Download List

Project Description

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

Released at 2011-03-05 22:53
Tera Term 4.69

Name Size Hash Date Download count
teraterm-4.69.exe 9.29 MB 2011-03-05 22:53 157611

Release Notes

No Release Notes

Changelog

TeraTerm

2011.3.5 (Ver 4.69)

  • Changes
    • added support for configuring the Terminal ID included in the DA3 control sequence reply.
      • added the !TerminalUID entry in the teraterm.ini file. The default value is FFFFFFFF.
    • added support for the DECSTUI (Change Terminal Unique ID) control sequece.
      • added the !LockTUID entry in the teraterm.ini file. The default value is on.
    • addes support for the DECRQSS (Request terminal setting) control sequence. Supported control sequences are DECSCA, DECSCL, DECSTBM and SGR.
    • added support for the DECFI, DECBI control sequences.

The control sequence requesting window size can reply the actual window size instead of the fixed 480x640 value.

    • When the ConfirmChangePaste is enabled, a user is confirmed with pasting the text by using Alt+R accelerator key. The ConfirmChangePaste can confirm when only one line is pasted.
    • added support for mintty's application escape mode.
    • added support for mintty's mouse wheel reporting control control sequence.
    • added support for the IME operation control sequence.
    • added the "basename" and "dirname" macro command.
    • added the "getfileattr" and "setfileattr" macro command.
    • added the "foldercreate", "folderdelete" and "foldersearch" macro command.
  • Bug fixes
    • When the terminal width is 257 columns over, Tera Term does not display well.
    • When the terminal ID is VT520 and VT525, the Primary DA (DA1) reply is incorrect.
    • When the language is other than Japanese, the VT420, VT520 and VT525 on the Terminal Setup dialog do not work well.
    • When PassThruPort is specified as a local device mapping the network share, Tera Term printing does not work. cf.print with WINDOWS 7 net use LPT PERSISTENT:Yes
    • Tera Term can not ignore the unsupported OSC control string.
    • Tera Term can not understand a character after the DCS, SOS, APC and PM Control string.
    • When a log file is opend by writable mode, the file is existing and writing by another process can be opend.
    • When 8-bit string is received, the string is recognized as the control sequence by mistake.
    • Tera Term can not properly send a broadcast message to selected windows by using the broadcast command. cf.Broadcast command issue in 4.68
  • Misc
    • upgraded TTSSH version supporting SSH2 to 2.56
    • upgraded TTProxy to 1.0.0.18
    • upgraded CygTerm+ to 1.07_21
    • upgraded LogMeTT to 2.9.8
    • Delete mutex object for running check by installer.

TTSSH

2011.3.5 (Ver 2.56)

  • Changes
    • added support for confirming agent-forwarding request.
    • added support for SSH2 key exchange methods: diffie-hellman-group-exchange-sha256, ecdh-sha2-nistp256, ecdh-sha2-nistp384, ecdh-sha2-nistp521
    • added support for SSH2 host key algorithms: ecdsa-sha2-nistp256, ecdsa-sha2-nistp384, ecdsa-sha2-nistp521
    • added support for SSH2 public key authentication methods: ecdsa-sha2-nistp256, ecdsa-sha2-nistp384, ecdsa-sha2-nistp521
    • When the host key differs from the key included in the ssh_known_hosts file, Tera Term confirms whether a user adds the key instead of replacing.
  • Bug fixes
    • The 2GB over file can not send by using the SCP protocol.
  • Misc
    • upgraded OpenSSL to 1.0.0d

TTProxy

2011.3.5 (Ver 1.0.0.18)

  • added support for IPv6.
    • Bug fix: The IPv6 address can not be specified at the proxy server.
    • Bug fix: Tera Term can not connect the proxy server with the IPv6 address by the IPv6 protocol.
    • Bug fix: Tera Term can not connect the IPv6 host by using the SOCK5 proxy protocol.
  • change the timing of the name resolution.
    • Bug fix: Tera Term can not connect the host not resolving the domain name by using the HTTP/TELNET proxy protocol.
    • Bug fix: Tera Term will try to resolve the domain name by mistake despite the SOCKS proxy connection.

CygTerm+

v1.07_22 2011/03/03

  • Delete mutex object for running check by installer.

v1.07_21 2011/02/28

  • Add mutex object for running check by installer.

TeraTerm

2011.3.5 (Ver 4.69)

  • 変更
    • DA3 制御シーケンスの応答に含まれる端末固有IDを設定出来るようにした。
      • teraterm.ini に !TerminalUID エントリを追加した。デフォルトは FFFFFFFF。
    • DECSTUI(端末固有ID変更)制御シーケンスに対応した。
      • teraterm.ini に !LockTUID エントリを追加した。デフォルトは on。
    • DECRQSS(設定問い合わせ)制御シーケンスに対応した。問い合わせに対応している設定は DECSCA, DECSCL, DECSTBM, SGR。
    • DECFI, DECBI 制御シーケンスに対応した。
    • ウィンドウサイズ問い合わせ制御シーケンスに対して常に480x640を応答していたのを、実際のウィンドウサイズを返すように変更した。
    • ConfirmChangePaste(危険なクリップボードの貼り付けを確認する)が有効で、Alt+R使用時、ペースト内容が一行のみの場合においても、ユーザに確認するようにした。
    • mintty の Application Escape Mode に対応した。
    • mintty のマウスホイール報告を制御する為の制御シーケンスに対応した。
    • IME の状態を制御するための制御シーケンスを新設した。
    • マクロコマンド "basename", "dirname" を追加した。
    • マクロコマンド "getfileattr", "setfileattr" を追加した。
    • マクロコマンド "foldercreate", "folderdelete", "foldersearch" を追加した。
  • バグ修正
    • 端末の横幅が 257 桁より大きいと正常に表示できない問題を修正した。
    • 端末ID設定が VT520, VT525 の時に、Primary DA (DA1) への応答が壊れていた問題を修正した。
    • 言語モードが日本語以外の時、Terminal Setup ダイアログで端末IDに VT420, VT520, VT525 を指定しても実際には VT100 に設定される問題を修正した。
    • ネットワーク共有をマップしたローカルデバイスをPassThruPortに指定した場合、印刷ができない問題を修正した。
    • 対応していない OSC 制御文字列を正しく無視出来ない場合があった問題を修正した。
    • DCS, SOS, APC, PM 制御文字列の直後の文字を正しく扱えていなかった問題を修正した。
    • ログファイルを書き込むために開くとき、存在していて書き込み中のファイルを開かないようにした。
    • 8ビット文字列の受信時に、制御シーケンスとして誤って扱う場合があった問題を修正した。
    • ブロードキャストコマンドにおいて、選択ウィンドウへの送信が正しくできていなかった問題を修正した。
  • その他
    • SSH2対応TTSSH(2.56)へ差し替えた。
    • TTProxy(1.0.0.18)へ差し替えた。
    • CygTerm+ 1.07_21へ差し替えた。
    • LogMeTT 2.9.8へ差し替えた。
    • インストーラから起動チェックをするための mutex を削除した。

TTSSH

2011.3.5 (Ver 2.56)

  • 変更
    • SSHエージェント転送を要求されたときに、受け入れるかどうかユーザに確認する機能を追加した。
    • SSH2 の diffie-hellman-group-exchange-sha256, ecdh-sha2-nistp256, ecdh-sha2-nistp384, ecdh-sha2-nistp521 鍵交換プロトコルをサポートした。
    • SSH2 の ecdsa-sha2-nistp256, ecdsa-sha2-nistp384, ecdsa-sha2-nistp521 ホスト鍵方式をサポートした。
    • SSH2 の ecdsa-sha2-nistp256, ecdsa-sha2-nistp384, ecdsa-sha2-nistp521 公開鍵認証をサポートした。
    • ssh_known_hosts に違う形式のサーバホスト鍵がある場合、鍵を置き換えるかどうかではなく追加するかどうかユーザに問い合わせるようにした。
  • バグ修正
    • SCP ファイル送信で、2GBより大きいファイルが正しく扱えない問題を修正した。
  • その他
    • OpenSSL 1.0.0dへ差し替えた

TTProxy

2011.3.5 (Ver 1.0.0.18)

  • IPv6 に対応した。
    • プロキシサーバに IPv6 アドレスを指定できない問題を修正した。
    • IPv6 アドレスを持つプロキシサーバに IPv6 で接続しない問題を修正した。
    • SOCKS5 プロキシ接続で実ホストへの IPv6 アドレス指定での接続が出来ない問題を修正した。
  • 名前解決のタイミングを変更した。
    • HTTP/TELNET プロキシ接続でローカル側で名前解決が出来ないホストに対して接続できない問題を修正した。
    • SOCKS プロキシ接続で設定に関わらず常にローカル側で名前を解決しようとする問題を修正した。

CygTerm+

v1.07_22 2011/03/03

  • インストーラから起動チェックをするための mutex を削除した。

v1.07_21 2011/02/28

  • インストーラから起動チェックをするための mutex を追加した。