• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

pg_hint_plan: Commit

firtst release


Commit MetaInfo

Revisione1ec0268935fba9124086ce3fb4bd71de72ce8d9 (tree)
Time2013-09-12 15:37:19
AuthorTakashi Suzuki <suzuki.takashi@metr...>
CommiterTakashi Suzuki

Log Message

PL/pgSQL文に関する仕様の変更内容をマニュアルに反映した。

Change Summary

Incremental Difference

--- a/doc/pg_hint_plan-ja.html
+++ b/doc/pg_hint_plan-ja.html
@@ -439,8 +439,16 @@ postgres=# </pre>
439439 <dt>PL/pgSQL中の個別のクエリに対するヒント</dt>
440440 <dd>ヒントは、PL/pgSQLブロック中の各クエリにも指定できます。ただし、以下のような制約があります。
441441 <ul>
442-<li>指定したヒントが適用されるSQLは、SELECT/INSERT/UPDATE/DELETEのみです。PERFORMを含む他のSQLにヒントを指定しても適用されません。</li>
443-<li>ヒントをコメントで指定する場合は、SELECTなどのSQLキーワードより後に指定してください。</li>
442+<li>指定したヒントが適用されるSQLは以下の通りです。他のSQLにヒントを指定しても適用されません。
443+<ul>
444+<li>1行の結果を返す問い合わせ文(SELECT/INSERT/UPDATE/DELETE)</li>
445+<li>複数行の結果を返す問い合わせ文(RETURN QUERY)</li>
446+<li>動的文(EXECUTE)</li>
447+<li>カーソルを開く文(OPEN)</li>
448+<li>問い合わせの結果を用いる繰り返し文(FOR)</li>
449+</ul>
450+</li>
451+<li>ヒントをコメントで指定する場合は、SELECTなどのSQLキーワードより後に指定してください。ただし、動的文にヒントをコメントで指定しても、そのヒントは適用されません。</li>
444452 </ul>
445453 <p>以下の例では、一つ目のクエリにNoIndexScanを、二つ目のクエリにSeqScanをそれぞれ指定しています。</p>
446454 <pre>
Show on old repository browser