Download List

Project Description

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

Released at 2011-06-26 22:48
Tera Term 4.70

Name Size Hash Date Download count
teraterm-4.70.exe 10.14 MB 2011-06-26 22:50 82185

Release Notes

No Release Notes

Changelog

TeraTerm

2011.6.26 (Ver 4.70)

  • Changes
    • DEC special character font can support the bold and the under line attribute.
    • added support for the NetTerm style mouse event tracking.
    • added support for ignore the printing control sequence.
      • added the PrinterCtrlSequence entry in the teraterm.ini file. The default value is off.
    • The Meta Key can be only assigned to the left ALT or the right ALT key.
    • By using the broadcast command in the real time mode, the Submit button has the only function of acting as <Enter> key.
    • The /k option is inherited by using the Duplicate Session.
    • added the elapsed time and the trasnfer speed on the file sending dialog.
    • added support for Windows7 jump list.
    • Resurrected the special argument of the box-style macro command. However, this option is obsolete. The default is 0 because of backward compatibility.
  • Bug fixes
    • When the mouse cursor position is later 224 line on xterm-style mouse event notification, Tera Term would report the invalid reporting.
    • When the 10000 over mode is specified on the DECSET/DECRST control sequence, Tera Term would not be able to ignore.
    • The invalid result may be responded for the window position reporting.
    • YMODEM: When a file is sent, the block1 can be sent not waiting the ACK from the YMODEM server.
    • When a last one byte of a string is removed by using the strremove macro command, the BOF will be ocurred.
  • Misc
    • Modified Tera Term installer script
      • Bug fix: When the CygTerm Here is added in the context menu, the CygTerm Here does not work well with the folder name containing continuing spaces.
    • upgraded TTSSH version supporting SSH2 to 2.57
    • upgraded TeraTerm Menu to 1.10
    • upgraded CygTerm+ to 1.07_23
    • upgraded cyglaunch to 1.03
    • upgraded LogMeTT to 2.9.9

TTSSH

2011.6.26 (Ver 2.57)

  • Changes
    • When the ECDSA key is selected on the SSH key generator dialog, the input box of the key bits is disabled.
    • Some kind of the KEX, host key, MAC and compression algorithm order can be specified in the teraterm.ini file. These entries can be selected on the setup dialog.
      • KexOrder=56743210
      • HostKeyOrder=456230
      • MacOrder=120
      • CompOrder=3210
    • added support for SSH2 MAC algorithms: hmac-sha1-96, hmac-md5-96, hmac-ripemd160@openssh.com
    • added the elapsed time and the transmit speed on the SCP dialog.
    • disabled the SSH SCP menu by not using the SSH connection.
  • Bug fixes
    • Tera Term can not connect to the OpenSSH 5.7 later server by using SSH1 protocol.
    • SSH_MSG_CHANNEL_EXTENDED_DATA(SSH2) packet can not be worked well.
    • When SSH2 channel does not be opened, the application fault will be occurred.
    • When SCP is mutiply executed, the procedure will not be worked well.
    • When a file is sending by using SCP and with the packet compression, the application fault will be occurred.

TeraTerm Menu

2011.6.26 (Ver 1.10)

  • Bug fix: Icon resource does not be released.

CygTerm+

v1.07_23 2011/04/18

  • added the error message when the CygTerm can not move the directory specified by -d option.

cyglaunch

2011.6.26 (Ver 1.03)

  • The CygTerm Here does not work well for the root directory.
  • The CygTerm Here does not work well for the UNC path.

TeraTerm

2011.6.26 (Ver 4.70)

  • 変更
    • DEC 特殊文字のフォントに高輝度/下線属性を反映するようにした。
    • NetTerm 形式のマウスイベント通知に対応した。
    • 印刷用制御コードを無視することができるエントリをサポートした。
      • teraterm.ini に PrinterCtrlSequence エントリを追加した。デフォルトはoff。
    • Meta Key の設定で、左Altや右AltのみMeta Keyに設定できるようにした。
    • ブロードキャストコマンドにおいて、リアルタイムモードの場合、SubmitボタンではEnterキーのみ送るようにした。
    • セッション複製を行う際、/K= があれば引き継ぎを行うようにした。
    • ファイル送信およびファイル転送時のダイアログに、経過時間および転送速度を表示するようにした。
    • Windows7ジャンプリストに対応した。
    • box 系マクロコマンドの special 引数を復活させた。使用はあまり推奨されない。省略時のデフォルトはオリジナルとの互換性のため 0。
  • バグ修正
    • xterm 形式のマウスイベント通知で、マウスポインタの位置が224行目以降だった場合に不正な報告をする問題を修正した。
    • DECSET/DECRST 制御シーケンスで、10000 以上のモードが指定された時に正しく無視できない場合が有った問題を修正した。
    • ウィンドウ位置報告要求に対して不正な形式で応答する場合がある問題を修正した。
    • YMODEM ファイル送信において、ACKを待たずとも、ブロック1を送信してしまう問題を修正した。
    • strremove マクロにおいて、文字列の末尾1バイトの削除時にBOFが発生していた問題を修正した。
  • その他
    • インストーラを修正した。
      • フォルダのコンテキストメニューに CygTerm Here を追加した時、名前に複数の連続するスペースを含むフォルダへの CygTerm Here が正しく働かないのを修正した。
    • SSH2対応TTSSH(2.57)へ差し替えた。
    • TeraTerm Menu(1.10)へ差し替えた。
    • CygTerm+ 1.07_23へ差し替えた。
    • cyglaunch (1.03)へ差し替えた。
    • LogMeTT 2.9.9へ差し替えた。

TTSSH

2011.6.26 (Ver 2.57)

  • 変更
    • SSH鍵生成ダイアログで、鍵の種類にECDSA鍵を選んだ場合は鍵のビット数の入力ボックスを無効化するようにした。
    • KEX、ホストキー、MAC、圧縮アルゴリズムオーダーを、teraterm.iniのエントリで指定できるようにした。Setupダイアログで選択できるようにした。
      • KexOrder=56743210
      • HostKeyOrder=456230
      • MacOrder=120
      • CompOrder=3210
    • SSH2 の MAC アルゴリズムとして hmac-sha1-96, hmac-md5-96, hmac-ripemd160@openssh.com をサポートした。
    • SCP ファイル転送時、ダイアログに経過時間, 転送速度, プログレスバーを表示するようにした。
    • SSH 接続していない時は SSH SCP メニューを選択出来なくなるようにした。
  • バグ修正
    • !OpenSSH 5.7以降で SSH1 接続できない問題を修正した。
    • SSH2 の SSH_MSG_CHANNEL_EXTENDED_DATA パケットを正しく処理しないことがある問題を修正した。
    • SSH2 チャネルを開けなかった場合にアプリケーションが落ちることがある問題を修正した。
    • SCPファイルの送受信を多重に実行すると、処理が不正になる問題を修正した。
    • パケット圧縮を有効にして、SCPファイル送信を行うと、アプリケーションが落ちることがある問題を修正した。

TeraTerm Menu

2011.6.26 (Ver 1.10)

  • アイコンリソースの開放漏れを修正した。

CygTerm+

v1.07_23 2011/04/18

  • -d オプションで指定されたディレクトリへの移動が失敗した時、エラーメッセージを表示するようにした。

cyglaunch

2011.6.26 (Ver 1.03)

  • ドライブのルートディレクトリへの CygTerm Here が正しく働かない問題を修正した。
  • UNC パスのディレクトリへの CygTerm Here が正しく働かない場合が有る問題を修正した。