• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

Repository summary

Tags
No Tags

Frequently used words (click to add to your profile)

javaandroidc++linuxc#objective-c誰得cocoaqtpythonrubywindowsphpgameguibathyscaphec翻訳omegat計画中(planning stage)frameworktwitterdombtronvb.nettestarduinodirectxpreviewerゲームエンジン

電子ブックリーダー kobo glo/Touch の内蔵microSDと差し替え(換装)できるような, microSDカードを簡単に作成できます.


Recent Commits RSS

Rev. Time Author Message
c5f7843 2013-12-02 23:32:10 fakesh master 2.6.0 があるんだ.
89335c7 2013-12-01 21:22:08 fakesh version 3, release
e3f355b 2013-02-20 20:40:23 fakesh version 2, release
bdd4998 2013-02-16 15:29:26 fakesh 絵をきれいにした
edf8eb5 2013-02-15 22:58:19 fakesh 絵ができた
d949a2b 2013-02-07 08:45:23 fakesh wiki に移動
5c68e6d 2013-02-05 21:58:01 fakesh ちょっと修正
5a3de96 2013-02-05 19:51:15 fakesh 修正とちょっと加筆
972fdc5 2013-02-05 17:49:46 fakesh html生成scriptの変更にあわせた変更
1ec6328 2013-02-05 17:39:48 fakesh いちおう README 完成

Branches

Name Rev. Time Author Message
master c5f7843 2013-12-02 23:32:10 fakesh 2.6.0 ????????.

README

easyKoboBackup version 3

************************************
** 簡単koboバックアップ version 3 **
************************************

電子ブックリーダー kobo glo/Touch の内蔵microSDと差し替え(換装)できるような,
microSDカードを簡単につくります.

kobo glo/Touch の内部の記憶装置は特殊な書き込みがされた microSD カードです.
そこで, kobo glo/Touch の microSDカードスロット(本体の左側面)にセットした
microSD に, この特殊な書き込みをさせるのが「簡単koboバックアップ」です.

パソコンなどでの作業は, 「簡単koboバックアップ」の本体ファイル KoboRoot.tgz を
kobo glo/Touch にコピーするだけです.

アクティベーション(オンラインライセンス認証)する前でもつかえます.
ということは, 新品の kobo glo/Touch を箱からだして, すぐに, そのまま
つかえますので, 後々のために, とりあえず, 「簡単koboバックアップ」で
バックアップをとっておいてはいかがでしょうか.

ファイル『KoboRoot.tgz』が「簡単koboバックアップ」自身です.
ファイル『easyKoboBackup3.tar.bz2』は, UNIX系GUI環境(含Mac OS X)用です.
『easyKoboBackup3.tar.bz2』には, 同じ『KoboRoot.tgz』が含まれています.

注意: できあがった microSD は, その microSD をつくった kobo glo/Touch 専用になります.
なお, 「簡単koboバックアップ」は, microSD の差し替え(換装)を推奨するものではありません.

version 3 で 公式アップデート(ファームウェア) 2.6.0 以降に対応しました.
手元の glo にて 3.0.1 までは確認済です.
kobo Aura HD (日本未発売) や, kobo Aura でつかえるかは不明ですが, 可能性はあります.

つかいかたなど, 詳しくは, wiki
http://sourceforge.jp/users/fakesh/pf/easyKoboBackup/wiki/FrontPage
をごらんください.

Copyright (C) 2013 fakesh. http://sourceforge.jp/users/fakesh/
MIT/X Consortium License  http://www.opensource.org/licenses/mit-license.php