Download List

Sponsored link

Project Description

skf is an i18n'ed kanji converter. Supports CJK codesets, Unicode, as well as language specific codesets like KOI-8. Has various code-conversion features for mail/SGML/TeX/XML processing. Currently 1.99/2.00/2.10 are stable version.

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2018-12-24 13:10
skf 2.10.8.1 (1 files Hide)

Release Notes

This is a minor fix version for skf 2.10.8.

skf 2.10.8 の小修正版です。

Changelog

changelog for skf 2.10.8.1

  • remove debug output
  • fb-html changes to decimal from hex.

changelog for skf 2.10.8

  • [skf:38570] do not treat ruby "8-bit binary" as codeset.
  • don't bite arguments after --
  • add -t option for nkf compatibility
  • undocumented nkf behavior support: suffix=*, -t2, -L0, -g0-2
  • re-enable -n option for nkf-compatibility
  • kicks pre-undefined characters in -i, -o option for nkf-compatibility
  • security hungup fixed if file open failed in in-place option.
  • fix codeset inquiry in in-place option.
  • tries to unlink temporal file when in-place rename failed.
  • added -fb-java, fb-perl, fb-skip support for nkf compatibility.
  • added -fb-python.
  • retain input files when suffix is added in --in-place, overwrite

changelog for skf 2.10.7

  • fix: keis strout doesn't convert ascii strings to EBCDICs
  • fix: ebcdic force-lineend changed to NEL
  • fix: inquiry output code control. fixes to "LOCALE" with default to utf-8.
  • UTF-7-IMAP conversion input/output added.
  • python 3.6, 3.7 support.
  • Update Unicodedata to Unicode 11.0.
  • fix: sup_space_conv setting condition.
  • fix: B-right/V strout doesn't convert ascii strings to EBCDICs
  • fix: punycode with idn prohibit char causes character drop.
  • fix: similar bug in hz & zW EOF handling.
  • fix: disable MIME cp932 related cname.
  • Security fix clashes related space-convert
  • fix: convert-html-uri does not work.

changelog for skf 2.10.6

  • fix: locale output doesn't use nl_langinfo result
  • fix: set-lang doesn't work.
  • fix: cname containing '.' isn't recognized.
  • fix: rfc1554 iso-2022-jp-2-kr doesn't work.
  • fix: ka + handakuten outputs garbage.
  • fix: -v doesn't reflect language setting.
  • fix: euc-jp-ms etc. get wrong codeset
  • fix: crash on bright/v output with html-sanitize
  • fix: couldn't return from unic*de variants by standard return.
  • fix: JIS X-0221(iso 10646) calling sequence error.
  • fix: JIS X-0211 pass through state change.
  • fix: cp932/cp51932 gaiji area output
  • fix: gsm 03.38 UDH nullified and table added. register tags and variation selector supplement as a likely code
  • fix: Added TSCII 1.7, Burgarian MIK as separate codeset
  • fix: koi-8, bright, koi-8-u output error
  • fix: make ruby2.5 aware.

changelog for skf 2.10.5

  • fix: added repeating to disabled macro definition.
  • security fix sjis-oldntt crashes in private area.
  • fix: -i, -o option revived with new spec.
  • fix: some option doesn't work for racing.
  • fix: convert-html-uri does not work.
  • fix: latin2html output goes without encode redirection.
  • fix: some man page glitches.
  • fix: halfwidth mime character count correction.
  • fix: convert-html does not handle non-BMP range.
  • fix: cns11463 single shift2 fails.
  • fix: iso-2022 announcer doesn't properly processed
  • fix: cannot return to iso-2022 from unicode.
  • fix: trim cp932 to cp51932 gaiji convert condition
  • fix: B-Right/V latin output conversion fixed.
  • fix: [skf:37767] configure portability fix.

changelog for skf 2.10.4

  • security fix crash in unicode decomposition
  • security fix crash in U+1f1xx conversion
  • security fix crash due to wrong iso-2022-jp-ms table definition
  • fix: crash if locale output specified and codeset is unknown.
  • fix: --set-g* crashes if following string is not charset
  • LWL(like ruby) extension compile
  • various bug fix. see debian/changelog

changelog for skf 2.10.3

  • fix error message for "-o" option
  • fix obsolete option action properly
  • fix octal encoding output wrong code on tail.
  • fix to suppress MIME encoding on transparent mode
  • fix X-0213 reverse conversion table
  • nkf-compat hankaku-kana output condition fix
  • added cp65001 as UTF-8 alias, and also cp65000+cp1200+1201
  • fix B-right output
  • fix zW output space escape condition.

changelog for skf 2.10.2

  • fix iso-2022-ms table
  • fix skf-packedstatus duplicate bit assign
  • Changed UnicodeData to Unicode 10.0
  • suppress some codeset for MIME use
  • fix: iso-2022-jp-2-2004 doesn't show in MIME
  • input side cp932 gaiji-area fix. delete cp50221/2 gaiji definition

changelog for skf.2.10.1

  • fix: Q-encode overdecoding on nkf-compatible mode
  • fix: doesn't detect binary name change on systems with binary-suffix.
  • fix: man pages and documents

変更履歴 (skf 2.10.8.1)

  • in-place 処理でデバックコードが残っているのを削除。
  • 互換 -fb-html の結果を十進に変更

変更履歴 (skf 2.10.8)

  • [skf:38570] 8bit binary を LWL 拡張でのコードセットとして扱わない。
  • 一部オプションが -- を超えて引数を探索するのを抑止
  • 互換 -t オプションを追加
  • 互換 nkf の -L0, -g0-2, -n, -t2, suffix=* の動作を合わせる
  • 互換 fb-subchar, fb-java, fb-perl, fb-python をサポート
  • 互換 -i, -o 動作を現在の nkf の仕様に合わせる
  • Security --in-place で落ちる/無限ループする場合があるのを修正
  • in-place で各ファイル毎に文字集合をチェックしていないのを修正
  • in-place でファイルリネームに失敗した際に一時ファイルを消す
  • 互換 in-place で suffix を指定したときに元ファイルを消さない。
  • Unicode で Private 領域マップを定義するとクラッシュするのを修正。
  • man ページ修正。コード一部整理。

変更履歴 (skf 2.10.7)

  • KEIS 系の出力で一部の固定文字列が正しく出力されていなかったのを修正。
  • EBCDIC 系の強制改行文字を NEL に変更。
  • inquiry 時に既定出力エンコーディングを LOCALE とし、EBCDIC系とUTF-16/32 をサポートしない。LOCALE 未定義の時は UTF-8 とする。
  • UTF-7-IMAP 入出力サポート
  • Python 3.6/3.7 サポート
  • Unicodedata を 11.0 に更新。
  • Punycode, HZ, zW で出力が切れる場合を修正。
  • B-Right/Vの固定文字列出力を修正。
  • sup_space_conv の規定値設定が正しく動作していなかったのを修正。
  • nkf 互換モード時の MIMEで CP932 系の cname が出ないようにする。
  • Security space-convert 関連のクラッシュを修正。
  • convert-html-uri が動いていなかったのを修正。
  • 他に細かいバグ修正。debian/changelog 参照

変更履歴 (skf 2.10.6)

  • locale 出力指定が nl_langinfo の結果を見ていなかったのを修正
  • "." を含む cname が認識されていなかったのを修正。
  • jis-2022-jp-2-kr が動いていなかったのを修正。
  • B-right/V 出力で html-sanitize を指定するとクラッシュするのを修正
  • アイヌ語関連の X-0213 合字処理でゴミが出力されるのを修正。
  • JIS X-0221 コーリングシーケンスでのバグを修正。
  • cp932 の外字処理を修正。
  • 追加サポート;TSCII 1.7, Burgarian MIK
  • KOI-8, KOI-8U, B-right/V, cp1251 の出力を修正。
  • bright/V の latin 関連変換修正
  • euc-jp-ms が不正なコードセットを呼ぶのを修正。
  • set-lang が正しく処理されていなかったのを修正。
  • ruby 2.5 を認識するようにする。
  • 他に細かいバグ修正。debian/changelog 参照

変更履歴 (skf 2.10.5)

  • セキュリティ Sjis-oldntt でクラッシュするのを修正。
  • convert-html-uri を修正。
  • latin2html の結果がエンコードされないのを修正。
  • man ページを修正。
  • cns11463 のSS2 処理を修正。
  • iso-2022 アナウンサ処理を修正。
  • iso10643 からiso2022 に標準戻りで戻れていなかったのを修正。
  • bright/V の latin 関連変換修正
  • skferr でのテーブルダンプ修正
  • HZ, ZW の GL を ASCII に変更。
  • 一部オプションが呼ばれないのを修正
  • -i, -o オプションを仕様を変えて再修正
  • ARIB マクロ定義無効時に定義に伴うマクロ実行を有効にする。
  • cp932 から cp51932 外字に対する変換の不整合を仮対策。
  • [skf:37767] configure 互換性修正

変更履歴 (skf 2.10.4)

  • security unicode 正規化でのクラッシュを修正
  • securiry U+1f1xx での変換でクラッシュしていたのを修正
  • security iso-2022-jp-ms のテーブル定義ミスでクラッシュしていたのを修正
  • 出力ロカール指定で未定義ロカールが指定されるとクラッシュするのを修正
  • --set-g* の charset 名抽出ミスを修正
  • LWL (perl, ruby ほか) 拡張のコンパイルが通らなくなっていたのを修正。
  • 細かいバグを修正。debian/changelog 参照。

変更履歴 (skf 2.10.3)

  • octal エンコード、B-Right/V, zW エンコーディングのバグ修正。
  • -o オプションのエラーメッセージ修正。-E が動かないのを修正。
  • transparent モードでの MIME 抑止。
  • nkf 互換時の半角かなの出力条件修正。
  • cp65001, cp65000, cp1200, cp1201 を UTF-8 のエイリアスに追加
  • X-0213 逆変換テーブル修正。

変更履歴 (skf 2.10.2)

  • skf.h でのビット二重アサイン修正 (影響:sup-space-conv を指定すると fold_strong がセットされる。enbl_decomp を指定すると、弱言語でも言 語タグが出力される)。
  • iso-2022-ms テーブル作成。
  • Unicode 10.0 に対応。
  • 一部 MIME 非対応コードセットで MIME 処理が走るのを抑止。
  • iso-2022-jp-3-2004 の MIME cname が切れてしまうのを修正。
  • cp50221, cp50222 の外部処理が動かないのを修正。cp932 外字入力側が動くようにする。

変更履歴 (skf 2.10.1)

  • nkf互換モードで余計なMIMEデコードを行っていた件を修正。
  • 実行形式に拡張子がつく環境で自ファイル名判定をミスっている件を修正
  • ドキュメント関係の訂正。