• R/O
  • SSH
  • HTTPS

ttssh2: Commit


Commit MetaInfo

Revision6885 (tree)
Time2017-07-26 12:47:48
Authordoda

Log Message

OnIdle() を呼ぶためのメッセージ送信を受信側に行わせるように変更。

特に問題が起きていたわけではないが、受信側で各々がケアする方が処理も一箇所で済むのでいいと思う。

Change Summary

Incremental Difference

--- trunk/teraterm/teraterm/vtwin.cpp (revision 6884)
+++ trunk/teraterm/teraterm/vtwin.cpp (revision 6885)
@@ -5615,11 +5615,6 @@
56155615
56165616 // WM_COPYDATAを使って、プロセス間通信を行う。
56175617 SendMessage(hd, WM_COPYDATA, (WPARAM)HVTWin, (LPARAM)&cds);
5618-
5619- // 送信先Tera Termウィンドウに適当なメッセージを送る。
5620- // これをしないと、送り込んだデータが反映されない模様。
5621- // (2006.2.7 yutaka)
5622- PostMessage(hd, WM_SETFOCUS, NULL, 0);
56235618 }
56245619 }
56255620
@@ -5670,11 +5665,6 @@
56705665
56715666 // WM_COPYDATAを使って、プロセス間通信を行う。
56725667 SendMessage(hd, WM_COPYDATA, (WPARAM)HVTWin, (LPARAM)&cds);
5673-
5674- // 送信先Tera Termウィンドウに適当なメッセージを送る。
5675- // これをしないと、送り込んだデータが反映されない模様。
5676- // (2006.2.7 yutaka)
5677- PostMessage(hd, WM_SETFOCUS, NULL, 0);
56785668 }
56795669
56805670 error:
@@ -6193,6 +6183,13 @@
61936183 }
61946184 }
61956185
6186+ // CBStartSend(), CBSend() では送信用バッファにデータを書き込むだけで、
6187+ // 実際の送信は teraterm.cpp:OnIdle() で CommSend() が呼ばれる事に
6188+ // よって行われる。
6189+ // しかし非アクティブなウィンドウでは OnIdle() が呼ばれないので、
6190+ // 空のメッセージを送って OnIdle() が呼ばれるようにする。
6191+ PostMessage(WM_NULL, 0, 0);
6192+
61966193 return 1; // 送信できた場合は1を返す
61976194 }
61986195
Show on old repository browser