• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

CsWin10Desktop3: Commit

Visual C# 7.0, Windows10 Desktop App


Commit MetaInfo

Revision954d0584f83c0eaa0bb440c6c334af7a2feccaaf (tree)
Time2017-10-02 19:53:01
Authorくまかみ工房 <kumakamikoubou@gmai...>
Commiterくまかみ工房

Log Message

DeviceContext1 を名指ししていた引数を、DeviceContext に変更。

Change Summary

Incremental Difference

--- a/FDK/メディア/画像.cs
+++ b/FDK/メディア/画像.cs
@@ -102,6 +102,14 @@ namespace FDK.メディア
102102 {
103103 Debug.Assert( this.活性化している );
104104
105+ gd.D2DBatchDraw( ( dc ) => {
106+ this.描画する( dc, 左位置, 上位置, 不透明度0to1, X方向拡大率, Y方向拡大率, 転送元矩形, 描画先矩形を整数境界に合わせる, 変換行列3D, レイヤーパラメータ );
107+ } );
108+ }
109+ public virtual void 描画する( DeviceContext dc, float 左位置, float 上位置, float 不透明度0to1 = 1.0f, float X方向拡大率 = 1.0f, float Y方向拡大率 = 1.0f, RectangleF? 転送元矩形 = null, bool 描画先矩形を整数境界に合わせる = false, Matrix? 変換行列3D = null, LayerParameters1? レイヤーパラメータ = null )
110+ {
111+ Debug.Assert( this.活性化している );
112+
105113 if( null == this._Bitmap )
106114 return;
107115
@@ -126,32 +134,28 @@ namespace FDK.メディア
126134 転送先矩形.Height = (float) Math.Round( 転送先矩形.Height );
127135 }
128136
129- gd.D2DBatchDraw( ( dc ) => {
130-
131- // ブレンドモードをD2Dレンダーターゲットに設定する。
132- dc.PrimitiveBlend = ( this.加算合成 ) ? PrimitiveBlend.Add : PrimitiveBlend.SourceOver;
133-
134- using( var layer = new Layer( dc ) )
135- {
136- // レイヤーパラメータの指定があれば、描画前に Push する。
137- if( null != レイヤーパラメータ )
138- dc.PushLayer( (LayerParameters1) レイヤーパラメータ, layer );
139-
140- // D2Dレンダーターゲットに Bitmap を描画する。
141- dc.DrawBitmap(
142- bitmap: this._Bitmap,
143- destinationRectangle: 転送先矩形,
144- opacity: 不透明度0to1,
145- interpolationMode: this.補正モード,
146- sourceRectangle: 転送元矩形,
147- erspectiveTransformRef: 変換行列3D ); // null 指定可。
137+ // ブレンドモードをD2Dレンダーターゲットに設定する。
138+ dc.PrimitiveBlend = ( this.加算合成 ) ? PrimitiveBlend.Add : PrimitiveBlend.SourceOver;
148139
149- // レイヤーパラメータの指定があれば、描画後に Pop する。
150- if( null != レイヤーパラメータ )
151- dc.PopLayer();
152- }
153-
154- } );
140+ using( var layer = new Layer( dc ) )
141+ {
142+ // レイヤーパラメータの指定があれば、描画前に Push する。
143+ if( null != レイヤーパラメータ )
144+ dc.PushLayer( (LayerParameters1) レイヤーパラメータ, layer );
145+
146+ // D2Dレンダーターゲットに Bitmap を描画する。
147+ dc.DrawBitmap(
148+ bitmap: this._Bitmap,
149+ destinationRectangle: 転送先矩形,
150+ opacity: 不透明度0to1,
151+ interpolationMode: this.補正モード,
152+ sourceRectangle: 転送元矩形,
153+ erspectiveTransformRef: 変換行列3D ); // null 指定可。
154+
155+ // レイヤーパラメータの指定があれば、描画後に Pop する。
156+ if( null != レイヤーパラメータ )
157+ dc.PopLayer();
158+ }
155159 }
156160
157161 /// <summary>
--- a/FDK/メディア/画像フォント.cs
+++ b/FDK/メディア/画像フォント.cs
@@ -78,7 +78,7 @@ namespace FDK.メディア
7878 基点のX位置 += ( 文字矩形.Width + this.文字幅補正dpx );
7979 }
8080 }
81- public void 描画する( DeviceContext1 dc, float 基点のX位置, float 上位置, string 表示文字列, bool 右揃え = false )
81+ public void 描画する( DeviceContext dc, float 基点のX位置, float 上位置, string 表示文字列, bool 右揃え = false )
8282 {
8383 if( 表示文字列.Nullまたは空である() )
8484 return;
Show on old repository browser