• R/O
  • SSH
  • HTTPS

ttssh2: Commit


Commit MetaInfo

Revision7929 (tree)
Time2019-08-09 12:23:44
Authormaya

Log Message

filetruncate マクロコマンドのエラー時にマクロが一時停止しないようにした

ttssh2-devel 4036, #39452

Change Summary

Incremental Difference

--- trunk/doc/en/html/about/history.html (revision 7928)
+++ trunk/doc/en/html/about/history.html (revision 7929)
@@ -36,6 +36,7 @@
3636 <li>Changes
3737 <ul>
3838 <li>MARCO: The <a href="../macro/command/fileopen.html">fileopen</a> command does not cause an error when a file can not be opened. Reverted changes in Ver 4.102.</li>
39+ <--li><a href="../macro/command/filetruncate.html">filetruncate</a> マクロコマンドがでファルが開けない場合・ファイルサイズの変更に失敗した場合エラーにならないようにした。</li-->
3940 <li>Unspecified string font in IME uses your defined font.</li>
4041 </ul>
4142 </li>
--- trunk/doc/en/html/macro/command/filetruncate.html (revision 7928)
+++ trunk/doc/en/html/macro/command/filetruncate.html (revision 7929)
@@ -26,8 +26,9 @@
2626 <p>
2727 Changes the &lt;size&gt; bytes of a &lt;filename&gt; file.<br>
2828 Null characters('\0') are appended if the file is extended.<br>
29-<br>
29+</p>
3030
31+<p>
3132 The system variable "result" value is set to 0 if the file size is successfully changed.
3233 The system variable "result" value of -1 indicates an error.
3334 </p>
--- trunk/doc/ja/html/about/history.html (revision 7928)
+++ trunk/doc/ja/html/about/history.html (revision 7929)
@@ -36,6 +36,7 @@
3636 <li>変更
3737 <ul>
3838 <li><a href="../macro/command/fileopen.html">fileopen</a> マクロコマンドで、ファイルが開けない場合にエラーにならないようにした。Ver 4.102での変更を元に戻した。</li>
39+ <li><a href="../macro/command/filetruncate.html">filetruncate</a> マクロコマンドがでファルが開けない場合・ファイルサイズの変更に失敗した場合エラーにならないようにした。</li>
3940 <li>IMEの未確定文字のフォントが指定フォントと同一になるようにした。</li>
4041 </ul>
4142 </li>
--- trunk/doc/ja/html/macro/command/filetruncate.html (revision 7928)
+++ trunk/doc/ja/html/macro/command/filetruncate.html (revision 7929)
@@ -25,10 +25,12 @@
2525
2626 <p>
2727 ファイル &lt;filename&gt; をサイズ &lt;size&gt; バイトの大きさに変更する。<br>
28-指定したサイズが、既存の大きさを超えた場合、ヌル文字('\0')が追加される。<br>
29-<br>
28+指定したサイズが、既存の大きさを超えた場合、ヌル文字('\0')が追加される。
29+</p>
3030
31-サイズ変更に成功した場合は、システム変数 result に 0 が格納される。失敗した場合は -1 が格納される。
31+<p>
32+サイズ変更に成功した場合は、システム変数 result に 0 が格納される。
33+失敗した場合は -1 が格納される。
3234 </p>
3335
3436 <h2>例</h2>
--- trunk/teraterm/ttpmacro/ttl.c (revision 7928)
+++ trunk/teraterm/ttpmacro/ttl.c (revision 7929)
@@ -2096,16 +2096,14 @@
20962096 }
20972097
20982098 // ファイルを指定したサイズで切り詰める。
2099- ret = _sopen_s( &fh, FName, _O_RDWR | _O_CREAT, _SH_DENYNO, _S_IREAD | _S_IWRITE );
2100- if (ret != 0) {
2101- Err = ErrCantOpen;
2099+ ret = _sopen_s( &fh, FName, _O_RDWR | _O_CREAT, _SH_DENYNO, _S_IREAD | _S_IWRITE );
2100+ if (ret != 0) {
21022101 goto end;
2103- }
2104- ret = _chsize_s(fh, TruncByte);
2105- if (ret != 0) {
2106- Err = ErrInvalidCtl;
2102+ }
2103+ ret = _chsize_s(fh, TruncByte);
2104+ if (ret != 0) {
21072105 goto end;
2108- }
2106+ }
21092107
21102108 result = 0;
21112109 Err = 0;
Show on old repository browser