• R/O
  • SSH
  • HTTPS

ttssh2: List of commits


RSS
Rev. Time Author
r9331 2021-07-03 13:08:22 zmatsuo

タスクトレイの通知が出なくなっていたので修正

- 32bit時のみ
- TT_NOTIFYICONDATAW_V2 のサイズが誤っていた
- 正 936byte
- 誤 952byte (偶然 NOTIFYICONDATAW の XP以上 (V3) と同じサイズ)
- #include <pshpack1.h> を追加
- assert()でサイズチェックするようにした
- layer_for_unicode.h から comapt_win.h へ移動
- Visual Studio 2008 でビルドできるようになった

r9330 2021-07-03 13:08:12 zmatsuo

ビルドできない環境があったので修正

- Visual Studio 2015以上でも layer_for_unicode がリンクできるようにした
- SUPPORT_OLD_WINDOWS=ON時
- libucrt libvcruntime をリンクするようにした
- layer_for_unicode 単体でリンクできるようにした
- common_static と一緒にリンクする必要があった
- keycodeW でリンクしている

r9329 2021-07-03 13:08:03 zmatsuo

DrawTextW() を layer_for_unicode に追加

- 存在したが利用されていなかった

r9328 2021-07-03 13:07:52 zmatsuo

VerifyVersionInfoA(), VerSetConditionMask() 互換関数を compat_win へ移動

- 元は ttlib.c の myVerifyVersionInfo(), my VerSetConditionMask() だった
- compat_win.cpp へ移動
- _VerifyVersionInfoA(), _VerSetConditionMask() へ改名

r9327 2021-06-30 22:36:59 zmatsuo

cmakeビルド時VS2008でエラーが出ないよう修正

r9326 2021-06-30 22:36:44 zmatsuo

言語ファイルが切り替えられなくなっていたので修正

- r9306

r9325 2021-06-30 00:20:36 zmatsuo

layer for unicode をライブラリに分離

- Windows 9xをサポートするためのパートをライブラリとして切り出し
- MSUL(unicows.lib)と同様に、ライブラリをリンクするだけで 9x をサポート
- Tera Term のソース(layer for unicode 以外の部分)では 9x を気にする必要がなくなった
- vs2005 のプロジェクトを調整
- CMakeLists.txt 調整
- VS2005 を使用しないと 95での起動はできない
- しかしVS2005をサポートしている cmake のバージョンが古い

r9324 2021-06-30 00:20:20 zmatsuo

layer for unicode 向けのコードを削除

r9323 2021-06-30 00:20:06 zmatsuo

cmakeビルド時dllの遅延ロードを行わない

- 使用しなくても動作するようになった
- delayimp のリンクをやめた
- Visual Studio /DELAYLOAD オプションを削除

r9322 2021-06-30 00:19:57 zmatsuo

GetAdaptersAddresses() (iphlpapi.dll)を遅延ロードなしに使用できるようにした

- HasGetAdaptersAddresses() 削除

r9321 2021-06-30 00:19:49 zmatsuo

_SetWindowLongW(), _GetWindowLongW() のプロトタイプ追加

r9320 2021-06-30 00:19:41 zmatsuo

_Add(Remove)FontResourceExW() を layer_for_unicode から削除

r9319 2021-06-30 00:19:33 zmatsuo

_HtmlHelpW() を layer_for_unicode.cpp から compat_win.cpp へ移動

- 起動時に HtmlHelp(...INITIALIZE ) がコールされていなかった
- r8582

r9318 2021-06-30 00:19:25 zmatsuo

Windows 9x系で実装されていないAPIを無効化

- 次のAPIを使用しない
- GetFullPathNameW
- ExpandEnvironmentStringsW
- wcsdup() -> _wcsdup()

r9317 2021-06-30 00:19:17 zmatsuo

swscanf_s() を追加

r9316 2021-06-30 00:19:09 zmatsuo

_WIN32_WINNT=0x0501 を追加

- r9191

r9315 2021-06-20 10:08:06 zmatsuo

TTTSet 構造体から CodePage メンバを削除

- Language, KanjiCode から文字コードを判定

r9314 2021-06-20 10:07:54 zmatsuo

ComVar 構造体から CodePage メンバを削除

- Language, KanjiCode から文字コードを判定

r9313 2021-06-20 10:07:40 zmatsuo

locale設定を削除

- Cランタイムの文字コードの設定
- 従来Cランタイムの文字コード変換関数を使用していたため必要だった
- wctomb()
- 現在Cランタイムの文字コード変換は使用していないため不要
- OSのAPI WideCharToMultiByte(), MultiByteToWideChar() を使用
- setlocale()を削除
- 不要な locale.h の include を削除
- 設定ダイアログの locale 設定を削除
- IDC_LOCALE_LABEL 削除
- lng 内の DLG_TERM_LOCALE 削除
- ドキュメント locale 設定個所を削除
- iniファイルのlocale読み書きを削除
- r9145

r9312 2021-06-20 10:07:22 zmatsuo

デバグ用コードをコミットしていたので修正

- r9307 でコミット

r9311 2021-06-19 01:05:10 zmatsuo

ANSI送信関数を削除

- 出力をすべて Unicode に置き換えて、使用されなくなったので削除
- CommTextOut()
- CommTextEcho()
- 未使用となる変数を削除

r9310 2021-06-19 01:05:01 zmatsuo

Textファイル送信時,ANSIでファイルを読み込み、Unicodeで送信

- テキストファイル読み込み
- ANSI文字コードに決め打ちで読み込む
- 日本語 Windows では Shift JIS (CP932)
- Unicode に変換する
- 送信時に Unicode を出力文字コードに変換する
- ワークをできるだけ動的に確保するようにした

r9309 2021-06-13 00:29:57 zmatsuo

layer_for_unicodeを使用するよう修正

r9308 2021-06-13 00:29:49 zmatsuo

__wfopen_s() を layer_for_unicode_crt へ移動

r9307 2021-06-13 00:29:41 zmatsuo

layer_for_unicode に API 追加

- 追加
- _GetModuleHandleW()
- _GetSystemDirectoryW()
- _GetTempFileNameW()
- _GetTempPathW()

r9306 2021-06-13 00:29:32 zmatsuo

TTTSet構造体のファイルを保持するメンバをUnicode化,動的バッファ化した

- common/tttypes.h
- 次のメンバを追加
- wchar_t *HomeDirW;
- wchar_t *SetupFNameW;
- wchar_t *KeyCnfFNW;
- wchar_t *LogFNW;
- wchar_t *MacroFNW;
- wchar_t *UILanguageFileW;
- wchar_t *UILanguageFileW_ini;
- 主要なメンバのみ
- 従来の(ANSI文字列版)メンバーも利用可能
- Unicode版から変換
- 従来通りのフォルダ名に従来通りのファイル名で使用すれば問題は起きないはず
- Tera Term内部はほとんど従来通り(ANSI文字版)を使用

r9305 2021-06-13 00:29:23 zmatsuo

WIN32 API で文字列を動的に扱うヘルパを作成

- 最大長を気にしなくてもよい
- 文字列が不要になったらfree()する
- ヘルパAPI
- GetModuleFileNameW()
- GetPrivateProfileStringW()
- GetFullPathNameW()

r9304 2021-06-13 00:29:15 zmatsuo

cygterm_t と eterm_lookfeel_t 構造体にリザーブを追加した

- この構造体のサイズが変化すると TTTSet構造体のサイズが変化する
- 大きな修正が必要となることが予想される
- Tera Term 4 の r9109
- 将来メンバを追加する時のため領域を確保
- plugin は再ビルドが必要

r9303 2021-06-13 00:29:07 zmatsuo

wcsdup() -> _wcsdup()

- 警告対応
warning C4996: 'wcsdup': The POSIX name for this item is deprecated.
Instead, use the ISO C and C++ conformant name: _wcsdup.
See online help for details.

r9302 2021-06-13 00:26:11 zmatsuo

CMakeLists.txt のルールが適応されなかった

- *.txt が後ろに書いてあるため
- r9281
- セクションの並び順を変更した

Show on old repository browser