Download List

Project Description

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

Released at 2015-02-28 22:23
Tera Term 4.86

Name Size Hash Date Download count
teraterm-4.86.exe 12.84 MB 2015-02-28 23:50 197586
teraterm-4.86.zip 7.44 MB 2015-02-28 23:50 49951

Release Notes

No Release Notes

Changelog

TeraTerm

2015.02.28 (Ver 4.86)

  • Changes
    • When the Terminal on the Control is called, the color setup with OSC 10/11 will be reseted.
    • YMODEM: The block0 packet size meaning end of transfer is 128 byte at all time. Special thanks to mlukoshkov.
    • YMODEM: The packet of file information is not fixed size but variable size(128 or 1024byte).
    • added the dirnamebox command.
    • added the getmodemstatus command.
  • Bug fixes
    • When the DECBI control sequence is used on the left of the screen, the wide character of the left screen will be incorrectly removed.
    • The KEYBOARD.CNF file can not be loaded when the Tera Term is performed with the macro script.
    • YMODEM: When the data is sent, the CANCEL command from the remote host does not work well.
    • YMODEM: When the received file information contains only a file name, an end of the file name is broken.
    • YMODEM: When the received file information does not include the file size, the file data can not be recorded well.
    • The setting value of the Log Rotate will not display well.
    • When the x=0,y=0 is specified by the setdlgpos marco command, the statusbox will be newly opened and however the statusbox can not be properly shown.
    • When the macro filename is so longer, the currently executing line number can not be shown. And also, the macro window can be resizable.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.72
    • upgraded CygTerm+ to 1.07_25
    • upgraded Oniguruma to 5.9.6.

TTSSH

2015.02.28 (Ver 2.72)

  • Changes
    • When the private key is saved on the SSH key generator dialog, the round number of the bcrypt KDF can be specified.
    • added support for specifying the X11 destination display with the /ssh-X command line option.
  • Bug fixes
    • When the private key of the KDF format does not include the passphrase, the public key authentication can not work well.
    • When the private key of the KDF format without passphrase is recorded, the key file is mistakenly encrypted.
  • Misc
    • upgraded OpenSSL to 1.0.2

CygTerm+

v1.07_25 2015/02/21 (by doda)

  • Bug fix: The TERM environment variable can not be configured.

TeraTerm

2015.02.28 (Ver 4.86)

  • 変更
    • Control メニューの Terminal で OSC 10/11 で設定した色もリセットするようにした。
    • YMODEM で送信する送信終了を意味するパケット(block0)のサイズを必要最小限(128byte)にした。mlukoshkov に感謝します
    • YMODEM で送信するファイル情報のパケットを、必要なときのみ長いパケット(128 or 1024byte)になるようにした
    • dirnamebox マクロコマンドを追加した。
    • getmodemstatus マクロコマンドを追加した。
  • バグ修正
    • 画面左端での DECBI 制御シーケンスで、画面左端にあるワイド文字が消える問題を修正した。
    • マクロから起動した場合に KEYBOARD.CNF の設定が反映されない問題を修正した。
    • YMODEM 送信時にリモートからのキャンセルを正しく処理しない問題を修正した
    • YMODEM で受信したファイル情報が最後までファイル名だった場合に、保存されるファイル名の終端が壊れる問題を修正した
    • YMODEM で受信したファイル情報にファイルサイズがなかった場合に、ファイルの中身が保存されない問題を修正した
    • ログ・ローテートの設定値が設定画面に正しく表示されない問題を修正した。
    • setdlgpos マクロコマンドで x=0,y=0 を指定したあと statusbox を新規に開くと、指定した位置で開かない問題を修正した。
    • マクロファイル名が長い場合においても、マクロウィンドウに行番号が表示されるようにした。また、マクロウィンドウをリサイズ可能とした。
  • その他
    • TTSSH(2.72)へ差し替えた。
    • CygTerm+ 1.07_25へ差し替えた。
    • Oniguruma 5.9.6へ差し替えた

TTSSH

2015.02.28 (Ver 2.72)

  • 変更
    • SSH 鍵生成ダイアログで秘密鍵を保存するとき、bcrypt KDF のラウンド数を指定できるようにした
    • X11転送を指定するコマンドラインオプション /ssh-X で、転送先ディスプレイを指定できるようにした。
  • バグ修正
    • KDF フォーマットでパスフレーズのない SSH 秘密鍵を使って公開鍵認証できない問題を修正した
    • 生成した SSH 秘密鍵をパスフレーズなしの KDF フォーマットで保存するときに暗号化してしまう問題を修正した
  • その他
    • OpenSSL 1.0.2へ差し替えた

CygTerm+

v1.07_25 2015/02/21 (by doda)

  • TERM 環境変数が正しく設定されるようにした。