How to install WinSCP

WinSCPは、OSDNダウンロードページから入手できる。インストーラを含む「Installation package」と、インストールが不要でUSBメモリなどから起動できる「Portable executable」が用意されているほか、ソースコードも公開されている(ライセンスはGPL)。

 インストーラでは、基本的に指示に従って「次へ」をクリックして行けば良い。また、途中「ユーザーの初期設定」画面では使用するユーザーインターフェイススタイルを選択できる。1つのウィンドウにリモートのディレクトリのみが表示される「エクスプローラ」と、1つのウィンドウにローカルとリモートの両方のディレクトリが表示される「ノートンコマンダ」から、どちらか好みのインターフェイスを選択できる。どちらを選択した場合でも、エクスプローラからのドラッグ&ドロップやショートカットメニューからの機能呼び出しといった基本的な操作は変わらない。