Forums: Open Discussion (Thread #10265)

バージョン0.4 (2006-02-23 00:31 by shimakazuro #20103)

以下の新機能を作成しました

●大きなサイズのバイナリデータ読込を可能とする為、1カラムあたりの取得バイト数を制限出来るようになりました

●取得バイト数を制限に伴い、カラム内データ全体を参照できなくなったので、専用ウィンドウで起動するバイナリビューワを用意しました

●改行を含んだテキストデータを編集出来るように、専用ウィンドウで起動するテキスト編集画面を用意しました

●CSVファイルの各項目内に改行が含まれていても、インポート・エクスポート出来るようにしました

●OracleのTIMESTAMP型に対応しました。タイムゾーンを含むTIMESTAMP型の検索結果は、常にJST扱いなるはずです
(DBのタイムゾーンをいろいろ変更して、テストする事が出来なかったのであまり自信ないです)。

●ダイアログでエラーを表示した時の内容を、ログファイルに出力するようにしました。ログのファイル名は、
『"user.home" / .jdbcacsess 』ディレクトリの message.log
になります。

●1カラム分のデータ <-> 1ファイル で、カラム更新・ファイル出力を出来るようにしました。テキストとバイナリが扱えますが、テキストの場合の日本語エンコードは実行環境デフォルトのみです。windowsであれば、MS932(MSのSJIS)になります。