新しいスナップショットをリリースしました
2010-03-30 21:11 (by panacoran)

バージョン2.0に向けた最初のスナップショットです。

データ形式が大きく変わります。protra.mdbの使用をやめるため、株価データやシステムログなどの互換性がありません。従来のprotra.mdbは起動時に銘柄リストを拾うときにだけアクセスされますが、以降は不要です。

株価データは1銘柄1ファイルで優先市場のデータのみを収めたバイナリファイルになります。市場が変わった場合でも一連のデータとして格納されるので、連続したシステムの実行が可能になります。

あらかじめ作成した株価データは http://sourceforge.jp/projects/protra/downloads/46697/ptdb2-960104-100326.exe/ にあります。dataの下に展開してください。

バージョン1.5からの変更点は以下の通りです。

変更あるいは追加した機能

  • 価格データを1銘柄1ファイルのバイナリファイルに格納する。#20987
  • システムの実行履歴をシステムごとにバイナリファイルに格納する。
  • 銘柄データとしてOmegaChartと同じ形式のindex.txtを採用。#20400
  • 設定ファイルをXML化。#20988
  • データソースとして無尽蔵をサポート。#20399
  • 単元株数を返す関数Unit。#20400
  • 不明な場合は推測の単元株数を返すUnit2。(TIlib)
  • PtSimで0株の売買を無視する。
Protra project news list