• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

winbottle: Commit

SSTP Bottle Client 本体


Commit MetaInfo

Revisionee522dde2571b99fef8cacea393ea66cb782613e (tree)
Time2007-02-24 17:01:56
AuthorC.Ponapalt <ponapalt@shil...>
CommiterC.Ponapalt

Log Message

ビルド環境構築手順をもうちょっと修正

Change Summary

Incremental Difference

--- a/bottleclient/build.html
+++ b/bottleclient/build.html
@@ -1,13 +1,8 @@
1-<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
2-<html lang="ja-JP"><head>
3-<meta http-equiv="Content-Language" content="ja">
4-<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis">
5-<title>ビルド環境構築手順</title></head>
6-
1+<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
2+<html lang="ja"><head><meta content="text/html; charset=Shift_JIS" http-equiv="content-type"><title>ビルド環境構築手順</title></head>
73 <body>
8-<h1>ビルド環境構築手順</h1><br>
9-クライアントのビルドのため、Delphiに必要なコンポーネントをインストールする手順を説明します。
10-<h2>Indy9のインストール</h2>
4+<h1>ビルド環境構築手順</h1><p>クライアントのビルドのため、Delphiに必要なコンポーネントをインストールする手順を説明します。
5+</p><h2>Indy9のインストール</h2>
116 <p>
127 <a href="http://www.atozed.com/indy/plus/install.aspx">http://www.atozed.com/indy/plus/install.aspx</a></p><ul><li>Indy 9 &amp; Indy 10 for Delphi 5-8をクリック</li><li>Personal or Educational UsersのDownloadをクリック</li><li>If you do not want to enter the contest you can also <span style="font-weight: bold;">download now</span> をクリック</li><li>Delphi 6のIndy 9 9.0.XXでXXの番号がいちばん大きいものをダウンロード<br>(言うまでもありませんが、Delphi 6以外を使う方は適宜読み替えてください)</li><li>インストーラが立ち上がるのであとはNextとかOKとかFinishとか連打</li></ul>
138
@@ -40,8 +35,8 @@ XDOM_2_3_J3.pas
4035 <p><a href="http://www.choosepill.com/components/cpcctree.htm">http://www.choosepill.com/components/cpcctree.htm</a><br>
4136 ダウンロードしたインストーラ起動。<br>
4237 ==Delphi6向けです。Delphi7を使う場合は適宜読み替えてください。==<br>
43-Select ComponentsでD6向けにチェックを入れます。他は入れなくてもOKです。<br><span style="text-decoration: line-through;">
44-どんどん進み、終わったらC:\Program Files\ChoosePill\ConfigTreeView\d6\CPCCTreeView_d6.dpkを使ってコンポーネントのインストールを行います。</span><br style="text-decoration: line-through;"><span style="text-decoration: line-through;">
38+Select ComponentsでD6向けにチェックを入れます。他は入れなくてもOKです。<br>
39+どんどん進み、終わったらC:\Program Files\ChoosePill\ConfigTreeView\d6\CPCCTreeView_d6.dpkを使ってコンポーネントのインストールを行います。<br style="text-decoration: line-through;"><span style="text-decoration: line-through;">
4540 (インストール先は適宜読み替えてください。)</span><br style="text-decoration: line-through;">
4641 <span style="text-decoration: line-through;">しかしこのパッケージ、おかしいようなのでまず「インストール」をクリック、エラーメッセージを出して、そのメッセージを片っ端から(2行でたら多分2行目ですが)ダブルクリックすればCPCCTreeView_d6というファイルが開きます。その先頭を</span><br style="text-decoration: line-through;"><span style="text-decoration: line-through;">
4742 package CPCCTreeView_d7;</span><br style="text-decoration: line-through;"><span style="text-decoration: line-through;">
@@ -55,7 +50,7 @@ package CPCCTreeView_d6;</span><br style="text-decoration: line-through;"><span
5550 <p>CVSから最新のsakurasuiteモジュールを入手し、SakuraSuite.dpkを開きます。<br>
5651 インストールを押すとパッケージの変更を聞いてくるのでOK。<br>
5752 <br>
58-<font color="#cc0000">[エラー] 自動構築されないパッケージ 'SakuraSuite' が常に構築対象となるパッケージ 'dclusr' を要求しています</font><br>
53+<span style="color: rgb(204, 0, 0);">[エラー] 自動構築されないパッケージ 'SakuraSuite' が常に構築対象となるパッケージ 'dclusr' を要求しています</span><br>
5954 というエラーが出た場合は、「コンポーネント」-&gt;「パッケージをインストール」-&gt;リストから「Borland User
6055 Components」クリック-&gt;「編集」-&gt;「はい」-&gt;「オプション」ボタン-&gt;再構築時の動作を「直接指定した時以外再
6156 構築しない」に。<br>
Show on old repository browser