocity で使用できるように、PALポータルによってインスタンス化されています。
+<code>org.apache.jetspeed.RequestContext</code> の JavaDoc を見るとわかりますが、<code>$JS2RequestContext.locale</code> は、現在のポートレットのユーザーのロケールとなる、<code>java.util.Locale</code> のインスタンスを渡しています。
+</p>
+<p>
+次に、<code>#set($rootFragment = $jetspeed.currentFragment)</code> という set の行は、<code>$rootFragment</code> と呼ばれるインスタンスを生成しています。
+これは、<code>org.apache.jetspeed.om.page.ContentFragment</code> のインスタンスで、ページ内のルートフラグメントです。
+通常ルートフラグメントはレイアウトポートレットになります。
+        </p>
+        <p>
+<code>$request</code> は、<code>javax.servlet.http.HttpServletRequest</code>のインスタンスで、PALポータルから Velocity に渡されたオブジェクトを取り出します。<code>$site</code> と <code>$theme</code> は、それぞれ <code>org.apache.jetspeed.portalsite.PortalSiteRequestContext</code> と <code>org.apache.jetspeed.decoration.Theme</code> です。
+        </p>
+        <p>
+パラメータの設定後、header.vm では、&lt;html&gt; から始まるタグを記述していきます。
+	   </p>
+        <source><![CDATA[  
+<html>
+  <head>
+    #includeHeaderResource()
+    <base href="#BaseHref()">
+    <meta http-equiv="Content-type" content="#ContentType()" />
+    <meta http-equiv="Content-style-type" content="text/css" />
+    #IncludeStylesheets()
+    <title>#PageTitle()</title>
+    <meta name="version" content="#SiteVersionTag()">
+    <meta name="keywords" content="#PageKeywords()" />
+    <meta name="description" content="#PageDescription()" />
+    <script type="text/javascript" src="#GetPageResource('js/jquery-1.2.6.min.js')"></script>
+    <script type="text/javascript" src="#GetPageResource('js/ui-1.5.2/ui.core.packed.js')"></script>
+    <script type="text/javascript" src="#GetPageResource('js/ui-1.5.2/ui.sortable.packed.js')"></script>
+    <script type="text/javascript" src="#GetPageResource('js/main.js')"></script>
+  </head>
+<body class="#PageBaseCSSClass()">
+  <input type="hidden" id="ajaxUrl" value="#BaseHref()ajaxapi$JS2RequestContext.request.pathInfo"/>
+  <div class="#PageBaseCSSClass()">
+...
+<html>
+]]></source>
+        <p>	
+最初に、<code><![CDATA[ <base href="#BaseHref()">]]></code> は、ウェブのリソースの場所の解決をするためのベースを定義する際に使用します。
+<code><![CDATA[ <base>]]></code> の議論については、<a href="http://www.w3schools.com/tags/tag_base.asp">W3C Schools Reference</a>を参照してください。
+もしすでにあなたが PALポータルで遊んだ経験があるのであれば、一貫した html やスタイルシートへのパスを取得するのを妨げる、幾通りもの非常にややこしい URL リライトの問題に気づくでしょう。
+BASEタグを定義することにより、一貫した html やスタイルシートへのパスを取得するのを妨げる、URL リライトの問題が解決されます。
+</p>
+<p>
+<code>#BaseHref()</code> マクロは、単にウェブアプリケーションのルートディレクトリへの絶対パスを作成します。
+このコードは、サーブレットAPIを使って記述した場合、以下の通りです。
+	  </p>
+        <source><![CDATA[  
+HttpServletRequest request;
+StingBuffer baseHref = new StringBuffer(request.getScheme())
+     .append("://").append(request.getServerName())
+	 .append(":").append(request.getServerPort())
+	 .append(request.getContextPath()).append("/");
+return baseHref.toString();		 
+]]></source>
+        <p>
+		Velocity マクロのコードは簡潔になり、以下の通りです。
+	  </p>
+        <source><![CDATA[  
+${request.scheme}://${request.serverName}:${request.serverPort}${request.contextPath}
+]]></source>
+        <p>
+<code>#ContentType()</code> は text/htmlと、UTF-8 のような適切なエンコードの種類を返します。
+	 </p>
+        <p>
+<code>#PageBaseCSSClass()</code> は base.css.class プロパティの値が利用され、スタイルシートの適用範囲を指定するために body タグ直下のタグでスタイルクラスとして適用するためなどに用いられます。
+	 </p>
+      </subsection>
+      <subsection name="フッターテンプレート">
+        <p>
+footer.vm についても header.vm と同様に記述することができます。
+	 </p>
+      </subsection>
+      <subsection name="スタイルシート">
+        <p>
+通常のCSSと同様に記述することができます。 
+        </p>
+      </subsection>
+    </section>
+    <section name="レイアウトデコレータの追加">
+      <p>
+新規にレイアウトデコレータを追加したい場合は、上記のファイル群を作成し、<code>webapps/palportal/decorations/layout/&lt;mydesign&gt;</code> 以下に配置することで &lt;mydesign&gt; が有効になります。デコレータの追加には、ポータルの再起動は必要ありません。
+      </p>
+      <p>
+追加したレイアウトデコレータはサイトエディターから選択することができます。
+設定方法の詳細については「管理者ガイド」を参照してください。 
+      </p>
+    </section>
+  </body>
+</document>

Copied: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/layout.xml (from rev 1141, pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-layouts.xml)
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/layout.xml	                        (rev 0)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/layout.xml	2008-09-11 03:48:29 UTC (rev 1154)
@@ -0,0 +1,289 @@
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>デザイン</title>
+    <subtitle>レイアウトテンプレート</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
+      <person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****"/>
+      <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****"/>
+    </authors>
+  </properties>
+  <body>
+    <section name="レイアウトテンプレート">
+      <p>
+レイアウトテンプレートはポータルページのコンテンツ集約処理を制御しています。
+レイアウトテンプレートの機能的な部分は PALポータル用の配備可能なレイアウトポートレットアプリケーション内にパッケージされています。
+レイアウトテンプレートはレイアウトポートレットで指定された集約処理を元にポートレットのコンテンツを集約して、ポータルページを生成します。
+PALポータルは、標準で 1 列、2 列、3 列のレイアウトを含むいくつかのレイアウトコンポーネントを持っています。
+デフォルトの PALポータルで指定可能なレイアウトは後述の「<a href="#PALポータルのレイアウト">PALポータルのレイアウト</a>」を参照してください。
+必要に応じて、新規にレイアウトを定義したり、変更したりすることも可能です。
+</p>
+      <p>
+レイアウトはどのように 1 つのポータルページがコンテンツ集約するのかを定義します。
+レイアウトテンプレートはコンテンツの配置をどのようにするかを処理し、ポータルへリクエストされたコンテンツが集約される方法を定義します。
+レイアウトは、ポータルページのコンテンツを生成するために、テンプレート処理のアルゴリズムを実行するポートレットにより定義されます。
+典型的なレイアウト構成のアルゴリズムには 2 列のもの、3 列のもの、階層化されたものがあります。
+</p>
+      <p>
+レイアウトテンプレートは以下により構成されます。
+<ul>
+<li>レイアウトポートレット</li>
+<li>レイアウトテンプレートファイル</li>
+</ul>
+</p>
+    </section>
+    <section name="レイアウトポートレット">
+      <p>
+レイアウトポートレットは、jetspeed-layouts ポートレットと呼ばれ、PALポータル用の JSR 168 ポートレットとして構成されています。
+レイアウトポートレットは、jetspeed-layouts.war というファイルでパッケージ化され、PALポータルに配備すると <code>webapps/palportal/WEB-INF/apps/jetspeed-layouts</code> に配置されます。
+レイアウトポートレットは、JSR 168 のポートレットですが、jetspeed で始まるポートレット名は PALポータルではポータル用のポートレットとして認識され、<code>webapps/palportal/WEB-INF/apps</code> 以下に配備されます。
+      </p>
+      <p>
+レイアウトポートレットは標準的なポートレットアプリケーション同様に、以下の操作をサポートします。
+<ul><li>配備</li><li>配備解除</li><li>再配備</li></ul>
+</p>
+    </section>
+    <section name="レイアウトの種類">
+      <p>
+PALポータルは 1 列、2 列、3 列のレイアウトを含むいくつかのレイアウトコンポーネントを標準で含んでいます。
+必要に応じて、新規にレイアウトを定義したり、変更したりすることも可能です。
+以下の表は PALポータルで利用可能なレイアウトコンポーネントのリストです。
+ページのレイアウトを変更する際には、利用したいレイアウトコンポーネントを選択します。
+PSML ページごとに 1 つのルートレイアウトを指定することが可能です。
+</p>
+<table>
+  <tr>
+    <th>ポートレット名</th>
+    <th>レイアウト名</th>
+    <th>カラム数</th>
+    <th>サイズ</th>
+    <th>説明</th>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityOneColumn</td>
+    <td>1 列レイアウト</td>
+    <td>1</td>
+    <td>100%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアの 100% 幅を占める 1 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityTwoColumns</td>
+    <td>2 列レイアウト(50/50)</td>
+    <td>2</td>
+    <td>50%,50%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 50%、50% 幅を割り当てる 2 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityTwoColumns3366</td>
+    <td>2 列レイアウト(33/66)</td>
+    <td>2</td>
+    <td>33%,66%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 33%、66% 幅を割り当てる 2 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityTwoColumns2575</td>
+    <td>2 列レイアウト(25/75)</td>
+    <td>2</td>
+    <td>25%,75%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 25%、75% 幅を割り当てる 2 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityTwoColumns2080</td>
+    <td>2 列レイアウト(20/80)</td>
+    <td>2</td>
+    <td>20%,80%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 20%、80% 幅を割り当てる 2 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityTwoColumns1585</td>
+    <td>2 列レイアウト(15/85)</td>
+    <td>2</td>
+    <td>15%,85%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 15%、85% 幅を割り当てる 2 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityTwoColumns1090</td>
+    <td>2 列レイアウト(10/90)</td>
+    <td>2</td>
+    <td>10%,90%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 10%、90% 幅を割り当てる 2 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityTwoColumns595</td>
+    <td>2 列レイアウト(5/95)</td>
+    <td>2</td>
+    <td>5%,95%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 5%、95% 幅を割り当てる 2 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityTwoColumns6633</td>
+    <td>2 列レイアウト(66/33)</td>
+    <td>2</td>
+    <td>66%,33%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 66%、33% 幅を割り当てる 2 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityTwoColumns7525</td>
+    <td>2 列レイアウト(75/25)</td>
+    <td>2</td>
+    <td>75%,25%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 75%、25% 幅を割り当てる 2 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityTwoColumns8020</td>
+    <td>2 列レイアウト(80/20)</td>
+    <td>2</td>
+    <td>80%,20%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 80%、20% 幅を割り当てる 2 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityTwoColumns8515</td>
+    <td>2 列レイアウト(85/15)</td>
+    <td>2</td>
+    <td>85%,15%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 85%、15% 幅を割り当てる 2 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityTwoColumns9010</td>
+    <td>2 列レイアウト(90/10)</td>
+    <td>2</td>
+    <td>90%,10%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 90%、10% 幅を割り当てる 2 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityTwoColumns955</td>
+    <td>2 列レイアウト(95/5)</td>
+    <td>2</td>
+    <td>95%,5%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 95%、5% 幅を割り当てる 2 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityThreeColumns</td>
+    <td>3 列レイアウト(33/33/33)</td>
+    <td>3</td>
+    <td>33%,33%,33%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 33%、33%、33% 幅を割り当てる 3 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityThreeColumns206020</td>
+    <td>3 列レイアウト(20/60/20)</td>
+    <td>3</td>
+    <td>20%,60%,20%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 20%、60%、20% 幅を割り当てる 3 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityThreeColumns157015</td>
+    <td>3 列レイアウト(15/70/15)</td>
+    <td>3</td>
+    <td>15%,70%,15%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 15%、70%、15% 幅を割り当てる 3 列表示。</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>VelocityFourColumns</td>
+    <td>4 列レイアウト</td>
+    <td>4</td>
+    <td>20%,30%,30%,20%</td>
+    <td>ポートレットの表示エリアに左から 20%、30%、30%、20% 幅を割り当てる 4 列表示。</td>
+  </tr>
+</table>
+      <p>
+ページへのレイアウトの適用方法については、「管理者ガイド」を参照してください。
+      </p>
+    </section>
+    <section name="レイアウトの追加方法">
+      <p>
+新しい列数のレイアウトを新規に追加する場合は、そのポートレットの定義をレイアウトポートレットに追加する必要があります。
+ポートレットクラスには、org.apache.jetspeed.portlets.layout.ActionLayoutPortlet を利用して定義を追加することができます。
+また、javax.portlet.GenericPortlet を継承して、独自のレイアウトを作成することもできます。
+      </p>
+      <p>
+たとえば、ActionLayoutPortlet を利用して新規にレイアウトを追加する場合は以下のような定義を <code>webapps/palportal/WEB-INF/apps/jetspeed-layouts/WEB-INF/portlet.xml</code> に追加します。
+      </p>
+<source>
+<![CDATA[
+  <portlet>
+    <portlet-name>MyLayout</portlet-name>
+    <display-name>My Layout</display-name>
+    <display-name xml:lang="ja">私のレイアウト</display-name>
+    <init-param>
+      <name>ViewPage</name>
+      <value>columns</value>
+    </init-param>
+    <init-param>
+      <name>MaxPage</name>
+      <value>maximized</value>
+    </init-param>
+    <init-param>
+      <name>columns</name>
+      <value>2</value>
+    </init-param>
+    <init-param>
+      <name>sizes</name>
+      <value>50%,50%</value>
+    </init-param>
+    <init-param>
+      <name>layoutType</name>
+      <value>TwoColumns</value>
+    </init-param>
+    <portlet-class>org.apache.jetspeed.portlets.layout.ActionLayoutPortlet</portlet-class>
+    <resource-bundle>org.apache.jetspeed.portlets.layout.resources.LayoutResource</resource-bundle>
+    <expiration-cache>0</expiration-cache>
+    <supports>
+      <mime-type>text/html</mime-type>
+      <portlet-mode>view</portlet-mode>
+      <portlet-mode>edit</portlet-mode>
+      <portlet-mode>help</portlet-mode>
+    </supports>
+    <portlet-info>
+      <title>My Layout</title>
+      <short-title>Layout</short-title>
+    </portlet-info>
+  </portlet>
+]]></source>
+      <p>
+portlet-name には追加する任意のレイアウトの ID を設定してください。
+display-name には、ポータル上で表示されるレイアウト名を記述します。
+display-name では、xml:lang 属性を利用して、複数の言語のレイアウト名を追加することができます。
+init-param の columns の値には列数を記述して、sizes の値に表示される左から順番に幅をパーセントで指定します。
+portlet-info の title 要素にはレイアウト名を記述します。
+      </p>
+      <p>
+portlet.xml に上記の portlet 要素を追加後、ポータルを再起動すると、追加したレイアウトが有効になります。
+      </p>
+    </section>
+    <section name="レイアウトテンプレートファイル">
+      <p>
+レイアウトテンプレートファイルは、PALポータル内に配置されています。
+それらのレイアウトテンプレートファイルがレイアウトポートレットから呼び出されて処理されます。
+レイアウトテンプレートファイルは、<code>webapps/palportal/WEB-INF/templates/layout</code> に配置されています。
+それらのファイルは、Velocity により記述されます。
+PALポータルでは、レイアウトテンプレートファイルは汎用的に実装されており、テンプレート言語として JSP も利用可能ですが、標準では Velocity によるテンプレートファイルをサポートしています。
+      </p>
+      <p>
+レイアウトテンプレートファイルは、レイアウトポートレットの設定情報に基づいて呼び出されます。
+レイアウトテンプレートファイルの指定方法は、<code>webapps/palportal/WEB-INF/templates/layout</code> をルートディレクトリとして、&lt;メディアタイプ&gt;/&lt;ViewPage&gt;/layout.vm のテンプレートになります。
+メディアタイプはポータルがクライアントの情報を元に決定され、ViewPage はレイアウトポートレットの portlet.xml で指定した情報を利用します。
+ポートレットの表示モードにより、layout-&lt;表示モード&gt;.vm のテンプレートを利用できます。
+      </p>
+      <p>
+列を記述している HTML を編集したい場合は、対象の layout.vm を編集することで変更することができます。
+      </p>
+    </section>
+  </body>
+</document>

Added: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/login.xml
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/login.xml	                        (rev 0)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/login.xml	2008-09-11 03:48:29 UTC (rev 1154)
@@ -0,0 +1,46 @@
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<document>
+  <properties>
+    <title>デザイン</title>
+    <subtitle>ログイン</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****"/>
+    </authors>
+  </properties>
+  <body>
+    <section name="ログインのデザインについて">
+      <p>
+ログイン画面の表示には <code>webapps/palportal/WEB-INF/templates/login</code> に配置される JSP ファイルにより HTML が生成されます。
+ですので、ログイン画面のデザインを変更したい場合は、JSP ファイルを編集することで自由に変更することができます。
+      </p>
+    </section>
+    <section name="ログイン JSP ファイル">
+      <p>
+ログイン画面の表示に利用される JSP ファイル名は login.jsp になります。
+login.jsp ファイルは、指定されたテーマやメディアタイプなどのクライアント環境によって、以下の順で検索されます。
+<ul>
+<li>&lt;theme&gt;/&lt;mediatype&gt;/&lt;language&gt;/&lt;country&gt;/login.jsp</li>
+<li>&lt;theme&gt;/&lt;mediatype&gt;/&lt;language&gt;/login.jsp</li>
+<li>&lt;theme&gt;/&lt;mediatype&gt;/login.jsp</li>
+<li>&lt;theme&gt;/login.jsp</li>
+<li>&lt;mediatype&gt;/&lt;language&gt;/&lt;country&gt;/login.jsp</li>
+<li>&lt;mediatype&gt;/&lt;language&gt;/login.jsp</li>
+<li>&lt;mediatype&gt;/login.jsp</li>
+<li>login.jsp</li>
+</ul>
+上記の順に login.jsp を探していき、存在したものを利用します。
+&lt;theme&gt; は、http://&lt;hostname&gt;/palportal/login/proxy へのアクセスする際にリクエストパラメータとして <code>org.apache.jetspeed.login.theme</code> の値として渡された文字列が利用されます。
+&lt;mediatype&gt;、&lt;language&gt;、&lt;country&gt; については、アクセスしたクライアント情報から取得した値を利用します。
+      </p>
+    </section>
+    <section name="デザインの追加と変更">
+      <p>
+通常の JSP ファイルをデザインする方法で作成および変更が可能です。
+      </p>
+      <p>
+ログイン情報のフォームの送信方法については、J2EE の認証方法に従い、j_username と j_password にユーザー名とパスワードを設定して、j_security_check に送信します。
+ログインが成功するとログインリダイレクターによりログイン後のポータルページへリダイレクトされ、失敗した場合は再度ログインページが表示されます。
+      </p>
+    </section>
+  </body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/login.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Copied: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/portlet-decorator.xml (from rev 1141, pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/design-portlet.xml)
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/portlet-decorator.xml	                        (rev 0)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/design/portlet-decorator.xml	2008-09-11 03:48:29 UTC (rev 1154)
@@ -0,0 +1,76 @@
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<!--
+Copyright 2004 The Apache Software Foundation
+
+Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
+you may not use this file except in compliance with the License.
+You may obtain a copy of the License at
+
+    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
+
+Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
+distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
+WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
+See the License for the specific language governing permissions and
+limitations under the License.
+-->
+<document>
+  <properties>
+    <title>デザイン</title>
+    <subtitle>ポートレットデコレータ</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="Scott T Weaver" email="weave****@apach*****"/>
+      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
+      <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****"/>
+    </authors>
+  </properties>
+  <body>
+    <section name="ポートレットデコレータについて">
+      <p>
+ポートレットデコレータは、ポートレットの枠の部分やポートレット内のコンテンツ部分のスタイルなどを定義するファイル群です。
+ポートレットデコレータは、ポータルページ内の各ポートレットに適用可能なデザインです。
+テンプレート言語には Velocity を用います。
+PALポータルはテンプレート部分を汎用的に実装されているので、テンプレート言語に JSP も利用可能ですが、Velocity を標準でサポートします。 
+        </p>
+    </section>
+    <section name="構成ファイル">
+      <p>
+ポートレットデコレータは、<code>webapps/palportal/decorations/portlet</code> に配置されます。
+このディレクトリをルートディレクトリとして、ポートレットデコレータの名前でディレクトリを作成して、以下のファイルを配置します。 
+          </p>
+      <ul>
+        <li>decorator.properties</li>
+        <li>css/styles.css</li>
+        <li>decorator.vm</li>
+      </ul>
+      <p>
+ただし、<code>decorator.vm</code>については、定義されていない場合には <code>webapps/palportal/decorations/portlet/decorator.vm</code> がデフォルトとして使用されます。
+          </p>
+      <p>
+基本的な定義方法については、レイアウトデコレータと同様です。
+          </p>
+    </section>
+    <section name="テンプレートフィル">
+      <p>
+テンプレートファイルは、<code>decorator.vm</code> で処理されます。
+デザインに関する記述方法は、レイアウトデコレータと同様です。
+      </p>
+      <p>
+<code>decorator.vm</code> では、対応するポートレットのコンテンツを出力する必要があります。
+ポートレットのコンテンツの出力には、以下のコードで出力します。
+      </p>
+<source test=""><![CDATA[
+$f.renderedContent
+]]></source>
+    </section>
+    <section name="ポートレットデコレータの追加">
+      <p>
+新規にポートレットデコレータを追加したい場合は、上記のファイル群を作成し、<code>webapps/palportal/decorations/portlet/&lt;mydesign&gt;</code> 以下に配置することで &lt;mydesign&gt; が有効になります。デコレータの追加には、ポータルの再起動は必要ありません。
+      </p>
+      <p>
+追加したポートレットデコレータはサイトエディターから選択することができます。
+設定方法の詳細については「管理者ガイド」を参照してください。 
+        </p>
+    </section>
+  </body>
+</document>

Deleted: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/design-portlet.xml
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/design-portlet.xml	2008-09-10 20:44:30 UTC (rev 1153)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/design-portlet.xml	2008-09-11 03:48:29 UTC (rev 1154)
@@ -1,131 +0,0 @@
-<?xml version="1.0"?>
-<!--
-Copyright 2004 The Apache Software Foundation
-
-Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
-you may not use this file except in compliance with the License.
-You may obtain a copy of the License at
-
-    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
-
-Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
-distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
-WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
-See the License for the specific language governing permissions and
-limitations under the License.
--->
-<document>
-    <properties>
-      <title>ポートレット個別のデザインの追加</title>
-      <subtitle>ポートレットデコレータを作成・追加する為の資料</subtitle>
-      <authors>
-        <person name="Scott T Weaver" email="weave****@apach*****"/>
-        <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
-      </authors>
-      <translators>
-        <person name="中根政嗣"/>
-      </translators>
-    </properties>
-    <body>
-
-
-      <section name="ポートレットデコレータについて">
-        <p>
-          ポートレットデコレータとは一つ一つのポートレットを囲む部分です。ポートレットデコレータを変更することによって、ポートレットのデザインに反映されます。
-        </p>
-        <p>
-          ここでは、新たにポートレットデコレータを作成し、追加する方法について説明します。追加したポートレットデコレータを選択する方法については、管理ガイドを参照して下さい。
-        </p>
-      </section>
-
-      <section name="ポートレットデコレータの作成">
-        <subsection name='必要なファイル'>
-
-          <p>
-            ポートレットデコレータを作成するためには、以下の3つのファイルを定義する必要があります。
-          </p>
-
-          <ul>
-            <li>decorator.properties</li>
-            <li>styles.css</li>
-            <li>decorator.vm</li>
-          </ul>
-
-          <p>
-            ただし、<code>decorator.vm</code>については、定義されていない場合には<code>webapps/n2portal/decorations/portlet/decorator.vm</code>がデフォルトとして使用されます。
-          </p>
-
-          <p>
-            基本的な定義方法については、ページデコレータと同様です。
-          </p>
-
-        </subsection>
-      </section>
-
-      <section name="ポートレットデコレータの追加">
-        <p>
-          <code>webapps/n2portal/decorations/portlet/YOUR-PORTLET-NAME </code>に 以下のファイルを置くことによって、
-          <code> YOUR-PORTLET-NAME </code>という名前のポートレットデコレータの追加ができます。
-        </p>
-        <ul>
-          <li>decorator.properties</li>
-          <li>styles.css</li>
-          <li>decorator.vm</li>
-        </ul>
-        <p>
-          追加したポートレットデコレータはサイトエディタから選択することができます。追加方法の詳細については管理ガイドを参照してください。
-        </p>
-      </section>
-
-<!--
-<section name='Packaging'>
-<p>
-Layouts are packaged in a JAR file. Supported decorators: 
-<ul>
-    <li>Page Decorators</li>
-    <li>Portlet Decorators</li>
-    <li>Generic Decorators</li>    
-    <li>Localized Decorators</li>
-</ul>
-Operations Supported:
-<ul>
-    <li>Deploy</li>
-    <li>Un-deploy</li>
-    <li>Re-deploy</li>
-</ul>
-The decorator.properties file must be located in the root directory of the jar archive and 
-contain the properties outlined in the next slide to be identified as a decorator by the auto 
-deployment system. The deployer will relocate the locale specific content to satisfy J2 
-content locators as necessary on deploy and undeploy. The current implementation supports 
-only 2 character language and country codes.    
-</p>    
-</section>
-<section name='Decorator Properties'>
-<p>
-The decorator.properties file must be located in the root directory of the jar archive and 
-contain the properties outlined above to be identified as a decorator by the auto-deployment system. 
-</p>
-<p>
-A deployable decorator must have the following properties set or defaulted in the decorator.properties 
-configuration:
-
-<source test=""><![CDATA[
-
-id = IDENTIFIER
-media.type=  HTML | WML
-decorates =  layout | portlet | any
-
-]]></source>
-
-To avoid conflicts with the locale logic and runtime locators, decorators should be 
-named with ids longer than 2 characters in length. The media.type property defaults to 'html'. 
-The 'any' value for the decorates property is mapped to the generic deployment directory.
-The deployer will relocate the locale specific content to satisfy J2 content locators as 
-necessary on deploy and undeploy. The current implementation supports only 2 
-character language and country codes.
-</p>    
-</section>
--->
-</body>
-</document>
-

Modified: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-components.xml
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-components.xml	2008-09-10 20:44:30 UTC (rev 1153)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-components.xml	2008-09-11 03:48:29 UTC (rev 1154)
@@ -1,4 +1,4 @@
-<?xml version="1.0"?>
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <!--
 	Copyright 2004 The Apache Software Foundation
 	
@@ -15,20 +15,19 @@
 	limitations under the License.
 -->
 <document>
-	<properties>
-		<title> PALポータルを構成するコンポーネントのガイド</title>
-		<subtitle> PALポータルを構成するコンポーネントのガイド</subtitle>
-		<authors>
-			<person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****" />
-		</authors>
-		<translators>
-			<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
-		</translators>
-	</properties>
-	<body>
-		<section name=" PALポータルを構成するコンポーネントのガイド">
-		
-		<p>
+  <properties>
+    <title> PALポータルを構成するコンポーネントのガイド</title>
+    <subtitle> PALポータルを構成するコンポーネントのガイド</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="David Le Strat" email="dlest****@apach*****"/>
+    </authors>
+    <translators>
+      <person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****"/>
+    </translators>
+  </properties>
+  <body>
+    <section name=" PALポータルを構成するコンポーネントのガイド">
+      <p>
 			PALポータルのアーキテクチャは
 			<a href="http://www.martinfowler.com/articles/injection.html">Martin Fowler</a>
 			によって以下のように定義されたコンポーネントアーキテクチャに基づいて構築されています。
@@ -40,201 +39,284 @@
 	コンポーネントのソースコードを変えることなくアプリケーションを使うことを意味します。
 			</pre>
 		</p>
-		
-		<p>
+      <p>
 			PALポータルはプログラミングのデザインパターンと構造上のモデルとして、依存性注入を使います。これは、公開されているインターフェースを通して抽象化のレベルを構築するためであり、そしてコンポーネントの実装における依存性をなくすためです。この構造はコンポーネントがそれ自身とリンクしたり、お互いにリンクする構造でなく、コンポーネントと結合します。依存性注入はオブジェクトの作成やオブジェクトのリンクの機能をオブジェクト自身から削除し、ファクトリへ移したパターンです。それゆえ、依存性注入は明らかにオブジェクトの作成とリンクの制御を反転させており、Inversion of Controls(制御の反転,IOC) の形であると考えることができます。
 		</p>
-		<subsection name=" PALポータルとコンポーネントフレームワーク">
-		
-		<p>
+      <subsection name=" PALポータルとコンポーネントフレームワーク">
+        <p>
 			PALポータルはデフォルトのコンポーネントフレームワークとして <a href="http://www.springframework.org">Spring フレームワーク</a> を利用しています。しかし、PALポータルはコンポーネントフレームワークを例えば <a href="http://www.picocontainer.org/">Pico</a> のような代替可能なコンポーネントフレームワークに容易に置き換えることが可能な構造をしています。
 		</p>
-		
-		<p>
+        <p>
 			PALポータルのコンポーネントフレームワークの組み立ては <i>PALポータルServlet</i> 内に実装されています。<br/><br/>
 		<img src="images/jetspeedservlet-c.gif" border="0"/>
 		</p>
-		
-		<p>
-			<code>PALポータルServlet</code> は起動時のロードのためにポータルアプリケーションの <i>web.xml</i> で設定されます。<code>initializeComponentManager</code> メソッドは与えられたコンポーネントフレームワークの <a href="guide-portal-assembly.html">Assembly</a> をロードします。<code>initializeComponentManager</code> のデフォルトの実装はコンポーネントフレームワークとして <a href="http://www.springframework.com">spring フレームワーク</a> をサポートします。そして spring エンジンを初期化するために <code>WEB-INF/assembly</code> 以下の xml ファイルを解釈します。<i>PALポータルEngine</i> は適切なコンポーネントマネージャを使って構成されます。
+        <p><code>PALポータルServlet</code> は起動時のロードのためにポータルアプリケーションの <i>web.xml</i> で設定されます。<code>initializeComponentManager</code> メソッドは与えられたコンポーネントフレームワークの <a href="guide-portal-assembly.html">Assembly</a> をロードします。<code>initializeComponentManager</code> のデフォルトの実装はコンポーネントフレームワークとして <a href="http://www.springframework.com">spring フレームワーク</a> をサポートします。そして spring エンジンを初期化するために <code>WEB-INF/assembly</code> 以下の xml ファイルを解釈します。<i>PALポータルEngine</i> は適切なコンポーネントマネージャを使って構成されます。
 		<source>
   engine = new JetspeedEngine(properties, applicationRoot, config,
       initializeComponentManager(config, applicationRoot, properties));
-		</source>
-		</p>
-		
-		<p>
+		</source></p>
+        <p>
 			他のコンポーネントフレームワークをサポートするためには、開発者は <code>initializeComponentManager</code> の実装をオーバーライドしなくてはいけません。
 		</p>
-		</subsection>
-		<subsection name=" PALポータルの中核をなすコンポーネント">
-		
-		<table>
+      </subsection>
+      <subsection name=" PALポータルの中核をなすコンポーネント">
+        <table>
           <tr>
-          	<th colspan="2">PALポータル機能 - アーチファクト ID: jetspeed-capability</th>
+            <th colspan="2">PALポータル機能 - アーチファクト ID: jetspeed-capability</th>
           </tr>
           <tr>
             <th>コンポーネント名</th>
             <th>説明</th>
           </tr>
           <tr>
-            <td><a href="../multiproject/jetspeed-capability/index.html"><code>Capabilities</code></a></td>
+            <td>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-capability/index.html">
+                <code>Capabilities</code>
+              </a>
+            </td>
             <td><code>Capabilities</code> コンポーネントはクライアントを、サポートされる MIME タイプやメディアタイプにマップします。このコンポーネントは <code>CapabilityMap</code> を生成します。<code>CapabilityMap</code> はポータルエンジンを通して、対象となるクライアント用にポータルコンテンツを表示するために利用されます。</td>
           </tr>
-		</table><br/>
-
-		
-		<table>
+        </table>
+        <br/>
+        <table>
           <tr>
-          	<th colspan="2">PALポータルコンポーネットマネージャ - アーチファクト ID: jetspeed-cm</th>
+            <th colspan="2">PALポータルコンポーネットマネージャ - アーチファクト ID: jetspeed-cm</th>
           </tr>
           <tr>
             <th>コンポーネント名</th>
             <th>説明</th>
           </tr>
           <tr>
-            <td><a href="../multiproject/jetspeed-cm/index.html"><code>ComponentManager</code></a></td>
+            <td>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-cm/index.html">
+                <code>ComponentManager</code>
+              </a>
+            </td>
             <td><code>ComponentManager</code> は、使用するコンポーネントフレームワークのトップに位置する抽象的な標準レイヤーを提供します。PALポータルのデフォルトの <code>ComponentManager</code> の実装は <code>SpringComponentManager</code> です。より詳しい情報は <a href="../multiproject/jetspeed-cm/index.html"><code>ComponentManager</code> の文書</a> を参照してください。
 			</td>
           </tr>
-		</table><br/>
-		
-		<table>
+        </table>
+        <br/>
+        <table>
           <tr>
-          	<th colspan="2">PALポータル配備ツール - アーチファクト ID: jetspeed-deploy-tools</th>
+            <th colspan="2">PALポータル配備ツール - アーチファクト ID: jetspeed-deploy-tools</th>
           </tr>
           <tr>
             <th>コンポーネント名</th>
             <th>説明</th>
           </tr>
           <tr>
-            <td><a href="../multiproject/jetspeed-deploy-tools/deploy-tools.html"><code>PALポータルDeploy</code></a></td>
+            <td>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-deploy-tools/deploy-tools.html">
+                <code>PALポータルDeploy</code>
+              </a>
+            </td>
             <td><code>PALポータルDeploy</code> は PALポータルに配備される前にポートレットアプリケーションの準備をします。より詳しい情報は <a href="../multiproject/jetspeed-deploy-tools/deploy-tools.html"><code>PALポータルDeploy</code> の文書</a> を参照してください。</td>
           </tr>
           <tr>
-            <td><a href="../multiproject/jetspeed-deploy-tools/index.html"><code>DeploymentManager</code></a></td>
+            <td>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-deploy-tools/index.html">
+                <code>DeploymentManager</code>
+              </a>
+            </td>
             <td><code>DeploymentManager</code> は配備される新しいポータル資産 (ポートレットやデコレータ) を待機します。PALポータルにおいて、どのように配備が行われるかの概要は<a href="../multiproject/jetspeed-deploy-tools/index.html">ここ</a> にあります。</td>
           </tr>
-		</table><br/>
-		
-		<table>
+        </table>
+        <br/>
+        <table>
           <tr>
-          	<th colspan="2">PALポータルポータル - アーチファクト ID: jetspeed-portal</th>
+            <th colspan="2">PALポータルポータル - アーチファクト ID: jetspeed-portal</th>
           </tr>
           <tr>
             <th>コンポーネント名</th>
             <th>説明</th>
           </tr>
           <tr>
-            <td><a href="../multiproject/jetspeed-portal/pipeline.html"><code>Pipeline</code></a></td>
+            <td>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-portal/pipeline.html">
+                <code>Pipeline</code>
+              </a>
+            </td>
             <td><code>Pipeline</code> は PALポータルのリクエストで最小単位の動作である <code>Valve</code> を統合します。</td>
           </tr>
-		</table><br/>
-		
-		<table>
+        </table>
+        <br/>
+        <table>
           <tr>
-          	<th colspan="2">PALポータルプリファレンス - アーチファクト ID: jetspeed-prefs</th>
+            <th colspan="2">PALポータルプリファレンス - アーチファクト ID: jetspeed-prefs</th>
           </tr>
           <tr>
             <th>コンポーネント名</th>
             <th>説明</th>
           </tr>
           <tr>
-            <td><a href="../multiproject/jetspeed-prefs/index.html"><code>PreferencesProvider</code></a></td>
+            <td>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-prefs/index.html">
+                <code>PreferencesProvider</code>
+              </a>
+            </td>
             <td><code>PreferencesProvider</code>は PALポータルの <code>java.util.Preferences</code> API の実装です。</td>
           </tr>
-		</table><br/>
-		
-		<table>
+        </table>
+        <br/>
+        <table>
           <tr>
-          	<th colspan="2">PALポータルRDBMS - アーチファクト ID: jetspeed-rdbms</th>
+            <th colspan="2">PALポータルRDBMS - アーチファクト ID: jetspeed-rdbms</th>
           </tr>
           <tr>
             <th>コンポーネント名</th>
             <th>説明</th>
           </tr>
           <tr>
-            <td><a href="../multiproject/jetspeed-rdbms/index.html"><code>ConnectionRepositoryEntry</code></a></td>
+            <td>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-rdbms/index.html">
+                <code>ConnectionRepositoryEntry</code>
+              </a>
+            </td>
             <td><code>ConnectionRepositoryEntry</code> は PALポータルの <code>java.util.Preferences</code> API の実装です。</td>
           </tr>
           <tr>
-            <td><a href="../multiproject/jetspeed-rdbms/dao.html"><code>InitablePersistenceBrokerDaoSupport</code></a></td>
+            <td>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-rdbms/dao.html">
+                <code>InitablePersistenceBrokerDaoSupport</code>
+              </a>
+            </td>
             <td><code>InitablePersistenceBrokerDaoSupport</code> は PALポータルにおいてデータアクセスと永続性のサポートを提供します。</td>
           </tr>
-		</table><br/>
-		
-		<table>
+        </table>
+        <br/>
+        <table>
           <tr>
-          	<th colspan="2">PALポータルセキュリティ - アーチファクト ID: jetspeed-security</th>
+            <th colspan="2">PALポータルセキュリティ - アーチファクト ID: jetspeed-security</th>
           </tr>
           <tr>
             <th>コンポーネント名</th>
             <th>説明</th>
           </tr>
           <tr>
-            <td><a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>DefaultLoginModule</code></a><br/>
-            <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>RdbmsPolicy</code></a><br/></td>
+            <td>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html">
+                <code>DefaultLoginModule</code>
+              </a>
+              <br/>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html">
+                <code>RdbmsPolicy</code>
+              </a>
+              <br/>
+            </td>
             <td>PALポータルにおける <a href="http://java.sun.com/products/jaas/">JAAS サービス</a> のデフォルトの実装。PALポータルはポータルエンジンにセキュリティの機能を公開するための標準のセキュリティフレームワークとして JAAS を利用します。JAAS サービスは PALポータルのセキュリティ SPI を通して特定の実装が提供されるために PALポータルの粗い単位のサービスを利用します。
 			</td>
           </tr>
           <tr>
-            <td><a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>UserManager</code></a><br/>
-            <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>RoleManager</code></a><br/>
-            <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>GroupManager</code></a><br/>
-            <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>PermissionManager</code></a></td>
+            <td>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html">
+                <code>UserManager</code>
+              </a>
+              <br/>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html">
+                <code>RoleManager</code>
+              </a>
+              <br/>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html">
+                <code>GroupManager</code>
+              </a>
+              <br/>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html">
+                <code>PermissionManager</code>
+              </a>
+            </td>
             <td>PALポータルのセキュリティ管理 API を公開する粗い単位のセキュリティコンポーネント</td>
           </tr>
           <tr>
-            <td><a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>UserSecurityHandler</code></a><br/>
-            <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>CredentialHandler</code></a><br/>
-            <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>GroupSecurityHandler</code></a><br/>
-            <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>RoleSecurityHandler</code></a><br/>
-            <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html"><code>SecurityMappingHandler</code></a></td>
+            <td>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html">
+                <code>UserSecurityHandler</code>
+              </a>
+              <br/>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html">
+                <code>CredentialHandler</code>
+              </a>
+              <br/>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html">
+                <code>GroupSecurityHandler</code>
+              </a>
+              <br/>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html">
+                <code>RoleSecurityHandler</code>
+              </a>
+              <br/>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-security/arch.html">
+                <code>SecurityMappingHandler</code>
+              </a>
+            </td>
             <td>特定の実装を PALポータルのセキュリティエンジンに公開する細かい単位のセキュリティ SPI コンポーネント。この仕組みは高レベルのセキュリティサービスに影響することなく、複数のセキュリティ実装をサポートするために柔軟なフレームワークを提供します。</td>
           </tr>
-		</table><br/>
-		
-		<table>
+        </table>
+        <br/>
+        <table>
           <tr>
-          	<th colspan="2">PALポータル検索 - アーチファクト ID: jetspeed-search</th>
+            <th colspan="2">PALポータル検索 - アーチファクト ID: jetspeed-search</th>
           </tr>
           <tr>
             <th>コンポーネント名</th>
             <th>説明</th>
           </tr>
           <tr>
-            <td><a href="../multiproject/jetspeed-search/index.html"><code>SearchEngine</code></a></td>
+            <td>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-search/index.html">
+                <code>SearchEngine</code>
+              </a>
+            </td>
             <td><code>SearchEngine</code> は <a href="http://lucene.apache.org/">Apache Lucene</a>  サーチエンジンとの統合を行います。</td>
           </tr>
           <tr>
-            <td><a href="../multiproject/jetspeed-search/index.html"><code>HandlerFactory</code></a></td>
+            <td>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-search/index.html">
+                <code>HandlerFactory</code>
+              </a>
+            </td>
             <td><code>HandlerFactory</code> は <code>SearchEngine</code> に対してドキュメントハンドラを公開します。</td>
           </tr>
-		</table><br/>
-		
-		<table>
+        </table>
+        <br/>
+        <table>
           <tr>
-          	<th colspan="2">PALポータル統計 - アーチファクト ID: jetspeed-statistics</th>
+            <th colspan="2">PALポータル統計 - アーチファクト ID: jetspeed-statistics</th>
           </tr>
           <tr>
             <th>コンポーネント名</th>
             <th>説明</th>
           </tr>
           <tr>
-            <td><a href="../multiproject/jetspeed-statistics/index.html"><code>PortalStatistics</code></a></td>
+            <td>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-statistics/index.html">
+                <code>PortalStatistics</code>
+              </a>
+            </td>
             <td><code>PortalStatistics</code> はデータのコレクションとデータの検索のための PALポータルのデータコレクション API です。</td>
           </tr>
           <tr>
-            <td><a href="../multiproject/jetspeed-statistics/index.html"><code>BatchedStatistics</code></a></td>
+            <td>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-statistics/index.html">
+                <code>BatchedStatistics</code>
+              </a>
+            </td>
             <td><code>BatchedStatistics</code> は与えられた期間の統計データのバッチコレクションに対する処理を行います。</td>
           </tr>
           <tr>
-            <td><a href="../multiproject/jetspeed-statistics/aggregation.html"><code>AggregateStatistics</code></a><br/>
-            <a href="../multiproject/jetspeed-statistics/aggregation.html"><code>StatisticsQueryCriteria</code></a></td>
+            <td>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-statistics/aggregation.html">
+                <code>AggregateStatistics</code>
+              </a>
+              <br/>
+              <a href="../multiproject/jetspeed-statistics/aggregation.html">
+                <code>StatisticsQueryCriteria</code>
+              </a>
+            </td>
             <td><code>AggregateStatistics</code> は、<code>StatisticsQueryCriteria</code> が提供する特定のイベントと検索基準に対する集約ポータルデータを提供するために、<code>PortalStatistics</code> コンポーネントとやりとりを行います。</td>
-          </tr>   
-		</table>
-		</subsection>
-		</section>
-	</body>
+          </tr>
+        </table>
+      </subsection>
+    </section>
+  </body>
 </document>

Deleted: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-decorators.xml
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-decorators.xml	2008-09-10 20:44:30 UTC (rev 1153)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-decorators.xml	2008-09-11 03:48:29 UTC (rev 1154)
@@ -1,293 +0,0 @@
-<?xml version="1.0"?>
-<!--
-Copyright 2004 The Apache Software Foundation
-
-Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
-you may not use this file except in compliance with the License.
-You may obtain a copy of the License at
-
-    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
-
-Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
-distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
-WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
-See the License for the specific language governing permissions and
-limitations under the License.
--->
-<document>
-  <properties>
-    <title> PALポータルデコレーション ガイド</title>
-    <subtitle> PALポータルデコレーションでデザイン作業をする為の資料</subtitle>
-    <authors>
-      <person name="Scott T Weaver" email="weave****@apach*****"/>
-      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
-    </authors>
-    <translators>
-      <person name="中根政嗣"/>
-    </translators>
-  </properties>
-  <body>
-<section name=" PALポータルデコレーターへの導入">
-
-
-<p>
-デコレーターとは  動的に作成されるフラグメント(画面の一部分)の周りを囲むもので 静的もしくは、半静的な マークアップランゲージで記述できるものと 定義されます。デコレーターは、 通常 Velocityテンプレートもしくは、JSPテンプレートとして書かれます。このガイドでは、主に Velocity スクリプト言語で デコレーターを作成する方法について書きます。しかし、ここに書かれる 標準的な方法とアプローチ手段は、大体の所、
-他のスクリプト言語で、デコレーションを作成する際にも応用可能です。
-</p>
-
-
-<p>
-	ページを構築する際に使用するデコレーションの種類にはポートレットとレイアウト(ページ)の2つがあります。</p>
-    <p>
-	ポートレットのデコレーションとは PALポータルのウインドウの装飾にあたります。これは、個々のポートレットフラグメントの HTML (XHTML, VXML, etc) で表示されるコンテンツ部分を囲むもので、適切なタイトルの表示や、ウインドウの状態やポートレットのモードの変化と連携して変わるボタン群の表示を担当します。
-    </p>
-    <p>
-	レイアウトもしくはページのデコレーションとは、1つPSMLファイルを元に表される1つのポータルページの ヘッダー部分とフッター部分の装飾を提供するものです (参考: PSMLについての更なる情報については、<a href="guide-psml.html">PSMLを扱ってデザインをする人のための資料</a>) 。これらのデコレーションは、ページとポートレットの一般的なスタイル情報を持ちます。ポートレット内部のスタイル情報は、デコレーターのスタイル情報によって上書きされます。
-    </p>
-    
-</section>
-<section name=" デコレーションのファイル構成">
-
-
-<p>
-	全てのデコレーション用のファイルは、webアプリケーションのルートディレクトリの直下にある<code>decorations</code>というディレクトリに保存されます。このディレクトリの下の 重要な2つのディレクトリが、レイアウト装飾用の<code>layout</code>ディレクトリとポートレット装飾用の<code>portlet</code>ディレクトリです。個別のデコレーションは、これら2つのディレクトリの下に、それぞれ独自のディレクトリを持ちます。PALポータルは、<code>layout</code> か <code>portlet</code> の下に あなたが に作成するディレクトリの名称で、デコレーターファイルの場所を特定します。では、これが どういう仕組みで働くかについての 更なる詳細をこのガイドの続き で見ていきましょう。
-</p>        
-
-</section>
-
-<section name=" レイアウト(ページ) デコレーションの詳細">
-  <subsection name=' 一言でいうと 4つのファイル'>
-
-    <p>
-    	もっとも基本的な形で レイアウトのデコレーションをするのであれば、4つのファイルを定義するだけです。:
-	</p>
-        <ul>
-            <li>decorator.properties</li>
-            <li>styles.css</li>
-            <li>header.vm</li>
-            <li>footer.vm</li>
-        </ul>
-
-       	<p>
-		この中の3つのファイル;decorator.properties, header.vm, と footer.vm は、<code>/decorations/layout</code>の下に作成したディレクトリに直接置いてください。styles.css は、あなた作ったデコレーションのサブディレクトリ <code>css/</code> に入れます。[訳注:すなわち/YOUR_WEB_APP/decorations/layout/YOUR_DECORATION_NAME/cssディレクトリにスタイルシートを置く。]
-		</p>
-  </subsection>
-  
-   <subsection name=' レイアウト デコレーションの基本設定: decorator.properties'>
-	<div class="original" color="#FF8000">
-    	<p>
-        The decorator.properties file holds basic information about your layout
-        decoration.  In all actuallity, this file can be blank, but we still require
-        that it be present as it is used by other APIs to "discover" available decorations.  
-        With that being said, it is safe to assume that all the properties defined below 
-        are optional.
-		</p>
-	</div>
-    	<p>
-        decorator.properties ファイルは、あなたのレイアウト デコレーションの基本情報を保持します。実際のところ、このファイルは 空白でも構いませんが、他のAPIが使用可能なデコレーションを探すのに使用されるためファイル自体は存在する必要があります。ということで、下の定義にあるプロパティは 全てオプションであると仮定しても問題ありません。
-		</p>
-	
-        
-        <table>
-            <tr>
-                <th>Property Name</th>
-                <th>Description</th>
-                <th>Default</th>
-            </tr>
-            <tr>
-                <td>base.css.class</td>
-                <td>
-                   	この値は、一般的に ヘッダーのテンプレートファイルの一番上の要素タグの中に
-                   	配置されます。ヘッダーテンプレート作成の説明のところで、この使用方法を
-                   	見ることになります。
-                </td>
-                <td>
-                	あなたのデコレーション名がデフォルト値となります。
-                </td>
-            </tr>
-            <tr>
-                <td>stylesheet</td>
-                <td>
-                	デコレーションのスタイルシートへの相対パス
-                </td>
-                <td>css/styles.css</td>
-            </tr>
-            <tr>
-                <td>header</td>
-                <td>
-                	デコレーションのヘッダーテンプレートへの相対パス
-                </td>
-                <td>header.vm</td>
-            </tr>
-            <tr>
-                <td>footer</td>
-                <td>
-                	デコレーションのフッターテンプレートへの相対パス
-                </td>
-                <td>footer.vm</td>
-            </tr>            
-        </table>
-
-   </subsection>
-   <subsection name=' 自分専用のページトップ: header.vm'>
-
-    <p>
-        ファイル<strong>header.vm</strong>は、あなたのポータルページのトップ部分を表します。機能的なヘッダーテンプレートを記述すのに必要になる基本事項について 以下に 各セクションごとに 書いてあります。
-        <br/><br/>
-        <strong>注意:</strong>前提事項として、読者は、HTMLとCSSについての十分な知識があると仮定してあります。デコレーションを開発するに当たって、基本的なVelocityの知識は、あれば良いくらいで、必須の知識ではありません。
-    </p>
-
-<source>
-<![CDATA[        
-<html>
-   <head>
-     #defineLayoutObjects()
-]]></source>   
-		
-    <p>
-		上の最初の2行の意味は明らかでしょう、もし そうでない場合は、これ以降の内容は あまり あなたの助けにならないでしょう。^^)
-    </p>
-
-  		<h4>最初のマクロ: #defineLayoutObjects()</h4>
-
-        <p>
-			さて、<code>#defineLayoutObjects()</code>を含む行ですが、これは、前の2行ほどは その目的について意味が あまり明らかではありません。<code>#defineLayoutObjects()</code>は、いわゆる Velocityの世界で マクロと 言われるものです。マクロは、事前に定義された Velocityの小さなコードで、Velocityテンプレートの中で再利用されます。これから使用する全てのグローバル マクロ(このマクロも含む)は、<code>WEB-INF/jetspeed_macros.vm</code>で定義されています。後ほど、 このガイドの中で、もし あなたが そうしたいのであれば、自分のデコレーションを作成するにあたって便利であるカスタムマクロの作成方法について議論します。では、<code>#defineLayoutObjects()</code>にもどりましょう。<code>#defineLayoutObjects()</code>は、様々な値をVelocityに対して追加し、それらは、header.vm, footer.vm,他のマクロと そして全てのポートレット デコレーション テンプレートの内部でアクセス可能になります。ここで、<code>#defineLayoutObjects()</code>に関する話を 簡単にやめることはできますが、Velocityをまだはじめたことがない人のために Velocityの内部の動きを見ていく方が 助けになる気がします。では 余計な事をいうのはこれくらいにして、コードは、こうなっています。
-    	</p>
-<source>
-<![CDATA[        
-  #macro (defineLayoutObjects)
-    #set($preferedLocale = $JS2RequestContext.locale)
-    #set($rootFragment = $jetspeed.currentFragment)
-    #set($site = $request.getAttribute("org.apache.jetspeed.portalsite.PortalSiteRequestContext"))
-    #set($theme = $request.getAttribute("org.apache.jetspeed.theme"))
-    #set($layoutDecoration = $theme.getDecoration($rootFragment))
-  #end        
-]]></source>        
-			
-
-        <p>
-			むむ、この中ではいったい何がおきているのでしょうか?さて、1行目には、<code>#set()</code>があります。これは Velocityで指示子と呼ばれるものです。指示子は オリジナルの関数であり マクロではありません。<code>#set()</code>は、非常にわかりやすいですね。イコール記号の 右辺にある値を 受け取り 左辺へ 割り当てるものです。素晴らしい、これは、かなりわかりやすいですね。しかし、どうやってこの値を取り扱えばいいのでしょうか?いったい<code>$JS2RequestContext.locale</code>は、どこから現れたのでしょう?では、すこしだけ戻って、Velocityのオブジェクトをどうやって使うか書きたいと思います。全てのVelocityテンプレートで利用可能なオブジェクトは、<code>$someObject</code>という書き方で参照することができます。メソッドの実行は、<code>$someObject.getFoo()</code> の様に書くことで 実行できます。getFoo()を実行してみましょう。実にすばらしいことに、引数を取らないgetterメソッドは、<code>$someObject.foo</code>という風に書けます。この<code>$JS2RequestContext</code>に関していうと、これは、<code>org.apache.jetspeed.RequestContext</code>	のインスタンスでVelocityで使用できるように、、PALポータルによってインスタンス化されます。そして、<code>org.apache.jetspeed.RequestContext</code>の Javadoc を見るとわかりますが、<code>$JS2RequestContext.locale</code>は、現在のポートレットのユーザのロケールとなる、<code>java.util.Locale</code>のインスタンスを渡してくれます。これ以上は シンプルにはできないでしょう?
-               <br/><br/>
-			次に 出てくるのは、<code>#set($rootFragment = $jetspeed.currentFragment)</code> という別の set の行ですね。今回は、<code>$rootFragment</code> と呼ばれるものを作成していすね。これは、<a href="http://portals.apache.org/jetspeed-2/multiproject/jetspeed-api/apidocs/org/apache/jetspeed/om/page/ContentFragment.html">org.apache.jetspeed.om.page.ContentFragment</a>	のインスタンスです。<code>$jetspeed.currentFragment</code>が何をするのかは、このガイドでは、重要ではないので、飛ばして 先に進みます。
-        </p>
-
-            <br/><br/>
-            <code>
-              #set($site = $request.getAttribute("org.apache.jetspeed.portalsite.PortalSiteRequestContext"))
-             <br/>
-             #set($theme = $request.getAttribute("org.apache.jetspeed.theme"))
-            </code>
-            <br/>
-
-        <p>
-			おお、<code>$request</code>です。やっと親しみのあるものが出てきました。これは、実際に<code>javax.servlet.http.HttpServletRequest</code>のインスタンスで、我々はここから PALポータルから Velocityに 渡された オブジェクトを取り出します。本当のオブジェクトは、それぞれ
-			<a href="http://portals.apache.org/jetspeed-2/multiproject/jetspeed-api/apidocs/org/apache/jetspeed/portalsite/PortalSiteRequestContext.html">org.apache.jetspeed.portalsite.PortalSiteRequestContext</a>
-			と
-            <a href="http://portals.apache.org/jetspeed-2/multiproject/jetspeed-api/apidocs/org/apache/jetspeed/decroation/Theme.html">org.apache.jetspeed.decoration.Theme</a>
-           	です。もうちょっと後で  これら全てのオブジェクトのよい利用方法を見ていきます。
-        </p>
-	  <h4>ヘッダーを作る:ヘッダータグの適切なコーディング方法</h4>
-
-	   <p>
-		このセクションでは、レイアウトデコレーションの&lt;HEAD&gt;タグを適切にコーディングするための情報を書きます。では、さっそく コードを見てみましょう。
-	   </p>
-		<source>
-<![CDATA[  
-<html>
-    <head>
-     #defineLayoutObjects()
-     
-     <base href="#BaseHref()">
-     <meta http-equiv="Content-type" content="#ContentType()" />
-     <meta http-equiv="Content-style-type" content="text/css" />   
-     #includeJavaScriptForHead()
-     #IncludeStylesheets()    
-     <title>#PageTitle()</title>
-     <meta name="description" content="#PageDescription()" />
-]]></source>
-	<h5>&lt;base&gt;タグ</h5>
-		
-	  <p>	
-		最初に、<code><![CDATA[ <base href="#BaseHref()">]]></code>から始めましょう。これは、WEBのリソースの場所の解決をするためのベースを定義する際に使用します。<code><![CDATA[ <base>]]></code>についての深い議論については、<a href="http://www.w3schools.com/tags/tag_base.asp">W3C Schools Reference</a>を見てください。もしすでにあなたが PALポータルで遊んだ経験があるのであれば、一貫した html やスタイルシートへのパスを取得するのを妨げる、幾通りもの非常にややこしい URL リライトの問題に気づくでしょう。BASEタグを定義することにより、この問題は全て解決されます。<code>#BaseHref()</code>マクロに関していうと、これは、単に あなたのWEBアプリケーションのルートディレクトリへの絶対パスを作成します。実際のコードは、サーブレットAPIを使って記述するとこうなります。:
-	  </p>	
-<source>
-HttpServletRequest request;
-StingBuffer baseHref = new StringBuffer(request.getScheme())
-     .append("://").append(request.getServerName())
-	 .append(":").append(request.getServerPort())
-	 .append(request.getContextPath()).append("/");
-return baseHref.toString();		 
-</source>
-	
-	  <p>
-		Velocityマクロのコードは もう少し簡潔になります。^^)
-	  </p>
-<source>
-${request.scheme}://${request.serverName}:${request.serverPort}${request.contextPath}/
-</source>
-	 <h5>メタタグ: <![CDATA[<meta http-equiv="Content-type" content="#ContentType()" />]]></h5>
-		
-	 <p>
-		は  text/htmlと、UTFの様な適切なエンコードの種類を返します。
-	 </p>
-		
-	 <h5>#includeJavaScriptForHead()</h5>
-	
-	 <p>
-	  このガイドを書いている今の時点では、オリジナルのPALポータルサーバを実行させるためには、ほとんど Java Scriptを書く必要はありません。しかし、今後、設定機能や管理機能でAJAXを利用しようと考えているので近い将来変わるかもしれません。
-	 </p>
-		
-   </subsection>
-</section>
-<!--
-<section name='Packaging'>
-<p>
-Layouts are packaged in a JAR file. Supported decorators: 
-<ul>
-    <li>Page Decorators</li>
-    <li>Portlet Decorators</li>
-    <li>Generic Decorators</li>    
-    <li>Localized Decorators</li>
-</ul>
-Operations Supported:
-<ul>
-    <li>Deploy</li>
-    <li>Un-deploy</li>
-    <li>Re-deploy</li>
-</ul>
-The decorator.properties file must be located in the root directory of the jar archive and 
-contain the properties outlined in the next slide to be identified as a decorator by the auto 
-deployment system. The deployer will relocate the locale specific content to satisfy J2 
-content locators as necessary on deploy and undeploy. The current implementation supports 
-only 2 character language and country codes.    
-</p>    
-</section>
-<section name='Decorator Properties'>
-<p>
-The decorator.properties file must be located in the root directory of the jar archive and 
-contain the properties outlined above to be identified as a decorator by the auto-deployment system. 
-</p>
-<p>
-A deployable decorator must have the following properties set or defaulted in the decorator.properties 
-configuration:
-
-<source test=""><![CDATA[
-
-id = IDENTIFIER
-media.type=  HTML | WML
-decorates =  layout | portlet | any
-
-]]></source>
-
-To avoid conflicts with the locale logic and runtime locators, decorators should be 
-named with ids longer than 2 characters in length. The media.type property defaults to 'html'. 
-The 'any' value for the decorates property is mapped to the generic deployment directory.
-The deployer will relocate the locale specific content to satisfy J2 content locators as 
-necessary on deploy and undeploy. The current implementation supports only 2 
-character language and country codes.
-</p>    
-</section>
--->
-</body>
-</document>
-

Deleted: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-jpt.xml
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-jpt.xml	2008-09-10 20:44:30 UTC (rev 1153)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-jpt.xml	2008-09-11 03:48:29 UTC (rev 1154)
@@ -1,177 +0,0 @@
-<?xml version="1.0"?>
-<!--
-Copyright 2004 The Apache Software Foundation
-
-Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
-you may not use this file except in compliance with the License.
-You may obtain a copy of the License at
-
-    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
-
-Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
-distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
-WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
-See the License for the specific language governing permissions and
-limitations under the License.
--->
-<document>
-  <properties>
-    <title> PALポータルPower Tool のガイド</title>
-    <subtitle> PALポータルPower Tools を使うデザイナのための文書</subtitle>
-    <authors>
-      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
-    </authors>
-	<translators>
-		<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
-	</translators>
-  </properties>
-  <body>
-<section name=" PALポータルPower Tool">
-
-<p>
-PALポータルPower Tool (JPT) は、動的なコンテンツを生成するためのレイアウトやデコレータで使われる Velocity のツールです。
-JPT は、リクエストレベルの Velocity のツールです。そして、全てのレイアウトとデコレータで利用可能です。
-JPT は、デコレータもしくはレイアウトで
-<source test=""><![CDATA[
-$jetspeed
-]]></source>
-として参照されます。
-全ての公開の JPT API は、
-<ul>
-	<li>Java のメソッドのドット記法</li>
-	<li>プロパティへの JavaBean ショートカット (getter/setter)</li>
-</ul>
-でアクセス可能です。
-例えば、メソッドの呼び出しは、
-<source test=""><![CDATA[
-# 2 つのパラメータをもつメソッド 'getTitle' の呼び出し
-$jetspeed.getTitle($myPE, $myF)
-]]></source>
-のようになります。
-プロパティの取得は、
-<source test=""><![CDATA[
-# page ビーンの呼び出し ($jetspeed.getPage に等しい)
-$jetspeed.page
-]]></source>
-のようになります。
-</p>
-</section>
-<section name=" JPT Velocity API">
-
-<p>以下の表は Velocity 用の PALポータルPower Tool の定義です。</p>
-<hr/>
-
-<table>
-  <tr> 
-    <th>API</th>
-    <th><b>decorateAndInclude($fragment)</b></th>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td>説明</td>
-    <td>
-		Velocity にインクルードするための、与えられたフラグメントパラメータ <b>($fragment)</b> に対する、デコレータテンプレートへの相対パスを取得します。フラグメントは Velocity の #parse 関数にパラメータとして渡されます (#parse は他の Velocity テンプレートをインクルードします)。
-     </td>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td>パラメータ</td>
-    <td><b>$fragment</b> - インクルードとデコレートを行うフラグメント。</td>         
-  </tr>
-  <tr>
-    <td>返り値</td>
-    <td><b>String</b> - デコレータテンプレートのアプリケーションでの相対パス。</td>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td>例</td>
-    <td>#parse($jetspeed.decorateAndInclude($fragment))<br/>戻り値<br/>/WEB-INF/decorations/layout/html/tigris/decorator-top.vm</td>
-  </tr>  
-</table>
-<hr/>
-
-<table>
-  <tr> 
-    <th>API</th>
-    <th><b>getAbsoluteUrl(appRelativePath)</b></th>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td>説明</td>
-    <td>
-		ポートレットアプリケーションリソースへの相対パスを与えると、絶対 URL を返します。
-		この API はテンプレートの URL を参照するのに使うべきではありません。なぜなら、テンプレートの URL は、しばしば CMS 内に位置したり、保護された WEB-INF ディレクトリに位置したりするために、通常は絶対 URL としてはアクセスできないからです。
-     </td>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td>パラメータ</td>
-    <td><b>relativePath</b> - デコレータパッケージ内のリソースへの相対パス。</td>         
-  </tr>
-  <tr>
-    <td>返り値</td>
-    <td><b>String</b> - ウェブリソースへの絶対パス</td>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td>例</td>
-    <td>$jetspeed.getAbsoluteUrl("/images/test.gif")<br/>戻り値<br/>http://localhost:8080/jetspeed/portal/images/test.gif</td>
-  </tr>  
-</table>
-<hr/>
-
-<table>
-  <tr> 
-    <th>API</th>
-    <th><b>columns</b></th>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td>説明</td>
-    <td>
-		レイアウトの集約の間に現在のフラグメントのための列のリストを返す。
-     </td>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td>パラメータ</td>
-    <td><b>-</b></td>         
-  </tr>
-  <tr>
-    <td>返り値</td>
-    <td><b>List</b> - サブフラグメントもしくは Java の標準の List</td>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td>例</td>
-    <td>#set ($table = $jetspeed.columns)<br/>#foreach($entry in $table)
-    </td>
-  </tr>  
-</table>
-<hr/>
-
-<table>
-  <tr> 
-    <th>API</th>
-    <th><b></b></th>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td>説明</td>
-    <td>
-     </td>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td>パラメータ</td>
-    <td><b></b></td>         
-  </tr>
-  <tr>
-    <td>返り値</td>
-    <td><b></b></td>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td>例</td>
-    <td></td>
-  </tr>  
-</table>
-<hr/>
-
-
-<p>
-<i>PALポータルリリース用の文書。</i>
-</p>
-</section>
-
-</body>
-</document>
-

Deleted: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-layouts.xml
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-layouts.xml	2008-09-10 20:44:30 UTC (rev 1153)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-layouts.xml	2008-09-11 03:48:29 UTC (rev 1154)
@@ -1,147 +0,0 @@
-<?xml version="1.0"?>
-<!--
-Copyright 2004 The Apache Software Foundation
-
-Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
-you may not use this file except in compliance with the License.
-You may obtain a copy of the License at
-
-    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
-
-Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
-distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
-WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
-See the License for the specific language governing permissions and
-limitations under the License.
--->
-<document>
-  <properties>
-    <title>レイアウトとデコレーション</title>
-    <subtitle> PALポータルのレイアウトと装飾を行うデザイナのための文書</subtitle>
-    <authors>
-      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
-    </authors>
-	<translators>
-		<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
-	</translators>
-  </properties>
-  <body>
-<section name="レイアウト">
-
-<p>
-レイアウトのテンプレートは PALポータル特有で配備可能なポートレットアプリケーション内にパッケージされています。レイアウトテンプレートはポータルページの全体的な集約をコントロールします。レイアウトテンプレートは集約のためのコンポーネントモデルとして規定されているポートレットを組み合わせます。PALポータルは、標準で 1 列、2 列、3 列のレイアウトを含むいくつかのレイアウトコンポーネントを持っています。デフォルトの PALポータルシステムで指定可能なレイアウトは後の <a href='#PALポータルのレイアウト'>PALポータルのレイアウト</a> を参照してください。もちろん、自身のレイアウトを定義したり、派生させたりすることも可能です。
-</p>
-
-<p>
-集約に関して言うと、レイアウトはどのように一枚のポータルページが集約されるのかを定義します。レイアウトはフラグメントの配置が最終的にまとめられ、ポータルへのリクエストのコンテンツが集約される方法を定義します。レイアウトは、集約されたページのコンテンツを生成するためのテンプレートに関するアルゴリズムを適用したポートレットにより定義されます。典型的なアルゴリズムには 2 列のもの、3 列のもの、階層化されたものがあります。
-</p>
-
-<p>
-レイアウトは以下により構成されます。
-<ul>
-	<li> 1 つ以上のテンプレート</li>
-	<li>テンプレート記述子</li>
-	<li>画像</li>
-	<li>スタイルシート</li>
-	<li>マクロ</li>
-</ul>
-</p>
-
-<p>
-    <img src='images/layouts/layouts-overview.png'/>
-</p>
-
-</section>
-<section name="レイアウトのパッケージング">
-
-<p>
-レイアウトは標準的なポートレットアプリケーションとしてパッケージされます。レイアウトは通常
-</p>
-
-<p>
-以下のようなオペレーションをサポートします。
-<ul>
-	<li>配備(Deploy)</li>
-	<li>除去(Un-deploy)</li>
-	<li>再配備(Re-deploy)</li>
-</ul>
-</p>
-</section>
-<section name='PALポータルのレイアウト'>
-
-<p>
-PALポータルは 1 列、2 列、3 列のレイアウトを含むいくつかのレイアウトコンポーネントを標準で含んでいます。もちろん、自身のレイアウトを定義したり、派生させたりすることも可能です。以下の表は PALポータルで利用可能なレイアウトコンポーネントのリストです。ページを編集したりカスタマイズする際には、レイアウトコンポーネントを選択します。PSML ページごとに 1 つのレイアウトを指定することが可能です。
-</p>
-
-<table>
-  <tr> 
-    <th>レイアウト</th>
-    <th>種類</th>
-    <th>カラム数</th>
-    <th>サイズ</th>
-    <th>モード</th>
-    <th>説明</th>
-  </tr>    
-  <tr>
-    <td><b>VelocityOneColumn</b></td>
-    <td>1 列</td>
-    <td>1</td>
-    <td>100%</td>
-    <td>view,edit,help</td>
-    <td>ポートレットの表示エリアの 100% を占める 1 つ以上のフラグメントの 1 列表示。</td>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td><b>VelocityTwoColumns</b></td>
-    <td>2 列</td>
-    <td>2</td>
-    <td>50%,50%</td>
-    <td>view,edit,help</td>
-    <td>各列にポートレット表示エリアのそれぞれ 50% ずつを割り当てる 1 つ以上のフラグメントの 2 列表示。
-	フラグメントはどちらの列も <a href='psml.html'>PSML</a> のフラグメントの定義を使って配置されます。
-     </td>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td><b>VelocityTwoColumns</b></td>
-    <td>2 列</td>
-    <td>2</td>
-    <td>50%,50%</td>
-    <td>view,edit,help</td>
-    <td>各列にポートレット表示エリアのそれぞれ 50% ずつを割り当てる 1 つ以上のフラグメントの 2 列表示。
-	フラグメントはどちらの列も <a href='psml.html'>PSML</a> のフラグメントの定義を使って配置されます。
-     </td>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td><b>VelocityTwoColumnsSmallLeft</b></td>
-    <td>2 列</td>
-    <td>2</td>
-    <td>15%,85%</td>
-    <td>view,edit,help</td>
-    <td>左側の列にポートレット表示エリアの 15% を割り当て、右側の列にポートレット表示エリアの 85% を割り当てる 1 つ以上のフラグメントの 2 列表示。
-	フラグメントはどちらの列も <a href='psml.html'>PSML</a> のフラグメントの定義を使って配置されます。
-     </td>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td><b>VelocityThreeColumns</b></td>
-    <td>3 列</td>
-    <td>3</td>
-    <td>33%,33%,33%</td>
-    <td>view,edit,help</td>
-    <td>各列にポートレット表示エリアのそれぞれ 33% を割り当てる 1 つ以上のフラグメントの 3 列表示。
-	フラグメントはどちらの列も <a href='psml.html'>PSML</a> のフラグメントの定義を使って配置されます。
-     </td>
-  </tr>
-  <tr>
-    <td><b>VelocityOneColumnNoActions,<br/>VelocityTwoColumnsNoActions,<br/>VelocityThreeColumnsNoActions</b></td>
-    <td></td>
-    <td></td>
-    <td></td>
-    <td>view</td>
-    <td>デコレータアクションを伴うそれぞれ対応するレイアウトと同じパラメータを持つ。しかし、デコレータアクションは表示されない。
-     </td>
-  </tr>  
-</table>
-</section>
-
-</body>
-</document>
-

Deleted: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-portal-design.xml
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-portal-design.xml	2008-09-10 20:44:30 UTC (rev 1153)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/guide-portal-design.xml	2008-09-11 03:48:29 UTC (rev 1154)
@@ -1,149 +0,0 @@
-<?xml version="1.0"?>
-<!--
-Copyright 2004 The Apache Software Foundation
-
-Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
-you may not use this file except in compliance with the License.
-You may obtain a copy of the License at
-
-    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
-
-Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
-distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
-WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
-See the License for the specific language governing permissions and
-limitations under the License.
--->
-<document>
-  <properties>
-    <title>Guide to Portal Design</title>
-    <subtitle>Documentation for Designers working with PALポータルPortal Design</subtitle>
-    <authors>
-      <person name="David Sean Taylor" email="taylo****@apach*****"/>
-    </authors>
-	<translators>
-		<person name="加藤泰文" email="karma****@prog*****" />
-	</translators>
-  </properties>
-  <body>
-<section name=" ポータルデザインの手引き">
-
-<p>
-Java ポートレット API (JSR-168) は、ポートレットプログラミングの Java 標準インターフェースを定義しています。Java ポートレット API 仕様により、ポートレットとポータルの間の相互の接続が可能になります。これは Java ポートレットを開発するための標準仕様です。しかし、Java ポートレット API は、レイアウトや、ポートレットの集約や、ページのマークアップについての標準は定義していません。このドキュメントの「ポータルデザイン」以下の部分は以下をカバーします。
-<ul>
-	<li><a href='psml.html'>ページの集約 - PSML のセクションを見てください。</a></li>
-	<li><a href='decorators.html'>ページとポートレットデコレータ</a></li>
-	<li><a href='layouts.html'>ページレイアウト</a></li>
-	<li><a href='jpt.html'>PALポータルパワーツール</a></li>
-	<li><a href='site.html'>サイトコンテンツモデル</a></li>
-	<li><a href='#Template Locators'>テンプレートロケータ</a></li>
-	<li><a href='#Terminology'>専門用語</a></li>
-</ul>
-</p>
-</section>
-<section name=' テンプレート'>
-
-<p>
-ポートレットページ内の 1 つ以上のポートレットをレンダリングするということは、主にテンプレートを使って動的なコンテンツとしてポートレットを集約する処理を行うということです。PALポータルは、ページレイアウトを Velocity テンプレートを使って作ります。PALポータルの構造は、デコレータやレイアウト用に JSP テンプレートを使うことが可能な構造をしていますが、これまで開発者は、テンプレートを書くためのツールとして Velocity を選択しています。PALポータルには、二種類のテンプレートが存在しています。それはレイアウトテンプレートとデコレータテンプレートです。ページをレンダリングする処理は、レイアウトテンプレートと、ページデコレータテンプレートと、PSML の定義と、 1 つ以上のポートレットデコレータのテンプレートを集約して結合します。リリース 2.0 では、テンプレートはファイルシステムに保存することが可能です。将来のリリースでは、テンプレートはバージョン管理のために CMS バックエンドに保存されるでしょう。
-</p>
-<subsection name=' レイアウトテンプレート'>
-
-<p>
-レイアウトテンプレートは、PALポータルに特化した配備可能なポートレットアプリケーションとしてまとめられています。レイアウトテンプレートは、ポータルページの全体的な集約をコントロールします。レイアウトテンプレートは、集約のためのコンポーネントモデルを提供し、ポートレットを組み合わせます。PALポータルは一列、または二列、または三列のレイアウトを含むいくつかのレイアウトコンポーネントを同梱しています。デフォルトの PALポータルシステムで可能な全てのレイアウトについては <a href='layouts.html'>レイアウトのガイド</a> を参照してください。もちろん、自身でレイアウトを定義することも可能です。
-</p>
-</subsection>
-<subsection name=' デコレータ'>
-
-<p>
-デコレータテンプレートは、PALポータルに特化した配備可能なアーカイブとしてまとめられています。レイアウトテンプレートは、ポータルページの全体的な集約をコントロールします。レイアウトテンプレートは、集約のためのコンポーネントモデルを提供し、ポートレットを組み合わせます。PALポータルは一列、または二列、または三列のレイアウトを含むいくつかのレイアウトコンポーネントを同梱しています。デフォルトの PALポータルシステムで可能な全てのレイアウトについては <a href='guide-decorators.html'>デコレータのガイド</a> を参照してください。もちろん、自身でレイアウトを定義することも可能です。
-</p>
-</subsection>
-</section>
-<section name=' テンプレートロケータ'>
-
-<p>
-テンプレートは、PALポータルテンプレート (と PALポータルデコレータ) のロケータコンポーネントにより検索されます。これらのコンポーネントは、正規化された名前と値のペアによる URL スキームを使ってテンプレートを検索します。<!--using this scheme in what is called a 'normalized' URL to either a decorator or layout. -->しかし、Velocity のようなテンプレートエンジンは、ドキュメントルートからの相対パスで表現されるテンプレートへのパスを使って動作する必要があります。<a href='guide-jpt.html'>PALポータルパワーツール</a> は、正規化されたパスと相対パスの間の変換を容易にしてくれます。通常、Spring の設定では全てのデコレータのテンプレートルートは次のように定義されます。
-<source test=""><![CDATA[
-${applicationRoot}/WEB-INF/decorations
-]]></source>
-そして、全ての (ポートレットアプリケーション毎の) レイアウトのルートは次のように定義されます。
-<source test=""><![CDATA[
-${applicationRoot}/WEB-INF/templates
-]]></source>
-正規化されたパスは名前と値のペアを用いて定義されます。例えば
-<source test=""><![CDATA[
-type/layout/media-type/html/name/tigris/decorator.vm
-type/decorator/media-type/html/language/en/country/US/name/metal/decorator.vm
-]]></source>
-のようにです。
-<table>
-    <tr>
-        <th>名前</th>
-        <th>値</th>
-        <th>説明</th>
-    </tr>
-    <tr>
-        <td>type</td>
-        <td>layout | portlet | generic</td>
-        <td>テンプレートロケータのタイプ。<b>layout</b>, <b>portlet</b> (デコレータ) または <b>generic</b> (デコレータ) のいずれかの値のうちのどれかです。レイアウトはページレイアウトかデコレータのいずれかのためのものになりえます。generic タイプデコレータは、ポートレットデコレーションまたはページデコレーションのいずれかになりえます。</td>
-    </tr>
-    <tr>
-        <td>media-type</td>
-        <td>html | wml | dhtml | ...</td>
-        <td>検索されるマークアップメディアタイプ。有効なメディアタイプ (html, dhtml, wml...) である必要があります。</td>
-    </tr>
-    <tr>
-        <td>name</td>
-        <td>有効なデコレータもしくはレイアウトの名前</td>
-        <td>デコレータもしくはレイアウトの名前。普通はデコレータもしくはレイアウトのテンプレートや画像やスタイルシートが保存されているサブディレクトリと一致します。</td>
-    </tr>
-    <tr>
-        <td>language</td>
-        <td>ISO-639 標準として有効な二文字の言語の省略形</td>
-        <td>ISO-639 (http://www.ics.uci.edu/pub/ietf/http/related/iso639.txt) は言語の省略形の標準を定義します。
-		代表的な省略形として英語に対する en、フランス語に対する fr、ドイツ語に対する de 等があります。</td>
-    </tr>
-    <tr>
-        <td>country</td>
-        <td>ISO-3166 標準として有効な二文字の国名の省略形</td>
-        <td>ISO-3166 (http://userpage.chemie.fu-berlin.de/diverse/doc/ISO_3166.html) は国コードの省略形の標準を定義します。
-		代表的な省略形としてアメリカ合衆国に対する US やフランスに対する FR 等があります。</td>
-    </tr>
-    
-</table>
-</p>
-</section>
-
-<section name=' 専門用語'>
-
-<table>
-    <tr>
-        <th>
-            用語
-        </th>
-        <th>
-            定義
-        </th>
-    </tr>
-    <tr>
-        <td>
-            レイアウト(Layout)
-        </td>
-        <td>
-フラグメントのグループが関係するものでまとめられて、最終的にポータルへのリクエストに対する集約されたコンテンツにまとめられる際の形状を定義します。レイアウトはページの集約されたコンテンツを生成するテンプレートにアルゴリズムを適用するためのポートレットにより決められます。標準的なアルゴリズムには二列、三列、入れ子構造があります。
-        </td>
-    </tr>
-    <tr>
-        <td>
-            TODO: ここで省かれているもの: 
-        </td>
-        <td>
-            フラグメント、デコレーション、ページ、ページデコレータ、ポートレットデコレータ、
-            アプリケーションの関係、正規化テンプレートパス、絶対 URL
-        </td>
-    </tr>    
-</table>
-</section>
-</body>
-</document>
-

Deleted: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/images/jetspeedservlet-c.gif
===================================================================
(Binary files differ)

Copied: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/images/jetspeedservlet-c.gif (from rev 1141, pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/guides/images/jetspeedservlet-c.gif)
===================================================================
(Binary files differ)

Modified: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/navigation.xml
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/navigation.xml	2008-09-10 20:44:30 UTC (rev 1153)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/navigation.xml	2008-09-11 03:48:29 UTC (rev 1154)
@@ -1,100 +1,32 @@
 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
-<!--
-    Copyright 2004 The Apache Software Foundation
-    
-    Licensed under the Apache License, Version 2.0 (the "License");
-    you may not use this file except in compliance with the License.
-    You may obtain a copy of the License at
-    
-    http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
-    
-    Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
-    distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
-    WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
-    See the License for the specific language governing permissions and
-    limitations under the License.
--->
-
-  <project>
-    <body>
-      <links>
-        <item name="Portal Application Laboratory" href="http://pal.sourceforge.jp/"/>
-        <item name="PDF" href="configuration-guide.pdf"/>
-      </links>
-      <menu name="はじめに">
-        <item name="はじめに" href="index.html"/>
-      </menu>
-      <menu name="ポータル">
-        <item name="概要" href="portal/guide.html"/>
-        <item name="アーキテクチャ" href="portal/architecture.html"/>
-        <item name="管理ツール" href="portal/tools.html"/>
-      </menu>
-      <menu name="インストール">
-        <item name="インストールについて" href="install/guide.html"/>
-        <item name="ディレクトリ構成の概要" href="install/directory.html"/>
-      </menu>
-      <menu name="デザインの追加">
-        <item name="ポータルデザインのガイド" href="guides/guide-portal-design.html"/>
-        <item name="全体の画面デザインの追加" href="guides/design-decorations.html"/>
-        <item name="ポートレット個別のデザインの追加" href="guides/design-portlet.html"/>
-        <item name="レイアウトの追加" href="guides/design-layout.html"/>
-      </menu>
-      <!--
-      <menu name="導入">
-        <item name="導入ガイド" href="getting-started.html"/>
-        <item name="PALポータルソースからの導入ガイド" href="getting-started-source.html"/>
-        <item name="PALポータルバイナリからの導入ガイド" href="getting-started-binary.html"/>
-        <item name="PALポータルインストーラからの導入ガイド" href="getting-started-installer.html"/>
-      </menu>
-      <menu name="ポータルシステムとしての概要ガイド">
-        <item name="デコレータのガイド" href="guides/guide-decorators.html"/>
-        <item name="レイアウトのガイド" href="guides/guide-layouts.html"/>
-      </menu>
-      -->
-      <menu name="設定のガイド">
-<!--
-N2ポータルの場合guiでのインストールになるので、プロパティの設定はない?
-        <item name="設定項目のガイド" href="guides/guide-properties.html"/>
-        <item name="データベース設定のガイド" href="guides/guide-database.html"/>
-        <item name="アプリケーションサーバのガイド" href="guides/guide-app-servers.html"/>
--->
-        <item name="PALポータルセキュリティ設定のガイド" href="guides/guide-security.html"/>
-        <item name="PALポータルシングルサインオン利用のガイド" href="guides/guide-sso.html"/>
-        <item name="ユーザ属性定義のガイド (PLT.17 ユーザ情報に関する設定)" href="guides/guide-user-attributes.html"/>
-        <item name="プロファイラ利用のガイド" href="guides/guide-profiler.html"/>
-        <item name="PSML のガイド" href="guides/guide-psml.html"/>
-        <item name="PSML による宣言型セキュリティのガイド" href="guides/guide-security-declarative-psml.html"/>
-        <item name="PSML による宣言型メニューのガイド" href="guides/guide-menus-declarative-psml.html"/>
-      </menu>
-<!--
-      <menu name="PALポータル開発のガイド">
-        <item name="PALポータル開発のガイド" href="guides/guide-j2-development.html"/>
-        <item name="PALポータルへの協力のガイド" href="how-to-help.html"/>
-      </menu>
-
-      <menu name="ポータル開発のガイド">
-      <item name="PALポータルパイプラインのガイド" href="guides/guide-pipeline.html"/>
-      <item name="PALポータルを使ったサイト構築のガイド" href="guides/guide-site.html"/>
-      <item name="PALポータルを使った地域化のガイド" href="guides/guide-l10n.html"/>
-      <item name="PALポータルAJAX API のガイド" href="guides/guide-ajax-api.html"/>
-      <item name="PALポータルで動かすとても簡単なポートレットのガイド" href="guides/guide-simple-portlet.html"/>
-      <item name="ポートレットブリッジのガイド" href="guides/guide-portlet-bridges.html"/>
-      </menu>
-
-      これらはdevelopers-guideに書くべき
-
-
--->
-      <menu name="PALポータルツールのガイド">
-        <item name="PALポータルPower Tools のガイド" href="guides/guide-jpt.html"/>
-        <item name="PALポータルMavenプラグイン のガイド" href="j2-maven-plugin.html"/>
-      </menu>
-      <menu name="部品のガイド">
-        <item name="PALポータルを構成する部品のガイド" href="guides/guide-components.html"/>
-<!--
-        <item name="PALポータルのディレクトリ構造のガイド" href="guides/guide-dir-structure.html"/>
--->
-      </menu>
-    </body>
-  </project>
-  
+<project>
+  <body>
+    <links>
+      <item name="Portal Application Laboratory" href="http://pal.sourceforge.jp/"/>
+      <item name="PDF" href="configuration-guide.pdf"/>
+    </links>
+    <menu name="はじめに">
+      <item name="はじめに" href="index.html"/>
+    </menu>
+    <menu name="ポータル">
+      <item name="概要" href="portal/guide.html"/>
+      <item name="アーキテクチャ" href="portal/architecture.html"/>
+      <item name="管理ツール" href="portal/tools.html"/>
+    </menu>
+    <menu name="インストール">
+      <item name="インストールについて" href="install/guide.html"/>
+      <item name="ディレクトリ構成の概要" href="install/directory.html"/>
+    </menu>
+    <menu name="基本設定">
+      <item name="概要" href="config/guide.html"/>
+    </menu>
+    <menu name="デザイン">
+      <item name="概要" href="design/guide.html"/>
+      <item name="レイアウトテンプレート" href="design/layout.html"/>
+      <item name="レイアウトデコレータ" href="design/layout-decorator.html"/>
+      <item name="ポートレットデコレータ" href="design/portlet-decorator.html"/>
+      <item name="デコレータユーティリティ" href="design/jpt.html"/>
+      <item name="ログインデザイン" href="design/login.html"/>
+    </menu>
+  </body>
+</project>

Modified: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/portal/architecture.xml
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/portal/architecture.xml	2008-09-10 20:44:30 UTC (rev 1153)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/portal/architecture.xml	2008-09-11 03:48:29 UTC (rev 1154)
@@ -46,5 +46,254 @@
         処理の終了後、その結果を集約して、クライアントへ出力します。
       </p>
     </section>
+    <section name="構成コンポーネント">
+      <p>
+PALポータルのアーキテクチャは <a href="http://www.martinfowler.com/articles/injection.html">Martin Fowler</a> によって以下のように定義されたコンポーネントアーキテクチャに基づいて構築されています。
+<blockquote>
+コンポーネントという言葉は、変更なしに、コンポーネントの作者の管理から外れたアプリケーションとして使われることを意図したソフトウェア群を意味しています。
+「変更なしに」という言葉は、ユーザーがコンポーネントの作者によって許された方法でコンポーネントを拡張し、その動作を変化させることはあるかもしれないけれども、アプリケーションを使う場合に、コンポーネントのソースコードを変えることなくアプリケーションを使うことを意味します。
+</blockquote>
+        </p>
+      <p>
+PALポータルはプログラミングのデザインパターンと構造上のモデルとして、依存性注入を使います。
+これは、公開されているインターフェースを通して抽象化のレベルを構築するためであり、そしてコンポーネントの実装における依存性をなくすためです。
+この構造はコンポーネントがそれ自身とリンクしたり、お互いにリンクする構造でなく、コンポーネントと結合します。
+依存性注入はオブジェクトの作成やオブジェクトのリンクの機能をオブジェクト自身から削除し、ファクトリへ移したパターンです。
+それゆえ、依存性注入は明らかにオブジェクトの作成とリンクの制御を反転させており、Inversion of Controls(制御の反転,IOC) の形であると考えることができます。
+        </p>
+      <subsection name="コンポーネントフレームワーク">
+        <p>
+PALポータルはデフォルトのコンポーネントフレームワークとして <a href="http://www.springframework.org">Spring フレームワーク</a> を利用しています。
+しかし、PALポータルはコンポーネントフレームワークを、たとえば <a href="http://www.picocontainer.org/">Pico</a> のような代替可能なコンポーネントフレームワークに容易に置き換えることが可能な構造をしています。
+        </p>
+        <p>
+PALポータルのコンポーネントフレームワークの組み立ては <i>JetspeedServlet</i> 内に実装されています。<br/><br/>
+        <img src="../images/jetspeedservlet-c.gif" border="0"/>
+        </p>
+        <p><code>JetspeedServlet</code> は起動時のロードのためにポータルアプリケーションの <i>web.xml</i> で設定されます。
+<code>initializeComponentManager</code> メソッドは与えられたコンポーネントフレームワークの <a href="guide-portal-assembly.html">Assembly</a> をロードします。
+<code>initializeComponentManager</code> のデフォルトの実装はコンポーネントフレームワークとして <a href="http://www.springframework.com">Spring フレームワーク</a> をサポートします。
+そして Spring エンジンを初期化するために <code>WEB-INF/assembly</code> 以下の xml ファイルを解釈します。
+<i>JetspeedEngine</i> は適切なコンポーネントマネージャを使って構成されます。
+        <source><![CDATA[
+engine = new JetspeedEngine(properties, applicationRoot, config,
+    initializeComponentManager(config, applicationRoot, properties));
+]]></source>
+        </p>
+        <p>
+他のコンポーネントフレームワークをサポートするためには、開発者は <code>initializeComponentManager</code> の実装をオーバーライドしなくてはいけません。
+        </p>
+      </subsection>
+      <subsection name="コアコンポーネント">
+        <table>
+          <tr>
+            <th colspan="2">クライアント識別 - アーチファクト ID: jetspeed-capability</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+                <code>Capabilities</code>
+            </td>
+            <td><code>Capabilities</code> コンポーネントはクライアントを、サポートされる MIME タイプやメディアタイプにマップします。このコンポーネントは <code>CapabilityMap</code> を生成します。<code>CapabilityMap</code> はポータルエンジンを通して、対象となるクライアント用にポータルコンテンツを表示するために利用されます。</td>
+          </tr>
+        </table>
+        <br/>
+        <table>
+          <tr>
+            <th colspan="2">コンポーネットマネージャ - アーチファクト ID: jetspeed-cm</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+                <code>ComponentManager</code>
+            </td>
+            <td><code>ComponentManager</code> は、使用するコンポーネントフレームワークのトップに位置する抽象的な標準レイヤーを提供します。PALポータルのデフォルトの <code>ComponentManager</code> の実装は <code>SpringComponentManager</code> です。
+            </td>
+          </tr>
+        </table>
+        <br/>
+        <table>
+          <tr>
+            <th colspan="2">配備ツール - アーチファクト ID: jetspeed-deploy-tools</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+                <code>JetspeedDeploy</code>
+            </td>
+            <td><code>JetspeedDeploy</code> は PALポータルに配備される前にポートレットアプリケーションの準備をします。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+                <code>DeploymentManager</code>
+            </td>
+            <td><code>DeploymentManager</code> は配備される新しいポータル資産 (ポートレットやデコレータ) を待機します。</td>
+          </tr>
+        </table>
+        <br/>
+        <table>
+          <tr>
+            <th colspan="2">ポータル - アーチファクト ID: jetspeed-portal</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+                <code>Pipeline</code>
+            </td>
+            <td><code>Pipeline</code> は PALポータルのリクエストで最小単位の動作である <code>Valve</code> を統合します。</td>
+          </tr>
+        </table>
+        <br/>
+        <table>
+          <tr>
+            <th colspan="2">プリファレンス - アーチファクト ID: jetspeed-prefs</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+                <code>PreferencesProvider</code>
+            </td>
+            <td><code>PreferencesProvider</code>は PALポータルの <code>java.util.Preferences</code> API の実装です。</td>
+          </tr>
+        </table>
+        <br/>
+        <table>
+          <tr>
+            <th colspan="2">RDBMS - アーチファクト ID: jetspeed-rdbms</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+                <code>ConnectionRepositoryEntry</code>
+            </td>
+            <td><code>ConnectionRepositoryEntry</code> は PALポータルの <code>java.util.Preferences</code> API の実装です。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+                <code>InitablePersistenceBrokerDaoSupport</code>
+            </td>
+            <td><code>InitablePersistenceBrokerDaoSupport</code> は PALポータルにおいてデータアクセスと永続性のサポートを提供します。</td>
+          </tr>
+        </table>
+        <br/>
+        <table>
+          <tr>
+            <th colspan="2">セキュリティ - アーチファクト ID: jetspeed-security</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+                <code>DefaultLoginModule</code>
+              <br/>
+                <code>RdbmsPolicy</code>
+              <br/>
+            </td>
+            <td>PALポータルにおける <a href="http://java.sun.com/products/jaas/">JAAS サービス</a> のデフォルトの実装。PALポータルはポータルエンジンにセキュリティの機能を公開するための標準のセキュリティフレームワークとして JAAS を利用します。JAAS サービスは PALポータルのセキュリティ SPI を通して特定の実装が提供されるために PALポータルの粗い単位のサービスを利用します。
+            </td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+                <code>UserManager</code>
+              <br/>
+                <code>RoleManager</code>
+              <br/>
+                <code>GroupManager</code>
+              <br/>
+                <code>PermissionManager</code>
+            </td>
+            <td>PALポータルのセキュリティ管理 API を公開する粗い単位のセキュリティコンポーネント</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+                <code>UserSecurityHandler</code>
+              <br/>
+                <code>CredentialHandler</code>
+              <br/>
+                <code>GroupSecurityHandler</code>
+              <br/>
+                <code>RoleSecurityHandler</code>
+              <br/>
+                <code>SecurityMappingHandler</code>
+            </td>
+            <td>特定の実装を PALポータルのセキュリティエンジンに公開する細かい単位のセキュリティ SPI コンポーネント。この仕組みは高レベルのセキュリティサービスに影響することなく、複数のセキュリティ実装をサポートするために柔軟なフレームワークを提供します。</td>
+          </tr>
+        </table>
+        <br/>
+<!--
+        <table>
+          <tr>
+            <th colspan="2">検索 - アーチファクト ID: jetspeed-search</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+                <code>SearchEngine</code>
+            </td>
+            <td><code>SearchEngine</code> は <a href="http://lucene.apache.org/">Apache Lucene</a>  サーチエンジンとの統合を行います。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+                <code>HandlerFactory</code>
+            </td>
+            <td><code>HandlerFactory</code> は <code>SearchEngine</code> に対してドキュメントハンドラを公開します。</td>
+          </tr>
+        </table>
+        <br/>
+-->
+        <table>
+          <tr>
+            <th colspan="2">統計 - アーチファクト ID: jetspeed-statistics</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <th>コンポーネント名</th>
+            <th>説明</th>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+                <code>PortalStatistics</code>
+            </td>
+            <td><code>PortalStatistics</code> はデータのコレクションとデータの検索のための PALポータルのデータコレクション API です。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+                <code>BatchedStatistics</code>
+            </td>
+            <td><code>BatchedStatistics</code> は与えられた期間の統計データのバッチコレクションに対する処理を行います。</td>
+          </tr>
+          <tr>
+            <td>
+                <code>AggregateStatistics</code>
+              <br/>
+                <code>StatisticsQueryCriteria</code>
+            </td>
+            <td><code>AggregateStatistics</code> は、<code>StatisticsQueryCriteria</code> が提供する特定のイベントと検索基準に対する集約ポータルデータを提供するために、<code>PortalStatistics</code> コンポーネントとやりとりを行います。</td>
+          </tr>
+        </table>
+      </subsection>
+    </section>
   </body>
 </document>


pal-cvs メーリングリストの案内