• R/O
  • SSH
  • HTTPS

ttssh2: List of commits


RSS
Rev. Time Author
r6899 2017-08-17 23:21:35 doda

設定の保存時、Version に現在のバージョンを書くように変更した。

今のところ書かれた値を使っていないけれど、設定のデフォルト値変更時とかに
・Versionの値が古いからデフォルトでの利用とみなして変更する
・Versionの値が新しいからユーザが意図的に設定したとみなして変えない
みたいな感じで利用出来る……といいな。

r6898 2017-08-17 21:54:44 doda

設定項目名の誤りを修正

r6897 2017-08-17 21:54:42 doda

sendlnbroadcast / sendlnmulticast の動作を sendln にあわせた
Ticket: #37413 [Ttssh2-devel 3328]

・改行を "\r\n" に変更。
・改行を最後のパラメータの後ろのみに付加するよう変更

r6896 2017-08-17 21:54:37 doda

ドキュメント更新 (ListHiddenFonts)

r6895 2017-08-09 22:22:24 doda

パイプが使用中の場合のメッセージを追加。

COM ポートが他で使用中の時は ERROR_ACCESS_DENIED になるっぽい。

r6894 2017-08-09 22:08:47 doda

名前付きパイプ接続で、サーバ名を使用した時のエラーメッセージ表示を改善。

名前付きパイプが開けなかった時のメッセージで、パイプ名の先頭4文字を
削って表示していた。例えば

\\.\pipe\PIPE-NAME

というような名前付きパイプの場合、

Cannot open pipe\PIPE-NAME

となる。しかし、パイプ名が

\\server\pipe\PIPE-NAME

のようにサーバ名を指定した形式の時は

Cannot open rver\pipe\PIPE-NAME

というおかしな表示になってしまう。
これは明らかにおかしいし、そもそも pipe\PIPE-NAME という表示も
微妙なので、先頭の4文字を削らないように変更する。

r6893 2017-08-09 22:08:44 doda

シリアルポート/パイプが開けなかった時のメッセージ強化。 Ticket: #36630

以下のエラーは起き易いので、専用のメッセージを表示する。

・ERROR_FILE_NOT_FOUND(0x02)
・ERROR_ACCESS_DENIED(0x05)

他のエラーはエラーコードを表示する。
他にも頻発するようなエラーがあった場合は別途専用メッセージを追加する。

r6892 2017-08-09 22:08:39 doda

typo fix.

r6891 2017-08-08 15:22:19 doda

CPR の説明にニーモニックを追加。

r6890 2017-08-04 19:06:54 doda

Windows console new scheme の ANSIColor 設定例を追加。

https://blogs.msdn.microsoft.com/commandline/2017/08/02/updating-the-windows-console-colors/

r6889 2017-08-04 12:05:43 doda

senlnmulticast を追加 Ticket: #37414

取りあえず動作は sendlnbroadcast 準拠。(同じ関数を使っているから)

r6888 2017-07-26 12:47:58 doda

現在のウィンドウ数を返す関数を作り、vtwin.cpp ではそれを使うように変更。

ループで無理やり数えるくらいならば、pm->NWin を見せるようにする方がいいと思う。
本当は各ウィンドウに対して処理を行うようなイテレータを ttpcmn.dll が提供する方がいいのかもしれないけれど。

r6887 2017-07-26 12:47:55 doda

sendbroadcast, sendlnbroadcast が動かない問題を修正。[Ttssh2-devel 3326], Ticket #37401

・メインのループ部分が大きく違うので、ダイアログでの操作とマクロコマンドで関数を分離した
・parent_only の時にループ変数をいじって無理やり一回で抜けるのは判り辛いので、
最初に parent_only かどうかを判定するようにした。
parent_only の時はループしないというのを明示する意味もある。

ついでに sendmulticast の方も微修正
・malloc() に失敗した時に free() するのは意味が無いのでそのまま return する。
・memcpy() ⇒ memcpy_s()

r6886 2017-07-26 12:47:51 doda

ループ内で毎回データをコピーするのは無駄なので、ループの前にデータを準備するように変更。

r6885 2017-07-26 12:47:48 doda

OnIdle() を呼ぶためのメッセージ送信を受信側に行わせるように変更。

特に問題が起きていたわけではないが、受信側で各々がケアする方が処理も一箇所で済むのでいいと思う。

r6884 2017-07-26 12:47:46 doda

TeraTerm ⇒ Tera Term

r6883 2017-07-26 12:47:43 doda

確認しやすいように、ウィンドウを並べて表示するようにした。

r6882 2017-07-26 12:47:40 doda

コード整理。処理内容は変化なし。

・コメントの typo fix
・インデント調整
・#if 0 でコメントアウトされたコードブロックを削除
・現状に合わないコメントを削除

r6881 2017-07-25 17:45:35 doda

DDE コマンドを Tera Term 本体と ttpmacro で二重管理していたので、共に一つのファイルを参照するように変更した。

r6880 2017-07-25 17:45:31 doda

未使用の変数を削除。

r6879 2017-07-25 16:34:45 maya

Dynamic Forwarding (SOCKS Proxy)

特定のプロトコルを転送するわけではないので、source port の設定をエディットコントロールに変更

r6878 2017-07-24 23:13:49 doda

文字列に 0x01 が含まれる場合の対処を追加

r6877 2017-07-24 23:13:46 doda

いくつかのマクロコマンドで、SendCmnd() で WaitFlag を指定 ⇒ Tera Term 側で EndDdeCmnd() で無理やり終了というおかしな事をやっていたので修正。

対象マクロコマンド:
・sendbroadcast
・sendlnbroadcast
・sendmulticast
・sendmulticastname
・scpsend
・scprecv

Tera Term 側ですぐに終了する(待つ必要の無い)コマンドの場合は、SendCmnd() の WaitFlag に 0 を指定して下さい。

r6876 2017-07-24 23:13:42 doda

Ticket #37048 のテストマクロ

r6875 2017-07-24 12:40:19 doda

sendbroadcast / sendmulticast で 0x00, 0x01 が送れないのを修正 Ticket: #37048

・0x00, 0x01 をエンコードして送るようにした。
・sendbroadcast, sendmulticast の処理の共通部分を関数にした。
・sendbroadcast と sendbroadcastln は TTLSendBroadcast を直接呼ぶようにした。

要検討: crlf = TRUE の時の動作

1. 改行が "\n" となっているが、これは妥当か?
sendln では 0x0D 0x0A ("\r\n") となっている。
2. パラメータ毎に改行を挟んでいるが、これは妥当か?
sendln では すべて出力後に改行している。

r6874 2017-07-24 12:40:13 doda

インデント修正

r6873 2017-07-24 12:40:00 doda

typo fix

r6872 2017-07-22 07:03:56 maya

バージョンの上げ方を変更

r6871 2017-07-22 07:03:04 maya

r6866 は翻訳の変更だけなので日付を戻す

r6870 2017-07-22 07:02:14 maya

Release ビルドで以下の warning が出るので修正

warning C4996: 'strdup': The POSIX name for this item is deprecated. Instead, use the ISO C++ conformant name: _strdup.

Show on old repository browser