Download List

Project Description

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

Released at 2013-05-31 00:29
Tera Term 4.78

Name Size Hash Date Download count
teraterm-4.78.exe 10.87 MB 2013-05-31 00:29 149611
teraterm-4.78.zip 6.41 MB 2013-05-31 00:29 63092

Release Notes

No Release Notes

Changelog

TeraTerm

2013.05.31 (Ver 4.78)

  • Changes
    • Select "Selection" by default in the printer dialog when there is a selection. Special thanks to tentner.
    • added the Log Rotate configuration on the Additional settings dialog.
      • added the LogRotate, LogRotateSize, LogRotateSizeType and LogRotateStep entries in the teraterm.ini file.
    • added the Exit All under the File menu.
    • added the Cascade, Stacked and Side By Side under the Window menu.
    • added the /nolog command line option to disable the Auto start logging.
    • Macro
      • added the listbox command.
      • added the getipv4addr command.
      • added the getipv6addr command.
      • added the logrotate command.
      • added the crc16, crc16file command.
      • added the checksum8, checksum8file command.
      • added the checksum16, checksum16file command.
      • added the checksum32, checksum32file command.
      • added the bringupbox command.
      • added the regexoption command.
      • added the 4th argument(current directory) at the exec command.
      • The 'show 1' command brings the macro window to the top.
      • The messagebox, inputbox and listbox commands bring the macro dialog to the top.
      • The wait, waitln and waitregex commands can wait an empty strings.
      • When the waitregex command matches some parameters at the same time, the first matched parameter is selected.
  • Bug fixes
    • Can not create a file including the IPv6 address in the &h of the log file.
    • When the LogLockExclusive is off, the exclusive lock remains in the log file..
    • When a log file is retrieving on the network path, Tera Term does not go slow.
      • added the DeferredLogWriteMode entry in the teraterm.ini file. The default value is ON.
    • When the URL string ends at the right row and return code, the URL string continues to next line by mistake.
    • The URL string on the mouse hand cursor shifts to the left with half character by mistake.
    • MACRO: The send/sendln command can be affected by the Paste delay per line configuration.
    • MACRO: When the timeout is 0, the waitn command can not wait any character.
    • MARCO: When the break command is executed after the continue command, the Invalid Control error will be ocurred.
    • MARCO: The box-style macro command can not show the dialog position well on the multi display.
    • MACRO: The wait and waitln command can not detect the right string.(ex. wait "aab" does not work against "aaab")
  • Misc
    • added the Russian.lng language file. Special thanks to Sergey Ryumik.
    • added the Korean.lng language file. Special thanks to Daehong Kim.
    • upgraded TTSSH to 2.65
    • upgraded Oniguruma to 5.9.4
    • added support for Microsoft Windows Server 2012.

TTSSH

2013.05.31 (Ver 2.65)

  • Changes
    • The SSH icon can be specified.
      • added the SSHIcon entry in the teraterm.ini file. The default value is "Default".
      • added the /ssh-icon option at the command line.
  • Bug fixes
    • The PKCS #8 formatted key can not be read.
    • When the "stty stop undef" is defined in the ~/.bashrc, an application fault will be ocurred by using SCP sending.
  • Misc
    • upgraded zlib to 1.2.8

TeraTerm

2013.05.31 (Ver 4.78)

  • 変更
    • すでに選択されているテキストが存在する場合、プリンタダイアログのデフォルト選択肢を「選択した部分」にするようにした。tentner氏に感謝します。
    • Additional settings ダイアログに ログ・ローテート 設定項目を追加した。
      • teraterm.iniにLogRotate, LogRotateSize, LogRotateSizeType, LogRotateStepエントリを追加した。
    • Fileメニューに「Tera Termの全終了(Exit All)」を追加した。
    • Windowメニューに「重ねて表示(Cascade)」「上下に並べて表示(Stacked)」「左右に並べて表示(Side By Side)」を追加した。
    • 自動ログ取得を無効化する /nolog コマンドラインオプションを追加した。
    • マクロ
      • listboxコマンドを追加した。
      • getipv4addrコマンドを追加した。
      • getipv6addrコマンドを追加した。
      • logrotateコマンドを追加した。
      • crc16, crc16fileコマンドを追加した。
      • checksum8, checksum8fileコマンドを追加した。
      • checksum16, checksum16fileコマンドを追加した。
      • checksum32, checksum32fileコマンドを追加した。
      • bringupboxコマンドを追加した。
      • regexoptionコマンドを追加した。
      • execコマンドに第4引数(カレントディレクトリ)を追加した。
      • 'show 1' コマンドでマクロウィンドウが最前面に来るようにした。
      • messagebox, inputbox, listbox コマンドを実行したときにダイアログが最前面に来るようにした。
      • wait, waitln, waitregex コマンドで空文字列を待てるようにした。
      • waitregex コマンドで複数のパラメータが同時にマッチする場合、前の方を優先するようにした。
  • バグ修正
    • ログファイル名に &h を含めている時、IPv6アドレスで接続するとログファイルが作成されない問題を修正した。
    • LogLockExclusiveをoffにしてもログファイルに排他ロックがかかる問題を修正した。
    • ネットワーク経由でログ採取しても、Tera Termがスローダウンしないようにした。
      • teraterm.iniにDeferredLogWriteModeエントリを追加した。デフォルトはon。
    • ウィンドウの右端で URL が終わって改行している場合に、次の行まで URL が続いていると判定される問題を修正した。
    • URL 文字列としてマウスハンドカーソルの判定される領域が左に半文字分ずれる問題を修正した。
    • マクロからの送信データに対してもPaste delay per line設定が適用される問題を修正した。
    • waitn マクロコマンドで timeout が 0 のときにデータを待たない問題を修正した。
    • マクロでcontinue後にbreakするとInvalid Controlエラーが発生する問題を修正した。
    • マルチディスプレイ環境で box 系マクロコマンドのダイアログ表示位置がおかしくなる問題を修正した。
    • wait, waitln マクロコマンドで、で文字列を正しく検出できない事がある問題を修正した(ex. "aaab"に対してwait "aab"がマッチしない)。
  • その他
    • 言語ファイルにロシア語(Russian.lng)を追加した。Sergey Ryumik氏に感謝します。
    • 言語ファイルに韓国語(Korean.lng)を追加した。Daehong Kim氏に感謝します。
    • TTSSH(2.65)へ差し替えた。
    • Oniguruma 5.9.4へ差し替えた
    • 対応する動作環境にWindows Server 2012を追加した。

TTSSH

2013.05.31 (Ver 2.65)

  • 変更
    • SSH接続時のアイコンを指定できるようにした。
      • teraterm.iniに SSHIcon エントリを追加した。デフォルトはDefault。
      • コマンドラインオプションに /ssh-icon オプションを追加した。
  • バグ修正
    • PKCS #8形式の鍵を読み込めない問題を修正した。
    • ~/.bashrcに"stty stop undef"という定義があると、SCP送信で不正終了する問題に対処した。
  • その他
    • zlib 1.2.8へ差し替えた