[tomoyo-users 941] Re: Linux 3.2-rc5 での TOMOYO 1.8/AKARI について

Back to archive index

Tetsuo Handa from-****@I-lov*****
2011年 12月 10日 (土) 14:47:23 JST


Tetsuo Handa さんは書きました:
> なお、この __d_path() の仕様変更は 2.6.36 〜 3.1 にもバックポートされるかも
> しれません。もしバックポートされた場合、 TOMOYO 1.8 や AKARI を更新版を用いて
> 再コンパイルする必要があります。
> 
この仕様変更は 3.0 および 3.1 に反映される模様です。しかし、ディストリビュータ
カーネルにこの仕様変更が反映されるまでには時間差があります。そのため、
TOMOYO 1.8/AKARI の次の tarball が出るまでにディストリビュータカーネルで
( TOMOYO 2.5/AppArmor で使うために 3.2-rc5 で追加された) d_absolute_path() が
利用可能になっていることを仮定することができません。そこで、カーネル 2.6.36 〜
3.1 に関しては、 AppArmor が使っていた d_namespace_path() と同様の処理を
追加し、 __d_path() が NULL を返した場合にはその処理を呼び出すことでパス名を
算出することにします。



それから、 CentOS 6.1 がリリースされました。今後は、 CentOS+ レポジトリから
TOMOYO 2.2 対応バイナリカーネルをインストールできます。インストールするには、
/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo の [centosplus] セクションの enabled=0 を
enabled=1 に変更して、 yum update を実行してください。そして、 TOMOYO を
選択するために /boot/grub/grub.conf の kernel 行に security=tomoyo を追加
してください。




tomoyo-users メーリングリストの案内
Back to archive index