• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

asp: Commit

ASPカーネルツリーのリポジトリ


Commit MetaInfo

Revisionc7078b9de5f2bad8a9fae283af35b3ae36c73a22 (tree)
Time2012-10-28 17:16:42
Authorsuikan <suikan@user...>
Commitersuikan

Log Message

Revert "checksumコマンドへの対応を実施した。 refs #26384 "

This reverts commit 7ce27301bb65b8f17269ec828b2b8c6ce0902bdc.

UARTへの修正についてはまだ完全にレビューが終わっていないまま
時間が立っており、リリースもされていないため、一旦masterから
外すことにした。masterはリリースしたコードだけを含むこととする。

UARTへの修正は削除ではなく、experimental-uart ブランチとして残してある。

Change Summary

Incremental Difference

--- a/asp/CHANGES.LPC
+++ b/asp/CHANGES.LPC
@@ -1,30 +1,3 @@
1-* Release 1.7.2 (次のリリースに含まれる予定の修正)
2-
3- - 「チケット #26689 pdic/uart/uart.cの不要な使用ポート数依存実装を削除する。」を実施。(2011/11/05 shintamainjp)
4- - asp/trunk/asp/pdic/uart/uart.cのsioreg_tableからTNUM_PORT数を参照している箇所を削除。
5-
6- - 「チケット #26461 chip_config.cのchip_fput_logはSIO_PORTIDではなく、LOGTASK_PORTIDを参照するのが正しいのではないか?」への対応。(2011/11/05 shintamainjp)
7- - asp/trunk/asp/arch/arm_m_gcc/lpc1700_gcc/chip_config.cのchip_fput_logのSIO_PORTID参照をLOGTASK_PORTIDに変更。
8-
9- - 「チケット #26592 target_config.cのシリアルポートピン定義実装変更」を実施。(2011/10/22 shintamainjp)
10- - asp/trunk/asp/target/lpcxpresso1768_gcc/target_config.cにUARTモジュール電源制御マクロを追加。
11- - asp/trunk/asp/target/lpcxpresso1768_gcc/target_config.cにUARTピン設定マクロを追加。
12- - ピン設定箇所をUARTモジュール電源制御マクロとUARTピン設定マクロを使用した記述に修正した。
13-
14- - 「チケット #26459 複数シリアルポートの同時使用対応」を実施。 (2011/10/04 shintamainjp)
15- - asp/trunk/asp/pdic/uart/uart.hの割り込みベクタ番号定義をSIO_BAUD_RATE_PORTxを参照して自動的に行うようにした。
16- - asp/trunk/asp/target/lpcxpresso1768_gcc/target_syssvc.hにおいて、SIOx_PORTIDを定義するようにした。
17- - asp/trunk/asp/target/lpcxpresso1768_gcc/target_syssvc.hにおいて、SIO_BAUD_RATE_DEFAULTの定義を削除した。
18- - asp/trunk/asp/target/lpcxpresso1768_gcc/target_syssvc.hにおいて、SIO_BAUD_RATE_PORTxの定義を追加した。
19- - asp/trunk/asp/target/lpcxpresso1768_gcc/target_config.cで、SIO_BAUD_RATE_PORTx定義の有無で自動的にピン設定とtarget_uart_initを実行するようにした。
20- - asp/trunk/asp/arch/arm_m_gcc/lpc1700_gcc/chip_serial.cfgで、SIO_BAUD_RATE_PORTx定義の有無で自動的に割り込みハンドラを登録するようにした。
21- - asp/trunk/asp/arch/arm_m_gcc/lpc1700_gcc/chip_serial.hに、INTPRI_SIOxとINTATR_SIOxの定義を追加した。
22-
23- - 「チケット #26384 checksumコマンドの対応」に対応。 (2011/09/26 shintamainjp)
24- - asp/trunk/asp/target/lpcxpresso1768_gcc/Makefile.targetのhexファイル生成の実装を変更した。
25- - binファイルを生成し、チェックサム修正プログラムを実行してからhexファイルを生成するようにした。
26- - asp/trunk/asp/sample/Makefileのbinファイル生成の実装を変更した。
27-
281 * Release 1.7.1 2011/9/9
292 - TOPPERS公式CORTEX-M3依存部をマージ (2011/08/27 suikan)
303 - 「チケット #25999 SIOポートのピン割り当ての変更」に対応 (2011/08/27 suikan)
@@ -59,4 +32,4 @@
5932 - チケット #23698 「Windowsでのビルドに対応する」(修正日不明:suikan)
6033 chip依存部をlpc1700_gccに改名することで解決済み。
6134 - チケット #25227 「PORTID != 1の場合に対応する」に対応。
62-
35+
\ No newline at end of file
--- a/asp/arch/arm_m_gcc/lpc1700_gcc/chip_config.c
+++ b/asp/arch/arm_m_gcc/lpc1700_gcc/chip_config.c
@@ -121,9 +121,9 @@ void chip_fput_log(char_t c)
121121 {
122122 /* Newlineなら、CRも追加する */
123123 if (c == '\n') {
124- sio_pol_snd_chr('\r', LOGTASK_PORTID);
124+ sio_pol_snd_chr('\r', SIO_PORTID);
125125 }
126- sio_pol_snd_chr(c, LOGTASK_PORTID);
126+ sio_pol_snd_chr(c, SIO_PORTID);
127127 }
128128
129129 /**
--- a/asp/arch/arm_m_gcc/lpc1700_gcc/chip_serial.cfg
+++ b/asp/arch/arm_m_gcc/lpc1700_gcc/chip_serial.cfg
@@ -4,24 +4,5 @@
44
55 #include "target_serial.h"
66 ATT_INI({ TA_NULL, 0, sio_initialize });
7-
8-#if defined(SIO_BAUD_RATE_PORT1)
9-ATT_ISR({ TA_NULL, SIO1_PORTID, INTNO_SIO1, sio_isr, 1 });
10-CFG_INT(INTNO_SIO1, { TA_ENAINT | INTATR_SIO1, INTPRI_SIO1 });
11-#endif
12-
13-#if defined(SIO_BAUD_RATE_PORT2)
14-ATT_ISR({ TA_NULL, SIO2_PORTID, INTNO_SIO2, sio_isr, 2 });
15-CFG_INT(INTNO_SIO2, { TA_ENAINT | INTATR_SIO2, INTPRI_SIO2 });
16-#endif
17-
18-#if defined(SIO_BAUD_RATE_PORT3)
19-ATT_ISR({ TA_NULL, SIO3_PORTID, INTNO_SIO3, sio_isr, 3 });
20-CFG_INT(INTNO_SIO3, { TA_ENAINT | INTATR_SIO3, INTPRI_SIO3 });
21-#endif
22-
23-#if defined(SIO_BAUD_RATE_PORT4)
24-ATT_ISR({ TA_NULL, SIO4_PORTID, INTNO_SIO4, sio_isr, 4 });
25-CFG_INT(INTNO_SIO4, { TA_ENAINT | INTATR_SIO4, INTPRI_SIO4 });
26-#endif
27-
7+ATT_ISR({ TA_NULL, SIO_PORTID, INTNO_SIO, sio_isr, 1 });
8+CFG_INT(INTNO_SIO, { TA_ENAINT|INTATR_SIO, INTPRI_SIO });
--- a/asp/arch/arm_m_gcc/lpc1700_gcc/chip_serial.h
+++ b/asp/arch/arm_m_gcc/lpc1700_gcc/chip_serial.h
@@ -65,24 +65,15 @@
6565 * 引数として使う。
6666 */
6767
68-#define INTPRI_SIO1 (-3) /**< SIO1割込み優先度 */
69-#define INTPRI_SIO2 (-3) /**< SIO2割込み優先度 */
70-#define INTPRI_SIO3 (-3) /**< SIO3割込み優先度 */
71-#define INTPRI_SIO4 (-3) /**< SIO4割込み優先度 */
68+#define INTPRI_SIO -3 /* 割込み優先度 */
7269
7370 /**
74- * \brief 割込み属性
71+ * \brief 割込み優先度
7572 * \details
76- * UART割込みハンドラ登録のための定数。
77- * コンフィギュレータが静的コンフィギュレーション時に、
78- * シリアルポート登録用引数として使う。
79- * この値は0でかまわない。
73+ * UART割込みハンドラ登録のための定数。コンフィギュレータが静的コンフィギュレーション時に、シリアルポート登録用
74+ * 引数として使う。この値は0でかまわない。
8075 */
81-
82-#define INTATR_SIO1 (0) /**< SIO1割込み属性 */
83-#define INTATR_SIO2 (0) /**< SIO2割込み属性 */
84-#define INTATR_SIO3 (0) /**< SIO3割込み属性 */
85-#define INTATR_SIO4 (0) /**< SIO4割込み属性 */
76+#define INTATR_SIO 0 /* 割込み属性 */
8677
8778 #endif /* TOPPERS_CHIP_SERIAL_H */
8879 /**
--- a/asp/pdic/uart/uart.c
+++ b/asp/pdic/uart/uart.c
@@ -155,10 +155,16 @@ SIOPCB siopcb_table[TNUM_PORT];
155155
156156 #ifdef TOPPERS_CHIP_LPC17XX
157157 static const uint32_t sioreg_table[TNUM_PORT] = {
158- LPC_UART0_BASE,
159- LPC_UART1_BASE,
160- LPC_UART2_BASE,
161- LPC_UART3_BASE
158+ LPC_UART0_BASE
159+#if (TNUM_PORT >= 2)
160+ ,LPC_UART1_BASE
161+#endif
162+#if (TNUM_PORT >= 3)
163+ ,LPC_UART2_BASE
164+#endif
165+#if (TNUM_PORT >= 4)
166+ ,LPC_UART3_BASE
167+#endif
162168 };
163169 #else
164170 #error "You must define sioreg_table[]"
@@ -303,24 +309,36 @@ void target_uart_init(ID siopid)
303309 #if defined(SIO_BAUD_RATE_PORT1)
304310 uart_write( reg, UART_DLL, DLL((SIO_UART_CLOCK/SIO_BAUD_RATE_PORT1/16)) );
305311 uart_write( reg, UART_DLM, DLM((SIO_UART_CLOCK/SIO_BAUD_RATE_PORT1/16)) );
312+#else
313+ uart_write( reg, UART_DLL, DLL((SIO_UART_CLOCK/SIO_BAUD_RATE_DEFAULT/16)) );
314+ uart_write( reg, UART_DLM, DLM((SIO_UART_CLOCK/SIO_BAUD_RATE_DEFAULT/16)) );
306315 #endif
307316 break;
308317 case 2:
309318 #if defined(SIO_BAUD_RATE_PORT2)
310319 uart_write( reg, UART_DLL, DLL((SIO_UART_CLOCK/SIO_BAUD_RATE_PORT2/16)) );
311320 uart_write( reg, UART_DLM, DLM((SIO_UART_CLOCK/SIO_BAUD_RATE_PORT2/16)) );
321+#else
322+ uart_write( reg, UART_DLL, DLL((SIO_UART_CLOCK/SIO_BAUD_RATE_DEFAULT/16)) );
323+ uart_write( reg, UART_DLM, DLM((SIO_UART_CLOCK/SIO_BAUD_RATE_DEFAULT/16)) );
312324 #endif
313325 break;
314326 case 3:
315327 #if defined(SIO_BAUD_RATE_PORT3)
316328 uart_write( reg, UART_DLL, DLL((SIO_UART_CLOCK/SIO_BAUD_RATE_PORT3/16)) );
317329 uart_write( reg, UART_DLM, DLM((SIO_UART_CLOCK/SIO_BAUD_RATE_PORT3/16)) );
330+#else
331+ uart_write( reg, UART_DLL, DLL((SIO_UART_CLOCK/SIO_BAUD_RATE_DEFAULT/16)) );
332+ uart_write( reg, UART_DLM, DLM((SIO_UART_CLOCK/SIO_BAUD_RATE_DEFAULT/16)) );
318333 #endif
319334 break;
320335 case 4:
321336 #if defined(SIO_BAUD_RATE_PORT4)
322337 uart_write( reg, UART_DLL, DLL((SIO_UART_CLOCK/SIO_BAUD_RATE_PORT4/16)) );
323338 uart_write( reg, UART_DLM, DLM((SIO_UART_CLOCK/SIO_BAUD_RATE_PORT4/16)) );
339+#else
340+ uart_write( reg, UART_DLL, DLL((SIO_UART_CLOCK/SIO_BAUD_RATE_DEFAULT/16)) );
341+ uart_write( reg, UART_DLM, DLM((SIO_UART_CLOCK/SIO_BAUD_RATE_DEFAULT/16)) );
324342 #endif
325343 break;
326344 }
--- a/asp/pdic/uart/uart.h
+++ b/asp/pdic/uart/uart.h
@@ -57,25 +57,21 @@
5757 /*
5858 * SIOの割込みベクタ番号
5959 */
60-#if defined (SIO_BAUD_RATE_PORT1)
61-#define INHNO_SIO1 INHNO_UART0
62-#define INTNO_SIO1 INHNO_UART0
60+#if (SIO_PORTID == 1)
61+#define INHNO_SIO INHNO_UART0
62+#define INTNO_SIO INHNO_UART0
63+#elif (SIO_PORTID == 2)
64+#define INHNO_SIO INHNO_UART1
65+#define INTNO_SIO INHNO_UART1
66+#elif (SIO_PORTID == 3)
67+#define INHNO_SIO INHNO_UART2
68+#define INTNO_SIO INHNO_UART2
69+#elif (SIO_PORTID == 4)
70+#define INHNO_SIO INHNO_UART3
71+#define INTNO_SIO INHNO_UART3
6372 #endif
6473
65-#if defined (SIO_BAUD_RATE_PORT2)
66-#define INHNO_SIO2 INHNO_UART1
67-#define INTNO_SIO2 INHNO_UART1
68-#endif
69-
70-#if defined (SIO_BAUD_RATE_PORT3)
71-#define INHNO_SIO3 INHNO_UART2
72-#define INTNO_SIO3 INHNO_UART2
73-#endif
7474
75-#if defined (SIO_BAUD_RATE_PORT4)
76-#define INHNO_SIO4 INHNO_UART3
77-#define INTNO_SIO4 INHNO_UART3
78-#endif
7975
8076 /**
8177 * \ingroup SIOAPI
--- a/asp/sample/Makefile
+++ b/asp/sample/Makefile
@@ -330,7 +330,6 @@ $(OBJFILE): $(APPL_CFG) kernel_cfg.timestamp $(ALL_OBJS) \
330330 #
331331 $(OBJNAME).bin: $(OBJFILE)
332332 $(OBJCOPY) -O binary -S $(OBJFILE) $(OBJNAME).bin
333- checksum -p $(CHIP) -d -v $(OBJNAME).bin
334333
335334 #
336335 # Sレコードファイルの生成
--- a/asp/target/lpcxpresso1768_gcc/Makefile.target
+++ b/asp/target/lpcxpresso1768_gcc/Makefile.target
@@ -46,18 +46,8 @@ LDSCRIPT = $(SRCDIR)/target/$(BOARD)_$(TOOL)/lpc1768_rom.ld
4646 #
4747 # Intel Hexファイルの生成
4848 #
49-# checksumプログラムは、NXP LPCシリーズが持つバイナリ
50-# チェックサム検証機能に対応させるためのプログラムである。
51-#
52-# Code Red社が供給しているchecksumプログラムは、
53-# binファイルにのみ有効に機能する。
54-# hexファイルの場合、一度binファイルを生成し、
55-# checksumプログラムを実行してからその結果を変換する。
56-#
5749 $(OBJNAME).hex: $(OBJFILE)
58- $(OBJCOPY) -O binary $(OBJFILE) $(OBJNAME).bin
59- checksum -p $(CHIP) -d -v $(OBJNAME).bin
60- $(OBJCOPY) -I binary -O ihex $(OBJNAME).bin $(OBJNAME).hex
50+ $(OBJCOPY) -O ihex -S $(OBJFILE) $(OBJNAME).hex
6151
6252 CLEAN_FILES := $(CLEAN_FILES) $(OBJNAME).hex
6353 # 依存関係の定義
--- a/asp/target/lpcxpresso1768_gcc/target_config.c
+++ b/asp/target/lpcxpresso1768_gcc/target_config.c
@@ -57,27 +57,69 @@
5757 #include "target_serial.h"
5858 #include "target_syssvc.h"
5959
60-#define POWER_ON_UART0() (LPC_SC->PCONP |= (1 << 3))
61-#define POWER_ON_UART1() (LPC_SC->PCONP |= (1 << 4))
62-#define POWER_ON_UART2() (LPC_SC->PCONP |= (1 << 24))
63-#define POWER_ON_UART3() (LPC_SC->PCONP |= (1 << 25))
64-
65-#define USE_TXD3_ON_P0_0() (LPC_PINCON->PINSEL0 |= (0x2 << 0))
66-#define USE_RXD3_ON_P0_1() (LPC_PINCON->PINSEL0 |= (0x2 << 2))
67-#define USE_TXD0_ON_P0_2() (LPC_PINCON->PINSEL0 |= (0x1 << 4))
68-#define USE_RXD0_ON_P0_3() (LPC_PINCON->PINSEL0 |= (0x1 << 6))
69-#define USE_TXD2_ON_P0_10() (LPC_PINCON->PINSEL0 |= (0x1 << 20))
70-#define USE_RXD2_ON_P0_11() (LPC_PINCON->PINSEL0 |= (0x1 << 22))
71-#define USE_TXD1_ON_P0_15() (LPC_PINCON->PINSEL0 |= (0x1 << 30))
72-#define USE_RXD1_ON_P0_16() (LPC_PINCON->PINSEL1 |= (0x1 << 0))
73-#define USE_TXD3_ON_P0_25() (LPC_PINCON->PINSEL1 |= (0x3 << 18))
74-#define USE_RXD3_ON_P0_26() (LPC_PINCON->PINSEL1 |= (0x3 << 20))
75-#define USE_TXD1_ON_P2_0() (LPC_PINCON->PINSEL4 |= (0x2 << 0))
76-#define USE_RXD1_ON_P2_1() (LPC_PINCON->PINSEL4 |= (0x2 << 2))
77-#define USE_TXD2_ON_P2_8() (LPC_PINCON->PINSEL4 |= (0x2 << 16))
78-#define USE_RXD2_ON_P2_9() (LPC_PINCON->PINSEL4 |= (0x2 << 18))
79-#define USE_TXD3_ON_P4_28() (LPC_PINCON->PINSEL9 |= (0x3 << 24))
80-#define USE_RXD3_ON_P4_29() (LPC_PINCON->PINSEL9 |= (0x3 << 26))
60+/**
61+ * \brief UART0のTX信号(P0.2)にピンを割り付けるためのビットフィールド定義
62+ *
63+ */
64+#define PINSEL_UART0_TX (0x01<<4)
65+
66+/**
67+ * \brief UART0のRX信号(P0.3)にピンを割り付けるためのビットフィールド定義
68+ *
69+ */
70+#define PINSEL_UART0_RX (0x01<<6)
71+
72+/**
73+* \brief UART1のTX信号(P2.0)にピンを割り付けるためのビットフィールド定義
74+ *
75+ */
76+#define PINSEL_UART1_TX (0x02)
77+
78+/**
79+ * \brief UART1のRX信号(P2.1)にピンを割り付けるためのビットフィールド定義
80+ *
81+ */
82+#define PINSEL_UART1_RX (0x02<<2)
83+
84+/**
85+ * \brief UART2のTX信号(P0.10)にピンを割り付けるためのビットフィールド定義
86+ *
87+ */
88+#define PINSEL_UART2_TX (0x01<<20)
89+
90+/**
91+ * \brief UART2のRX信号(P0.11)にピンを割り付けるためのビットフィールド定義
92+ *
93+ */
94+#define PINSEL_UART2_RX (0x01<<22)
95+
96+/**
97+ * \brief UART3のTX信号(P0.0)にピンを割り付けるためのビットフィールド定義
98+ *
99+ */
100+#define PINSEL_UART3_TX (0x02)
101+
102+/**
103+ * \brief UART3のRX信号(P0.1)にピンを割り付けるためのビットフィールド定義
104+ *
105+ */
106+#define PINSEL_UART3_RX (0x02<<2)
107+
108+/**
109+ * \brief PCOMPレジスタのUART2ビット
110+ * \details
111+ * UART2は、デフォルトでは電源オフなので、使う前にオンにしなければならない。
112+ *
113+ */
114+#define PCUART2 (1<<24)
115+
116+/**
117+ * \brief PCOMPレジスタのUART3ビット
118+ * \details
119+ * UART3は、デフォルトでは電源オフなので、使う前にオンにしなければならない。
120+ *
121+ */
122+#define PCUART3 (1<<25)
81123
82124 /**
83125 * \brief ターゲット依存部 初期化処理
@@ -87,6 +129,7 @@
87129 */
88130 void target_initialize(void)
89131 {
132+
90133 /*
91134 * チップ依存部の初期化。この呼び出しは削除してはいけない。
92135 */
@@ -116,41 +159,31 @@ void target_initialize(void)
116159 * 種類持っている。以下のコードはそれらのうちの一つに対応しているにすぎない。必要に応じて
117160 * アプリケーション・プログラマが書き換えて使うこと。
118161 */
119-
120-#if defined (SIO_BAUD_RATE_PORT1)
121- POWER_ON_UART0();
122- USE_TXD0_ON_P0_2();
123- USE_RXD0_ON_P0_3();
124- target_uart_init(SIO1_PORTID);
125-#endif
126-
127-#if defined (SIO_BAUD_RATE_PORT2)
128- POWER_ON_UART1();
129- USE_TXD1_ON_P2_0();
130- USE_RXD1_ON_P2_1();
131- target_uart_init(SIO2_PORTID);
162+#if (SIO_PORTID==1)
163+ /* Port0.2,3 ピンをUART0に割り当てる。*/
164+ LPC_PINCON->PINSEL0 |= PINSEL_UART0_TX | PINSEL_UART0_RX;
165+#elif (SIO_PORTID==2)
166+ /* Port2.0,1 ピンをUART1に割り当てる。*/
167+ LPC_PINCON->PINSEL4 |= PINSEL_UART1_TX | PINSEL_UART1_RX;
168+#elif (SIO_PORTID==3)
169+ /* Port0.10,11 ピンをUART2に割り当てる。*/
170+ LPC_PINCON->PINSEL0 |= PINSEL_UART2_TX | PINSEL_UART2_RX;
171+ /* UART2 の電源をオンにする */
172+ LPC_SC->PCONP |= PCUART2;
173+#elif (SIO_PORTID==4)
174+ /* Port0.0,1 ピンをUART3に割り当てる。*/
175+ LPC_PINCON->PINSEL0 |= PINSEL_UART3_TX | PINSEL_UART3_RX;
176+ /* UART3 の電源をオンにする */
177+ LPC_SC->PCONP |= PCUART3;
178+#else
179+#error "SIO_PORTID NOT Supported"
132180 #endif
133181
134-#if defined (SIO_BAUD_RATE_PORT3)
135- POWER_ON_UART2();
136- USE_TXD2_ON_P0_10();
137- USE_RXD2_ON_P0_11();
138- target_uart_init(SIO3_PORTID);
139-#endif
140-
141-#if defined (SIO_BAUD_RATE_PORT4)
142- POWER_ON_UART3();
143- USE_TXD3_ON_P0_0();
144- USE_RXD3_ON_P0_1();
145- target_uart_init(SIO4_PORTID);
146-#endif
147182
148- /*
149- * バナー出力用のシリアル初期化を実行する。
150- * 上記のシリアルポート初期化と重複するかもしれないが、
151- * ここではこれを許容する。
152- */
153- target_uart_init(SIO_PORTID);
183+ /*
184+ * バナー出力用のシリアル初期化
185+ */
186+ target_uart_init(SIO_PORTID);
154187 }
155188
156189
--- a/asp/target/lpcxpresso1768_gcc/target_syssvc.h
+++ b/asp/target/lpcxpresso1768_gcc/target_syssvc.h
@@ -85,30 +85,6 @@
8585 #endif
8686
8787 /**
88- * \brief システムで使用可能なシリアルポート1に対するID番号。
89- * \details 対応するシリアルポートは実装の詳細で決まる。
90- */
91-#define SIO1_PORTID (1)
92-
93-/**
94- * \brief システムで使用可能なシリアルポート2に対するID番号。
95- * \details 対応するシリアルポートは実装の詳細で決まる。
96- */
97-#define SIO2_PORTID (2)
98-
99-/**
100- * \brief システムで使用可能なシリアルポート3に対するID番号。
101- * \details 対応するシリアルポートは実装の詳細で決まる。
102- */
103-#define SIO3_PORTID (3)
104-
105-/**
106- * \brief システムで使用可能なシリアルポート4に対するID番号。
107- * \details 対応するシリアルポートは実装の詳細で決まる。
108- */
109-#define SIO4_PORTID (4)
110-
111-/**
11288 * \brief コンソールが使用するシリアルポートID
11389 * \details
11490 * UIF用コンソールに使用するポート番号である。ポート番号は1から始まる整数。
@@ -116,16 +92,14 @@
11692 * LPCX1768では、PORT番号に応じて正しいUARTにピンを割り当て、必要に応じて電源を与えなければならない。
11793 * これらは target_config.c の target_initialize() にまとめてある。ただし、target_initialize()が
11894 * 対応するのは限定的な組み合わせである。詳しくは、 target_initialize() のコメントを参照。
119- *
120- * コンソール用シリアルポートにはSIO1_PORTIDで定義されたポートを使用する。
12195 */
122-#define SIO_PORTID (SIO1_PORTID)
96+#define SIO_PORTID (1)
97+
12398
12499 /**
125100 * \brief UARTドライバが管理する内蔵UARTの数
126101 */
127102 #define TNUM_SIOP_UART (1)
128-
129103 /**
130104 * \brief システムが管理するシリアル・ポートの総数
131105 * \details
@@ -133,6 +107,7 @@
133107 */
134108 #define TNUM_PORT TNUM_SIOP_UART /* システムが管理するシリアルポートの総数 */
135109
110+
136111 /*
137112 * SIOポートコンフィギュレーションの正当性確認
138113 *
@@ -148,65 +123,24 @@
148123 * \details
149124 * logtaskで使用する。1オリジン。
150125 *
151- * システムログ用のシリアルポートは、コンソール用のシリアルポートと共用することが多い。
126+ * システムログ用のシリアルポートは、コンソール用のシリアルポートと強要することが多い。
152127 */
153128 #define LOGTASK_PORTID SIO_PORTID
154129
155130 /**
156- * \brief シリアルポート1のボーレート
157- *
131+ * \brief シリアルポートのデフォルトボーレート
158132 * \details
159133 * TOPPERS/ASPのシリアルポート1に対するボーレート設定値である。
160- * この宣言を有効にするとシリアルポートが活性化される。
161- * シリアルポートのピン設定はtarget_config.cに実装されている。
162- * LPC1700では複数のピン設定があるため、実装の詳細を確認すること。
163- *
164- * このファイルで定義されているTNUM_SIOP_UARTの定義数を実際に使用する
165- * UART数と一致させる事。
134+ * シリアルポートの番号は1オリジンになっている。特に設定しない限り、
135+ * 2番以降のシリアルポートに対しても同じ値が設定される。2番以降の
136+ * シリアルポートの速度を変えたければ、マクロSIOx_BAUD_RATEを宣言する。
166137 */
167-#define SIO_BAUD_RATE_PORT1 (57600)
138+#define SIO_BAUD_RATE_DEFAULT (57600)
168139
169-/**
170- * \brief シリアルポート2のボーレート
171- *
172- * \details
173- * TOPPERS/ASPのシリアルポート2に対するボーレート設定値である。
174- * この宣言を有効にするとシリアルポートが活性化される。
175- * シリアルポートのピン設定はtarget_config.cに実装されている。
176- * LPC1700では複数のピン設定があるため、実装の詳細を確認すること。
177- *
178- * このファイルで定義されているTNUM_SIOP_UARTの定義数を実際に使用する
179- * UART数と一致させる事。
180- */
181-// #define SIO_BAUD_RATE_PORT2 (57600)
182-
183-/**
184- * \brief シリアルポート3のボーレート
185- *
186- * \details
187- * TOPPERS/ASPのシリアルポート3に対するボーレート設定値である。
188- * この宣言を有効にするとシリアルポートが活性化される。
189- * シリアルポートのピン設定はtarget_config.cに実装されている。
190- * LPC1700では複数のピン設定があるため、実装の詳細を確認すること。
191- *
192- * このファイルで定義されているTNUM_SIOP_UARTの定義数を実際に使用する
193- * UART数と一致させる事。
194- */
195-// #define SIO_BAUD_RATE_PORT3 (57600)
196-
197-/**
198- * \brief シリアルポート4のボーレート
199- *
200- * \details
201- * TOPPERS/ASPのシリアルポート4に対するボーレート設定値である。
202- * この宣言を有効にするとシリアルポートが活性化される。
203- * シリアルポートのピン設定はtarget_config.cに実装されている。
204- * LPC1700では複数のピン設定があるため、実装の詳細を確認すること。
205- *
206- * このファイルで定義されているTNUM_SIOP_UARTの定義数を実際に使用する
207- * UART数と一致させる事。
208- */
209-// #define SIO_BAUD_RATE_PORT4 (57600)
140+//#define SIO_BAUD_RATE_PORT1 (57600)
141+//#define SIO_BAUD_RATE_PORT2 (57600)
142+//#define SIO_BAUD_RATE_PORT3 (57600)
143+//#define SIO_BAUD_RATE_PORT4 (57600)
210144
211145 /**
212146 * \brief システムログの低レベル出力のための文字出力
@@ -216,8 +150,6 @@
216150 extern void target_fput_log(char_t c);
217151
218152 #endif /* TOPPERS_TARGET_SYSSVC_H */
219-
220153 /**
221154 * \}
222155 */
223-
Show on old repository browser