Download List

Project Description

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

Released at 2015-12-01 07:40
Tera Term 4.89

Name Size Hash Date Download count
teraterm-4.89.exe 13.07 MB 2015-12-01 07:41 174310
teraterm-4.89.zip 7.83 MB 2015-12-01 07:41 68865

Release Notes

No Release Notes

Changelog

TeraTerm

2015.12.01 (Ver 4.89)

  • Changes
    • The parameter check of the control sequence can be reinforced.
    • added support for querying the status of DECSLRM and DECSCUSR by using the DECRQSS control sequence.
    • When the baud rate is high speed on the serial connection, the file transfer can be accelerated.
      • added the FileSendHighSpeedMode entry in the teraterm.ini file. The default value is on.
    • Eterm look-feel: added the Image Brightness configuration.
    • added the Virtual Store path to Setup directory.
    • The cygterm.cfg is not saved on dialog closing but is saved on the Save setup when the CygTerm configuration of the Addtional settings is used.
    • The command line option can be quoted from an offset when the '"' is used.
    • When the click-able URL is not double-clicked but single-clicked on the version dialog, the browser can be launched.
    • MACRO: added new parameter which can specify an index of selected item at the listbox macro command.
  • Bug fixes
    • When the host name includes a comment on new connection dialog, it will not connect to the remote host.
    • When the USB serial cable is inserted and extracted while the serial connection is doing, new serial connection will be failed. However, this fix is supported on the Windows XP or later.
      • added the AutoComPortReconnect entry in the teraterm.ini file. The default value is on.
    • The cygterm.cfg file can not be saved in the Virtual Store environment.
    • The status line can not work well.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.75
    • upgraded TTProxy to 1.0.0.22
    • upgraded TTXRecurringCommand Plug-in to 1.04
    • upgraded LogMeTT to 2.12

TTSSH

2015.12.01 (Ver 2.75)

  • Changes
    • When the fingerprint of the host key is shown on the known_hosts and the version dialog, the hash algorithm can be not only MD5, but SHA256.
    • Added support for the ED25519 key by using the host key verifying(SSHFP) of DNS.
    • The key exchange, host key, cipher, MAC and compression method which are not shown in the teraterm.ini file is changed for inserting position in the following:
      • Enabled method by default ... The method is inserted at the end of using methods.
      • Disabled method by default ... The method is inserted at the end of not using methods.
    • The command line option can be quoted from an offset when the '"' is used.
  • Bug fixes
    • The OpenSSH can not read the SSH private key file of the KDF format.
    • When the About TTSSH dialog is shown after the host key is replaced and is rotated, an application fault will be occurred.
  • Misc
    • upgraded PuTTY to 0.66

TTProxy

2015.12.01 (Ver 1.0.0.22)

  • The command line option can be quoted from an offset when the '"' is used.

TTXRecurringCommand

2015.12.01 (Ver 1.04)

  • The command line option can be quoted from an offset when the '"' is used.

TeraTerm

2015.12.01 (Ver 4.89)

  • 変更
    • 制御シーケンスのパラメータチェックを強化した。
    • DECRQSS 制御シーケンスで、DECSLRM, DECSCUSR の状態の問い合わせに対応した。
    • シリアル接続でボーレートが高速な場合にファイル送信を高速化できるようにした。
      • teraterm.ini に FileSendHighSpeedMode エントリを追加した。デフォルトはオン。
    • Eterm look-feel: 背景画像の明るさを設定できるようにした。
    • 設定フォルダ(Setup directory)に Virtual Store パスを追加した。
    • Addtional settingsのCygTerm設定で、ダイアログを閉じた時に設定を保存するのではなく、Save setup時に cygterm.cfg を保存するように変更した。
    • コマンドラインオプションのパース処理を変更し、パラメータの途中からでも '"' によるクオートを可能にした。
    • バージョン情報ダイアログのURLをシングルクリックでブラウザが起動するようにした。
    • listbox マクロコマンドで、初期状態で選択している項目を指定できるようにした。
  • バグ修正
    • 新しい接続ダイアログのホスト欄にコメントを含めた時に正しく接続出来ない事がある問題を修正した。
    • USBシリアルポートに接続中にUSBシリアルケーブルを抜き差しすると、USBシリアルポートに再接続できなくなる問題を修正した。(WindowsXP以降のみ修正)
      • teraterm.ini に AutoComPortReconnect エントリを追加した。デフォルトはオン。
    • Virtual Store環境において、cygterm.cfg を保存できないことがある問題を修正した。
    • ステータスラインが正しく働かない問題を修正した。
  • その他
    • TTSSH(2.75)へ差し替えた。
    • TTProxy(1.0.0.22)へ差し替えた。
    • TTXRecurringCommand Plugin(1.04)へ差し替えた。
    • LogMeTT 2.12 へ差し替えた。

TTSSH

2015.12.01 (Ver 2.75)

  • 変更
    • known_hostsダイアログおよびバージョン情報ダイアログにおいて、サーバホスト鍵の指紋を表示するときに使うハッシュアルゴリズムを、MD5 だけでなく SHA256 も選択できるようにした。
    • DNS によるホスト鍵の確認(SSHFP)で ED25519 鍵に対応した。
    • TERATERM.INI の設定値で指定されていない鍵交換・ホスト鍵・暗号化・MAC・圧縮方式の、プログラムでの挿入位置を変更した。
      • プログラムのデフォルトで有効な方式...使用される方式の末尾に追加される
      • プログラムのデフォルトで無効な方式...使用されない方式の末尾に追加される
    • コマンドラインオプションのパース処理を変更し、パラメータの途中からでも '"' によるクオートを可能にした。
  • バグ修正
    • KDF フォーマットで保存した SSH 秘密鍵が OpenSSH で読み込めない問題を修正した。
    • ホスト公開鍵の置き換え・ホスト公開鍵の自動更新後に About TTSSH ダイアログを表示すると落ちる問題を修正した。
  • その他
    • PuTTY 0.66へ差し替えた

TTProxy

2015.12.01 (Ver 1.0.0.22)

  • コマンドラインオプションのパース処理を変更し、パラメータの途中からでも '"' によるクオートを可能にした。

TTXRecurringCommand

2015.12.01 (Ver 1.04)

  • コマンドラインオプションのパース処理を変更し、パラメータの途中からでも '"' によるクオートを可能にした。