• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

Repository summary

Frequently used words (click to add to your profile)

javac++androidlinuxc#objective-cqt誰得cocoawindowspythonphprubygameguibathyscaphec翻訳omegat計画中(planning stage)frameworktwittertestdombtronvb.netdirectxarduinopreviewerゲームエンジン

L3 Disk Explorer is an application in order to access to files in a floppy disk image for retro computer and operating system.


Recent Commits RSS

Rev. Time Author Message
414ced1 2022-05-05 00:37:05 Sasaji master Version 0.6.0 Release
4f308c4 2022-04-21 21:22:37 Sasaji Version 0.5.3 Release
e50810c 2022-04-21 21:19:47 Sasaji Version 0.5.2 Release
e384f32 2022-04-21 21:18:09 Sasaji Version 0.5.1 Release
5803449 2022-04-21 21:16:40 Sasaji Version 0.5.0 Release
2ab2b43 2022-04-21 21:12:48 Sasaji Version 0.4.7 Release
529fc3b 2022-04-21 21:10:40 Sasaji Version 0.4.6 Release
bf0263c 2022-04-21 21:08:46 Sasaji Version 0.4.5 Release
c49dfc1 2022-04-21 21:07:02 Sasaji Version 0.4.4 Release
f5ed852 2022-04-21 21:05:44 Sasaji Version 0.4.3 Release

Branches

Name Rev. Time Author Message
master 414ced1 2022-05-05 00:37:05 Sasaji Version 0.6.0 Release

README.md

L3 Disk Explorer

Copyright(C) Sasaji 2015-2022 All Rights Reserved.

==============================================================================

File Tree

README.md .............. This document
Makefile.xxx ........... Makefile for each OS
VC++2008/
 l3diskex.vcproj ....... Project file for VC++ 2008
 l3diskex.vsprops ...... Property file for VC++ 2008
VC++2010/
 l3diskex.vcxproj ...... Project file for VC++ 2010
 l3diskex.props ........ Property file for VC++ 2010
 post_build.bat ........ Batch file for post build
Xcode/
 l3diskex/
  l3diskex.xcodeproj ... Project file for MacOSX Xcode
Eclipse/
 linux/
  l3diskex/ ............ Project file for Eclipse-CDT Linux
 win/
  l3diskex/ ............ Project file for Eclipse-CDT Windows
data/ .................. XML files to need running this application
docs/ .................. Documents
lang/ .................. Localization
 ja/ ................... For Japanese
  l3diskex.po .......... Translated file
  l3diskex.mo .......... Compailed translation file
src/ ................... Source files
 res/ .................. Resource files
cp_exefile.bat ......... Copy binary files to bin folder
cp_exefile.sh .......... Copy binary files to bin folder
l3diskex.doxy .......... Setting file for Doxygen
  • *.cpp ... UTF-8 encorded files with BOM sign
  • *.h ..... UTF-8 encorded files with BOM sign

Libraries to build this

  • wxWidgets Version 3 or lator

How to build

VC++ (Windows)

1. Install libraries to build this application

  • wxWidgets-3.x.x

    • case 1) Install from source code
    1. Download the wxWidgets-3.x.x.zip and extract it to any folder.
    2. Open wx_vc??.sln in build\msw on VC++.
    • When build solution with Debug/Release, static libraries create in lib\vc_lib\.
    • When build solution with DLL_Debug/DLL_Release, dynamic libraries create in lib\vc_dll\.

    • case 2) Install DLL binaries

    • Download wxMSW-3.x.x_vc100_Dev.7z and extract it to any folder.
    • Rename lib\vc100_dll to lib\vc_dll.
    • Download wxWidgets-3.x.x-headers.7z and extract it to any folder.

2. Compile

  1. Open *.vcxproj
  2. Select [View]→[Property Manager] in the menu and open the property page to double-click l3diskex in Debug/Release.
    • Set the path of libraries folder on wxWidgets to DevelopDir and wxWidgetsDir in User Macro.
  3. Also set the library name to wxWidgetsLibsRelease and wxWidgetsLibsDebug.
  4. Use Debug/Release to link static libraries or use DLLDebug/DLLRelease to link DLL libraries.

MSYS2 + MINGW

1. Open the MINGW64 terminal and install libraries.

  1. Install gcc, make and so

    pacman -S mingw-w64-x86_64-gcc
    
  2. Install wxWidgets

  • case 1) Using a package

    pacman -S mingw-w64-x86_64-wxWidgets
    
  • case 2) Build from source code

    • Extract wxWidgets-3.x.x.tar.bz2 and change to extracted directory.

      mkdir build_release_static_unicode cd build_release_static_unicode ../configure --with-msw --disable-debug --disable-shared --enable-unicode make

    • The static libraries and wx-config are created in the build_release_static_unicode folder if makes successfully.

    • Need not run 'make install'.

2. Compile

  • case 1) Build shared libraries

    • Edit Makefile.win

      Set the path to WXCONFIG_SH

      make -f Makefile.win clean make -f Makefile.win install

    • The application and resource files are copied into ReleaseM directory.

    • Need DLL files for MINGW to run the application.
  • case 2) Build static libraries

    • Edit Makefile.win

      Set the path to WXCONFIG_ST

      make -f Makefile.win st_clean make -f Makefile.win st_install

    • The application and resource files are copied into ReleaseM directory.

3. Build using Eclipse-CDT

  1. Open project and add it in the your workspace.
  2. Modify Project -> Property -> Build C/C++ -> Variables
  3. All build

Linux

case 1) Install from package

  1. Install wxWidgets

    Ex. Ubuntu Linux 18.04 LTS amd64:

  • Install these packages:

    • libgtk-3.22.30-1ubuntu1
    • libgtk-3-common-3.22.30-1ubuntu1
    • libgtk-3-dev-3.22.30-1ubuntu1
    • libwxbase3.0-0v5-3.0.4+dfsg-3
    • libwxbase3.0-dev-3.0.4+dfsg-3
    • libwxgtk3.0-gtk3-0v5-3.0.4+dfsg-3
    • libwxgtk3.0-gtk3-dev-3.0.4+dfsg-3
    1. Compile

      make -f Makefile.linux clean make -f Makefile.linux install

  • The application and resource files are copied into Release directory.

case 2) Build from source

  1. Install GTK+ development packages
  • libgtk-3-dev

    1. Build wxWidgets

    Extract wxWidgets-3.x.x.tar.bz2 and change to extracted directory.

    mkdir build_release_static_unicode cd build_release_static_unicode ../configure --with-gtk --disable-debug --disable-shared --enable-unicode make

    • The static libraries and wx-config are created in the build_release_static_unicode folder if makes successfully.

    • Need not run 'make install'.

    1. Compile
    • Edit Makefile.linux
    • Set the path to WXCONFIG_ST.

      make -f Makefile.linux st_clean make -f Makefile.linux st_install

    • The application and resource files are copied into Release directory.


MacOSX

1. Build the development environment

  1. Install Xcode and Command Line Tools for Xcode.

  2. Compile wxWidgets-3.x.x

  • Operate on the terminal.

  • Extract wxWidgets-3.x.x.tar.bz2 and change to extracted directory.

    mkdir build_release_static_unicode
    cd build_release_static_unicode
    ../configure --with-osx_cocoa --disable-debug --disable-shared --enable-unicode
    make
    
    • The static libraries and wx-config are created in the build_release_static_unicode folder if makes successfully.

    • Need not run 'make install'.

  • Build debug libraries if use it in the Xcode.

    mkdir build_debug_static_unicode
    cd build_debug_static_unicode
    ../configure --with-osx_cocoa --enable-debug --disable-shared --enable-unicode
    make
    
    • The static libraries and wx-config are created in the build_debug_static_unicode folder if makes successfully.

    • Need not run 'make install'.

2. Compile

  • case 1) Do make on the terminal.

    • Edit Makefile.macosx

    Set the path to WXCONFIG_ST.

    make -f Makefile.macosx st_clean
    make -f Makefile.macosx st_install
    
    • The application files are created into Release directory.
  • case 2) Build under the Xcode

    • Modify WX_WIDGET_BASE, WX_WIDGET_DIR in Build Settings.

No warranty

  • This is the free software. I have not abandoned the copyright. And the author of each source code also have the copyright.
  • We are not responsible for any damage caused by this software.

==============================================================================

Sasaji (sasaji@s-sasaji.ddo.jp) http://s-sasaji.ddo.jp/bml3mk5/ (Twitter: http://twitter.com/bml3mk5)

==============================================================================

ファイル構成

README.md .............. このファイル
Makefile.xxx ........... 各OSごとのmakeファイル
VC++2008/
 l3diskex.vcproj ....... VC++ 2008用プロジェクトファイル
 l3diskex.vsprops ...... VC++ 2008用プロパティファイル
VC++2010/
 l3diskex.vcxproj ...... VC++ 2010用プロジェクトファイル
 l3diskex.props ........ VC++ 2010用プロパティファイル
 post_build.bat ........ ビルド後処理用バッチファイル
Xcode/
 l3diskex/
  l3diskex.xcodeproj ... MacOSX Xcode用プロジェクト
Eclipse/
 linux/
  l3diskex/ ............ Eclipse-CDT Linux用プロジェクト
 win/
  l3diskex/ ............ Eclipse-CDT Windows用プロジェクト
data/ .................. パラメータXMLファイル
docs/ .................. ドキュメント
lang/ .................. ローカライゼーション
 ja/ ................... 日本語用
  l3diskex.po .......... 翻訳ファイル
  l3diskex.mo .......... コンパイル済み翻訳ファイル
src/ ................... ソースファイル
 res/ .................. リソースファイル
cp_exefile.bat ......... binフォルダ下に実行ファイル&リソースをコピー
cp_exefile.sh .......... binフォルダ下に実行ファイル&リソースをコピー
l3diskex.doxy .......... Doxygen用設定ファイル
  • .cpp ... BOM *付き のUTF-8エンコードファイル
  • .h ..... BOM *付き のUTF-8エンコードファイル

ビルドに必要なライブラリ

  • wxWidgets Version 3 以上

コンパイル方法

VC++ (Windows)版

1. コンパイルに必要なライブラリをインストールします。

  • wxWidgets-3.x.x

    • case 1) ソースコードからインストール
    1. wxWidgets-3.x.x.zipをダウンロードして適当なフォルダに展開。
    2. build\mswにあるwx_vc??.slnをVC++で開く。
    • Debug/Releaseでソリューションをビルドすると、lib\vc_lib\に staticライブラリが生成される。
    • DLL_Debug/DLL_Releaseでソリューションをビルドすると、lib\vc_dll\に DLLライブラリが生成される。

    • case 2) DLLバイナリからインストール

    • wxMSW-3.x.x_vc100_Dev.7zをダウンロードして適当なフォルダに展開。
    • lib\vc100_dlllib\vc_dllにリネーム
    • wxWidgets-3.x.x-headers.7zをダウンロードして適当なフォルダに展開。

2. コンパイル

  1. *.vcxprojを開きます。
  2. [表示]→[プロパティマネージャー]を開き、Debug/Release配下にある l3diskexをダブルクリックしてプロパティページを開きます。
    • ユーザーマクロにある値DevelopDir,wxWidgetsDirをwxWidgetsライブラリが あるパスに設定してください。
  3. 同様にwxWidgetsLibsRelease,wxWidgetsLibsDebugのライブラリ名を変更 してください。
  4. staticライブラリを使用するならDebug/Releaseを、 DLLライブラリを使用するならDLLDebug/DLLReleaseを使ってください。

MSYS2 + MINGW版

1. MINGW64ターミナルを開き、必要なライブラリをインストール

  1. gccなどをインストール

    pacman -S mingw-w64-x86_64-gcc
    
  2. wxWidgetsをインストール

  • case 1) パッケージからインストール

    pacman -S mingw-w64-x86_64-wxWidgets
    
  • case 2) ソースからインストール

    • wxWidgets-3.x.x.tar.bz2を展開し、展開先にcdする。

      mkdir build_release_static_unicode cd build_release_static_unicode ../configure --with-msw --disable-debug --disable-shared --enable-unicode make

    • makeが正常に終われば build_release_static_unicode に staticライブラリとwx-configができるはず。

    • make installは行いません。

2. コンパイル

  • case 1) sharedライブラリを使用する場合

    • Makefile.winを編集

      WXCONFIG_SHのパスを設定する。

      make -f Makefile.win clean make -f Makefile.win install

    • カレントにReleaseMディレクトリを作成し、そこに必要なファイルが コピーされます。

    • エクスプローラから起動する場合は、MINGW関連のDLLが必要です。
  • case 2) staticライブラリを使用する場合

    • Makefile.winを編集

      WXCONFIG_STのパスを設定する。

      make -f Makefile.win st_clean make -f Makefile.win st_install

    • カレントにReleaseMディレクトリを作成し、そこに必要なファイルが コピーされます。

3. Eclipse-CDTを使用してコンパイルする場合

  1. ファイルシステムからプロジェクトを開く でプロジェクトをワークスペースに 追加する。
  2. プロジェクト -> プロパティ -> C/C++ビルド -> ビルド変数にある、各変数を 適宜変更する。
  3. プロジェクト -> すべてビルド

Linux版

case 1) wxWidgetsをパッケージからインストールする場合

  1. wxWidgetsをパッケージからインストール

    Ubuntu Linux 18.04 LTS amd64 の例:

  • 以下のパッケージをインストールする。

    • libgtk-3.22.30-1ubuntu1
    • libgtk-3-common-3.22.30-1ubuntu1
    • libgtk-3-dev-3.22.30-1ubuntu1
    • libwxbase3.0-0v5-3.0.4+dfsg-3
    • libwxbase3.0-dev-3.0.4+dfsg-3
    • libwxgtk3.0-gtk3-0v5-3.0.4+dfsg-3
    • libwxgtk3.0-gtk3-dev-3.0.4+dfsg-3
    1. コンパイル

      make -f Makefile.linux clean make -f Makefile.linux install

  • カレントにReleaseディレクトリを作成し、そこに必要なファイルが コピーされます。

case 2) ソースからインストールする場合

  1. GTK+開発モジュールをパッケージからインストール
  • libgtk-3-devなど

    1. wxWidgetsをビルド

    wxWidgets-3.x.x.tar.bz2を展開し、展開先にcdする。

    mkdir build_release_static_unicode cd build_release_static_unicode ../configure --with-gtk --disable-debug --disable-shared --enable-unicode make

    • makeが正常に終われば build_release_static_unicode に staticライブラリとwx-configができるはず。

    • make installは行いません。

    1. コンパイル
    • Makefile.linuxを編集
    • WXCONFIG_STのパスを 2. でビルドしたパスに設定。

      make -f Makefile.linux st_clean make -f Makefile.linux st_install

  • カレントにReleaseディレクトリを作成し、そこに必要なファイルが コピーされます。


MacOSX版

1. 開発環境の構築

  1. Xcode をApp Storeからインストールします。 Command Line Tools for Xcodeもインストールされるはず。

  2. wxWidgets-3.x.xをコンパイル

  • ターミナル上で行います。

  • wxWidgets-3.x.x.tar.bz2を展開し、展開先にcdする。

    mkdir build_release_static_unicode
    cd build_release_static_unicode
    ../configure --with-osx_cocoa --disable-debug --disable-shared --enable-unicode
    make
    
    • makeが正常に終われば build_release_static_unicode に staticライブラリとwx-configができるはず。

    • make installは行いません。

  • Xcodeを使用する場合はデバッグ用ライブラリもビルドしてください。

    mkdir build_debug_static_unicode
    cd build_debug_static_unicode
    ../configure --with-osx_cocoa --enable-debug --disable-shared --enable-unicode
    make
    
    • makeが正常に終われば build_debug_static_unicode に staticライブラリとwx-configができるはず。

    • make installは行いません。

2. コンパイル

  • case 1) ターミナル上でmake

    • Makefile.macosxを編集

    WXCONFIG_STのパスを1.でビルドしたパスに設定。

    make -f Makefile.macosx st_clean
    make -f Makefile.macosx st_install
    
    • カレントにReleaseディレクトリを作成し、そこに必要なファイルが コピーされます。
  • case 2) Xcodeを使用

    • Build Settingsの下の方にあるユーザ定義の WX_WIDGET_BASE, WX_WIDGET_DIR を 適宜変更する。

免責事項

  • このソフトはフリーウェアです。ただし、著作権は放棄しておりません。 実行モジュールについては作者Sasajiにあります。 ソースコードについてはそれぞれの作者にあります。
  • このソフトによって発生したいかなる損害についても著作権者は一切責任を負いません。 このソフトを使用するにあたってはすべて自己責任で行ってください。
  • 雑誌やネットなどに転載される場合、不特定多数の方に再配布を行う場合でも 承諾の必要はありませんが、転載の旨をご連絡いただけたら幸いです。

==============================================================================

連絡先: Sasaji (sasaji@s-sasaji.ddo.jp) http://s-sasaji.ddo.jp/bml3mk5/ (Twitter: http://twitter.com/bml3mk5)

==============================================================================