Download List

Sponsored link

Project Description

OpenOffice.org document project by oooug.jp

System Requirements

System requirement is not defined

Released at 2010-01-17 22:01
DefaultSettingsForJapanese.oxt With IPAFont 1.1 (1 files Hide)

Release Notes

OpenOffice.orgの初期設定を改善する拡張機能です。Writer、Calc、Impress、Drawの初期設定用テンプレートや実用テンプレート、さらにギャラリーのクリップアートを含みます。

この拡張機能に関するご意見、ご要望は、OpenOffice.org日本ユーザー会SNSの「OOoの日本語環境を考える」コミュニティへお寄せください。

インストールに関するご注意

OpenOffice.orgをインストール直後に、本拡張機能をインストールされることをお薦めします。また、古いユーザー設定が残っている場合、本拡張機能の設定が反映されない場合があります。このような場合は、古いユーザー設定を別名で保存したり、削除することをお薦めします。古いユーザー設定に関 しては、OpenOffice.org Q&Aの「faq/1/202 OOoの画面や設定がおかしくなってしまいました。」(http://oooug.jp/faq/index.php?faq/1/202)をご覧ください。
本拡張機能のテンプレートでは、多くがIPAフォントを利用しています。正しいデザインで表示するためにはお使いのOSにあらかじめIPAフォントをインストールしておいてください。

* IPAフォントのダウンロード
http://ossipedia.ipa.go.jp/ipafont/

* インストール可能な実行環境
o Windows/UNIX互換OS/Mac OS Xなどマルチプラットフォームで動作可能
o OpenOffice.org 3.0以上

本拡張機能 DefaultSettingsForJapanese.oxt のMD5値

455f47910c3fdd26036ebd35efea2379

IPAフォント同梱版 DefaultSettingsForJapaneseWithIPAfont.zip のMD5値

5e39630d09459598da7adf4c436c54a3

テンプレートの改善による不具合修正に関するご注意

旧バージョンの本拡張機能のテンプレートを使った既存のドキュメントに関しては、本拡張機能をインストールしても旧バージョンの不具合は修正されません。本バージョンの不具合修正である、ImpressとPowerPointの互換性に関する問題は、お手数をかけますが、既存ドキュメントの修正をお願いします。

3.2以降のOpenOffice.orgで利用する際のご注意

本拡張機能を用いてWriterを起動する際、「一般的なエラー」というダイアログが表示されるという不具合が、3.2以降のOpenOffice.orgで発生します。[OK]ボタンをクリックすれば、問題なくWriterを起動できます。

この問題は、OpenOffice.orgの不具合・要望データベースであるIssueTrackerに登録しました。不具合として確認され、3.3で修正される予定です。Writerの動作に支障がないことも確認されています。この不具合が修正されるまで、ご不便をかけますが、「一般的なエラー」ダイアログは、[OK]ボタンをクリックして閉じていただくようお願いします。

IssueTrackerに登録したIssueは以下のURLで見ることができます。

http://ja.openoffice.org/issues/show_bug.cgi?id=108078

「一般的なエラー」ダイアログを表示させない方法は、下記の『「日本語環境改善拡張機能」に関するQ&A』に掲載しますが、一度設定を変更すると本拡張機能の利便性は失われますので、ご注意ください。

「日本語環境改善拡張機能」に関するQ&A
http://openoffice-docj.sourceforge.jp/wiki/Documentation/Extension_Manual/DefaultSettingsForJapanese/FAQ

本拡張機能で実現するOpenOffice.orgの環境改善

* 日本語レイアウト
o カーニング「半角英字と日本語の区切り記号」
o 文字間隔の調整「句読点のみを詰める」
o 上記はWriter4ja.ottを標準テンプレートに設定することで実現
o Writer以外の日本語レイアウトは、カーニング「英数字のみ」、文字間隔の調整「間隔を詰めない」に(1.1以降)
※Writerで等幅フォントを利用する場合は、文字間隔の調整を「間隔を詰めない」設定とした方がWordとの互換性は高くなります。

* Writer
o フォント/IPA明朝(英数字用、日本語用とも)、フォントサイズ/10.5ポイント
o 段落の書式を「両端揃え」
o「句読点のぶら下げを行う」をオフ
o ページスタイルのページ余白を左3cm、右3cm、上3.5cm、下3cmに(1.1以降)
o ページスタイルの行数と文字数を「行数だけを指定する」、ページ単位の行数36、1文字の最大サイズ18ptに(1.1以降)
o プロパティーの「ユーザーデータを使用する」をオフ
o 互換性オプションの「テキストの行間にリード(余分なスペース)を入れない」をオン
※「標準の文字数を使う」場合は、段落の「インデントと行間隔」の行間隔を131%に設定すると、オリジナルのWriterとほぼ同じ行間隔になります。
o 上記はWriter4ja.ottを標準テンプレートに設定することで実現
o オートコレクトオフ
o スペルチェックオフ

* Calc
o フォント/IPAゴシック(英数字用、日本語用とも)、フォントサイズ/10ポイント
o ヘッダ、フッタなし
o セルの幅 24.27mm、高さ5.45mm(標準の余白ぎりぎりにA1:G47を印刷範囲に設定)
※通常のセルの挿入では標準のセルの幅、高さのシートが作成されます。標準テンプレートと同じセルの幅、大きさのシートを挿入する場合は、「シートの移動またはコピー」メニューを選択してください。
o オートインプットオフ
o プロパティーの「ユーザーデータを使用する」をオフ
o 上記はCalc4ja.otsを標準テンプレートに設定することで実現
o オートコレクトオフ
o スペルチェックオフ
o 以下の順序リストを追加
(日),(月),(火),(水),(木),(金),(土)
1月,2月,3月,4月,5月,6月,7月,8月,9月,10月,11月,12月
第1四半期,第2四半期,第3四半期,第4四半期
第1四半期,第2四半期,第3四半期,第4四半期
睦月,如月,弥生,卯月,皐月,水無月,文月,葉月,長月,神無月,霜月,師走
子,丑,寅,卯,辰,巳,午,未,申,酉,戌,亥
子年,丑年,寅年,卯年,辰年,巳年,午年,未年,申年,酉年,戌年,亥年
甲,乙,丙,丁,戊,己,庚,辛,壬,癸
先勝,友引,先負,仏滅,大安,赤口
一月,二月,三月,四月,五月,六月,七月,八月,九月,十月,十一月,十二月
春,夏,秋,冬
牡羊座,牡牛座,双子座,蟹座,獅子座,乙女座,天秤座,蠍座,射手座,山羊座,水瓶座,魚座
おひつじ座,おうし座,ふたご座,かに座,しし座,おとめ座,てんびん座,さそり座,いて座,やぎ座,みずがめ座,うお座

* Impress
o フォント/IPA Pゴシック(英数字用、日本語用とも)
o スタイルの英数字用、日本語用フォントサイズの統一
o 図形の表面色をデフォルトでなしに
o プロパティーの「ユーザーデータを使用する」をオフ
o 上記はImpress4ja.otpを標準テンプレートに設定することで実現
o 起動直後に白紙のテンプレートを作成
※Impress標準のウィザードを起動する場合は、オプションで「ウィザードで開始」のチェックボックスをオンにしてください。そのかわりImpress4ja.otpを標準テンプレートとして利用できなくなります。
o オートコレクトオフ
o スペルチェックオフ

* Draw
o フォント/IPA Pゴシック(英数字用、日本語用とも)
o スタイルの英数字用、日本語用フォントサイズの統一
o 図形の表面色をデフォルトでなしに
o プロパティーの「ユーザーデータを使用する」をオフ
o 上記はDraw4ja.otgを標準テンプレートに設定することで実現
o オートコレクトオフ
o スペルチェックオフ

* ラベルデータ
o 0.46から日本の用紙メーカーのラベルデータをマージ

* ギャラリのクリップアートと実用テンプレート
o 0.46からあわしろいくやさんがまとめられたSozaiOOoを収録
o 収録に当たり、ファイルベースのクリップアートを再登録
※ファイルベースでは、クリップアートを挿入できないための変更です。
o 収録に当たり、テンプレートの保存ディレクトリをforms、layout、personalに再編成
※Impressのマスターページ用テンプレートは、layoutディレクトリに収録することでプレビュー表示が速くなりました。また、formsは「業務用書類と契約書」、 layoutは「プレゼンテーション背景」、personalは「個人用通信文とドキュメント」というあらかじめ決められた日本語の名称でディレクトリを 表示できるようになりました。

関連ドキュメント

「日本語環境改善拡張機能」の使い方に関するドキュメントを用意しました。下記をご覧ください。

「日本語環境改善拡張機能」の使い方
http://openoffice-docj.sourceforge.jp/wiki/Documentation/Extension_Manual/DefaultSettingsForJapanese

ライセンス

* 拡張機能を構成するXMLソース部分に関するライセンスはLGPL 3です
* 本拡張機能のために用意したテンプレート(Calc4ja.ots、Draw4ja.otg、Impress4ja.otp、Writer4ja.ott)のライセンスは、Creative Commonsの「表示 2.1 日本」ライセンスとします
* SozaiOOo部分のライセンスは独自のものです

※いずれも本拡張機能のインストール時に詳細を確認できます。


ToDo

* Word 2003に準拠した挨拶文を「入力支援」機能に追加(1.1で済み)
* ライセンスの整理
* クリップアートをOpen Clip Artベースに変更(別の拡張機能になる可能性があります)
* 独自のテンプレート、クリップアートの収集


変更履歴

* 2010/1/15 1.1

o 新機能

o 「拡張機能の更新」への対応
o Word 2003に準拠した挨拶文を「入力支援」機能に追加

o 以下の設定を変更

o Writer
o 互換性オプションの「テキストの行間にリード(余分なスペース)を入れない」をオン
o ページスタイルのページ余白を左3cm、右3cm、上3.5cm、下3cmに
o ページスタイルの行数と文字数を「行数だけを指定する」、ページ単位の行数36、1文字の最大サイズ18ptに
※ほぼWord 2003の標準の書式と同じ設定です。

o 以下の不具合を修正

o PowerPointとImpressの互換性の点で、文字送りが異なってしまう問題が起きる(日本語レイアウトのカーニング「半角英字と日本語の区切り記号」、文字間隔の調整「句読点のみを詰める」の設定を標準に戻した。Writerのみテンプレートで対応)

o 以下のテンプレートのファイル名を変更

o 「clone of Excel.ots」->「clone_of_Excel.ots」

* 2009/08/31 1.0.1リリース

o 以下の不具合を修正

o Writer4ja.ottのスタイルのうち、文章に対するスタイルではない箇条書きなどは「両端揃え」から「左揃え」へ修正

o Impress4ja.otsのスタイルのうち、ノート、配布資料のページスタイルの用紙を「Letter」から「A4」へ修正

* 2009/06/29 1.0リリース
o 背景テンプレートではないWith-years.ja.otpをlayoutディレクトリからpresntディレクトリへ移動
o 背景テンプレートではないopenblue.otpをlayoutディレクトリからpresntディレクトリへ移動
o 背景テンプレートではないMusic.ja.otpをlayoutディレクトリからpresntディレクトリへ移動
o 背景テンプレートではないDASparkle.otpをlayoutディレクトリからpresntディレクトリへ移動
o 背景テンプレートではないButterflies.otpをlayoutディレクトリからpresntディレクトリへ移動
o 背景テンプレートではないBlueBoxes_ja_11.otpをlayoutディレクトリからpresntディレクトリへ移動
o Impress4ja.otsのプロパティーの「ユーザーデータを使用する」をオフ
o Draw4ja.otsのプロパティーの「ユーザーデータを使用する」をオフ
o Draw4ja.otgのページ設定の用紙サイズの書式を「A4」に変更
o Calc4ja.otsのプロパティーの「ユーザーデータを使用する」をオフ
* 2009/05/13 0.47リリース
o あわしろいくやさんがまとめられたSozaiOOoのIPAフォント対応版を収録
o Impressの起動後の動作を白紙のテンプレート表示に変更
o ギャラリー「ホームページ3」で登録されている画像が重複している不具合を修正
* 2009/05/10 0.46リリース

バージョン0.46からはギャラリーのクリップアートや実用的なテンプレートをまとめたSozaiOOoの成果も収録しました。


謝辞

標準テンプレート(Calc4ja.ots、Draw4ja.otg、Impress4ja.otp、Writer4ja.ott)は、catchさんが作成したものに変更を加えました。catchさんに感謝します。オリジナルは以下からダウンロードできます。

* http://sourceforge.jp/projects/openoffice-docj/releases/?package_id=6913

SozaiOOoはあわしろいくやさんがまとめられたものです。また、拡張機能化では、中本崇志さんのSozaiOOo.oxt拡張機能を参考にさせていただきました。両者及びSozaiOOoのクリップアートやテンプレートの作者の方々に感謝します。

* SozaiOOoリリースノート
http://sourceforge.jp/projects/openoffice-docj/releases/16875/note
* SozaiOOo.oxt
http://bd.tank.jp/openoffice/extension/sozaiooo.html

Calcの順序リストはcurvirgoさんが開発されているOpenOffice.org独自ビルドプロジェクトのWaoooを参考にしました。感謝します。

オートコレクトオフははにゃ?さんの以下のサイトを参考にしました。感謝します。

* http://hermione.s41.xrea.com/pukiwiki/pukiwiki.php?Extensions%2FConfiguration

英語のライセンス、説明文の訳はYさんにチェックしてもらいました。感謝します。

プロジェクトリーダー:鎌滝雅久(kamataki@openoffice.org

※本リリースノートは拡張機能のreadmesディレクトリにも収録されています。ただし、「本拡張機能のMD5値」はパッケージングの都合上、拡張機能に収録されたリリースノートには含まれません。

Changelog

No Changelogs