May 25, 2018 updates: Privacy Policy
  • R/O
  • SSH
  • HTTPS

yash: Commit


Commit MetaInfo

Revision3839 (tree)
Time2018-05-02 22:39:23
Authormagicant

Log Message

doc: State $TERM has to be exported

Change Summary

Incremental Difference

--- yash/trunk/doc/params.txt (revision 3838)
+++ yash/trunk/doc/params.txt (revision 3839)
@@ -377,6 +377,7 @@
377377 This variable specifies the type of the terminal in which the shell is
378378 running.
379379 The value affects the behavior of link:lineedit.html[line-editing].
380+This variable has to be exported to take effect.
380381
381382 [[sv-yash_after_cd]]+YASH_AFTER_CD+::
382383 The shell interprets and executes the value of this variable after each time
--- yash/trunk/doc/ja/params.txt (revision 3838)
+++ yash/trunk/doc/ja/params.txt (revision 3839)
@@ -214,7 +214,7 @@
214214 一度この変数を削除すると、この変数を用いて乱数を取得することはできなくなります。またシェルが link:posix.html[POSIX 準拠モード]で起動された場合、この変数で乱数を取得することはできません。
215215
216216 [[sv-term]]+TERM+::
217-この変数は対話モードのシェルが動作している端末の種類を指定します。ここで指定された端末の種類に従ってlink:lineedit.html[行編集]機能は端末を制御します。
217+この変数は対話モードのシェルが動作している端末の種類を指定します。ここで指定された端末の種類に従ってlink:lineedit.html[行編集]機能は端末を制御します。この変数の効力を得るためには変数がエクスポートされている必要があります。
218218
219219 [[sv-yash_after_cd]]+YASH_AFTER_CD+::
220220 この変数の値は、link:_cd.html[cd 組込みコマンド]や link:_pushd.html[pushd 組込みコマンド]で作業ディレクトリが変更された後にコマンドとして解釈・実行されます。これは、作業ディレクトリが変わった後に毎回
Show on old repository browser