• R/O
  • SSH
  • HTTPS

ttssh2: Commit


Commit MetaInfo

Revision6649 (tree)
Time2017-03-22 18:20:00
Authordoda

Log Message

ドラッグ&ドロップダイアログでのフォーカスの初期状態を調整。

ssh 接続時は初期状態でリモートパス欄にする。これは、

・そのまま Return を押しても問題になる事は(Send File に比べて)少ないと思われる。
・Return で SCP を開始できる事は、マウスでボタンを押す必要がある状態よりは安全。

マウスでボタンを押すのは、誤って Send File を押す可能性がある。

・SCP ボタンにフォーカスが有るのに比べて、リモートパスをそのまま書き換えられるのが便利。

Return で SCP が開始できるので、SCP ボタンに比べて劣る事は無いと思われる。

という事からの判断。

Change Summary

Incremental Difference

--- trunk/teraterm/teraterm/vtwin.cpp (revision 6648)
+++ trunk/teraterm/teraterm/vtwin.cpp (revision 6649)
@@ -2025,17 +2025,19 @@
20252025 EnableWindow(GetDlgItem(hDlgWnd, IDC_SCP_PATH), FALSE);
20262026 EnableWindow(GetDlgItem(hDlgWnd, IDC_STATIC), FALSE);
20272027
2028- // フォーカスの初期状態を Cancel にする。
2029- // 後で WM_NEXTDLGCTL を送るので、 Cancel の一つ前の Send file (IDOK) に
2030- // フォーカスを当てる。(SCP は無効になっている為)
2028+ // フォーカスの初期状態を Cancel にする為、この時点では Send File (IDOK)に
2029+ // フォーカスを当てる。後で WM_NEXTDLGCTL でフォーカスが次のボタンになる。
20312030 SetFocus(GetDlgItem(hDlgWnd, IDOK));
20322031 }
20332032 else {
2034- // SSH2 接続時は SCP (IDC_DAD_SENDFILE) が一つ前
2035- SetFocus(GetDlgItem(hDlgWnd, IDC_DAD_SENDFILE));
2033+ // SSH2 接続時は Cancel にフォーカスを当て、最終的に SCP PATH にフォーカスが
2034+ // 当たるようにする。
2035+ SetFocus(GetDlgItem(hDlgWnd, IDCANCEL));
20362036 }
20372037
2038- // フォーカスを次のボタン(Cancel)に移す
2038+ // フォーカスを次のボタンに移す
2039+ // SetFocus() で直接フォーカスを当てるとタブキーの動作等に問題が出るため、
2040+ // このメッセージを併用する
20392041 PostMessage(hDlgWnd, WM_NEXTDLGCTL, 0, 0L);
20402042
20412043 // TRUEにするとボタンにフォーカスが当たらない。
Show on old repository browser