Download List

Project Description

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

Released at 2017-05-31 20:30
Tera Term 4.95

Name Size Hash Date Download count
teraterm-4.95.exe 13.47 MB 2017-05-31 20:31 110345
teraterm-4.95.zip 8.24 MB 2017-05-31 20:31 25810

Release Notes

No Release Notes

Changelog

TeraTerm

2017.05.31 (Ver 4.95)

  • Changes
    • added new feature regarding How to scroll the screen when the window size is maximized.
      • changed default action to the new method. If the action behaves in the same manner as Tera Term 4.94, please set MaximizedBugTweak to 1.
      • changed MaximizedBugTweak value from on/off to 0/1/2 combination. The "off" is treated as 0, and the "on" is treated as 2.
    • added the notification feature regarding clipboard accessing from the remote host. (Windows Me or 2000 or later)
    • changed default directory path for receiving a file (Vista or later:Downloads, XP or earlier:My Documents).
    • renamed command line from /NAMEDPIPE to /PIPE option.
    • When /PIPE option is used as command line, the host name is complemented by these rules:
      • If the host name begins with a '\', the name is not changed.
      • If the host name does not include a '\', the '\\.\pipe\' is added at the beginning.
      • If the host name includes a '\' anywhere but first, before that is treated as server name and after that is treated as pipe name.
  • Bug fixes
    • The port number cannot specify 65535 by the command line option.
    • When the New connection selects Serial menu, a part of TCP/IP menu is not disabled.
  • Misc
    • upgraded TTSSH to 2.81.
    • upgraded Oniguruma to 6.2.0.
    • NOTICE: The installer no longer support Windows 95, 98, Me and NT 4.0. Please use the zip archive version on these Windows.

TTSSH

2017.05.31 (Ver 2.81)

  • Changes
    • added support for changing the user password when using the password authentication.
    • added support for executing the specified subsystem instead of the shell on connection.
      • added the /ssh-subsystem option at the command line.
    • added the notification feature when remote host uses forwarded agent. (Windows Me or 2000 or later)
  • Bug fixes
    • When agent forwarding is enabled, an application fault is occurred after the remote host sends big packet request.
  • Misc
    • upgraded PuTTY to 0.69

TeraTerm

2017.05.31 (Ver 4.95)

  • 変更
    • 画面最大化時のスクロール方式 として新しい方式を追加した。
      • デフォルト設定での動作を新方式に変更した。Tera Term 4.94 までと同じ動作にする場合は MaximizedBugTweak を 1 に変更する。
      • 設定ファイルの MaximizedBugTweak 設定で指定する値を、on/off から 0/1/2 に変更した。off は 0、on は 2 として扱われる。
    • リモートからのクリップボードへのアクセスを通知する機能を追加した。(Windows Me, 2000 以上)
    • ファイル受信ディレクトリの初期値を変更した(Vista以降はDownloads、XP以前はMy Documents)
    • コマンドラインオプション /NAMEDPIPE を /PIPE へ変更した。
    • コマンドラインオプション /PIPE を使用した時に、以下のルールでホスト名を補うようにした。
      • ホスト名が \ で始まる場合はそのまま使われる。
      • ホスト名に \ が含まれない場合は先頭に \\.\pipe\ が付加される。
      • ホスト名の先頭以外に \ が有る場合は、それより前をサーバ名、後ろをパイプ名として扱う。
  • バグ修正
    • コマンドラインオプションでポート番号に 65535 を指定出来ない問題を修正した。
    • New connectionダイアログで、シリアルを選んでいる時にTCP/IPの一部の入力欄が無効にならない問題を修正した。
  • その他
    • TTSSH(2.81)へ差し替えた。
    • Oniguruma 6.2.0へ差し替えた。
    • インストーラは Windows 95, 98, Me, NT 4.0 をサポートしなくなりました。これらの OS では zip アーカイブ版を展開して使用できます。

TTSSH

2017.05.31 (Ver 2.81)

  • 変更
    • パスワード認証時のパスワード変更に対応した。
    • 接続時にシェルではなくサブシステムを起動する機能を追加した。
      • コマンドラインオプションに /ssh-subsystem オプションを追加した。
    • リモートホストが転送したエージェントを使用した時に通知する機能を追加した。(Windows Me, 2000 以上)
  • バグ修正
    • エージェント転送有効時、リモートホストがエージェントに大きなパケットサイズのリクエストを送ってきた時に落ちる問題を修正した。
  • その他
    • PuTTY 0.69 へ差し替えた。