MileStone: Release-2

抽象化を行い、拡張可能なポイントをさらに拡大する。

具体的には以下の拡張を可能にする。

  • ワーキングメモリの独自実装を可能にする。
    • ワーキングメモリのデータを RDB や KVS などの永続化機構に接続できるようにする。また、その実装を提供する。
  • ルールベースの独自実装を可能にする。
    • 推論のスレッド化や分散化を実現できるようにする。また、その実装を提供する。
Status: Now Progressing / Due date is not set
No Tickets are assigned