Download List

Sponsored link

Project Description

CLX C++ ライブラリは,文字列処理やネットワークプログラミングの補助などを行うための,ヘッダファイルのみで構成された C++ ライブラリです.CLX は,システム(Windows または Linux)に関わらず,同じインターフェースで利用することができます.動作確認は,gcc 4.0.2 (Linux), gcc 4.3.4 (cygwin),Visual Studio 2010, および Borland C++ Compiler 5.5 で行っています.ただし,コンパイラによっては利用できないライブラリも存在します.コンパイラ毎のエラー状況については,http://sourceforge.jp/forum/forum.php?thread_id=26992&forum_id=15378 を参照して下さい.

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2010-06-02 11:34
clx 0.17.0 (3 files Hide)

Release Notes

  • ビット処理(バイト処理)を行うメタ関数 (lower_mask, upper_mask, combine, reverse, rotate, min, max) を追加.
  • bitmask を mpl::lower_mask, mpl::upper_mask に変更.
  • ini で,特定のセクションに属さない key=value 群の処理を追加(v[""]key のようにしてアクセスする).
  • convert 関数の新規作成.
    • hexdump, uri::encode, uri::decode, html::escape, html::unescape, base64::encode, base64::decode を convert ベースに修正.
  • UTF-8 の関数を修正・追加
    • get_unicode() / peek_unicode()(取得した文字を Unicode に変換)を追加.
    • encode (Unicode -> UTF-8), decode (UTF-8 -> Unicode) を追加.
    • UTF-8 では UTF-16 のサロゲート・ペアは対応しない(例外送出).
  • UTF-16 の関数を追加
    • get_unicode() / peek_unicode()(取得した文字を Unicode に変換)を追加.
    • 上記は,主にサロゲート・ペアへの対応.
  • チケット #21553 への対応.
  • Visual Studio 2010 コンパイラへの対応.

Changelog

No Changelogs