Ticket #33804

Open Date: 2014-05-13 17:08

Last Update: 2014-05-13 17:08

NvdaDemoApp の開発

Reporter:nishimotoOwner:(None)
Priority:5 - MediumMileStone:(None)
Type:Support RequestSeverity:5 - Medium
Component:(None)Status:Open
ResolutionNone

Details

NVDA のAPI(特に日本語版の独自API)の使い方を Windows アプリ開発者に説明する目的と、 外部アプリケーションに依存せずにAPIそのものの動作検証を行う (もっと具体的に言えばアプリケーションとNVDA日本語版の問題の切り分けを行う)目的のために、 C# で実装したデモアプリを今後もメンテナンスしたいと思います。

リポジトリ:

https://bitbucket.org/nishimotz/nvdademoapp

master changeset 5cfc1e2 にて、brailleMessage API のテスト機能を追加しました。

Visual Studio Express 2013 for Windows Desktop であらためて動作を確認しました。

ビルドした後で bin\Debug または bin\Release フォルダに nvdaControllerClient32.dll および nvdaControllerClient64.dll を置く必要があります。

(.NET アプリケーションは実行環境とビルド環境によって64ビットのDLLが用いられることがあります)

もともとのチケット

  • チケット #32444 動的に読み上げをON/OFFするAPI

今後関係がありそうなチケット

  • チケット #33646 アプリケーションスリープAPIを使うアプリケーションに関する要望
  • チケット #33644 点字表示待ち時間の上限を長く(無限に)する
  • チケット #33660 IME を独自に制御するアプリで読み上げの重複を回避する

Attachment File

Attachment File ListNo attachments
Add New attachment
Add attachment filesPlease login to add new attachment

Ticket History - 1/1 Histories

2014-05-13 17:08 Updated by: nishimoto

  • New Ticket "NvdaDemoApp の開発" created

Add Comment/Update #33804 (NvdaDemoApp の開発)

You are not logged in. I you are not logged in, your comment will be treated as an anonymous post. » Login