Tags
No Tags

Frequently used words (click to add to your profile)

javaandroidc++linuxc#objective-ccocoa誰得qtrubypythongamewindowsbathyscaphephpguic翻訳omegattwitterframeworktestbtronarduinovb.net計画中(planning stage)directxpreviewerゲームエンジンdom
Copyright © 2013 fakesh. http://sourceforge.jp/users/fakesh/
top-image

1. 何をするものか

電子ブックリーダー kobo glo/Touch の内蔵microSDと差し替え(換装)できるようなmicroSDカードを簡単につくります.
kobo glo/Touch の内部の記憶装置は特殊な書き込みがされたmicroSDカードです. そこで, kobo glo/Touch のmicroSDカードスロット(本体の左側面)にセットしたmicroSDに, この特殊な書き込みをするのが「簡単koboバックアップ」です.
「簡単koboバックアップ」は, 購入書籍, 自炊書籍, 読書に関するデータなどには一切触れませんので, 「簡単koboバックアップ」をつかっても, 書籍などはそのままです. カードスロットに差し込んだ microSD だけを, 工場出荷時の状態の内蔵microSDのようにするだけです.
パソコンなどでの作業は, 「簡単koboバックアップ」の本体ファイル KoboRoot.tgz を kobo glo/Touch にコピーするだけです.
アクティベーション(オンラインライセンス認証)する前でもつかえます. ということは, 新品の kobo glo/Touch を箱からだして, すぐに, そのままつかえますので, 後々のために, とりあえず, 「簡単koboバックアップ」で内蔵microSDのバックアップをとっておいてはいかがでしょうか.
容量の大きなmicroSDに内蔵microSDを差し替えれば(換装すれば), それなりの容量拡大が期待できます. ただし, 実際の内蔵microSDの差し替え(換装)は裏蓋をこじ開ける(殻割)などしなければなりません. さすがに, ソフトウェアだけでは, 差し替え(換装)作業はできません. 差し替え(換装)の物理作業については, ほかをあたってください.
なお, 作者のfakeshは kobo glo しか所有していませんので, 実機での検証は kobo glo でしか行っていません. kobo Touch については, 『2ちゃんねる Kobo Touch/Glo/Mini hacking スレ』の有志の方から, 成功報告をいただきました. microSDスロットのない kobo mini は対象外です. また, 同じ kobo glo/Touch であっても, 購入時期によって, 中身が違うことがあるようなので, 必ずつかえるとはいいきれません. どうしても, うまくいかない場合は, fakesh's blog へお知らせいただければ, 保証はできませんが, 解決するかもしれません. kobo Aura HD (日本未発売) や, kobo Aura でつかえるかは不明ですが, 可能性はあります. ただし Aura は 内蔵microSDでないようです.
ひらたくいえば, 「簡単koboバックアップ」は, 工場出荷時の状態にもどす を外部microSDカードスロットに対して簡単に自動的にしてくれるソフトウェアです. 成功して差し替え(換装)をした場合, 容量など以外は工場出荷時の状態になります. この場合, アップデート, 辞書, 購入書籍などのコンテンツは, 同期 することでもとにもどるでしょう. 自炊書籍などは, 差し替え(換装)まえに別に保存しておいてください.
注意: できあがりましたmicroSDカードは, その microSD をつくった kobo glo/Touch 専用になります. また, 特殊な書き込みがなされているので, 再初期化しないがぎり通常のmicroSDカードを扱う機器では読み書きできません. なお, 「簡単koboバックアップ」は, microSD の差し替え(換装)を推奨するものではありません.

2. 用意するもの

用意するものは, 2.1.–2.4. の4つです.

2.1. kobo glo/Touch 本体と usbケーブル(付属品でOK).

あたりまえですね.

2.2. 内容を消去してしまってもかまわないmicroSD(SDHC)カード1枚.

ただし, そのmicroSD(SDHC)カード容量は 1GB 以上. 内部のmicroSDと差し替え(換装)可能にするカードです. 1GBでもダイジョブです(ログファイルのサンプル). 事前に, microSDカードを, 初期化(フォーマット)する必要はありません.

2.3. 「簡単koboバックアップ」.

配布元: http://sourceforge.jp/users/fakesh/pf/easyKoboBackup/files/ にアクセスして本体 KoboRoot.tgz または, UNIX系GUI環境(含Mac OS X)用の easyKoboBackup3.tar.bz2 をダウンロードしてください. easyKoboBackup3.tar.bz2 にも, 同じ KoboRoot.tgz が含まれています.

2.4.パソコンなど, KoboRoot.tgz の書き込みなどの操作ができる機器 UH.

kobo glo/Touch 本体を usbメモリー として認識して, ファイル KoboRoot.tgz の書き込みなどの操作ができる機器. usb がつかえるパソコンであれば, 十分です. NAS や ある種のメディアプレイヤーや iP[aho][do]* や Android や Raspberry Pi などでも, やりかたは, 知りませんが, できるでしょう. fakesh所有のチョット高機能なメディアプレイヤーでも, できました. この機器を UH と書くことにします. 普通のusbメモリーに書き込みができる機器であれば, UHとして機能するでしょう.

3. つかいかた

つかいかたは, 簡単ですが, 「長い説明は読みたくない」, 「とりあえずやってみよう」, というのであれば, 3.6. まとめをみてください.

3.1. kobo glo/Touch と UH を接続する.

重要: microSDカードスロット(本体の左側面)には, microSDを差し込まない状態で kobo glo/Touch と UH をusbケーブルで接続してください.
使用中の kobo glo/Touch であれば, 「PCを検知しました...」という画像がでるので, ボタン接続にタッチ(をタップ)します. アップグレードした場合や, 日本語以外の場合は, 表示などが違うかもしれません. また, この種の画面にならない場合は, UH としてはつかえない機器ですので, この種の画面になるような別の機器でお試しください. kobo glo/Touch に「PCに接続されています。...」という画像がでれば, UH が kobo glo/Touch を認識しているはずです.
アクティベーション前であれば, UH と接続することで kobo glo/Touch が起動して言語の選択画面になるでしょう. 日本語 にタッチ(をタップ)し, さらに PCにUSB接続してセットアップ にタッチ(をタップ)することで kobo glo/Touch の画像がかわり, UH が kobo glo/Touch を認識します.
多くの UH では kobo glo/Touch を認識すると, 自動的にマウントという作業がなされ, UH から kobo glo/Touch を usbメモリー として扱うことができるようになります. usbメモリー を挿すだけで扱うことができる UH であれば, kobo glo/Touch についても自動的にマウントをしてくれるはずです. 自動的にマウントしてくれない UH ついては, 手動でマウントの作業をしてください. マウント方法は UH によりますので, お調べください(fakesh は手動でやってます).

3.2. KoboRoot.tgz のコピー.

UH から kobo glo/Touch の .kobo という所に 2.3.でダウンロードした KoboRoot.tgz をコピーします. UH の種類により方法がちがいますので, お調べください.
UNIX系GUI環境(含Mac OS X)では, ダウンロードしたファイル easyKoboBackup3.tar.bz2 を展開して, できたフォルダ easyKoboBackup3 のなかの KoboRoot.tgzdot_kobo-xdg または dot_kobo-macOSX がフォルダ型アイコンになっていれば, そこにドラッグ アンド ドロップすることで .kobo にコピーできるでしょう. どちらも, フォルダ型アイコンになっていない場合や, GUIが面倒なときは, 端末から,
PROMPT$ cp KoboRoot.tgz /media/KOBOeReader/.kobo/
Mac OS X なら(fakesh所有のTigerでは), ターミナルから,
PROMPT$ cp KoboRoot.tgz /Volumes/KOBOeReader/.kobo/
でいいでしょう. それでもダメなら,
PROMPT$ echo /*/*/.kobo/ /*/*/*/.kobo/
でコピー先がヒットするでしょう(ash, rc, ksh, bash).

3.3. UH と kobo の接続を解除する(アンマウントする).

接続を解除する前に, 2.2.で用意したmicroSD(SDHC)を, いつでも, セットできるように, kobo glo/Touch の microSDカードスロットに 軽く差し込んでおきましょう. 重要: まだ奥まで差し込まないでください. 接続の解除(アンマウント)も UH により方法がちがいますので, お調べください. よくわからないようであれば, UH の電源を正式な手順で切れば接続が解除されるはずです. fakeshもチョット高機能なメディアプレイヤーでは, 付属のリモコンで電源を切りました. 決してUH の電源コンセントをヒッコヌクことで電源を切るようなことはしないでください. 「接続を解除」と書いてきましたが, kobo glo/Touch の場合, 普通のusbメモリーと同じ方法では接続を解除できないようです. ただし, マウントの解除(アンマウント)はできますので問題ないはずです.

3.4. microSD をセットする.

UH との接続を解除すると, 一瞬, kobo glo/Touch の画面が更新中の砂時計の画面になり, すぐに(左:glo / 右:Touch)
(画面:I)
insert
という画面になります. もし, この(画面:I)にならないときは, もう一度 3.1. からやりなおしてください. この(画面:I)になると同時に LED赤LED緑消... のように点滅します. LED は本体の上側面の右側, 電源スイッチの左で光ります. この状態になりましたら 3.3. で軽く差し込んでおいた microSD をカチッと音がするまで奥に差し込んでください. セットしないままで30秒たちますと, (画面:I)の文字とmicroSDの絵が消えて(画面:IV)になり, LED白 が十数回点滅して, kobo glo/Touch は再起動されます. 30秒以内に microSD がセットされると, 画面は(左:glo / 右:Touch)
(画面:II)
約4分
writing
となり, 同時に LED青LED赤=青==青==青=... のように点滅します. このとき, カードスロットのmicroSDに特殊な書きこみをしています. この状態のときは, microSDを取り出さないでください. SDカードのスピードクラス 2,4,6,10 などのようなmicroSDの書き込み速度能力にもよりますが, 書き込みの終了までおよそ4分かかります. 万が一, この(画面:II)で の点滅が15分以上つづくようでしたら, 本体の (glo:下 / Touch:裏) にある小さい穴に爪楊枝などを差し込んでリセットしてください. の点滅中にリセットすると, 再起動後, 一瞬だけ砂時計の画面になり, もう一度再起動しますがkobo glo/Touch 本体は次の 3.5. のログ以外はもとどおりのはずです. この場合, ログは未整形ですが残りますので, 調べれば原因がわかるかもしれません. microSDの書き込み中は の点滅速度が段々とはやくなっていきますので, 書き込みの進行目安にしてください. 4分ほどたって, 書き込みが終了すると画面は(左:glo / 右:Touch)
(画面:III)
成功:
失敗:
点滅
0h256eje.png
となり, 成功であれば, LED緑 の点滅になります. の点滅になりましたら microSD を取りだしてください. 取りだすまでは, 電池のかぎり, いつまでも, の点滅状態です. 何らかの原因で書きこみに失敗すると LED黄 の点滅になります. 失敗しても, 本体には影響がないので, ダイジョブです. の点滅の場合と同じように, microSD を取りだしてください. でも でも, microSD を取りだすと, 文字もmicroSDもない画面
(画面:IV)
点滅
十数回
0h256.png
になり, LED白 が十数回点滅して, kobo glo/Touch は再起動されます. 再起動後, kobo glo/Touch 本体は, 次の 3.5.のログ以外そのままです. アクティベーション前であれば, アクティベーション前のままです.

3.5. ログ(記録)の確認.

書き込みが成功しても失敗しても, ログ(記録)が kobo glo/Touch 本体に残ります. もう一度, UH と接続してみてください. backupYYMMDDhhmm.log.txt というファイルがログです. YY が西暦の下二桁, MM が月, DD が日, hh が時, mm が分です. 「簡単koboバックアップ」の実行日時が 西暦2107年の10月2日午後11時8分であれば, backup0710022308.log.txt です. だだし, アクティベーション前など, 日時の設定が済んでいない場合は, YYMMDDhhmm およびログに書かれている時刻が, ずれているかもしれません.
このログファイルの最後のほうに |+++ OKOKOK SUCCESSFULLY BACKUPED +++| とあれば, microSDスロットへの書き込みは成功しています. 失敗しても, microSD を挿さずにやめても, このログファイルには現在の内蔵記憶装置(microSD)のシステム配置(パーティション) などが記録されているはずです. 成功して, 内蔵のmicroSDと差し替える(換装する)のであれば, 役にたつこともありますので, そのログファイルもいっしょに保管しておいてください. また, ログファイルは, 英数字と基本的な記号だけで書かれているので, kobo glo/Touch 本体から消去せずに UH との接続を解除すれば, kobo glo/Touch 本体で読むこともできます (ログファイルのサンプル).

3.6. まとめ.

以上, 詳細にかつ誤解できないように書いたので, 長くなってしまいましたが, 簡潔に書くと,
  1. microSDを挿さずに kobo を UH接続して KoboRoot.tgz.koboコピー.
  2. kobo を UH からはずして (画面:I) の点滅になったらmicroSDを挿す. 挿さないまま30秒たったときは次の次の次のE.へ.
  3. (画面:II) の点滅は書きこんでいるとき, 点滅は段々はやくなっていく. 約4分.
  4. (画面:III) の点滅は成功, の点滅は失敗. どっちになってもmicroSDを取りだす.
  5. (画面:IV) の点滅十数回の後に再起動.
  6. 再起動後にログの確認.
です.
どうしても, うまくいかない場合は, fakesh's blog へお知らせいただければ, 保証はできませんが, 解決するかもしれません.

4. そのほか

  • 現行の version 3 では, 書き込まれたmicroSDに, もとの kobo glo/Touch にはない swap partition という領域が確保されます. swap partition の大きさは書き込むmicroSDの容量に応じて決めています(fakesh の好みですが). この swap partition は, そのままでは, 役にたちません. swap partition を活用するためには, ほかをお調べください. また, リリースはまだですがプログラム fakesh本体でも, swap partition を活用しています.
  • swap partition の大きさなど, いろいろとカスタマイズ可能です. 方法は, 書きませんが, ログをよく読めばわかるようになってます. キーワードは, koboBackup.paramspcl: です (ログファイルのサンプル).
  • 次期 version 4 では, カスタマイズしなければ, swap partition を確保せず, コンテンツを保存する領域を大きくする予定です. その分, 容易にカスタマイズできるようにする予定です.
  • この「簡単koboバックアップ」は, プログラム fakesh本体の部品
    etc/fakesh/tools/koboBackup.sh
    etc/fakesh/tools/wrapping-mount-dosfsck.sh
    
    から, これも本体の部品
    etc/fakesh/tools/addVerCheck.sh
    
    をもちいて, これもまた本体の部品
    etc/fakesh/tools/outputEKBuu.sh
    
    により kobo glo 自身に自動生成させたものです.
  • 紛らわしいですが, fakesh は作者(ユーザー名), fakesh はプログラム名です. どのように読んでもらってもかまわないのですが, fakesh 自身は, どちらも「フェイクシェル」と読んでいます. 意味は, ... そういう意味です.
  • version 3 で 公式アップデート(ファームウェア) 2.6.0 以降に対応しました. 手元の glo にて 3.0.1 までは検証済です. できあがるmicroSDカードには影響しませんが...

Copyright © 2013 fakesh. http://sourceforge.jp/users/fakesh/