Download List

Project Description

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

Released at 2016-08-31 21:23
Tera Term 4.92

Name Size Hash Date Download count
teraterm-4.92.exe 13.7 MB 2016-08-31 21:24 177330
teraterm-4.92.zip 8.4 MB 2016-08-31 21:24 38581

Release Notes

No Release Notes

Changelog

TeraTerm

2016.08.31 (Ver 4.92)

  • Changes
    • added new feature which removes carriage return from end of line with pasting. The default value is off.
      • The function can be enabled at Copy and Paste tab of Additional settings dialog.
    • When scroll back is used, scroll state is always reseted with user input.
    • ZMODEM: The default escaped character are added LF and GS by sending.
    • The default value of MaxComPort setting is increased from 4 to 256.
    • changed macro command line behavior.
      • Strictly checked the syntax of command line option. When an unnecessary option is added at option back like as /Vxx, the option is not recognized.
      • The option placement can be only specified before a filename. When the option is specified after the filename, the option is recognized as macro parameter.
    • MACRO: The params' string-typed array that is stored command line parameter(s).
  • Bug fixes
    • When the clipboard is read from remote host, unnecessary NUL character is added at the end of the string.
    • When the clipboard is written from remote host, empty string can not be set.
    • When the clipboard is empty string and Bracketed Paste Mode is enabled, final Bracket is only sent by pasting.
    • ZMODEM: The escaped 0x7f and 0xff that is included in ZMODEM header packet can not be restored.
    • Tera Term(ttermpro.exe) can not run on Windows 95/98/Me/NT4.0.
    • MACRO: When invalid regular expression is specified at the strreplace command, source string is corrupted.
      • The result variable returns -1 when invalid regular expression is specified.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.78
    • upgraded TTProxy to 1.0.0.23

TTSSH

2016.08.31 (Ver 2.78)

  • Changes
    • When the filename includes invalid character by SCP receiving, the character is be replaced to '_'.
    • The default value of ScpSendDir entry is changed from "~/" to ""(empty string).
    • Strictly TTSSH command line can be checked. When a part of options(i.e. /ssh-A) is added with unnecessary character(i.e. /ssh-Axx), the string can not be recognized as an option.

TTProxy

2016.08.31 (Ver 1.0.0.23)

  • The -noproxy' option is added at command line. The function is same as -proxy=none://' option that is disabled proxy configuration.
  • The priority(order) of loading TTX plugin is changed from 0 to 10.

TeraTerm

2016.08.31 (Ver 4.92)

  • 変更
    • 貼り付け時に末尾の改行を削除する機能を追加した。デフォルトでは無効。
      • Additional settingsダイアログのCopy and Paste タブで設定を有効化できるようにした。
    • スクロールバックしている時、キー入力で常にスクロール状態をリセットするようにした。
    • ZMODEM 送信で、デフォルトのエスケープ対象文字に LF と GS を追加した。
    • MaxComPort のデフォルト値を 4 から 256 に増やした。
    • マクロのコマンドラインの扱い方を変更した。
      • コマンドラインオプションの識別を厳密にした。/Vxx のようにコマンドラインオプションの後ろに余計な文字列が付いている場合はオプションとして扱わなくした。
      • マクロのコマンドラインオプションを指定出来る場所をファイル名の前に限定した。ファイル名より後に指定した場合はマクロのパラメータとして扱われる。
    • マクロで、コマンドラインで指定されたパラメータが格納される文字列型配列 params を追加した。
  • バグ修正
    • リモートからのクリップボード読み取りに対して、末尾に余計な NUL 文字を付加していた問題を修正した。
    • リモートからのクリップボード書き込みで、空文字列がセット出来ない問題を修正した。
    • クリップボードの内容が空文字列の時、Bracketed Paste Mode 有効時の貼り付けで終了 Bracket のみが送られる問題を修正した。
    • ZMODEM 受信で、ZMODEM ヘッダパケットに含まれるエスケープされた 0x7f, 0xff を復元しない問題を修正した。
    • Windows 95/98/Me/NT4.0で起動できなくなっていた問題を修正した。
    • strreplace マクロコマンドで、正しくない正規表現を指定した時に元文字列が壊れる問題を修正した。
      • 正しくない正規表現を指定した時は result で -1 を返すようにした。
  • その他
    • TTSSH(2.78)へ差し替えた。
    • TTProxy(1.0.0.23)へ差し替えた。

TTSSH

2016.08.31 (Ver 2.78)

  • 変更
    • scp でのファイル受信で、ファイル名に使えない文字が含まれていた場合に、その文字を _ に置き換えるようにした。
    • ScpSendDir のデフォルト値を "~/" から "" (空文字列) に変更した。
    • コマンドラインオプションの識別を厳密にした。/ssh-A などの一部のオプションで /ssh-Axx のように後ろに余計な文字列が付いていいてもオプションとして扱っていたが、これを扱わなくした。

TTProxy

2016.08.31 (Ver 1.0.0.23)

  • コマンドラインオプションに -noproxy を追加した。-proxy=none:// と同様にデフォルトのプロキシ設定を無効化する。
  • TTX ロード時の優先順位 (order) を 0 から 10 に変更した。