[pal-cvs 3422] [1156] updated config doc.

svnno****@sourc***** svnno****@sourc*****
2008年 9月 11日 (木) 17:23:27 JST


Revision: 1156
          http://svn.sourceforge.jp/cgi-bin/viewcvs.cgi?root=pal&view=rev&rev=1156
Author:   shinsuke
Date:     2008-09-11 17:23:27 +0900 (Thu, 11 Sep 2008)

Log Message:
-----------
updated config doc.

Modified Paths:
--------------
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/port.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/navigation.xml

Added Paths:
-----------
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/context.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/mail.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/proxy.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/session.xml
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/spring.xml


-------------- next part --------------
Added: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/context.xml
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/context.xml	                        (rev 0)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/context.xml	2008-09-11 08:23:27 UTC (rev 1156)
@@ -0,0 +1,54 @@
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<document>
+  <properties>
+    <title>設定</title>
+    <subtitle>コンテキストの変更</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****"/>
+    </authors>
+  </properties>
+  <body>
+    <section name="コンテキストの変更について">
+      <p>
+PALポータルは、標準で Tomcat 5.5 をインストールして、palportal コンテキストにインストールします。
+インストール後、コンテキストを変更したい場合は、本節の設定で変更することができます。
+      </p>
+    </section>
+    <section name="コンテキストの変更">
+      <subsection name="PALポータルの停止">
+        <p>
+PALポータルを起動している場合は、停止します。
+        </p>
+      </subsection>
+      <subsection name="コンテキストの変更">
+        <p>
+本手続きでは http://localhost:8080/palportal/ でアクセスしていたものを http://localhost:8080/ に変更することを考えます。
+ルートコンテキスト(ROOT) ではない場合は、利用したいコンテキスト名に置き換えて読んでください。
+        </p>
+既存の ROOT を削除します。
+<source><![CDATA[
+$ rm -r webapps/ROOT
+]]></source>
+        <p>
+palportal を ROOT に名前変更します。
+        </p>
+<source><![CDATA[
+$ mv webapps/palportal  webapps/ROOT
+]]></source>
+        <p>
+conf 以下にある palportal.xml も ROOT.xml に名前変更します。
+既に Tomcat を起動している場合は、work などにキャッシュが存在する場合があるので、削除します。
+        </p>
+<source><![CDATA[
+$ rm -rf work/*
+]]></source>
+      </subsection>
+      <subsection name="PALポータルの起動">
+        <p>
+PALポータルを起動します。
+上記の設定により http://localhost:8080/ でアクセスすることができるようになります。
+        </p>
+      </subsection>
+    </section>
+  </body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/context.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/mail.xml
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/mail.xml	                        (rev 0)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/mail.xml	2008-09-11 08:23:27 UTC (rev 1156)
@@ -0,0 +1,44 @@
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<document>
+  <properties>
+    <title>設定</title>
+    <subtitle>メールサーバーの設定</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****"/>
+    </authors>
+  </properties>
+  <body>
+    <section name="メールサーバーの設定について">
+      <p>
+PALポータルは、ゲストアクセスからのユーザー登録処理やパスワード再発行時にメールサーバーが必要になります。
+メールサーバーが正しく設定されていない場合は、それらの機能を利用することができません。
+      </p>
+      <p>
+メールサーバーの設定は管理コンポーネントにより設定されています。
+コンポーネントの設定ファイルでメールサーバーの情報を変更することができます。
+      </p>
+    </section>
+    <section name="メールサーバーの変更">
+      <p>
+通常、インストール時の設定において、メールサーバーの値が更新されます。
+インストール後にメールサーバーの情報を変更したい場合は、<code>webapps/palportal/WEB-INF/assembly</code> 内の administration.xml の以下の値を変更します。
+      </p>
+<source><![CDATA[
+  <bean id="mailSender" class="org.springframework.mail.javamail.JavaMailSenderImpl">
+    <property name="host"><value>localhost</value></property>
+    <property name="username"><value></value></property>
+    <property name="password"><value></value></property>
+      <property name="javaMailProperties">
+          <props>
+              <prop key="mail.smtp.auth">false</prop>
+          </props>
+      </property>
+  </bean>
+]]></source>
+      <p>
+host がメールサーバー名、username と password はメールサーバーのユーザー名とパスワードで、認証が必要な場合は mail.smtp.auth を true にして有効にします。
+値を更新した場合は、PALポータルを再起動後に有効になります。
+      </p>
+    </section>
+  </body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/mail.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Modified: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/port.xml
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/port.xml	2008-09-11 06:33:34 UTC (rev 1155)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/port.xml	2008-09-11 08:23:27 UTC (rev 1156)
@@ -15,7 +15,8 @@
       </p>
       <p>
 PALポータルを Tomcat 以外のアプリケーションサーバーで動作させる場合は、アクセスポートの変更方法はそのアプリケーションサーバーの設定方法に従います。
-      </p>
+  
+    </p>
     </section>
     <section name="受信ポートの変更">
       <p>

Added: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/proxy.xml
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/proxy.xml	                        (rev 0)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/proxy.xml	2008-09-11 08:23:27 UTC (rev 1156)
@@ -0,0 +1,18 @@
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<document>
+  <properties>
+    <title>設定</title>
+    <subtitle>プロキシの設定</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****"/>
+    </authors>
+  </properties>
+  <body>
+    <section name="プロキシの設定について">
+      <p>
+PALポータルをイントラネット環境に構築し、ポートレットなどでインターネットにアクセスする必要がある場合は、プロキシ情報の設定が必要になります。
+通常、JAVA_OPTS 環境変数に -Dhttp.proxyHost=&lt;YOUR_PROXY_HOST&gt; -Dhttp.proxyPort=&lt;YOUR_PROXY_PORT&gt; を設定して、PALポータルを起動すると有効になります。
+      </p>
+    </section>
+  </body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/proxy.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/session.xml
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/session.xml	                        (rev 0)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/session.xml	2008-09-11 08:23:27 UTC (rev 1156)
@@ -0,0 +1,39 @@
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<document>
+  <properties>
+    <title>設定</title>
+    <subtitle>セッション共有</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****"/>
+    </authors>
+  </properties>
+  <body>
+    <section name="セッション共有について">
+      <p>
+PALポータルも各ポートレットもアプリケーションサーバー上では 1 つのウェブアプリケーションとして動作しています。
+ポートレットへの呼び出しは、ポータルを経由するアクセスであるので、クロスコンテキストなアクセスになります。
+そのため、通常の Tomcat では、ポートレットでセッションを取得して、アプリケーションスコープで値を保存しても、そのポートレットのコンテキストにあるサーブレットにアクセスしてセッションからその値を取得できません。
+      </p>
+      <p>
+PALポータルでは、ポートレットのコンテキストにある、ポートレットのセッションとサーブレットのセッションにある値を共有できるように、デフォルトで Tomcat に対して、emptySessionPath を有効にしています。
+もし、PALポータルにバンドルされた Tomcat を利用しない場合は、その値を有効にする必要があります。
+      </p>
+    </section>
+    <section name="emptySessionPath の設定">
+      <p>
+PALポータルにバンドルされた Tomcat では、emptySessionPath を true で設定されています。
+emptySessionPath を設定する場合は、<code>conf/server.xml</code> の以下の箇所に emptySessionPath を追加します。
+      </p>
+<source><![CDATA[
+    <Connector port="8080" maxHttpHeaderSize="8192"
+               emptySessionPath="true"
+               maxThreads="150" minSpareThreads="25" maxSpareThreads="75"
+               enableLookups="false" redirectPort="8443" acceptCount="100"
+               connectionTimeout="20000" disableUploadTimeout="true" />
+]]></source>
+      <p>
+値を変更後、設定を保存し、ポータルを再起動後に有効になります。
+      </p>
+    </section>
+  </body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/session.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Added: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/spring.xml
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/spring.xml	                        (rev 0)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/spring.xml	2008-09-11 08:23:27 UTC (rev 1156)
@@ -0,0 +1,191 @@
+<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
+<document>
+  <properties>
+    <title>設定</title>
+    <subtitle>コンポーネントの設定</subtitle>
+    <authors>
+      <person name="菅谷信介" email="shins****@yahoo*****"/>
+    </authors>
+  </properties>
+  <body>
+    <section name="コンポーネントの設定について">
+      <p>
+PALポータルは、コンポーネントアーキテクチャを採用しており、コンポーネントの管理には Spring フレームワークを利用しています。
+そのため、コンポーネントを管理する設定ファイルは、Spring の設定ファイルに基づいて記述されています。
+それらの設定ファイルは、<code>webapps/palportal/WEB-INF/assembly</code> に保存されています。
+      </p>
+    </section>
+    <section name="コンポーネント一覧">
+      <p>
+インストールされるコンポーネント設定ファイル一覧は以下の通りです。
+      </p>
+<table>
+  <tr>
+    <th>設定ファイル名</th>
+    <th>説明</th>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>administration.xml</td>
+    <td>ポータルの管理用コンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>aggregation.xml</td>
+    <td>コンテンツ集約を処理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>ajax-layout.xml</td>
+    <td>AJAX API で使用されるコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>ajax.xml</td>
+    <td>AJAX サービスを提供するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>cache.xml</td>
+    <td>キャッシュを管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>capabilities.xml</td>
+    <td>クライアントを識別するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>cluster-node.xml</td>
+    <td>クラスタノードを管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>deployment.xml</td>
+    <td>配備処理をするコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>headtag.xml</td>
+    <td>headタグで出力するタグを管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>hierarchical-principal-names.xml</td>
+    <td>階層的なロール、グループ、ユーザーを制御します</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>importer-page-manager.xml</td>
+    <td>PSMLデータのインポートを管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>interceptors.xml</td>
+    <td>インタセプタを設定するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>jetspeed-base.xml</td>
+    <td>ポータルで利用するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>jetspeed-production.xml</td>
+    <td>jetspeed-production.properties を利用するときに使うコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>jetspeed-services.xml</td>
+    <td>ポータル内で利用するサービスをまとめたコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>jetspeed-spring.xml</td>
+    <td>ポータル内で必要なコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>multiple-action.xml</td>
+    <td>複数の Ajax アクションを利用するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>page-manager.xml</td>
+    <td>ページ情報を管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>pipelines.xml</td>
+    <td>パイプラインとバルブのコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>pluto-factories.xml</td>
+    <td>Pluto を管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>portal-url-generation.xml</td>
+    <td>ポータル URL を管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>prefs.xml</td>
+    <td>プリファレンスを管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>profiler.xml</td>
+    <td>プロファイリングルールを管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>registry.xml</td>
+    <td>ポートレットの登録情報を管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>request-context-objects.xml</td>
+    <td>RequestContext で利用するオプジェクトを管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>search.xml</td>
+    <td>検索コンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>security-atn.xml</td>
+    <td>ログインモジュールを管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>security-atz.xml</td>
+    <td>JAAS 管理情報を管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>security-managers.xml</td>
+    <td>セキュリティ管理を処理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>security-providers.xml</td>
+    <td>ユーザー認証を管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>security-spi-atn.xml</td>
+    <td>ユーザー認証を制御するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>security-spi-atz.xml</td>
+    <td>アクセスを制御するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>security-spi.xml</td>
+    <td>セキュリティアクセスを管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>serializer.xml</td>
+    <td>データベース内のデータをインポート・エクスポートするコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>sso.xml</td>
+    <td>SSOを管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>statistics.xml</td>
+    <td>統計情報を管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>theme-engine.xml</td>
+    <td>デコレータを制御するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>transaction.xml</td>
+    <td>トランザクションを管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>userinfo.xml</td>
+    <td>ユーザー属性を管理するコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+  <tr>
+    <td>wps.xml</td>
+    <td>Websphere で必要なコンポーネントを定義しています</td>
+  </tr>
+</table>
+
+    </section>
+  </body>
+</document>


Property changes on: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/config/spring.xml
___________________________________________________________________
Name: svn:eol-style
   + native

Modified: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/navigation.xml
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/navigation.xml	2008-09-11 06:33:34 UTC (rev 1155)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/xdocs/navigation.xml	2008-09-11 08:23:27 UTC (rev 1156)
@@ -19,6 +19,14 @@
     </menu>
     <menu name="基本設定">
       <item name="概要" href="config/guide.html"/>
+      <item name="基本設定情報" href="config/properties.html"/>
+      <item name="コンポーネントの設定" href="config/spring.html"/>
+      <item name="ポートの変更" href="config/port.html"/>
+      <item name="プロキシの設定" href="config/proxy.html"/>
+      <item name="コンテキストの変更" href="config/context.html"/>
+      <item name="ログの設定" href="config/log.html"/>
+      <item name="メールサーバーの設定" href="config/mail.html"/>
+      <item name="セッション共有" href="config/session.html"/>
     </menu>
     <menu name="デザイン">
       <item name="概要" href="design/guide.html"/>
@@ -28,5 +36,17 @@
       <item name="デコレータユーティリティ" href="design/jpt.html"/>
       <item name="ログインデザイン" href="design/login.html"/>
     </menu>
+<!--
+DB設定
+Ajax
+ログインプロセス JAAS
+プロファイラ
+配備
+PSML
+クラスタ
+LDAP
+SSO
+統計
+-->
   </body>
 </project>


pal-cvs メーリングリストの案内