• R/O
  • SSH
  • HTTPS

samba-jp: Commit


Commit MetaInfo

Revision3351 (tree)
Time2018-12-14 08:15:12
Authorribbon

Log Message

update translation manpages/vfs_fruit.8.xml (4.8.4->4.8.8)

Change Summary

Incremental Difference

--- branches/4.8/docs-xml/manpages/vfs_fruit.8.xml (revision 3350)
+++ branches/4.8/docs-xml/manpages/vfs_fruit.8.xml (revision 3351)
@@ -688,6 +688,48 @@
688688 </listitem>
689689 </varlistentry>
690690
691+ <varlistentry>
692+ <term>fruit:wipe_intentionally_left_blank_rfork = yes | no</term>
693+ <listitem>
694+<!-- Samba-4.8.8
695+ <para>Whether to wipe Resource Fork data that matches the special
696+ 286 bytes sized placeholder blob that macOS client create on
697+ occasion. The blob contains a string <quote>This resource fork
698+ intentionally left blank</quote>, the remaining bytes being mostly
699+ zero. There being no one use of this data, it is probably safe to
700+ discard it. When this option is enabled, this module truncates the
701+ Resource Fork stream to 0 bytes.</para>
702+ <para>The default is <emphasis>no</emphasis>.</para>
703+-->
704+ <para>MacOS クライアントが時折作成する、特殊な内容の 286 バイトの
705+ リソースフォークを削除するかを制御する。その内容は
706+ <quote>This resource fork intentionally left blank</quote>という
707+ 文字列と、残りはほぼゼロで埋められている。
708+ このデータは使われることがないため、おそらく削除しても問題ない。
709+ このオプションを有効にすると、このモジュールは、リソースフォーク
710+ ストリームを切り捨て、 0 バイトにする。</para>
711+ <para>既定値は<emphasis>no</emphasis>である。</para>
712+ </listitem>
713+ </varlistentry>
714+
715+ <varlistentry>
716+ <term>fruit:delete_empty_adfiles = yes | no</term>
717+ <listitem>
718+<!-- Samba-4.8.8
719+ <para>Whether to delete empty AppleDouble files. Empty means that
720+ the resource fork entry in the AppleDouble files is of size 0, or
721+ the size is exactly 286 bytes and the content matches a special
722+ boilerplate resource fork created my macOS.</para>
723+ <para>The default is <emphasis>no</emphasis>.</para>
724+-->
725+ <para>空の、AppleDouble ファイルを削除するかを制御する。空とは
726+ AppleDouble ファイル中のリソースフォークエントリのサイズが 0 か、
727+ MacOS が作成するある特殊な内容の 286 バイトの
728+ リソースフォークの場合である。</para>
729+ <para>既定値は<emphasis>no</emphasis>である。</para>
730+ </listitem>
731+ </varlistentry>
732+
691733 </variablelist>
692734 </refsect1>
693735
@@ -730,8 +772,8 @@
730772 </refsect1>
731773 <refsect1>
732774 <title>日本語訳</title>
733- <para>このマニュアルページは Samba 4.8.0 - 4.8.4 に対応する。</para>
734- <para>このドキュメントの Samba 4.8.0 - 4.8.4 対応の翻訳は
775+ <para>このマニュアルページは Samba 4.8.8 - 4.8.8 に対応する。</para>
776+ <para>このドキュメントの Samba 4.8.0 - 4.8.8 対応の翻訳は
735777 <itemizedlist>
736778 <listitem><para>太田俊哉 (ribbon@samba.gr.jp)</para></listitem>
737779 </itemizedlist>
Show on old repository browser