Download List

Sponsored link

Project Description

XOOPSとはコミュニティサイトを簡単に構築するためのソフトです。
PHPおよびRDBMSを用いた高機能サイトを10分で立ち上げることが可能です。

System Requirements

System requirement is not defined
xoops2-ja-eucjp (tar.gz)
xoops2-ja-eucjp (zip)

Released at 2006-08-06 10:43
xoopscube2_1 XOOPSCube_2_1_Alpha_4 (8 files Hide)

Release Notes

We are pleased to announce release of XOOPS Cube 2.1 alpha 4.
This is alpha release which may includes some serious bugs and its
specification may be changed in future. Please use it at your own
risk.

XOOPS Cube 2.1 alpha 2 has some bug-fix and improvement from the
XOOPS Cube alpha 3, which was released in May. Please also refer to
news of alpha 1 and 2 release for details of XOOPS Cube 2.1.

1. Release schedule and future function enhancing of XOOPS Cube 2.1.
1) Bug fix of Legacy module
Base module of XOOPS Cube 2.1 is extensible by users. To ensure
coming release schedule, we fix functions of XOOPS Cube Legacy 2.1 as
of the alpha 4 release. From the alpha 4 to official (stable) release
of XOOPS Cube 2.1, we focus on trimming of XCube namespace and plan
to add following functions and updates ;

- Fix bugs which are reported by users.
- Add and adjust delegate functions with some case studies.
- Adjust SQL utilities.
- Adjust duplicated language definitions.
- Tune up templates and CSS.

We are going to wait bug reports from users for 3 to 4 weeks, release
latest archived files from CVS every week if it is needed. If we
complete trimming of templates with less bug reports, we release beta
version of the XOOPS Cube 2.1.
We are planning to release the bate 1 at 26th August or 2nd September.

2) Fix of XCube namespace
We haven't fix XCube namespace, parallel development of XCube
namespace is scheduled along with bug fixes of Legacy module.

To fix format of manifesto, specifications of XCube namespace, we are
going to develop some prototype applications which use the manifesto,
check inadequacy or shortfall of specifications. Core development
team would focus on fix of XCube namespace, we would like to ask you
to test the alpha version and find bugs of XOOPS Cube Legacy 2.1.

After fixing all specifications, we are going to merge and archive it
as beta 2.
We are planning to release the beta 2 on 2nd September, the schedule
might be changed owing to developing circumstance.

3) Beta 2 to RC
There is possibilities that change of XCube namespace may cause some
problem on Legacy modules. We'll check it and fix bugs in case of
being.


2. Changes and updates from the alpha 2 release.
1) Change in Delegate Class
Delegate Class is renewed to class design with a conception the
function pointer.

2) Adding functions of XOOPS 2.0.X system module
Some functions of XOOPS 2.0.X system module has been added.
Functions of xmlrpc.php has been omitted.

3) Change of XCube namespace


3. Download
Please refer to the download page.


4. Feedback
If you find any bugs, please report it at the Core Development forum.


Notes:
There are many different from the alpha 2 release. It may be
difficult to update from the alpha 2 to the alpha 3. We recommend
initial installation if you use the alpha 3 release. Specifications
of XOOPS Cube 2.1 may be changed in future releases. The XOOPS Cube
2.1 alpha is just for experiments use. We ask you to use this package
at your own risk.

We are sorry for delay of the schedule. The development of XOOPS Cube
2.1 is coming to final step. To make the XOOPS Cube 2.1 more stable,
we appreciate your experiments use and bug reports.

Thank you for your attention and we are expecting for your feedbacks.

-------------------------------------------

XOOPS Cube 2.1α4をリリースしました。このリリースは、テスター向けの
評価版リリースです。
 
XOOPS Cube 2.1仕様確定前の最後のリリースとなりますので、ぜひ皆様のご
試用・評価・バグ報告をお待ちしております。正式版リリース時には、仕様
等の変更がされる可能性があるため、実際の運用サイトでのご利用はいつも
以上に自己責任でお願いします。

このバージョンは、5月31日に公開された開発者向け評価版リリース(α3)
の改良バージョンとなります。

1.今後のリリース・機能拡張予定について
1) Legacy モジュールのバグフィックス
XOOPS Cube 2.1のbase moduleは、リリース後も変更、ユーザーレベルで拡張
可能な仕様となっています。
そこで、いろいろ要望、不足機能、デグレーションなどあると思いますが、
XOOPS Cube Legacy 2.1の正式リリース時におけるLegacy の機能はこのα4
の段階のもので基本的に FIX とします。α4から正式リリースまでの、開発・
機能追加は、

・(適宜)報告されたバグの修正
・(適宜)ハックのケーススタディにあわせたデリゲートの追加・調整
・(β1まで。8月第2週)SQL ユーティリティの修正
・(β1まで。8月第2週)重複言語定義などの調整
・(β1まで。8月)テンプレートやCSSの一部改良および整理

に留め、開発チームは XCube 名前空間の改良整備と、その変更と Legacy 側
の接続をあわせる作業に注力します。

このバグ報告待ちとテンプレート等の修正行程を終えた段階でβに移ります。
具体的には、最大3週間〜4週間を使用してバグ報告を受け付け、必要に応じ
て一週間単位でアーカイブをリリースします。期間内であっても、バグ報告件
数が少なくなり、テンプレートの整理作業が終了すればβ1とします。
もちろんβ段階でもバグ報告には適宜対応しますが、基本的には最初の数週間
で一気にバグを潰して Legacy として完成品を作り上げるイメージです。

β1は、週間単位のアーカイブ再作成が3回で済んだ場合は、8月26日。4回
行った場合は9月2日にリリースの予定です。

2) XCube 名前空間の設計決定
現段階では、 Legacy の上層(XOOPS Cube 本体)に相当する"コア"である
XCube名前空間の設計フィックスが完了していませんが、こちらも Legacyの仕
様とある程度分離して作業が可能なため、α4→β1のバグ報告受付とその対
応作業を行っている間も並行して作業を継続し、適宜マージします。

XCube namespace とその仕様である「マニフェスト」の形式を確定させるため
に、 Legacy の代替 baseや、マニフェストを取り扱う自動パッケージ構築ア
プリケーションなどのプロトタイプを実際に開発して仕様の過不足をチェック
します。この上層部設計の若干の未決定部分の検証を開発チームで、Legacy
のバグの洗い出しを(皆様の協力を得ながら開発チーム含む)全員で行うこと
ができればと考えています。

この最終的な形式・仕様の確定をマージしてアーカイブした段階のものをβ2
とします。β1の改良・リリース作業と重複しなければ、これも9月2日を目
標としています。(※開発状況により、リリースの回数・スケジュールが上記
から変更となる可能性がありますのでご了承下さい。)

3) β2→RC
ベータ工程で作業を終えた XCube namespace の変更により Legacy
の動作が一部おかしくなる可能性があります。今回のα4と同様に、協力頂け
る方全員で検証する期間をとってRCの段階へ移行する予定です。

2.主な変更点
α3からの主な変更点は以下のとおりです。

1)デリゲートクラス体系の変更
イベント発行的要素の近かった旧デリゲートから、関数ポインタ的な発想によ
り近いクラス設計に改めました。

2)未再現機能の実装
Legacy においてα3段階で未再現であった XOOPS2 の機能を再現実装しました。
news モジュール専用機能のxmlrpc.phpはXOOPS Cube 2.1では非搭載の予定です。

3)XCube 名前空間の設計変更と調整
α3からコア部の開発がさらに進んだため、それにあわせて Legacy 側も大き
く変更になっています。


3.入手方法
当サイトの「ドキュメント」内にある「ダウンロード」ページからダウンロー
ドして下さい。

4.バグ等のご連絡先
バグ、その他お気づきの点がありましたら、こちら(sf.jpのバグトラック)又
はコア開発フォーラムにご連絡をお願いします。

α4からβ1へハイスピードで駆け抜けるためにも、皆様の積極的な試用と報
告を宜しくお願いします。

5.利用上のご注意とお願い
本リリースは、α版としてのリリースです。バグが有ったり、今後仕様に変更
が加えられる可能性もあります。正式版リリース時には、仕様等の変更がされ
る可能性があるため、実際の運用サイトでのご利用は各自の十分な注意と自己
責任の上でお願いします。
利用の際には、ローカル環境にセットアップの上で試用されることをおすすめ
します。
当初の予定より遅れてしまい、一部の方にはご心配をお掛けしましたが、XOOPS
Cube 2.1の開発はようやく最終段階に入りました。完成版をより良いものと
するためには、皆様の積極的なご試用・バグ報告が必要不可欠です。
ご試用の上、お気づきの点がありましたら、是非「コア開発」フォーラムにご
意見等をお寄せ下さい。皆様のご試用・フィードバックをお待ちしております。

Changelog

No Changelogs