Download List

Project Description

Javaクラスファイルの盗用を発見するため,クラスファイルから直接バースマーク(クラスファイル特有の情報の集合)を抽出し,比較します.

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2008-12-10 16:33
stigmata 2.0.0 (3 files Hide)

Release Notes

今回のリリースで,バースマークを抽出するときの前処理を行うことが可能になった.Preprocess, Extract, Compare, Filter という順序で処理を行うことが可能となる.Preprocess では,すべてのクラスファイルを見ることができるので,Extract, Compare に必要な情報を予め調べておくことが可能になる.

ただし,Preprocess が必要なバースマークは少ないと思われるので,デフォルトでは何もしないようにしている.

Preprocess導入に伴い,Preprocessで調べた内容を Extract, Compare に渡す必要がある.これは BirthmarkContext で行うようにした.BirthmarkExtractor, BirthmarkComparator ともに BirthmarkContext を受け取り,Preprocess から Filter までの一連の処理の間,BirthmarkContext は同一のものを保持するように保障した.

また,コマンドラインインターフェースを大幅に変えた.

Changelog

- 依存するASMのバージョンを 2.2.3 から 3.1 に上げた.
- コマンドラインインターフェースを変更した.
- BirthmarkPreprocessor を導入した.
- BirthmarkExtractor, BirthmarkComparator のインターフェースを変更した(BirthmarkContextを引数に受け取るようにした).