• R/O
  • SSH
  • HTTPS

scfiler: Commit


Commit MetaInfo

Revision79 (tree)
Time2009-04-23 22:30:57
Authoryuki_sc

Log Message

バックアップ対象ファイルがないときは無駄にbackupフォルダを作らないように変更

Change Summary

Incremental Difference

--- Plugins/SimpleBackup/SimpleBackup/SimpleBackup.cs (revision 78)
+++ Plugins/SimpleBackup/SimpleBackup/SimpleBackup.cs (revision 79)
@@ -44,17 +44,21 @@
4444
4545
4646 try {
47- //新規ディレクトリ作成
48- System.IO.Directory.CreateDirectory(backupFolderFullName);
49-
5047 //選択中の全てのアイテムをコピー
5148 foreach (IFilerItem item in view.SelectedFilerItems) {
5249 //選択アイテムがファイルかどうかチェック
5350 if (item.Type != ItemType.File) {
54- viewInterface.PrintInMessageArea("このコマンドはファイルにしか対応していないので、" + item.Name + "はスキップしました");
51+ viewInterface.PrintInMessageArea(this.Name + "はファイルにしか対応していないので、" + item.Name + "はスキップしました");
5552 continue;
5653 }
5754
55+ //ディレクトリがなければディレクトリ作成
56+ //foreachで毎回チェックするのは少し無駄だが、必要になったときに初めてフォルダ作成するため。
57+ //※フォルダのみ選択されていた場合はメッセージ表示のみで終了するので、空のbackupフォルダができてしまうのを防ぐ。
58+ if (!System.IO.Directory.Exists(backupFolderFullName)) {
59+ System.IO.Directory.CreateDirectory(backupFolderFullName);
60+ }
61+
5862 //以下のdoで回すのは、同じ日にすでにバックアップをとっていたら、20090420-2の2のように番号を付与するため。
5963 //使われていないファイル名が見つかるまでdoを回す
6064 string destFile;
--- Plugins/SimpleBackup/SimpleBackup/bin/Release/readme.txt (nonexistent)
+++ Plugins/SimpleBackup/SimpleBackup/bin/Release/readme.txt (revision 79)
@@ -0,0 +1,16 @@
1+SimpleBackup.dll
2+■概要
3+ファイルの簡易バージョン管理用途などのために、ワンタッチでファイルをバックアップします。
4+選択ファイルを、ファイル名に20090420のような日付を表す数値を付加し、
5+現在のフォルダにbackupフォルダを作ってそこにコピーします。
6+それだけの機能しかありません。
7+フォルダは対象外です。
8+
9+■インストール方法
10+SimpleBackup.dllをPluginsフォルダにコピーしてください
11+
12+■更新履歴
13+・0.02
14+ フォルダのみの時はバックアップ対象がないので、backupフォルダを作成しないように修正
15+・0.01
16+ 新規作成
Show on old repository browser