Recent Changes

2014-02-11

Latest File Release

This Project Has Not Released Any Files

Wiki Guide

Side Bar

訳注

あまり、一般的ではない単語を載せています。

Client(クライアント)

ここ(Splintのマニュアル)では、抽象型を使用する関数などのこと。

Concrete type(具象型)

抽象型(Abstract type)の逆で、実際の型のこと。

Dangling references(ぶら下がり参照、懸垂参照)

参照先が無効になっている参照あるいはポインタのこと。

Dereference(デリファレンス)

ポインタが参照している先の値を取得したり変更したりすること。

Exposure(暴露)

これを「暴露」と訳しているのはここだけかもしれません。恐らく、意図しない公開(変数などが見えてしまう)を意味していると思います。

Fall through(フォールスルー)

switch case文で、breakを書かず、意図的に次のcase文を実行させるようなコーディングのこと。

File static variable(ファイル静的変数)

これを「ファイル静的変数」と訳しているのはここだけかもしれません。すみません。日本語にすると意味がいまいちわかりませんが、ファイルスコープの変数(.cのファイルの頭の方でstaticとした変数)のことです。

Formal Specification(形式仕様記述)

すみません。良く分かりません。Wikipediaの記事を見てください。

Larch(ラーチ)

「larch」を和英辞典で調べると「カラマツ」となるのだが、ここではそうではない。仕様記述言語の1つ。

Predicate function(叙述関数)

真偽値型(bool型)を返す関数のこと。

Storage(記憶領域)

多くの場合はメモリ。例えばヒープメモリやスタックメモリなど。訳し方が良くなかったです。すみません。