[pal-cvs 3967] [1702] updated configuration-guide

svnno****@sourc***** svnno****@sourc*****
2009年 1月 28日 (水) 17:57:44 JST


Revision: 1702
          http://svn.sourceforge.jp/view?root=pal&view=rev&rev=1702
Author:   sone
Date:     2009-01-28 17:57:44 +0900 (Wed, 28 Jan 2009)

Log Message:
-----------
updated configuration-guide

Modified Paths:
--------------
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/ajax/api.tex
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/ajax/guide.tex
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/appendix/jetspeed-portlet.tex
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/batch/usermanager.tex
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/profiler/profilingrule.tex
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/psml/guide.tex
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/psml/menu.tex
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/psml/security.tex
    pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/userattribute/guide.tex


-------------- next part --------------
Modified: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/ajax/api.tex
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/ajax/api.tex	2009-01-28 06:45:25 UTC (rev 1701)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/ajax/api.tex	2009-01-28 08:57:44 UTC (rev 1702)
@@ -31,7 +31,6 @@
 API へは、以下のようなポータル URL パスの "ajaxapi" サーブレット経由で HTTP を使ってアクセスします。
 \begin{screen}
 http://hostname/contextname/ajaxapi
-
 \end{screen}
 
 \subsubsection{リクエストパラメータとページ}
@@ -39,17 +38,19 @@
 リクエストパラメータは、リクエストした API の動作と、追加の API パラメータを指定します。
 リクエストが参照しているページは、HTTP URL 内に含まれます。
 ですので、もしページを変更するリクエストを作成したい場合は、ページは以下のような HTTP URL 内で指定します。
+
 \begin{screen}
 http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi/Public/db-browser.psml
+\end{screen}
 
-\end{screen}
 標準の PALポータルプロファイリングを使ったページ検索アルゴリズムが、ページを決定します。
 PALポータルのプロファイリングルールにより、ユーザーのためのページを検索するため、URL に含まれていなくても動作します。
 たとえば、
+
 \begin{screen}
 http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi
+\end{screen}
 
-\end{screen}
 という URL は、現在のユーザのデフォルトページを表示します。
 
 
@@ -63,44 +64,47 @@
 
 \subsubsection{ページの取得}
 
+\begin{table}[htbp]
+\begin{center}
+\begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+\hline
+API: & getpage \\
+\hline
+コンポーネント: & AjaxGetPage \\
+\hline
+説明: & getpage は、ページマネージャから、PSML に保存されたページを取得します。 \\
+\hline
+\end{tabular}
+\end{center}
+\end{table}
 
-API:
-getpage
+\begin{table}[htbp]
+\begin{center}
+\begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+\hline
+パラメータ: & \\
+\hline
+page & URL に含まれます \\
+\hline
+action & getportlets (省略可、これがデフォルトのアクションです) \\
+\hline
+\end{tabular}
+\end{center}
+\end{table}
 
 
-コンポーネント:
-AjaxGetPage
 
 
-説明:
-getpage は、ページマネージャから、PSML に保存されたページを取得します。
-		
-
-
-パラメータ:
-
-
-page
-URL に含まれます
-
-
-action
-getportlets (省略可、これがデフォルトのアクションです)
-
-
-
-
 API の例:
 \begin{screen}
 http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi/Public/content.psml
-
 \end{screen}
 
 
 
 XML レスポンス:
 \begin{screen}
-
+\begin{small}
 \begin{verbatim}
 <js>
 <status>success</status>
@@ -134,8 +138,7 @@
 </js>
 
 \end{verbatim}
-
-
+\end{small}
 \end{screen}
 
 
@@ -144,54 +147,53 @@
 \subsubsection{絶対位置で移動}
 
 
-API:
-moveabs
+\begin{table}[htbp]
+\begin{center}
+\begin{tabular}[tb]{|l|p{35em}|}
+\hline
+API: & moveabs \\
+\hline
+コンポーネント: & AjaxMovePortletAbsolute \\
+\hline
+説明: & ページ上のポートレットの絶対位置をリクエストパラメータで指定した row と col に従って移動する。 \\
+\hline
+\end{tabular}
+\end{center}
+\end{table}
 
 
-コンポーネント:
-AjaxMovePortletAbsolute
+\begin{table}[htbp]
+\begin{center}
+\begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+\hline
+パラメータ: & \\
+\hline
+page & URL に含まれます \\
+\hline
+action & moveabs \\
+\hline
+id & 移動させたいポートレットのポートレット PSML フラグメント ID \\
+\hline
+row & ポートレットフラグメントを置きたい位置の絶対的な行位置 (ゼロベース) \\
+\hline
+col & ポートレットフラグメントを置きたい位置の絶対的な列位置 (ゼロベース) \\
+\hline
+\end{tabular}
+\end{center}
+\end{table}
 
 
-説明:
-ページ上のポートレットの絶対位置をリクエストパラメータで指定した row と col に従って移動する。
 
-
-パラメータ:
-
-
-page
-URL に含まれます
-
-
-action
-moveabs
-
-
-id
-移動させたいポートレットのポートレット PSML フラグメント ID
-
-
-row
-ポートレットフラグメントを置きたい位置の絶対的な行位置 (ゼロベース)
-
-
-col
-ポートレットフラグメントを置きたい位置の絶対的な列位置 (ゼロベース)
-
-
-
-
 API の例:
 \begin{screen}
-http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi/Public/public.psml?action=moveabs\&id=ps-1003\&row=0\&col=1			
-
+http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi/Public/public.psml?action=moveabs\&id=ps-1003\&row=0\&col=1
 \end{screen}
 
 
 
 XML レスポンス:
 \begin{screen}
-
+\begin{small}
 \begin{verbatim}
 <js>
    <status>success</status>
@@ -205,10 +207,9 @@
       <col>1</col>
       <row>0</row>
     </new_position>
-</js>			
+</js>
 \end{verbatim}
-
-
+\end{small}
 \end{screen}
 
 
@@ -217,46 +218,51 @@
 
 
 
-API:
-moveleft, moveright, moveup, movedown
+\begin{table}[htbp]
+\begin{center}
+\begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+\hline
+API: & moveleft, moveright, moveup, movedown \\
+\hline
+コンポーネント: & AjaxMovePortletLeft, AjaxMovePortletRight, AjaxMovePortletUp, AjaxMoveDown \\
+\hline
+説明: & アクションを指定して、ページ上のポートレットを相対的なある位置から移動する。 \\
+\hline
+\end{tabular}
+\end{center}
+\end{table}
 
 
-コンポーネント:
-AjaxMovePortletLeft, AjaxMovePortletRight, AjaxMovePortletUp, AjaxMoveDown
 
+\begin{table}[htbp]
+\begin{center}
+\begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+\hline
+パラメータ: & \\
+\hline
+page & URL に含まれます \\
+\hline
+action & moveleft, moveright, moveup, movedown \\
+\hline
+id & 移動させたいポートレットのポートレット PSML フラグメント ID \\
+\hline
+\end{tabular}
+\end{center}
+\end{table}
 
-説明:
-アクションを指定して、ページ上のポートレットを相対的なある位置から移動する。
 
 
-パラメータ:
 
-
-page
-URL に含まれます
-
-
-action
-moveleft, moveright, moveup, movedown
-
-
-id
-移動させたいポートレットのポートレット PSML フラグメント ID
-
-
-
-
 API の例:
 \begin{screen}
 http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi/Public/public.psml?action=movedown\&id=ps-1003
-
 \end{screen}
 
 
 
 XML レスポンス:
 \begin{screen}
-
+\begin{small}
 \begin{verbatim}
 <js>
    <status>success</status>
@@ -270,10 +276,9 @@
       <col>1</col>
       <row>1</row>
     </new_position>
-</js>			
+</js>
 \end{verbatim}
-
-
+\end{small}
 \end{screen}
 
 
@@ -281,44 +286,44 @@
 
 \subsubsection{ポートレットの追加}
 
+\begin{table}[htbp]
+\begin{center}
+\begin{tabular}[tb]{|l|p{35em}|}
+\hline
+API: & add \\
+\hline
+コンポーネント: & AjaxAddPortlet \\
+\hline
+説明: &
+現在のページに新しいポートレットを追加します。ポートレットは指定する行と列の場所に追加することが可能です。もし、行も列も指定されない場合は、デフォルトでそれぞれ 0 に設定されます。\\
+\hline
+\end{tabular}
+\end{center}
+\end{table}
 
-API:
-add
 
+\begin{table}[htbp]
+\begin{center}
+\begin{tabular}[tb]{|l|p{35em}|}
+\hline
+パラメータ: & \\
+\hline
+page & URL に含まれます \\
+\hline
+action & add \\
+\hline
+id & ページに配置したいポートレットのフルネーム。PALポータルのポートレットの命名規則を使って指定します (ポートレットアプリケーション名::ポートレット名) \\
+\hline
+row & 省略可: 新しいポートレットフラグメントを置きたい場所の行位置の絶対指定 (ゼロベース) \\
+\hline
+col & 省略可: 新しいポートレットフラグメントを置きたい場所の列位置の絶対指定 (ゼロベース) \\
+\hline
+\end{tabular}
+\end{center}
+\end{table}
 
-コンポーネント:
-AjaxAddPortlet
 
 
-説明:
-現在のページに新しいポートレットを追加します。ポートレットは指定する行と列の場所に追加することが可能です。もし、行も列も指定されない場合は、デフォルトでそれぞれ 0 に設定されます。
-
-
-パラメータ:
-
-
-page
-URL に含まれます
-
-
-action
-add
-
-
-id
-ページに配置したいポートレットのフルネーム。PALポータルのポートレットの命名規則を使って指定します (ポートレットアプリケーション名::ポートレット名)
-
-
-row
-省略可: 新しいポートレットフラグメントを置きたい場所の行位置の絶対指定 (ゼロベース)
-
-
-col
-省略可: 新しいポートレットフラグメントを置きたい場所の列位置の絶対指定 (ゼロベース)
-
-
-
-
 API の例:
 \begin{screen}
 http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi/Public/public.psml?action=add\&id=jsf-demo::CalendarPortlet
@@ -329,7 +334,7 @@
 
 XML レスポンス:
 \begin{screen}
-
+\begin{small}
 \begin{verbatim}
 <js>
   <status>success</status>
@@ -341,8 +346,7 @@
   </new_position>
 </js>
 \end{verbatim}
-
-
+\end{small}
 \end{screen}
 
 
@@ -350,47 +354,48 @@
 
 \subsubsection{ポートレットの削除}
 
+\begin{table}[htbp]
+\begin{center}
+\begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+\hline
+API: & remove \\
+\hline
+コンポーネント: & AjaxRemovePortlet \\
+\hline
+説明: & 現在のページから新たにポートレットを削除する。 \\
+\hline
+\end{tabular}
+\end{center}
+\end{table}
 
-API:
-remove
+\begin{table}[htbp]
+\begin{center}
+\begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+\hline
+パラメータ: & \\
+\hline
+page & URL に含まれる \\
+\hline
+action & remove \\
+\hline
+id & 削除したいポートレットのポートレット PSML ID \\
+\hline
+\end{tabular}
+\end{center}
+\end{table}
 
 
-コンポーネント:
-AjaxRemovePortlet
 
-
-説明:
-現在のページから新たにポートレットを削除する。
-
-
-パラメータ:
-
-
-page
-URL に含まれる
-
-
-action
-remove
-
-
-id
-削除したいポートレットのポートレット PSML ID
-
-
-
-
 API の例:
 \begin{screen}
 http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi/Public/public.psml?action=remove\&id=ps-1003
-
 \end{screen}
 
 
 
 XML レスポンス:
 \begin{screen}
-
+\begin{small}
 \begin{verbatim}
 <js>
   <status>success</status>
@@ -402,8 +407,7 @@
   </new_position>
 </js>
 \end{verbatim}
-
-
+\end{small}
 \end{screen}
 
 
@@ -411,47 +415,51 @@
 
 \subsubsection{ポートレットの取得}
 
+\begin{table}[htbp]
+\begin{center}
+\begin{tabular}[tb]{|l|p{35em}|}
+\hline
+API: & getportlets \\
+\hline
+コンポーネント: & AjaxGetPortlets \\
+\hline
+説明: &
+ポートレットの取得は、現在のサブジェクトで利用可能な (ソートされた) ポートレットのリストを返します。ポートレットリストはフィルタリングされ、現在のサブジェクトで表示可能なポートレットが返されます。PALポータルセキュリティポリシー (JAAS) は、このフィルタリングを実行します。ポートレット (のリスト) は、それぞれのポートレットの名前、表示名、説明の記述された XML フォーマットで返されます。 \\
+\hline
+\end{tabular}
+\end{center}
+\end{table}
 
-API:
-getportlets
 
+\begin{table}[htbp]
+\begin{center}
+\begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+\hline
+パラメータ: & \\
+\hline
+page & URL に含まれる \\
+\hline
+action & getportlets \\
+\hline
+filter &
+まだ実装されていません。照会のフィルタを定義します。 \\
+\hline
+\end{tabular}
+\end{center}
+\end{table}
 
-コンポーネント:
-AjaxGetPortlets
 
 
-説明:
-ポートレットの取得は、現在のサブジェクトで利用可能な (ソートされた) ポートレットのリストを返します。ポートレットリストはフィルタリングされ、現在のサブジェクトで表示可能なポートレットが返されます。PALポータルセキュリティポリシー (JAAS) は、このフィルタリングを実行します。ポートレット (のリスト) は、それぞれのポートレットの名前、表示名、説明の記述された XML フォーマットで返されます。
-
-
-パラメータ:
-
-
-page
-URL に含まれる
-
-
-action
-getportlets
-
-
-filter
-まだ実装されていません。照会のフィルタを定義します。
-
-
-
-
 API の例:
 \begin{screen}
 http://localhost:8080/jetspeed/ajaxapi?action=getportlets
-
 \end{screen}
 
 
 
 XML レスポンス:
 \begin{screen}
-
+\begin{small}
 \begin{verbatim}
 <js>
 <status>success</status>
@@ -474,8 +482,7 @@
 </portlets>
 </js>
 \end{verbatim}
-
-
+\end{small}
 \end{screen}
 
 
@@ -486,7 +493,7 @@
 AjaxRequestServiceは、Ajax リクエストを扱う Spring のコンポーネントです。これは、Ajax リクエストの特別な処理のために、Ajax パイプライン内でフックされます。以下が Spring アセンブリです。それぞれの API は Ajax サービス内で設定されます。
 
 \begin{screen}
-
+\begin{small}
 \begin{verbatim}
 <bean id="AjaxRequestService" class="org.apache.jetspeed.ajax.AjaxRequestServiceImpl">
     <constructor-arg index="0">
@@ -525,8 +532,7 @@
     </constructor-arg>
 </bean>
 \end{verbatim}
-
-
+\end{small}
 \end{screen}
 
 

Modified: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/ajax/guide.tex
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/ajax/guide.tex	2009-01-28 06:45:25 UTC (rev 1701)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/ajax/guide.tex	2009-01-28 08:57:44 UTC (rev 1702)
@@ -40,7 +40,7 @@
 \item ポートレットのセレクタ- エンドユーザへのポートレットの選択リストを提供。
 \item セキュリティの設定- リソース (ページ、ポートレット、フォルダ、リンク、フラグメント) もしくはポータル全体でのセキュリティ制約、またはポリシーの設定。
 \item メニューの設定- PALポータルサイトのメニューの生成や編集。
-全体的な管理- 全体的な管理を行う全てのユースケースはまだ検討されていません。
+\item 全体的な管理- 全体的な管理を行う全てのユースケースはまだ検討されていません。
 
 \end{itemize}
 

Modified: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/appendix/jetspeed-portlet.tex
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/appendix/jetspeed-portlet.tex	2009-01-28 06:45:25 UTC (rev 1701)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/appendix/jetspeed-portlet.tex	2009-01-28 08:57:44 UTC (rev 1702)
@@ -9,8 +9,9 @@
 
 
 \subsection{jetspeed-portlet.xsd}
-\begin{screen}
-
+\begin{framed}
+%\begin{screen}
+\begin{small}
 \begin{verbatim}
 <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
 <xs:schema xmlns:xs="http://www.w3.org/2001/XMLSchema" elementFormDefault="qualified" 
@@ -122,8 +123,10 @@
 </xs:schema>
 \end{verbatim}
 
+\end{small}
+%\end{screen}
+\end{framed}
 
-\end{screen}
 
 
 

Modified: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/batch/usermanager.tex
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/batch/usermanager.tex	2009-01-28 06:45:25 UTC (rev 1701)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/batch/usermanager.tex	2009-01-28 08:57:44 UTC (rev 1702)
@@ -56,7 +56,7 @@
 
 \subsection{アクセス方法}
 
-http://localhost:8080/palportal/userManager?name1=value1\&amp;... にアクセスすると対象の操作が実行されます。
+http://localhost:8080/palportal/userManager?name1=value1\&... にアクセスすると対象の操作が実行されます。
 以下の操作を実行できます。
 
 \begin{itemize}
@@ -97,9 +97,10 @@
 
 指定されたユーザーが認証できるかを確認します。
 
-URLで渡すパラメータ
+%URLで渡すパラメータ
 
-\begin{table}[htbp]
+\begin{table}[!h]
+\caption{ユーザーの認証確認:URLで渡すパラメータ}
 \begin{center}
  \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
 \hline
@@ -116,9 +117,10 @@
 \end{table}
 
 
-出力結果のstatus
+%出力結果のstatus
 
-\begin{table}[htbp]
+\begin{table}[!h]
+\caption{ユーザーの認証確認:出力結果のstatus}
 \begin{center}
  \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
 \hline
@@ -141,10 +143,11 @@
 
 指定したユーザー名でユーザーを作成します。
 
-URLで渡すパラメータ
+%URLで渡すパラメータ
 
 
-\begin{table}[htbp]
+\begin{table}[!h]
+\caption{ユーザーの追加:URLで渡すパラメータ}
 \begin{center}
  \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
 \hline
@@ -162,9 +165,10 @@
 
 
 
-出力結果のstatus
+%出力結果のstatus
 
-\begin{table}[htbp]
+\begin{table}[!h]
+\caption{ユーザーの追加:出力結果のstatus}
 \begin{center}
  \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
 \hline
@@ -190,9 +194,10 @@
 
 指定されたユーザーのパスワードを変更します。
 
-URLで渡すパラメータ
+%URLで渡すパラメータ
 
-\begin{table}[htbp]
+\begin{table}[!h]
+\caption{パスワードの更新:URLで渡すパラメータ}
 \begin{center}
  \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
 \hline
@@ -208,10 +213,10 @@
 \end{center}
 \end{table}
 
+%出力結果のstatus
 
-出力結果のstatus
-
-\begin{table}[htbp]
+\begin{table}[!h]
+\caption{パスワードの更新:出力結果のstatus}
 \begin{center}
  \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
 \hline
@@ -236,9 +241,10 @@
 
 指定されたユーザー名のユーザーを削除します。
 
-URLで渡すパラメータ
+%URLで渡すパラメータ
 
-\begin{table}[ht]
+\begin{table}[!h]
+\caption{ユーザーの削除:URLで渡すパラメータ}
 \begin{center}
  \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
 \hline
@@ -255,9 +261,10 @@
 \end{table}
 
 
-出力結果のstatus
+%出力結果のstatus
 
-\begin{table}[htbp]
+\begin{table}[!h]
+\caption{ユーザーの削除:出力結果のstatus}
 \begin{center}
  \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
 \hline
@@ -283,9 +290,10 @@
 
 指定されたユーザーのユーザー属性を取得します。
 
-URLで渡すパラメータ
+%URLで渡すパラメータ
 
-\begin{table}[htbp]
+\begin{table}[!h]
+\caption{ユーザー属性の取得:URLで渡すパラメータ}
 \begin{center}
  \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
 \hline
@@ -302,10 +310,11 @@
 \end{table}
 
 
-出力結果のstatus
+%出力結果のstatus
 
 
-\begin{table}[htbp]
+\begin{table}[!h]
+\caption{ユーザー属性の取得:出力結果のstatus}
 \begin{center}
  \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
 \hline
@@ -328,10 +337,10 @@
 \end{table}
 
 
+%出力結果のresult
 
-出力結果のresult
-
-\begin{table}[htbp]
+\begin{table}[!h]
+\caption{ユーザー属性の取得:出力結果のresult}
 \begin{center}
  \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
 \hline
@@ -347,9 +356,10 @@
 
 指定されたユーザー名のユーザー属性を更新します。
 
-URLで渡すパラメータ
+%URLで渡すパラメータ
 
-\begin{table}[htbp]
+\begin{table}[!h]
+\caption{ユーザー属性の更新:URLで渡すパラメータ}
 \begin{center}
  \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
 \hline
@@ -368,9 +378,10 @@
 \end{table}
 
 
-出力結果のstatus
+%出力結果のstatus
 
-\begin{table}[htbp]
+\begin{table}[!h]
+\caption{ユーザー属性の更新:出力結果のstatus}
 \begin{center}
  \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
 \hline
@@ -396,9 +407,10 @@
 
 指定されたユーザー名のユーザー属性を削除します。
 
-URLで渡すパラメータ
+%URLで渡すパラメータ
 
-\begin{table}[htbp]
+\begin{table}[!h]
+\caption{ユーザー属性の削除:URLで渡すパラメータ}
 \begin{center}
  \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
 \hline
@@ -415,9 +427,10 @@
 \end{table}
 
 
-出力結果のstatus
+%出力結果のstatus
 
-\begin{table}[htbp]
+\begin{table}[!h]
+\caption{ユーザー属性の削除:出力結果のstatus}
 \begin{center}
  \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
 \hline

Modified: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/profiler/profilingrule.tex
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/profiler/profilingrule.tex	2009-01-28 06:45:25 UTC (rev 1701)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/profiler/profilingrule.tex	2009-01-28 08:57:44 UTC (rev 1702)
@@ -52,7 +52,7 @@
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{36em}|}
 \hline
 リゾルバ & 説明\\
 \hline\hline

Modified: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/psml/guide.tex
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/psml/guide.tex	2009-01-28 06:45:25 UTC (rev 1701)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/psml/guide.tex	2009-01-28 08:57:44 UTC (rev 1702)
@@ -188,14 +188,14 @@
 
 \subsection{ ページ}
 
-\&lt;page\&gt; 要素は、ポータルサイトのページに関連する他の PSML 要素を保持するための単純な入れ物です。
+$<$page$>$ 要素は、ポータルサイトのページに関連する他の PSML 要素を保持するための単純な入れ物です。
 この要素は、親であるフォルダを構成する適切なファイルシステムディレクトリ内に、'.psml' という拡張子を持つファイルとして存在します(PSML をファイルシステム保存した場合)。 
 2 つの有効な属性がページエレメントの属性として存在します。
 
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{36em}|}
 \hline
 属性 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -209,12 +209,12 @@
 
 
 
-\&lt;page\&gt; 要素は多くの他の PSML 要素を含みます。
+$<$page$>$ 要素は多くの他の PSML 要素を含みます。
 
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{40em}|}
 \hline
 要素 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -242,14 +242,14 @@
 
 \subsection{デフォルト}
 
-ページ内の \&lt;defaults\&gt; 要素は、デフォルトのレイアウトデコレータと、デフォルトのポートレットデコレータを定義します。
+ページ内の $<$defaults$>$ 要素は、デフォルトのレイアウトデコレータと、デフォルトのポートレットデコレータを定義します。
 デフォルトのレイアウトデコレータは、デコレータ属性を持たない全てのレイアウトフラグメントに対して適用されます。
 デフォルトのポートレットデコレータは、デコレータ属性を持たない全てのポートレットフラグメントに対して適用されます。
 defaults 要素には 3 つの有効な属性があります。
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{40em}|}
 \hline
 属性 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -280,7 +280,7 @@
 \end{screen}
 
 \subsection{レイアウトフラグメント}
-ページのレイアウト \&lt;fragment\&gt; 要素は階層構造のコンテナです。
+ページのレイアウト $<$fragment$>$ 要素は階層構造のコンテナです。
 これはポートレットフラグメントと、階層化されたレイアウトフラグメントを保持するのに使われます。
 ページのルートのフラグメントは、ページに 1 つしかポートレットがないときでも、レイアウトフラグメントでなければなりません。
 レイアウトフラグメントは親となるレイアウトフラグメントのレイアウトに従属します。
@@ -291,7 +291,7 @@
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{40em}|}
 \hline
 属性 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -306,11 +306,11 @@
 \end{table}
 
 
-レイアウト \&lt;fragment\&gt; 要素はたくさんの他の PSML 要素を含みます。
+レイアウト $<$fragment$>$ 要素はたくさんの他の PSML 要素を含みます。
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{35em}|}
 \hline
 要素 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -356,14 +356,14 @@
 \end{screen}
 
 \subsection{ポートレットフラグメント}
-ポートレットの \&lt;fragment\&gt; 要素は、ページのポートレットを識別するために使われます。
+ポートレットの $<$fragment$>$ 要素は、ページのポートレットを識別するために使われます。
 ポートレットフラグメントは、親レイアウトフラグメントのレイアウトの影響を受けます。
 ですので、レイアウトで定められている 'row' と 'column' のレイアウトプロパティをサポートします。
 この要素に対しては多数の有効な属性が存在します。
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{40em}|}
 \hline
 属性 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -388,7 +388,7 @@
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{40em}|}
 \hline
 要素 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -422,13 +422,13 @@
 \end{screen}
 
 \subsection{フラグメントのプロパティ}
-フラグメントの \&lt;property\&gt; 要素はフラグメントのプロパティの名前を指定するのに使われます。
+フラグメントの $<$property$>$ 要素はフラグメントのプロパティの名前を指定するのに使われます。
 これらのプロパティは一般にレイアウトポートレットのパラメータとページ内のポートレットの位置を指定するために使われます。
 プロパティ要素は 3 つの属性をサポートします。
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{40em}|}
 \hline
 要素 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -473,14 +473,14 @@
 \end{screen}
 
 \subsection{プリファレンス}
-ポートレットフラグメントの \&lt;preference\&gt; 要素は、ポートレットプリファレンスを定義します。
+ポートレットフラグメントの $<$preference$>$ 要素は、ポートレットプリファレンスを定義します。
 これは、ポートレットアプリケーションの portlet.xml 内に、ポートレットの定義を何度も行う必要なく、ページ上のポートレットインスタンス用に、デフォルトのポートレットプリファレンスの設定を、簡単に行う手段を提供します。
 
 
-プリファレンスの優先度: ユーザ定義 \&gt; フラグメント定義 \&gt; portlet.xml での定義
+プリファレンスの優先度: ユーザ定義 $>$ フラグメント定義 $>$ portlet.xml での定義
 
 
-\&lt;preference\&gt; 要素の属性は以下のようなものです。
+$<$preference$>$ 要素の属性は以下のようなものです。
 
 
 \begin{table}[htbp]
@@ -531,11 +531,11 @@
 
 \subsection{フォルダ}
 
-\&lt;folder\&gt; 要素は、ポータルサイトのフォルダと関連する他の PSML 要素を保持する単純な入れ物です。この要素は、関連するファイルシステムディレクトリ内の folder.metadata ファイルとして存在します。フォルダの要素には 2 つの有効な属性が存在します。
+$<$folder$>$ 要素は、ポータルサイトのフォルダと関連する他の PSML 要素を保持する単純な入れ物です。この要素は、関連するファイルシステムディレクトリ内の folder.metadata ファイルとして存在します。フォルダの要素には 2 つの有効な属性が存在します。
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{40em}|}
 \hline
 属性 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -548,12 +548,12 @@
 \end{table}
 
 
-\&lt;folder\&gt; 要素は多くの他の PSML 要素を含みます。
+$<$folder$>$ 要素は多くの他の PSML 要素を含みます。
 
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{38em}|}
 \hline
 要素 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -581,12 +581,12 @@
 
 \subsection{リンク}
 
-\&lt;link\&gt; 要素は、ポータルサイトの外部のコンテンツを参照するのに使われるポータルリンクに関連づけられている、他の PSML 要素を保持するシンプルな入れ物です。この要素は、親フォルダと関連づけられている、適切なファイルシステムのディレクトリ内に存在する「.link」という拡張子のファイルとして存在します。この要素には 2 つの有効な属性があります。
+$<$link$>$ 要素は、ポータルサイトの外部のコンテンツを参照するのに使われるポータルリンクに関連づけられている、他の PSML 要素を保持するシンプルな入れ物です。この要素は、親フォルダと関連づけられている、適切なファイルシステムのディレクトリ内に存在する「.link」という拡張子のファイルとして存在します。この要素には 2 つの有効な属性があります。
 
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{40em}|}
 \hline
 属性 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -600,11 +600,11 @@
 
 
 
-\&lt;link\&gt; 要素は多数の他の PSML 要素を含みます。
+$<$link$>$ 要素は多数の他の PSML 要素を含みます。
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{38em}|}
 \hline
 要素 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -628,7 +628,7 @@
 
 \subsection{ グローバルなページのセキュリティ}
 
-\&lt;page-security\&gt; 要素はグローバルなセキュリティ制限と、その定義を宣言するために使われる、他の PSML 要素を保持するためのシンプルな入れ物です。この要素は page.security ファイルとして存在し、常に PSML ファイルのシステムディレクトリのルートディレクトリに存在します。page-security 要素の有効な属性は 1 つだけ存在します。
+$<$page-security$>$ 要素はグローバルなセキュリティ制限と、その定義を宣言するために使われる、他の PSML 要素を保持するためのシンプルな入れ物です。この要素は page.security ファイルとして存在し、常に PSML ファイルのシステムディレクトリのルートディレクトリに存在します。page-security 要素の有効な属性は 1 つだけ存在します。
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
@@ -644,11 +644,11 @@
 
 
 
-\&lt;page-security\&gt; 要素は PSML 要素に関連する 2 つのセキュリティ制限を含みます。
+$<$page-security$>$ 要素は PSML 要素に関連する 2 つのセキュリティ制限を含みます。
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{36em}|}
 \hline
 要素 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -665,11 +665,11 @@
 例: 「概要」の例を参照してください。
 
 \subsection{ PSML タイトルとメタデータ}
-ページ, フォルダ, リンクの \&lt;metadata\&gt; 要素はロケール特有のタイトルと短いタイトルのテキストを定義するのに使われます。これらの要素は何度でも、含まれる PSML 要素内で表れるかもしれません。しかし、複数の値が 1 つのロケールにたいして指定してはいけません。PSML XML 文書は、普通は広範囲のキャラクタセットをサポートするために、UTF-8 エンコーディングで宣言されます。
+ページ, フォルダ, リンクの $<$metadata$>$ 要素はロケール特有のタイトルと短いタイトルのテキストを定義するのに使われます。これらの要素は何度でも、含まれる PSML 要素内で表れるかもしれません。しかし、複数の値が 1 つのロケールにたいして指定してはいけません。PSML XML 文書は、普通は広範囲のキャラクタセットをサポートするために、UTF-8 エンコーディングで宣言されます。
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{40em}|}
 \hline
 属性 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -699,11 +699,11 @@
 \end{screen}
 
 \subsection{PSML セキュリティ制限}
-page、fragment、folder、link、page-security 要素内で現れる \&lt;security-constraints\&gt;、\&lt;security-constraints-def\&gt;、\&lt;global-security-constraints-ref\&gt; 要素については、本章の「セキュリティ」の節で記述されています。
+page、fragment、folder、link、page-security 要素内で現れる $<$security-constraints$>$、$<$security-constraints-def$>$、$<$global-security-constraints-ref$>$ 要素については、本章の「セキュリティ」の節で記述されています。
 
 
 \subsection{PSML メニュー}
-page、folder 要素内で現れる \&lt;menu\&gt; 要素は、本章の「メニュー」の節で記述されています。
+page、folder 要素内で現れる $<$menu$>$ 要素は、本章の「メニュー」の節で記述されています。
 
 
 

Modified: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/psml/menu.tex
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/psml/menu.tex	2009-01-28 06:45:25 UTC (rev 1701)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/psml/menu.tex	2009-01-28 08:57:44 UTC (rev 1702)
@@ -51,11 +51,11 @@
 
 \subsection{メニューの定義}
 
-\&lt;menu\&gt; 要素は、レイアウトデコレータもしくは他のメニュー内の階層化されたメニューによって使われるメニューを定義します。menu 要素には、たくさんの有効な属性が存在します。
+$<$menu$>$ 要素は、レイアウトデコレータもしくは他のメニュー内の階層化されたメニューによって使われるメニューを定義します。menu 要素には、たくさんの有効な属性が存在します。
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{40em}|}
 \hline
 属性 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -81,11 +81,11 @@
 
 
 
-\&lt;menu\&gt; 要素は、多数の他のメニュー定義の PSML 要素を含みます。タイトルとメタデータ要素を除いて、これらの要素の相対的な順序は、レイアウトデコレータがそれらを提示する順序を決定します。
+$<$menu$>$ 要素は、多数の他のメニュー定義の PSML 要素を含みます。タイトルとメタデータ要素を除いて、これらの要素の相対的な順序は、レイアウトデコレータがそれらを提示する順序を決定します。
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{38em}|}
 \hline
 要素 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -211,7 +211,7 @@
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{40em}|}
 \hline
 属性 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -250,12 +250,12 @@
 
 \subsection{メニューのセパレータの定義}
 
-\&lt;separator\&gt; 要素は、メニューに含めるセパレータを定義します。セパレータは、選択肢もしくは階層化したメニューが、メニューの定義内のこの要素以下に現れた場合のみ含まれます。セパレータのテキストは、この要素内のテキスト、もしくはテキストメニュー定義の要素内で指定することが可能です。セパレータ要素に記述可能な属性は 1 つしかありません。
+$<$separator$>$ 要素は、メニューに含めるセパレータを定義します。セパレータは、選択肢もしくは階層化したメニューが、メニューの定義内のこの要素以下に現れた場合のみ含まれます。セパレータのテキストは、この要素内のテキスト、もしくはテキストメニュー定義の要素内で指定することが可能です。セパレータ要素に記述可能な属性は 1 つしかありません。
 
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{40em}|}
 \hline
 属性 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -266,11 +266,11 @@
 \end{table}
 
 
-\&lt;separator\&gt; 要素は、たくさんの他のメニュー定義の PSML 要素を含みます。
+$<$separator$>$ 要素は、たくさんの他のメニュー定義の PSML 要素を含みます。
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{40em}|}
 \hline
 要素 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -312,7 +312,7 @@
 
 \begin{table}[htbp]
 \begin{center}
- \begin{tabular}[tb]{|l|l|}
+ \begin{tabular}[tb]{|l|p{40em}|}
 \hline
 属性 & 説明\\
 \hline\hline
@@ -339,7 +339,7 @@
 
 \subsection{メニューの除外を行うための定義}
 
-\&lt;exclude\&gt; 要素は、選択肢もしくは、他のメニューの階層化した メニューを除外します。このオプションは主に、このメニューから、ポータルページ内の、他のメニューに既に表示されているメニューの選択肢を消去するために使われます。一致する選択肢またはメニューがメニュー定義内のこの要素より上に表示されている場合は、除外されます。除外するメニューの名前は、この単純な要素のテキスト値として指定します。
+$<$exclude$>$ 要素は、選択肢もしくは、他のメニューの階層化した メニューを除外します。このオプションは主に、このメニューから、ポータルページ内の、他のメニューに既に表示されているメニューの選択肢を消去するために使われます。一致する選択肢またはメニューがメニュー定義内のこの要素より上に表示されている場合は、除外されます。除外するメニューの名前は、この単純な要素のテキスト値として指定します。
 
 例:
 \begin{screen}
@@ -419,7 +419,7 @@
 \item org.apache.jetspeed.portalsite.Menuorg.apache.jetspeed.portalsite.MenuElement
 \item org.apache.jetspeed.portalsite.MenuOption
 \item org.apache.jetspeed.portalsite.MenuSeparator
-\item org.apache.jetspeed.portalsite.PortalSiteRequestContext>
+\item org.apache.jetspeed.portalsite.PortalSiteRequestContext
 
 \end{itemize}
 

Modified: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/psml/security.tex
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/psml/security.tex	2009-01-28 06:45:25 UTC (rev 1701)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/psml/security.tex	2009-01-28 08:57:44 UTC (rev 1702)
@@ -231,6 +231,7 @@
 
 \begin{screen}
 
+\begin{verbatim}
   <security-constraints-def name="admin">
     <security-constraint>
       <roles>admin</roles>
@@ -238,6 +239,7 @@
     </security-constraint>
   </security-constraints-def>
   <global-security-constraints-ref>admin</global-security-constraints-ref>
+\end{verbatim}
 
 
 \end{screen}
@@ -280,7 +282,7 @@
     <security-constraint>
       <groups>engineering</groups>
       <permissions>view</permissions>
-    </security-constraint>    
+    </security-constraint>
   </security-constraints>
 \end{verbatim}
 
@@ -303,7 +305,7 @@
     <security-constraint>
       <groups>accounting</groups>
       <permissions>view, edit</permissions>
-    </security-constraint>    
+    </security-constraint>
   </security-constraints>
 \end{verbatim}
 

Modified: pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/userattribute/guide.tex
===================================================================
--- pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/userattribute/guide.tex	2009-01-28 06:45:25 UTC (rev 1701)
+++ pal-portal/docs/ja/configuration-guide/trunk/src/tex/userattribute/guide.tex	2009-01-28 08:57:44 UTC (rev 1702)
@@ -30,7 +30,7 @@
 ポートレット仕様はどのようにしてポートレットアプリケーションがユーザー属性を使用できるのかについて定義をしています。
 たとえば、JSR 168 の PLT.17.1 では、属性に関して portlet.xml で以下のように定義されます。
 \begin{screen}
-
+\begin{small}
 \begin{verbatim}
 <portlet-app version="1.0" xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/portlet/portlet-app_1_0.xsd">
    <user-attribute>
@@ -46,28 +46,27 @@
       <name>user.home-info.online.email</name>
    </user-attribute>
    ...
-</portlet-app>\end{verbatim}
-
-
+</portlet-app>
+\end{verbatim}
+\end{small}
 \end{screen}
 
 このように属性が定義されると、ポートレットは PortletRequest インタフェースで定義された USER\_INFO 定数を使って PortletRequest から変更できない Map としてログインしているユーザーの属性値にアクセスすることが可能になります。
-	
-\begin{screen}
 
+\begin{screen}
+\begin{small}
 \begin{verbatim}
 Map userInfo = (Map)request.getAttribute(PortletRequest.USER_INFO);
 String givenName = (userInfo!=null) ? (String)userInfo.get("user.name.given") : "";
 String lastName = (userInfo!=null) ? (String)userInfo.get("user.name.family") : "";
-String email = (userInfo!=null) ? (String)userInfo.get("user.home-info.online.email") : "";</portlet-app>
+String email = (userInfo!=null) ? (String)userInfo.get("user.home-info.online.email") : "";
 \end{verbatim}
-
-
+\end{small}
 \end{screen}
 
 ポートレット仕様で定義されないのは、ポータルが定義されたユーザー属性をユーザーの具体的な属性にどのようにマッピングするかです。
-	
 
+
 \subsection{ユーザー属性のマッピング}
 
 PALポータルは具体的なユーザー属性を定義したり、そのユーザー属性へのアクセスを定義したりするためにとても柔軟な方法を提供しています。
@@ -77,28 +76,27 @@
 ユーザー属性は User preferences 内の特定のノード下に格納されます。
 そして任意の名前の属性を自由に含むことができます。
 これらの具体的なユーザー属性は portlet.xml 内で以下のような 2 つの方法で定義されたユーザー属性にマップされます。
-		
-				  属性名との完全一致の使用
-			
-				  jetspeed-portlet.xml 内で定義されるカスタムマッピングの使用
-			
-	
+
+\begin{enumerate}
+\item 属性名との完全一致の使用
+\item jetspeed-portlet.xml 内で定義されるカスタムマッピングの使用
+\end{enumerate}
+
 \subsubsection{カスタムのユーザー属性マッピング}
 
 もし対象とするポータルとして PALポータルを利用して新しいポートレットアプリケーションを書いたのなら、ポータル内でユーザー属性と一致する User Attributes を定義することは簡単でしょう。
-			しかし、もし既に存在するポートレットアプリケーションを PALポータル上に配備したいのなら、ポートレットアプリケーションに必要な属性名と PALポータルの User Preferences に格納される具体的な属性名の間のミスマッチがあるかもしれません。
-		
+しかし、もし既に存在するポートレットアプリケーションを PALポータル上に配備したいのなら、ポートレットアプリケーションに必要な属性名と PALポータルの User Preferences に格納される具体的な属性名の間のミスマッチがあるかもしれません。
 
-			jetspeed-portlet.xml に PALポータル特有の設定やカスタマイズを記述することができます。
-			このファイルの配備は PALポータルで必須ではありません。
+jetspeed-portlet.xml に PALポータル特有の設定やカスタマイズを記述することができます。
+このファイルの配備は PALポータルで必須ではありません。
 しかし、もしポートレットアプリケーションの war ファイル内の WEB-INF フォルダにこのドキュメントが見つかれば、処理が行われます。
-			PALポータル特有の設定は "http://portals.apache.org/jetspeed" 名前空間を使って定義します。
-		
+PALポータル特有の設定は "http://portals.apache.org/jetspeed" 名前空間を使って定義します。
 
-			ユーザー属性のマッピングはカスタムのユーザー属性名を定義する "name" エレメントと、その属性名にマップされる具体的な属性名を定義する"name-link" エレメントを含む "user-attribute-ref" エレメントによって定義されます。
-		
-\begin{screen}
+ユーザー属性のマッピングはカスタムのユーザー属性名を定義する "name" エレメントと、その属性名にマップされる具体的な属性名を定義する"name-link" エレメントを含む "user-attribute-ref" エレメントによって定義されます。
 
+
+\begin{screen}
+\begin{small}
 \begin{verbatim}
 <portlet-app version="1.0" 
    xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/portlet/portlet-app_1_0.xsd" 
@@ -114,32 +112,25 @@
    ...
 </portlet-app>
 \end{verbatim}
-
-
+\end{small}
 \end{screen}
 
 先の例のようなカスタムのマッピングを使って、ポートレットは次のようにユーザー属性にアクセスできます。
 
 \begin{screen}
-
+\begin{small}
 \begin{verbatim}
 Map userInfo = (Map)request.getAttribute(PortletRequest.USER_INFO);
 String givenName = (userInfo!=null) ? (String)userInfo.get("user-name-given") : "";
 String lastName = (userInfo!=null) ? (String)userInfo.get("user-name-family") : "";
 String email = (userInfo!=null) ? (String)userInfo.get("user.home-info.online.email") : "";
 \end{verbatim}
-
-
+\end{small}
 \end{screen}
 
+カスタムのマッピングが定義されていない email 属性も完全一致でのアクセスが可能であることに注意してください。
 
-Map userInfo = (Map)request.getAttribute(PortletRequest.USER\_INFO);
-String givenName = (userInfo!=null) ? (String)userInfo.get("user-name-given") : "";
-String lastName = (userInfo!=null) ? (String)userInfo.get("user-name-family") : "";
-String email = (userInfo!=null) ? (String)userInfo.get("user.home-info.online.email") : "";
 
-カスタムのマッピングが定義されていない email 属性も完全一致でのアクセスが可能であることに注意してください。
-		
 
 
 



pal-cvs メーリングリストの案内