Ticket #38933

in-place, overwrite の仕様が nkf と異なる

Open Date: 2019-02-05 22:53 Last Update: 2019-04-06 22:49

Reporter:
Owner:
(None)
Type:
Status:
Closed
Component:
(None)
MileStone:
(None)
Priority:
3
Severity:
5 - Medium
Resolution:
Fixed
File:
None

Details

nkf の --in-place, overwrite には SUFFIX を付けられますが、skf は勘違いで異なった仕様になっていました。但し、挙動は文書化されていないので、どうするかな……。いずれにせよ優先順位は高くはないという認識です。

* 現状 nkf は SUFFIX を入力ファイル側の書き換えに使う。ファイル名の途中に * があっても * を入力ファイル名に置き換える。

* skf は SUFFIX を出力ファイル名の修飾に使う。* はファイル名の先頭にないと動かない (先頭になる場合にエラーになるのは直すべきのような気もしますが)。

Ticket History (3/4 Histories)

2019-02-05 22:53 Updated by: efialtes
  • New Ticket "in-place, overwrite の仕様が nkf と異なる" created
2019-04-06 22:49 Updated by: efialtes
Comment

2.10.9 でとりあえず直しましたが、nkf の方でも * の扱いがあまり適切では無いのと、そもそも仕様がアレで直してもあまり良い感じにならないので、* サポートは抑止しました。 この機能がどうしても必要なら、config.h.in の NKF_INPLACESTAR を定義してコンパイルしてください。但し、ディレクトリトラバーサルが起きないように直したので、nkf と動きが異なります。

#2.10.8 まででは適切に動いていなかったので skf で使っている人はたぶんいないと思います。

2019-04-06 22:49 Updated by: efialtes
  • Resolution Update from None to Fixed
2019-04-06 22:49 Updated by: efialtes
  • Status Update from Open to Closed

Attachment File List

No attachments

Edit

You are not logged in. I you are not logged in, your comment will be treated as an anonymous post. » Login